教員 免許 更新 通信。 教員免許状更新講習の実施大学等一覧

教員免許更新について今年度教員免許を更新しなければならないのです...

教員 免許 更新 通信

Contents• 小学校の教員免許が取れる通信大学一覧 まず初めに、 小学校の教員免許の取ることができる通信大学を一覧にして紹介します。 種別 地域 大学名 1種 千葉県 東京都 (おススメ) 神奈川県 京都府 兵庫県 岡山県 専修 千葉県 東京都 京都府 このように小学校の教員免許の取れる通信大学は数多くありますが、個人的な意見としてはどの通信大学を選んでも良いと思います。 たとえば私の場合ですが、知り合いの先生に明星大学を勧められたということ、そして調べてみると通信大学としての歴史も古く、抱える通信大学生の数も多い、さらには学費がトップレベルで安かったということもあり、明星大学を選びました。 参照 ちなみに 「地域」の項目は メインキャンパスが置かれている場所です。 通信教育ではスクーリングが必要となってくることがあります。 スクーリングとは直接大学に行き授業を受けることです。 そのためメインキャンパスが住んでいる場所から近い通信大学を選ぶというのも1つの手です。 しかしながら、メインキャンパス以外でもスクーリングは開催しています。 多くの場合、各都道府県の県庁所在地で1年に数回開催されます。 このようなことから、最近ではどの通信大学を選んでもさほど大きな問題は生じないと考えられます。 小学校教員免許には3つの種類がある 基本は1種 通信大学でも取得できる小学校教員免許ですが、免許についてもう少し詳しくお話ししたいと思います。 小学校教員免許には3つの種類がある 小学校で先生として働くためには、小学校教員免許が必要となります。 小学校の教員免許には3種類あります。 小学校教諭免許の種類• 小学校教諭専修免許状• 小学校教諭一種免許状• 小学校教諭二種免許状 その他に特別免許状や臨時免許状がありますが、上記した3つが一般的なものとなりどれがもっていれば小学校で働くことが可能です。 この3つの種類の免許状の違いは、簡単に言ってしまえば 「免許状を取得した場所」です。 短期大学なら二種、4年制大学なら一種、大学院なら専修といった具合です。 一般的に言われる 「教員免許」というのは 「一種」を指します。 つまり4年制大学を卒業したときに取得できる免許のことです。 そのためはじめから専修を取れるわけではありません。 そして これらの免許状すべてが通信大学でも取得することは可能です。 どこで取得しても同じ教員免許 時折、次のような声をいただきます。 「教員免許が取れる通信大学が沢山あるけど、あれは現場の先生たちが持っている教員免許と同じものなのでしょうか?」 心配しないでください。 同じものです。 違いはありません。 教員免許に優劣はありません。 どこで取得しても免許は免許。 資格は資格です。 その他の質問として、 「通信大学で取った教員免許は教員採用試験で不利になりそう」 という噂を耳にすることもありますが、 全く関係ありません。 ちなみにこの件を現場の先生、それも採用試験に携わったことのある先生数人に聞いてみたことがあります。 聞いた範囲では免許の種類や出身大学などは気にしないとのことでした。 小学校教員免許は社会人でも取得可能 小学校の教員免許は一般的な大学でも取得できますが、通信大学でも取得することができます。 私自身、社会人になってから通信大学で小学校の教員免許を取得しました。 また通信大学には同じように小学校の先生を目指す社会人を数多く見かけました。 通信大学の学生で多いのは20代後半から40代と言われています。 それぞれ仕事はバラバラです。 教育現場には多くの通信大学経験者がいる 私は通信大学で教員免許を取った人が教員になっている姿を何人も目にしました。 中には前職がトラックの運転手だったという先生もいました。 その他には、元々大学で中学校の教員免許を取得し、中学校に勤務していたが、小学校で働きたいという思いがあり、小学校の教員免許に必要な単位だけを取りに来ているといった人もいました。 このように通信大学で教員免許を取ること自体は、決して珍しいことではありません。 年齢もバラバラで、20代後半から40代前後当たりの人が多かった印象があります。 教員採用試験のために専用の勉強が必要 通信大学で小学校の教員免許を取得することはできますが、教員免許を持っているだけでは正規の教諭になることはできません。 詳しい話は省きますが、一言で先生といっても2種類あります。 教諭と講師です。 教諭というのは各都道府県の教員採用試験に合格した先生のことです。 講師というのは採用試験には合格していないが、教員免許を持っている人のことです。 多くの先生は教員採用試験に合格した人たちのことを言います。 この教員採用試験ですが、比較的難易度が高いです。 私が受験した都道府県の倍率は約4倍でした。 受験している多くは現役大学生です。 正直、現役の大学生の方が有利であることは間違いありません。 なぜなら大学在学中に採用試験の対策を徹底的に行ってきているためです。 一方、通信大学で教員の資格を取っている人は、採用試験の勉強を別でしなければなりません。 明星大学を選んだ4つの理由 私は明星大学で小学校の教員免許を取得し、その理由も簡単に説明してきました。 後付けの理由も含め、 私が数ある通信大学の中から「明星大学」を選んだ理由を4つ挙げておきます。 4つの理由• 結論として 「明星大学を選んでよかった」と思います。 学費が安かった 学費は私にとって 通信大学を選ぶ上で一番重視ポイントと言ってもよいでしょう。 その当時はまったくお金がありませんでした。 そのため、学費の安いところしか選ぶ余地がありませんでした。 おおよそですが、免許取得までに総額50万円前後だったと思います。 期間は約2年半。 このうち学費は35万円~40万円。 スクーリングのための交通費や宿泊費で残りの分といった感じでしょうか。 50万円を高い!と思う人もいるかもしれません。 でも一般的な大学に通うとして、専門学校でもよいですが、2年半勉強して50万円なんて普通考えられません。 またこの50万円の取得した教員免許は一生涯のものです。 さらに分割で学費が支払えるので、アルバイトをしながら通信大学で勉強していた私でも、アルバイト代から学費を支払うことができました。 参照 知り合いの先生が明星大学の通信出身だった 小学校でアルバイトをしていた時に、たまに話す先生がいました。 その先生は明星大学で教員免許を取った人でした。 小学校で働く前までは学校とは関係のない仕事をしていたそうで、その時に通信大学で教員免許を取り先生になったとのことでした。 私と同じ境遇だったのです。 これから私が進もうと思っている道を既に進んできた人なのです。 つまり通信大学で教員免許を取れば、この先生のように小学校で働くことができるということがハッキリと想像できたわけです。 何も知らない、誰も知らない道を進むわけではないため安心することができました。 小学校の教員免許が取れる通信大学として有名だった 小学校教員の資格が取れる通信大学は日本でもいくつかあります。 このサイトでも 14の通信大学を紹介しています。 その中でもとくに有名なのは、私が実際に小学校の教員免許を取得した明星大学と、関西で最大級の通信大学である佛教大学です。 明星大学は通信大学の中でも有名 数人の学校の先生に話を聞いたのですが、明星大学は教育現場でもよく知られている通信大学でした。 そして明星大学の通信教育部を利用して教員免許を取っている先生が意外と多いという事実も教えてもらいました。 さらに中学校の教員免許を持っており、小学校の教員免許を持っていないという先生が、明星大学の通信を利用して免許を取り、その後、異動することもあるという話でした。 在籍生徒数が日本トップクラスだった 明星大学は通信大学の中でも在籍生徒数がトップクラスです。 たとえば2018年のデータで言うと 約5000人が在籍しています。 一応候補として「」も挙げていました。 両方の通信大学の資料を請求し、さらに分からないことは直接電話で問い合わせ考えた結果、を選びました。 そのため、もし私と同じようなポイントを重要視しているようでしたら明星大学を選択肢の1つとして入れても良いかと思います。 小学校の教員免許が人気な5つの理由 通信大学で取得する教員免許の中でも、特に人気の教員免許は 「小学校の教員免許」です。 主な理由として 以下の5つが挙げられます。 人気の5つの理由• 他の免許に比べ需要が多い 全国的に見ても、 小学校の教員の仕事に就いている人は非常に多いです。 小学校は6年間ですので、教員の数が多いのは当然ですよね。 正規の教員になる為には、各都道府県で行われる教員採用試験に合格しなければなりません。 小学校の教員になりたい場合は小学校の採用試験。 中学校の教員になりたい場合は中学校の採用試験。 高校の教員になりたい場合は高校の採用試験。 といった具合にそれぞれ分かれています。 小学校は6年間あるため、 教員の募集人数は中学、高校に比べて必然的に多くなります。 倍率を見てみても、小学校教員の倍率は低く、合格しやすいと言えます。 このようなこともあり就職のためにも小学校教員を目指す人が多いのです。 正規教諭になりやすい小学校教諭 小学校の教員免許を取得するためには、小学校の教員免許が取得できる学部を持った教育系の大学を卒業することになります。 つまり 「限られた学部出身者」と言うことになります。 一般的には、 教育学部出身者ということになります。 しかし、中学や高校の教員免許は教育系の大学でなくても、大学在籍時にいくつか単位を取得することで取得することができます。 そのため免許を持っている人が多いです。 つまり需要と供給のバランスからすると、各都道府県でおこなわれる教員採用試験において、小学校の教員試験の倍率は低く、中学、高校の教員試験の倍率は高くなりがちなのです。 部活動がないので休みを確保しやすい 小学校では部活動がありません。 そのため、土曜日や日曜日に出勤することがほとんどありません。 また、放課後、部活動のために時間を割くこともありません。 さらに夏や冬と言った長期休みのときにも、部活動がないため、比較的自由に休暇を取ることができます。 実はこの理由で小学校教員を目指す人も結構いるかと思います。 全ての教科を教えることができる 小学校では基本的にはクラス担任が全教科の授業を受け持つことになります。 教科によっては他のクラスの教員が担任の代わりに授業を受け持つことがありますし、特に近年では教員同士が入れ替わりで授業が行われることもありますが、基本は担任が全ての教科を指導します。 色々な教科を指導したいと考えている人にとって魅力的なシステムと言えます。 反面、特定の教科だけを教えたいという人にとっては、このシステムは苦痛かもしれません。 そういった場合には、中学校、もしくは高校の教員を目指されるとよいでしょう。 クラス作りがしやすい 中学校や高校では、教科ごとに指導する教員が変わりますが、小学校の場合、登校時から下校時までクラス担任と長い時間過ごすことになります。 そのため子どもたちの性格やクラスの雰囲気を的確に判断しやすくなります。 これによりクラスで発生している問題も早期に発見しやすいのです。 また、例えば前の時間内で終わらなかったことを、次の時間に引き延ばすことも可能になります。 担任の配慮で柔軟に授業の順番を変更することも可能ですし、必要であれば、生徒指導を授業中に行うこともできます。 何か子どもが問題を起こしたとき、次の時間も自分がそのクラスにいられれば対応することができます。 毎時間、指導するクラスが異なる中学や高校では、そういったことができず、問題解決が先延ばしになってしまうことがあります。 問題はなるべく早めに解決しなければ、さらなる問題を生む可能性があります。 子どもがまだ未熟 だからこそ指導しやすい 良くも悪くも、小学校の場合子どもが未熟です。 つまり 「子どもという白いキャンパス」が目の前に広がっている感じです。 それをどんな色にしていくかは担任次第です。 また他の表現でいうと 「子どもはスポンジ」です。 どんどん吸収していきます。 大変ではありますが、自分好みのクラスを作り上げることが可能です。 自分好みのクラスになると毎日学校に行くことが楽しみで仕方なくなります。 つまり小学校の場合、指導の仕方によっては非常に過ごしやすいクラスを作ることができます。 ところが成長すればするほど、個性が固まってきてしまうため、少しの指導では修正が効かない場合があります。 そういった面でも、中学校や高校に比べると小学校で働きたいと思う人が多いです。 小学校の教員免許が取得できる通信大学一覧 小学校の教員免許が取得できる通信大学は複数ありますが、その中でも特に人気が高い通信大学を紹介します。 小学校の教員免許の取れるおススメTOP5• レポートの難易度も、担当する教授によって異なりますので、どの通信大学で単位が取得しやすいのかを図る術はありません。 ただ言えることは、どの通信大学で免許を取得したとしても、全く同じものです。 また、通常の4年制大学で取得する教員免許とも同じものです。 あとは勉強する人のやる気次第と言えるでしょう。 ちなみに私はで教員免許を取ったわけですが、特に問題はありませんでした。 レポートの難易度は正直分からない 通信大学ではレポート作成が中心となります。 出された課題に対し、配布された教科書を読み込みレポートを作成していきます。 教科書だけで理解ができない場合、もしくはレポートの質を高めたいと考えている場合には、図書館に行き調べたりもしました。 時折 「〇〇大学の通信で教員免許を取得しようと思っているのですが、レポートの難易度は難しいでしょうか?」といった質問が来ることがあります。 正直なところ分かりません。 なぜなら私の場合は明星大学の通信教育しか受講しておらず、他と比較することができないためです。 またレポートを添削する先生によっても変わってくるでしょうし、その人自身の今まで身に付けてきた知識のレベルによっても異なってくるかと思います。 ただ1つ言えることは、 「自分のペースで勉強しても2年半で小学校教員免許が取れた」という事実だけです。 中には難しい教科もありましたが、それはスクーリングに参加することで解決できました。 そのため、通信大学のレベルやレポートの合格率等は、すべての通信大学で勉強をした経験があるわけではないため分かりません。 よくある質問.

次の

星槎大学|教員免許状更新講習センター

教員 免許 更新 通信

2020年度夏期教員免許更新講習のご案内 【重要なお知らせ:必ずお読み下さい】 (掲載2020. 12,2020. 13,2020. 講習から試験まで空き時間に自分のペースで受講・受験できます。 新型コロナウイルス感染症に係る現下の状況に鑑み、2020年度夏期教員免許更新講習の修了認定試験 実施日:令和2年8月22日 土 または8月23日 日 、場所:各学習センター等 に関し、文部科学省の通知に基づき、 その試験問題を講習者専用ホームページに掲載し、各受験者が試験期間中に解答を行い、さらにその解答結果を本学まで郵送する方法に改めます。 インターネット申込みにおいては、試験会場選択画面にて、 都道府県:北海道 を選択することで上記の変更による試験をお申込みいただけます。 詳細はインターネット申込方法マニュアルをご覧ください。 なお、すでにお申込みいただいた方においては、あらためて申し込まずとも修了認定試験を自宅等で受験できます。 この他、試験の実施方法の詳細につきましては、後日、改めて講習者専用ホームページに掲載します。 受験者への感染拡大を避ける措置であることを踏まえ、ご理解をお願いします。 また、申込みした後のキャンセル等により空席が発生する場合もありますので、随時、申込み画面で残席状況をご確認ください。 お知らせ 2020. 8 講習料払込取扱票の発送時期及び講習料の納入期限は以下のとおり予定しています。 詳細については、あらためてホームページ等でお知らせします。 講習料払込取扱票の発送時期 6月下旬 講習料の納入期限 7月中旬 2020. 26 2020年度夏期教員免許更新講習のお申込み受付は、5月25日(月)17時をもって終了いたしました。 2020. 22 ただいま多数のお問合せをいただいているため、お電話がつながりにくくなっております。 お電話がつながらない場合は、ご迷惑をおかけしますがお問い合わせは下記アドレス宛メールにてお願いいたします。 kou-shin ouj. jp 2020. 24 「講習生専用ページ Demoサイト」でのデモ動画配信を開始しました。 お待たせして申し訳ございませんでした。 ご視聴予定の機器で動画の再生が可能かどうかお試しください。 放送大学 教員免許更新講習の4つの特長.

次の

教員免許の更新と有効期限について

教員 免許 更新 通信

星槎大学の更新講習は、受講生のライフスタイルに合わせた講習をお選びいただけます。 必修領域6時間・選択必修領域6時間、選択領域18時間、合計30時間時間以上の免許状更新講習を受講・修了する必要があります。 先生のニーズに合わせて、対面講習と通信講習をご用意しています。 対面講習と通信講習の組み合わせも可能です。 対面講習と通信講習を比べてみると 対面講習と通信講習の比較表 対面講習 通信講習 特長• 同僚や仲間と一緒に受講したい• 講師の話を直接聞きながら受講したい• 更新講習を5日間で修了したい• 部活指導でまとまった休みがとれない• 子育てや介護などで何日も家をあけられない• インターネットの環境がない• 自分のペースで学修したい• 文章で自分の考えを伝えたい• 自宅から講習会場が離れている 更新に必要な履修時間 30時間取得するには• 必修6時間1日• 選択必修6時間1日• 選択18時間=3日• 必修領域 自宅学習5. 5時間=6時間• 選択必修境域 自宅学習5. 5時間=6時間• 必修領域6時間 7000円• 選択必修領域6時間 7000円• 選択領域18時間 20000円• 選択領域6時間 7000円• 必修領域6時間 7000円• 選択必修領域6時間 7000円• 選択領域18時間 20000円 受講者割合(2019年度実績) 対面講習について 星槎大学の対面講習では、必修領域6時間・選択必修領域6時間及び選択領域18時間の合計30時間を履修する場合は、直接会場に足を運んでいただいて、 5日間の受講となります。 座学だけでなく講習内容に合ったグループワークやフィールドワークなど具体的で実践的な講習を行い、他校種の先生方との交流が行なえる点も特色の一つです。 対面講習の流れ.

次の