ゼルダ の 伝説 続編 いつ。 『ゼルダの伝説』次回作はいつ発売?『ブレス オブ ザ ワイルド』以外のゼルダがニンテンドースイッチで発売される可能性は

ゼルダの伝説BotW続編の発売日はいつ?ストーリーも考察する

ゼルダ の 伝説 続編 いつ

2019年06月19日 14時00分 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る Nintendo Switchのローンチタイトルとしてリリースされた「 」の、 されました。 海外ゲームメディア・Kotakuの 記者が、ゼルダの伝説シリーズのプロデューサーである青沼英二氏にインタビューして続編や新作の「 」などに関するコメントを引き出しています。 Breath Of The Wild Is Getting A Sequel Because The Team Had Too Many DLC Ideas And Other Info From Zelda's Producer Schreier氏はE3の任天堂ブースで通訳を交えて青沼氏にインタビューを行ったそうです。 ゲームボーイ版を手に入れるのは、最近は少し難しいです。 なので、私はしばらくの間、このゲームをリメイクすることを望んでいたのです」と語っています。 また、青沼氏はリメイクについて「オリジナルと完全に同じものにしたくありません。 私はいつも新しい要素を取り入れたいのです。 オリジナル版をプレイしたことのある人でも、リメイク版をプレイすることが新鮮な体験になってほしいのです」と語り、ただリメイクするだけではなくオリジナル版のファンも楽しめるような新要素を入れることを信条としていることを明かしています。 さらに、「ユーザーが自分で何かをゲーム内でアレンジすることができるようなものを組み込むというアイデアについても、個別に議論がありました。 私も何が出来るかを考えて、ダンジョンのアイデアを思いつきました。 ダンジョンをアレンジすることを考えたとき、完全に自分で一からダンジョンを作成するのは少し難しいように感じたので、『プレイヤーがアレンジ出来る簡単な方法は何か?』について考えて、パズルのようにダンジョンを組み立てる というアイデアを思いつきました」と語り、ゲーム内で入手したパズルを組み合わせてダンジョンを作り上げる「パネルダンジョン」誕生についても明かしています。 また、パネルダンジョンが好評な場合は「ゼルダメーカー」のようなものが登場する可能性があるかどうかを問われた際には、「未来を予測することは出来ませんが、ダンジョンを配置するという考えが大好きな人のために、今後もそのアイデアを頭に入れておきます」と語っています。 これを受ける形でSchreier氏は「続編ではどのような新しいイノベーションに取り組んでいるのですか?」と質問。 青沼氏は笑いながら「わかりません」と回答。 続けて、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドから学んだことの1つは、複数の解き方を持つダンジョンを作成することに集中したことで、素晴らしいタイトルが完成したということです。 それこそが我々が磨き上げ、今後のインスピレーションのために使用したいと考える1つのアイデアです」と述べました。 また、続編の制作を決めた理由について、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのDLC ダウンロードコンテンツ をリリースした際、同じ世界により多くの要素を追加するための最適な方法がDLCであることがわかりました。 しかし、技術的なことでいえば、DLCはデータです。 既存のタイトルにデータを追加しているわけです。 そのため、大きな変更を加えたいときは、DLCだけでは不十分となってしまいます。 そのため、続編を制作することが適切だと考えたわけです」と青沼氏は語っています。 また、続編がもともとDLCとして計画されていたものなのかという質問については、青沼氏は「当初はDLCのアイデアしか考えていませんでしたが、たくさんのアイデアがありました。 そのため、『あまりにもたくさんのアイデアがあるから新しいゲームを1つ作って最初からやり直そう』となったわけです」と語りました。

次の

「ゼルダ」プロデューサー青沼英二インタビュー全文:『ブレス オブ ザ ワイルド』続編や『夢をみる島』のリメイクについて

ゼルダ の 伝説 続編 いつ

Twitterバズり 2019. 12 2019. 14 Tanoseek 【続編】「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド BotW 」の新作の発売日や値段は?やはりSwitchがプラットフォーム? 2019年6月12日に、名作「ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド BotW 」の続編の開発を任天堂が発表した事が話題になっています!! Switch版の「ゼルダの伝説ブレスオブワイルド」はゲーム史上の神ゲーとして、とても評価の高い作品だっただけに、とても大きな注目を集めています。 それでは、話題の「ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド」の続編の発売日はいつになって値段はどれくらいになるのでしょうか? 前作はSwitchでの発売でしたが、今回の新作は? 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編の発売日は不明だが、すでに映像を発表できるだけ開発が進んでいる事は事実であり、 早ければ2020年春、遅くとも2020年冬には発売されるのではないだろうか。 サプライズで2019年末もありえなくはないが、もしかするとメトロイドの新作のほうが早く発売されるかもしれない。 引用: 一部、ネットニュースでは上記のような情報もありますが、 「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」続編の発売日は、残念ながら現在の所 2019年6月12日時点 では、 公式に発売日の発表はまだ、ありません。 値段や、発売されるプラットフォームも 全て未定の状況です。 プラットフォームや発売時期は未発表。 まずはディザー映像が公開されたという状態だが,Nintendo Direct E3 2019のラストに用意された,任天堂とっておきのサプライズだ。 引用: ゼルダの伝説 続編の発売日についての反応 Twitter上では、 続編の発売日の予測をしたりと、待ちきれないファンが多数いる状況です。

次の

『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

ゼルダ の 伝説 続編 いつ

考察のカギとなるシーン ではさっそく考察に入っていきたいと思います。 考察手順としては公開された映像中で、考察のカギとなりそうなシーンをいくつかピックアップし、それぞれのシーンを順番に解説し、最終的にまとめ考察をしていきます。 ピックアップしたシーンは以下の5つのシーンです。 ミイラ化したガノンドロフ 2. 古代の物と思われる遺跡 3. 複数の手 4. 不気味なBGM 5. ハイラル城の隆起 文字だけではわかりづらいと思うのでここからは画像を交え1つずつ解説していきます。 解説は すっ飛ばして考察だけ読みたいという方は目次から『超!まとめ考察』にとんでいただければ幸いです。 ミイラ化したガノンドロフ これは映像をみていただいた方はわかったと思いますが、映像中のBGMがめちゃくちゃ不気味なんですよね。 なんだか音声を逆再生したようなBGMでかなり奇妙です。 でもどこかで聞いたことあるような感じも…… で、なぜこのBGMをピックアップしたかというと、前作『ブレスオブザワイルド』では圧倒的に音へのこだわりがあったからです。 それとゼル伝シリーズはBGMに何かしら謎をちりばめることが大好きだからですね。 じゃあ今回のこの不気味なBGMにはどんな謎があるのでしょうか? これはやっぱり『逆再生』ということだと思います。 厳密にこのBGMが逆再生である確証はありませんが、意図的に逆再生として聞こえるよう作られています。 わざわざお金をかけてBGMを作っているのですから、そこに意味が発生するのは当然ですよね。 で話を戻すと、逆再生とはつまり『時間をさかのぼる』と同義です。 このことから開発者は「続編は時間をさかのぼった話になるよー」と宣言しているとも解釈できます。 ミイラガノンの登場や遺跡の登場から考えると、ブレスオブザワイルドの過去を知る物語になってもおかしくないですよね。 それと先ほど解説した『ゾナウ』の渦巻きも時間を表す記号とも解釈できます。 ハイラル城の隆起 映像の終盤でハイラル城の地面が隆起するシーンがあります。 ある日、ハイラル城の地下に巨大な遺跡が発見され、ゼルダ姫はリンクを連れその遺跡を探索する。 そこでミイラ化したガノンドロフを発見し、何か強大な力が復活する。 といったところでしょうか。 ハイラル城の地面が隆起した理由は定かではありませんが、前作ではガーディアンの格納庫が地面から出現したこともあるので、巨大な遺跡が地上に現れるなどのことが起きても不思議ではないですね。 このあたりはまだ何とも言えないです。 超!まとめ考察 まずは次回作の主軸ストーリーから。 主軸となるストーリーは恐らく 『ハイラルの歴史』です。 ガノンドロフの誕生から、ガノンドロフが厄災ガノンに至るまでに何が起きたのか。 そしてなぜ、厄災ガノンは復活し続けるのか。 メインストーリーはこのハイラルの 『歴史』を追体験するかたちで展開されると考えています。 そして、どのようにして歴史を追体験させるかというと『リンクを過去にとばす』ということが考えられます。 遺跡で強大な力の復活を目の当たりにしたリンクとゼルダ姫は、その力に巻き込まれタイムスリップし、過去のハイラルの出来事を追体験していくのではないかと。 メインフィールドは過去のハイラル 前作のフィールドは厄災ガノンによって崩壊させられたハイラルでしたが、 次回作のメインフィールドは過去のハイラルになるでしょう。 つまり、建物や道、はたまた遺跡などが崩壊していない状態のハイラルです。 厳密にはもっと古い時代の建造物が増えたりするでしょうがイメージとしては問題ないかと。 この設定なら続編でもフィールド探索に新鮮味が出せます。 そして、前作との比較や考察が盛り上がること間違いなしです。 ハイラルの勢力 過去のハイラルでは主に『ガノンドロフ』『ハイラル王国』『シーカー族』『ゾナウ族』の4つの巨大な勢力が存在しており、各勢力が同盟を組んだり、いがみ合ったりなど、水面下ではどの勢力がハイラルを統治するのか争っている状態です。 ここでいう『ハイラル王国』はハイラルを統治している国というよりも、ハイラルに古くから住まう民衆の国というイメージ。 悪の勢力:『ガノンドロフ(独裁)』『ゾナウ族(宗教)』 善の勢力:『 ハイラル王国(民主)』『シーカー族(文明)』 大雑把に勢力を分けるとこういう対立構造になるのではないでしょうか。 この勢力の図に主人公であるリンクが放り込まれ物語が進んでいきます。 リンクは流れ的にはハイラル王国に仕えるでしょうが、中立の立場で行動するということも考えられます。 過去のハイラルで何が起きたのか ここからは、真の黒幕は『ゾナウ族』という軸で説明していきたいと思います。 ある時、ゲルド族に100年に1度の男の王が生まれました。 王の名はガノンドロフ。 ガノンドロフは野心と力に満ち満ちており、ハイラルを支配したいと願うようになります。 そしてそこに目をつけたのが『ゾナウ』の民です。 ゾナウはガノンドロフをそそのかし、ハイラル王国と争いを始めるように仕向けます。 ガノンドロフ軍とハイラル王国の争いが激化し、両者ともに疲弊していきます。 それを好機とみたゾナウ族はガノンドロフを裏切り処刑し、疲弊したハイラル王国を乗っ取ろうと動きます。 しかし、未来から来たリンクと、シーカー族の活躍によりゾナウ族を破滅させます。 しかし、一部の生き残ったゾナウ族は不死の呪術をガノンドロフにかけ、姿を消しました。 そしてハイラルの覇者(統治者)となったハイラル王国は、ゾナウ族の遺跡を潰し、その跡地にハイラル城を建設。 そして不死となったガノンドロフはハイラル城の地下深くに、憎悪や怨念の人柱として封印され、ゾナウ族に関連する書物や口伝は戦いに敗れたことにより、すべて消し去られます。 しかし、姿を消したゾナウ族は長い間ガノンドロフから力を吸い取っており、現代のハイラルに復活する。 (今回出展された映像部分であり、続編の冒頭部分。 つまりここから物語が始まる) そしてリンクが過去へ行き、ゾナウを封印する。 というループ構造なのでは? おまけ:ゼルダ姫がふたり!?.

次の