神奈川 梅雨明け予想。 ウェザーマップ気象情報

関東甲信地方の2020年梅雨入り梅雨明けはいつから?予想を過去データから徹底リサーチ!

神奈川 梅雨明け予想

そもそも、梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているのでしょうか? 実は気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているので、 確定日ではありません!! 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 また、反対に雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、確定値は9月に結果を再検討して 修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2018年 関東・神奈川の梅雨入り時期を予想! それではまずは2018年の関東・神奈川の梅雨入り時期の予想をしていきます。 気象庁の1951年から2017年までの 過去67年間の関東・神奈川の梅雨入りデータをみると 最も早い梅雨入りは1963年の5月6日頃で、 逆に最も遅い梅雨入りは167と2007年の6月22日頃でした。 その差は約1ヶ月半ほどと、かなり差がありますね。 また、昨年 2017年 は6月7日 一昨年 2016年 は6月5日が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2018年の関東・神奈川の梅雨入り時期は 6月3日頃から6月12日頃の間くらいになりそうですね!! スポンサードリンク 一方、2018年の関東・神奈川の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、 最も早い梅雨明けは1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨明けは1967と2007年の8月3日頃でした。 2018年の関東・神奈川の梅雨明け時期はいつ? 67年間の関東・神奈川の梅雨明けの平均値は 7月17日頃ということが見て取れます。 梅雨入りの時期が早くなり、 かつ梅雨明けの時期が遅くなっている傾向があるので、 関東・神奈川の梅雨は長期化していているといえるでしょう。 さらに、 昨年 2017年 は7月6日 一昨年 2016年 は7月18日に梅雨明けをしたので、 これらのデータから判断すると、 2018年の関東・神奈川の梅雨明けは 7月11日頃から7月20日頃の間くらいとなりそうですね!! 以上、関東・神奈川の梅雨入り、梅雨明け予想でした^^.

次の

関東・東京の梅雨明け2020年の時期予想!平年はいつから?

神奈川 梅雨明け予想

2020年の関東地方の梅雨入り・梅雨明けの時期は? 梅雨入りはいつ? 今年の梅雨入り・明けは、全国的に平年よりも遅い梅雨入りとなる一方、短期間で終わると予想されています。 平年のデータをみてみると、 梅雨入りは6月1日~16日です。 直近の過去の梅雨入りの日づけをみてみると、昨年2018年は6月6日、一昨年2017年は6月8日が梅雨入りでした。 1951年から2018年までの梅雨入りの平均値が、6月8日頃といわれており、今年の梅雨入りにおいても、例年同様と予想されています。 今年は、ソーシャルディスタンスを作るため、大きめの傘がかなり売れているそうです! 楽天で購入 梅雨明けはいつ? 一方、梅雨明けの時期はというと、 7月10日頃から7月24日頃の間位と予報されています。 2018年は6月29日、2017年は7月6日でした。 実は、過去の関東地方の梅雨明け時期の平均日は、おおよそ7月21日頃とされています。 ここ数年は、7月上旬の梅雨明けになっていますが、年々遅くなっている傾向がありますので、梅雨明けが発表されるまでは、突然の雨に困らないよう準備しておく必要がありそうです。 関東地方の梅雨の特徴は? 雨が急に降ったり止んだりと言うよりは、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多いのが、関東地方の特徴です。 関東地方の地形の影響なのか、東北地方や九州地方と比べると災害は比較的起こりにくくなっていますが、洪水や土砂災害などの防災について、しっかりと準備していきたいですね! 梅雨入りや梅雨明けはどのように決定されるの? 「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道を耳にすると思いますが、気象庁が毎年発表しています。 例えば、 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこないと判断されたら梅雨明け」 などが判断材料となっているようですが、毎年決まった気象現象が起こるか分からないので、ある程度の予想で「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」を行っているようです。 ただし、9月に気象台の観測結果を再検討して、最終的にその年の梅雨入りと梅雨明けの日づけを決定し、記録として残しているそうです。 そのため、9月以降になると6月に報道があった日にちとは異なっている可能性もあります。

次の

今年の夏は暑い?(2020年)気温予想と災害の記録

神奈川 梅雨明け予想

グラフ付きで見やすい2020年関東甲信の梅雨明け予想 2020年の関東甲信の梅雨明けの時期を予想します。 気象庁発表の過去データからグラフを作成し、最近の傾向などが一目で分かるようにまとめました。 2020年の関東甲信の梅雨明けは7月10日から7月25日ごろと予想 2020年の関東甲信の梅雨明けは梅雨明けは7月10日から7月25日ごろであると予想します。 平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。 平年:7月21日ごろ• 2015年:7月10日ごろ• 2016年:7月29日ごろ• 2017年:7月6日ごろ• 2018年:6月29日ごろ• 2019年:7月24日ごろ 引用元: 関東甲信の梅雨明けの平年は7月21日となっていますが、実際の梅雨明けの時期はバラバラな印象を受けます。 過去のデータをグラフで見ましょう。 近年は記録的に遅い梅雨明けが多い 2018年は観測史上初めて6月中に梅雨が明けました。 かと思えば2016年は平年よりも一週間以上遅い7月29日の梅雨明けでした。 1993年にグラフが途切れていますが、この年は梅雨明けを特定できない年でした。 年によっては梅雨明けが8月にずれこむこともあるようですが、2007年以降は梅雨明けが8月になったことはないのでその可能性は低いでしょう。 近年では梅雨明けが記録的に早い年が多いこと、梅雨明けが平年よりも遅い年は遅くても数日程度であること。 以上のデータから当サイトでは2020年の関東甲信の梅雨明けは梅雨明けは7月10日から7月25日ごろであると予想します。 関東甲信地方に属する都県• 東京都• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 茨城県• 千葉県• 神奈川県• 長野県• 山梨県 関東甲信地方には上記の9都県が含まれています。 引用元: 以上、2020年の関東甲信の梅雨明け予想でした。

次の