面接 質問。 面接での逆質問の仕方(何か質問はありますか?は恐くない!好印象な事例)

絶対ダメ!採用面接で面接官がしてはいけないタブーな質問とは?

面接 質問

本記事は「大手企業の一次面接」を前提とした内容になります。 ベンチャー企業・中小企業の一次面接とは内容が異なる可能性がありますが、ご了承ください。 本記事の構成• 面接の目的 面接はほとんどの企業の選考フローで用いられていますが、なぜ企業はそもそも面接を課すのでしょうか。 まず大前提、ESや面接といった複数回に渡る選考フローの中で、企業側は "その就活生が企業の利益に貢献できる人物であるかどうか"を判断しています。 それを判断するに際し、企業側はどのような目的を持って面接を行っているのでしょうか。 もちろん業界・企業によって多少の違いはありますが、基本的には以下の2点に大別されると言われています。 就活生の能力・志望度の見極め• 自社の魅力づけ 就活生の能力・志望度の見極めに関しては、文字通り「企業で活躍できる能力があるかどうか・自社への志望度が高いかどうか」になります。 ただ、就活生の能力・志望度を見極めることに関しては、「ES・webテスト・グルディス GD 」など他の選考フローでも同様です。 分かりやすく言い換えるのであれば、前者は「選考から落とす人を決めるための選考」、後者は「選考を通過させる人を決めるための選考」となります。 これに関しては、面接はES・webテスト・グルディス GD の次の選考フェーズ、つまり選考フローの最終段階として用いられることが多いという特徴も起因しているのですが、一般的には上記のような違いがあるとされています。 【参考】 自社の魅力づけに関しては、簡単に言うと「就活生との対話を通じ、自社への志望度を向上してもらうこと」となります。 「非常に優秀だ!ぜひ採用したい!」と思った就活生に対し、逆質問の時間などを用いて魅力づけをし、 "自社への志望度を向上させること"も面接の大きな目的となります。 ただ単に選考の合否を判断するだけでなく、就活生との直接的な対話を通じて自社の魅力づけをすることも面接の大きな目的となります。 面接の評価基準 企業側が面接を課す意味・目的は理解していただけたと思いますが、その評価基準はどのようなものがあるのでしょうか。 一般的に企業側は "その就活生が企業の利益に貢献できる人物であるかどうか"で選考の合否を判断しています。 上記の2つの要素を基に面接の評価基準を考察してみると、以下の3点が面接の評価基準と言えます。 自社への志望度が高いか• 自社の求めるスキル・能力を所持しているか• ESにも「志望動機」の項目はありますが、面接ではより詳細な志望動機を問われます。 売り手市場と言われる現代において、一人で複数社の内定を獲得することはもはや当たり前であり、人によっては10社以上の内定を獲得することも珍しくありません。 もちろん、「自社の採用基準を満たしている」という前提の上での話にはなりますが、就活生の方は「面接を受けている企業の志望度が高いことをしっかりとアピールする必要がある」と言えるでしょう。 自社の求めるスキル・能力を所持しているか スキル・能力に関しては、上記で述べた2つの要素の「貢献できる能力があること」に該当します。 総合商社での英語力・証券会社での営業力など、業界・企業によって求められる能力は異なりますが、社会人としての基礎的な能力に関しては全業界・全企業で求められるものになります。 企業側は面接という場で、その社会人としての基礎的な能力を所持しているかを見極めようと考えています。 今回は ""という資料をもとに、紹介します。 各業界・各社でどのような能力が求められるかは、本記事では割愛させていただきます。 ただ、12の能力要素の中には面接の場では知り得ない能力もありますし、全業界・全企業共通で全ての能力が求められるという訳でもないため、あくまでも参考程度に確認していただければと思います。 基本的なマナー・言葉遣いを備えているか マナー・言葉遣いに関しては、上記で述べた2つの要素の「貢献できる能力があること」に該当します。 志望度・能力だけでなく、マナーや言葉遣いといった 印象面も面接では見られています。 というのも、面接の場における基本的なマナー・言葉遣いは「社会人としてできて当たり前のもの」であり、就活生の時点で最低限身につけておかなければいけないものであるためです。 面接の場で適切な言葉遣いをできていない人が営業の商談の場で適切な言葉遣いができるとは限りませんし、社会人は社内外問わず様々な人と仕事に取り組む必要があるため、失礼な振る舞いをしないように基本的なマナーを身に着けておくことは必須となります。 読者の皆さんはメラビアンの法則というものをご存知でしょうか。 【参考】 面接におけるマナー・言葉遣いというものは「視覚情報」に該当されますので、こういった印象面にも気を配らなければいけないことは理解できるでしょう。 質問への回答方法を準備することももちろん重要ですが、こういった印象面を疎かにしてしまっては本末転倒ですので、「マナー・言葉遣い」にも細心の注意を払うように心掛けましょう。 一次面接の特徴 ここまで紹介してきた「企業側が面接を課す目的・面接の評価基準」に関しては、一次~最終面接の面接段階問わず、大きな違いはありません。 ただ、一次面接と二次以降の面接 二次面接~最終面接 では「面接における意味合い」が異なります。 端的に言うと、 "一次面接は選考を落とす人を決めるための面接・二次以降の面接は選考を通過させる人を決めるための面接"ということです。 また、上記の「面接の目的」の項で『面接は採用する就活生を決めるため 採用基準 ・選考を通過させる人を決めるための選考』と述べましたが、一次面接は例外の場合が多いです。 例外の理由としては、本記事の冒頭で述べた「本記事は大手企業の一次面接を前提としている」というものに起因しています。 大手企業では、いくら一次面接前に「エントリーシート ES ・webテスト」で絞り込んでいるとしても、そもそもの応募者数が桁違いに多いため限界があります。 それゆえに、一次面接までを「落とす人を決めるための選考」として課しているという訳です。 それではここからは、タイトルにもあるように「一次面接」に特化した内容を紹介します。 まずは、一次面接の特徴を以下の5点から説明していきます。 面接官の属性• 集団面接or個人面接• 面接時間• 通過率• いくらエントリーシート ES やwebテストで就活生を絞ったとしても、大手企業であれば一次面接で「何百人~何千人」の就活生を選考する必要があります。 各社、採用担当・経営陣の数に限りはありますので、基本的に一次面接は若手の現場社員が面接官を担当することが多いでしょう。 理由は「面接官の属性」で紹介したものと同様です。 集団面接と個人面接の違い・集団面接の対策などを確認したい方は、『』の記事をご確認ください。 最も面接する人数が多く、 少し表現は汚くなりますが 最も多くの就活生を落とす必要がある面接であるため、全ての面接段階において「最も通過率の低い面接」が一次面接になります。 unistyleには、各社の内定者や選考通過者が寄稿したES・レポートが多数掲載されています。 自身の志望企業の選考内容・選考倍率を確認したい方は、以下からレポートを確認していただければと思います。 ES・選考レポート一覧はから 結果 が来る時期 おおよそ "1週間以内"と言われています。 「通過率」の際にも説明しましたが、一次面接は最も面接する人数が多いため、採用担当側も合否を決めるのに時間がかかります。 結果の通達時期に関しては、基本的に「 1 メールに記載されている 2 面接後に口頭で伝えられる」のいずれかだと思いますので、採用担当側から伝えられた期間内は待つのが望ましいでしょう。 一次面接で落ちる就活生の特徴 続いては「一次面接で落ちる就活生の特徴」を紹介します。 先ほどもお伝えした通り、一次面接は「選考を落とす人を決めるための面接」という意味合いが強いとされています。 一般的に「一次面接で落ちる就活生の特徴」として挙げられるものは、以下の3点です。 基礎的なコミュニケーション力が欠けている• 服装や姿勢など、印象面が悪い• 基本的なマナーを守れていない また、一次面接で落ちる就活生の特徴として「志望度が低い」というものを見かける場合がありますが、「大手企業に限れば」そこまで志望度は重視されません。 大前提、スペックなどの採用基準を満たしていなければ内定には繋がりませんし、多くの企業は「採用基準を満たした上で、どの程度志望度があるか?」というものを見極めています。 そのため大手企業に限れば、志望度が重視されるのは「二次面接以降」が一般的でしょう。 もちろん一次面接でも志望動機を質問される可能性はありますし、「志望度は無視していい!」ということを述べている訳ではありません。 基礎的なコミュニケーション力が欠けている 選考とは言えど、面接は「人と人とのコミュニケーション 会話 」です。 それゆえ、面接での回答以前に基礎的なコミュニケーションが取れていなければ選考通過は難しいでしょう。 「基礎的なコミュニケーション力が欠けている人の特徴」を以下にまとめましたので、下記の特徴に該当していないか確認してみてください。 もし自分がいずれかの特徴に該当している場合は、面接に臨む前に改善しておきましょう。 一次面接の頻出質問と回答ポイント 続いては、「一次面接の頻出質問と回答ポイント」を紹介していきます。 一次面接は基本的に提出したエントリーシート ES をもとに質問をされるため、あまり変わった質問はされません。 そのため、頻出質問としては以下のようなものが挙げられます。 自己紹介• 学生時代頑張ったこと ガクチカ に関する質問• 自己PRに関する質問 それでは、質問ごとに具体的に見ていきます。 一次面接でするべき逆質問 先ほど頻出質問を紹介しましたが、一次面接では逆質問の時間を設けられる可能性もあります。 大前提、逆質問を考える際には「 1 自身の企業選びの軸に沿って質問をする 2 説明会やHP上では知り得ない情報に関する質問をする」の2点は必須項目ですので、こちらは必ず認識していただければと思います。 そのため、 "若手の現場社員への質問として適した内容"を聞く必要があります。 経営陣や役員でなければ知り得ないような質問をしても意味がありませんので、正しい質問を正しい人に聞くように心がけましょう。 一次面接でするべき逆質問の具体例とは 「他の逆質問例・NG例」などを確認したい方は以下の記事からご確認ください。

次の

【一次面接対策もこれで安心】ポイント解説付き!よく聞かれる質問15選

面接 質問

はじめに さて、就活生の皆さん、 就活で面接官に、突然変な面白い質問をされた経験はありますか? 「ある…そしてその面接には良い思い出はない…」 という人も、少なくないのではないでしょうか。 いきなり奇をてらった面白い質問をされると、 緊張している就活生にとって、なかなか答えが思いつかないものです。 かといって黙り込んでしまうと、 面接官に良い印象は残せません。 この記事では ・面接官が面白い質問をしてくる意図 ・答え方 ・質問例 について、解説していきます。 記事内で紹介した質問については 自分の中で答えを用意しておき、 いざという時に困ってしまわないようにしましょう! 地方学生も都内学生も 「ジョーカツオンライン」で キャリアアドバイザーと面接対策! 関連記事 1. 面接官が変な・面白い質問をしてくる意図は? そもそも、 面接官が面白い斜め上の質問をしてくる意図とは、一体何なのでしょう? それは、 学生の「とっさの対応力」 つまり 「突然ふってきた質問に対し、きちんと対応できるかどうか」 「学生の素性はどんなものなのか」 を、面白い質問を通じて婉曲的に確かめるためです。 もっと言えば、「とっさの対応力」は次の2つ、 ・瞬発力 ・柔軟性 これらに分けることができます。 1-1. 瞬発力 全く予想もしていない質問を受けた時に、 その質問の要旨・意図を汲み取り、 相手が求めているものを瞬時に返すことができる能力。 この 「瞬発力」は、ビジネスにおいて必要不可欠であるとされています。 例えば、あなたが社会人になった時。 企画を任されたり、営業先でプレゼンをする機会があるはずですよね。 その際に、予想もしていなかった質問を受けることや、 今まで考えたこともなかった内容を質問されることは、 往々にしてあります。 しかし、そのような大切な場面で、 受けた質問に答えられず、沈黙してしまったら。 相手へ良い印象を残せるはずがありませんよね。 むしろ、 「この担当者は、本当に大丈夫なのだろうか」 「本当に、自社サービスのことを理解しているのだろうか」 と、相手へ不信感を与えてしまいかねません。 そのため、 「学生がきちんと答えを返せるかどうか」を図ることは、 企業にとっても大きな意味があるのです。 1-2. 柔軟性 2点目にあげられるのは、柔軟性。 先述の通り、 予想もしていなかった質問に答えなければいけないケースは、よくあります。 その際に必要なのは、瞬発力だけではありません。 例えば、商談のシーンにおいて。 提案したA案もB案も、相手に受け入れられなかった時。 このままでは、何の成果も残すことが出来ませんよね。 このシーンで必要なことの一つは、 何が問題なのか、しっかりヒアリングして相手のニーズをきちんと汲み取り、 そのニーズに基づき新たな提案をしてあげること。 このように、 ビジネスのシーンでは、多くの場面でとっさの判断が必要とされます。 そのような 追い詰められた場面で、最大限バリューを出せるかどうか。 実際にされた面白い質問例6つ では実際に聞かれた、 面白い質問にはどんなものがあるのでしょうか? 特に、 「答えるのに困惑した」という質問を6つ、厳選してご紹介します。 2-1. 「友達は何人いますか?嫌いな人は何人いますか?」 この質問をもらったときに、 正直企業が何を聞きたいのか、さっぱり分からずにいました。 ですが、実はこの場合に企業が図りたいことというのは、非常にシンプル。 ・社交性があるかどうか ・何をもって友達というのか ・そもそも、そのような抽象的な言葉を定義付けする習慣があるのか を見たいのです。 この質問に答えるには、以下の長で回答しましょう。 まず、 「友達とは何か」「嫌いな人は何か」を定義します。 そのあとに、この定義に該当する友達は〇人、嫌いな人は〇人、と数値を入れ込んだ具体的な回答をしましょう。 注意点としては、 定義が甘かったり、友達が少なかったりすると 「この人は社交的でないのかな?」 と思われてしまう可能性があるため、若干 多めに言うようにしましょう。 2-2. つまり、面接で非常に緊張しており、 志望動機を忘れないように躍起になって反芻している間、 突然面接官から 「私の(面接官の)名前を覚えていますか?」 という質問が突然ふってくるのです。 「え!そんな名前なんて覚えてないよ、、、涙」 と本番でパニックにならないためにも。 社会人として、相手の名前を覚えておくことは基本中の基本。 そのような事態に備え、 最低限面接官の名前ぐらいは、頭の片隅に入れておくようにしましょう。 また、もし忘れてしまったとしても、嘘は良くありません。 思い切って、正直に 「忘れました。 」 と言ってしまう方が、 変にはぐらかそうとするよりも、ずっと印象は良いはずです。 2-3. 「動物に例えるとしたら何だと思いますか?」 「こんなことを聞いて何になるんだ?」 と思う人もいるかもしれません。 「自分を色に例えると、何だと思いますか?」 というような問いだと話しやすいかもしれませんが、 動物となると難しいですよね。 自分を客観的に理解し、相手にわかりやすく伝えられるかどうかを見ているわけですので、 このような問いでは 「動物」以外も例えの対象に上ります。 食品の会社であったら、食べ物かもしれませんし、 電気製品のメーカーの会社であったら、電気製品かもしれません。 どんな問いが来ても、ある程度答えらえるように。 日頃から、自分を客観的に捉えるようにし、 抽象化して見るクセをつけるようにしましょう。 関連記事 2-4. 「100万円あったら、何に使いますか?」 「 100万円って急に言われても、、」 と、思ってしまった就活生も多いのではないでしょうか? いきなり言われても、イマイチピント来づらいですよね。 この問いで企業が聞きたいのは、 就活生の価値観です。 ・100万円にどれほどの価値を置くか ・そのお金で何をするのか ・そのような行動をとる理由は何なのか このように深掘りしていくと、 就活生がどのような価値観を形成しているのかが、何と無く見えて来ますよね。 この問いに対しての回答は、 100人いれば100通り出てくるでしょう。 そのため、回答は極論何であっても構いませんが、 必ずそこに「理由」を提示するようにしましょう。 例えば、 「将来に備えて半分を貯金、半分を途上国に寄付したい。 なぜなら、日頃から途上国に対して支援したいと思っていたから」 というように答えたとします。 回答としてはやや抽象的ですが、この回答から ・将来のことをきっちり考えている、真面目な性分であること ・途上国に対して意識があること が分かりますよね。 もちろん、取り繕う必要はありませんし、したところで百戦錬磨の面接官には見破られてしまうかと思いますので、 あくまで自分の考えを正直に、素直に伝えるようにしましょう。 2-5. 「隣の人の話を聞いてどう思いましたか?」 グループ面接を何度もしていくと、 一度はこの質問に当たるかもしれません。 グループ面接に慣れていれば、 冷静に隣の人の意見を聞くことができるので簡単な質問ですが、 不慣れな状態でこの質問を受けてしまうと大変です。 ただでさえ、自分の志望動機と自己PRを間違えずに言うことで必死なのに、 隣の人の意見など、耳に入っているわけがありません。 すると、質問に答えることはできず、 「相手の話に耳を傾けることができない人」 と、ネガティブな印象を持たれてしまいます。 こればかりは、グループ面接の数をこなし、 冷静に受け答えができるようになるまで練習を重ねる以外に、 残念ながら方法はありません。 まだ慣れていない状態だとしても、最低限、 隣の人がどのようなトピックで話していたかぐらいは、抑えておくようにしましょう。 2-6. 「弊社にとってあなたが入社するメリットは何だと思いますか?」 一聞すると、非常に冷たい質問に聞こえてしまうこの問い。 慣れない就活生にとって、こんな質問をされてしまうと、 「メリットなんて無いでしょ、、」 と感じてしまう就活生も、多いのではないでしょうか? しかし、馬鹿正直に「メリットはありません」なんて言ってしまえば、企業は採用する気がなくなってしまいますよね。 というのも、 企業側は、この質問が就活生にとって非常に難しい問いであることは、もちろん分かっています。 このアピールが 事実に即し、明確に根拠を提示した論理的なものであればあるほど、 「お、この学生は、自分のことをきちんと理解しているし、うちの会社のこともわかっているな」 と、好印象を持ってもらえるはず。 この質問は最終質問で聞かれるケースが多いため、 前もって準備しておきましょう。 関連記事 3. 回答する際の3つのポイント 今まで、 ・面白い質問を聞く企業の意図 ・実際に聞かれた質問6選 を見てきました。 どのように答えれば良いか、なんとなくイメージがついた方も多いかと思いますが、 答える時の態度や心構えも、同じぐらい重要です。 変化球の質問が飛んできた時には、下記の3つの点、 ・慌てない ・繕いすぎない ・自分のフィールドに持っていく を意識するようにしましょう。 順に見ていきます。 3-1. 慌てない まず心がけたいのが、当たり前といえば当たり前ですが、「慌てない」こと。 自己PRや志望動機、将来やりたいことなどは、用意すれば答えられる反面、 このような一風変わった質問だと、なかなか準備のしようもないですよね。 中には、 想定外の質問を急に受け、思考停止状態になってしまった、という方も少なくありません。 そうならないようにするためにも、 まずは冷静に相手の意図を探り、自分の言葉でしっかりと返すようにしましょう。 3-2. 繕いすぎない そして、先ほども述べましたが、 「繕いすぎない」という姿勢も非常に大切です。 奇をてらおうとして変に勘ぐり、面接官に合わせようとしても、 実際は空回りになってしまうことも多くあります。 そのため、1点目の「慌てない」とは逆説的になってしまいますが、 変わった質問であったり、誰でも答えに窮してしまうような質問など。 質問の内容によっては、意図を考えず感覚のまま素直に話した方が良いこともあります。 このような変わった質問を切り抜けるためには、 「そもそも困らせる目的で質問して来ているな」 と考え、開き直って答えましょう! というのも、 会社選びというものは、就活生がいかに会社に合わせるかだけが重要なのではありません。 あくまで、自分と企業の双方が、自然にフィットするかどうかが重要です。 ですので、 正直に答えたところ、面接の結果があまり芳しくなかったとしても、 その企業は自分と合わなかっただけのこと。 落ち込む必要はありません。 割り切って気持ちを切り替え、もっと自分に合う企業を探しましょう。 3-3. 自分のフィールドに持っていく 最後に、これはテクニック的な話になりますが、 もし抽象的な質問がきた場合は、 「自分の話に無理やり繋げて回避する」 という方法もあります。 面接で一番やってはいけないのは、 質問に答えられず、黙ってしまうこと。 無回答だと、面接官も評価する材料がないため評価のしようがなく、当然プラスには働きません。 むしろアピールの姿勢に欠けるとして、マイナスのポイントを貰うことも多いです。 なので、たとえ変わった質問が飛んできたとしても、 何も答えないより、何かしらでも回答を返した方が絶対に良いです。 どうしてもすぐに思いつかないのであれば、 「つまり、こういう意味でしょうか?」 「ちょっと時間をもらっても良いでしょうか?」 と面接官とコミュニケーションをとり、 許可を取って時間を貰うように発言しましょう。 なんでも良いので、まずは答えることを心がけ、 自分のフィールドに持ち込んでしまいましょう! そうすれば 「回答としては論理性に欠けていたけれど、積極的な学生だな」 と、良い評価をもらえるかもしれません。 面接の細かい対策も 就活支援サービス「ジョーカツ」の キャリアアドバイザーが徹底サポート まとめ 冷静に対応していくことが大事! 面接での面白い質問に対する回答について話してきましたが、いかがでしょうか? もちろん準備をすれば回答できそうなものもありますが、 何しろ数が多すぎて、いちいち回答を用意していたらキリがありません。 そのため普段から、 物事を抽象化して捉えるようにしたり、転用をしたり、はたまた 「なぜそう思うのか」を意識して考えるようにしましょう! 時間はかかるかもしれませんが、日々そのような思考を心がけるようにするだけでも全然違いますし、 変な質問が飛んできても、案外冷静に対応できるようになるはずです。 そして、とにかく奇をてらおうとせず、 取り繕わないことを心がけましょう! ある程度、面接の経験値が必要なことには違いありませんが、 何度か面接を経験しておくと、面接で余裕が出てきます。 練習でもよいので、本命の面接を受ける前には数社受けておくと良いです。 面白い質問にもスマートに対応し、内定を勝ち取りましょう!.

次の

面接対策ガイド~25個の質問とお手本/失敗回答・面接のマナーなど総まとめ~

面接 質問

就活において面接対策は必須 就活では面接が選考の中心になりますので、面接の対策は必須です。 面接以外にも対策すべきことはさまざまありますが、面接はESや履歴書など書類だけでは見えない人間性や人柄などが出るものです。 書類であればじっくりと考えてから作成することはできますが、面接は問われたことをその場で考え、回答しなければなりません。 上手に答えるためにも対策は必要があり、しっかりと対策して臨むことが選考の攻略にもつながります。 面接に苦手意識を持っている人も多いですが、事前の対策を念入りにおこなっていれば苦手意識も払拭できますし、高評価を目指すことも可能です。 面接の対策は徹底しておこない、完璧な準備で本番に臨んで就活の攻略を目指しましょう。 面接前は念入りな質問対策が必要 面接に臨むは、念入りに質問対策をおこなっておきましょう。 志望動機や自己PRに関する質問の他にも、面接官は様々な質問を用意しています。 面接という特別な場では、緊張がつきものです。 志望度の高い企業になればなおさら緊張してしまうため、いつも通りの実力を発揮することは難しいといえます。 緊張状態にあるときに想定していなかった質問を受けてしまうと、余計に緊張してしまい頭が真っ白になる可能性もあります。 面接の受け答えにおいて、沈黙のまま時間が過ぎてしまうことは避けたいです。 そのような事態に陥らないよう、事前に入念な質問対策をしておきましょう。 頻出の質問は必ず押さえる 面接は面接官が質問し、就活生がそれに答えるという質疑応答の形式で進みますので、事前に質問内容を想定し、回答を考えておくことが大切です。 業界や企業によって出題される質問は違いますし、すべてを網羅することは不可能ですが、それでもどの業界や企業でも共通して出される頻出の質問はあります。 面接の対策として頻出の質問の回答を考えておくことは大切であり、これば最も基本的な対策になります。 頻出されるということは、それだけ面接官も重要視している質問とも言えますので、これに対してきちんと回答できなければ印象は悪いです。 頻出の質問に上手に回答できないことで、準備不足と評価されてしまう可能性もありますので、最低限頻出の質問だけは押さえておきましょう。 根拠を明確にしておく 面接では、質問されたことにきちんと答えることが出来なければいけません。 前もって自分はなぜ志望している企業に就職したいと思ったのか、根拠は何なのかを明確にしておく必要があります。 また、質問に対して答えるときも同様です。 すべての回答の元となる根拠を明確にし、統一するようにしておいてください。 そうすることで、自信を持って回答でき、面接官にも説得力のある印象を与えられます。 自己紹介をお願いします。 あなたの強み・長所を教えてください。 あなたの弱み・短所を教えてください。 学生時代で最も頑張ったことを教えてください。 頑張れた理由は何ですか。 学生時代に出した成果を教えてください。 卒業研究の内容を教えてください。 アルバイトの内容を教えてください。 課外活動の内容を教えてください。 サークルやクラブ活動の内容を教えてください。 属している組織でのあなたの役割を教えて下さい。 リーダーシップを取った経験はありますか? 13. まわりの方のあなたへの評価を教えてください。 学生時代に学んだ事は何ですか。 自分の大学生活を一言で表してください。 成功体験を教えてください。 失敗体験を教えてください。 今まで一番感動したことを教えてください。 今までで一番うれしかったことは何ですか。 今までで一番悔しかったことは何ですか。 あなたが一番長く続けてきたことは何ですか。 履修した中で、最も有意義な授業を教えてください。 趣味を教えてください。 尊敬する人を教えてください。 今まで一番感動したことを教えてください。 あなたの大切にしている言葉を教えてください。 あなたの夢を教えてください。 今後のキャリアプランを教えてください。 5年後,10年後の自分について教えてください。 死ぬときに何を考えると思いますか。 仕事への姿勢や適性を判断される 「あなたの長所・短所は何ですか」といったような人間性を把握するための質問は、仕事への姿勢や適性を判断するために行われています。 どのような人にも、合う職場と合わない職場はあります。 決断力とスピードが重要視される職場では、心配性な人は上手く機能しない可能性があります。 そのような職場においては、心配性な学生は自社には合わないと判断されてしまうのです。 一方、スピードよりも正確さを重要視する職場であれば、心配性な性格は「慎重に物事を進められる性格」として好意的に捉えられる可能性が高いのです。 そのような職場では、心配性な学生が重宝される可能性もあります。 このように、仕事によって求められる人間性は変わってきます。 人間性を把握することで、その学生の仕事に対する適性を見ているのです。 個性が仕事で活かせるかどうか 就活生の人間性について問うのは、その人がどんな人であるのかを知りたいということもありますが、それだけではなく個性を仕事で活かせるかどうかも見られています。 企業は単純な労働力を求めているのではなく、個性を発揮して自分らしく働いてくれる人、活躍してくれる人を求めています。 誰にでもできる仕事をするのではなく、その人だからできる仕事、その人しかできない仕事をやってくれる人材を求めていますので、個性のアピールは重要です。 もちろん単純に個性を発揮すればいいわけではなく、それが仕事で活かせる、企業に貢献できるものでなければなりません。 就活生の個性から仕事で活躍できそうな人材かどうかを見られていますので、企業が求める人材像を事前に把握しておくことも大切です。 あなたにとって仕事とは何ですか。 仕事で大切だと思うこと何ですか。 仕事のやりがいは何だと思いますか。 仕事を通じてどのように成長したいですか。 仕事とプライベートはどちらが大切だと思いますか。 当社の業界を興味を持ったきっかけを教えてください。 当社の業界を志望する理由を教えてください。 当社の業界の存在意義は何だと思いますか。 当社の業界に必要なものとは何だと考えていますか。 当社の業界は今後、どうなっていくと思いますか。 当社を志望する理由を教えてください。 当社に興味を持ったきっかけを教えてください。 当社の理念や、ビジョンについてどのように考えていますか。 当社の強みや事業戦略についてどのように考えていますか。 当社のサービス、商品の魅力を教えてください。 当社の弱みはどこだと思いますか。 あなたが入ることによって、当社は何が変わりますか。 あなたの強みを当社でどのように生かせますか。 当社に入ってやりたいことを教えてください。 当社から最も何を得たいですか。 この職種を希望する理由を教えてください。 この職種はどのような仕事だと考えていますか。 この職種で最も大切なものは何だと思いますか。 当社の志望順位は何番目ですか。 他にどのような企業を受けていますか。 もし当社に落ちたらどこの企業にいきますか。 大企業としてのデメリット 転勤,年功序列等 に関してどのように考えていますか。 ベンチャー企業としてのデメリット 不安定等 に関してどのように考えていますか。 残業はありますが、どのように考えていますか。 土日勤務することも稀にありますが、どのように考えていますか。 一生、当社で働きたいと考えていますか。 結婚しても仕事は続けたいと考えていますか。 出産後も仕事は続けたいと考えていますか。 このような質問では、どれだけ企業研究を入念に出来ているのかが見られています。 このような質問に対して、HPを流し読みした知識だけで回答すると、「自社への関心があまり高くないのかな」と志望度を疑われてしまう可能性が高いです。 HPや説明会などで情報を集めるのはもちろんのこと、OB訪問なども適宜利用しながら、企業についての情報を多く集めましょう。 集めた多くの情報をもとに回答を準備しておくことで、企業への入社意欲の高さをアピールすることが可能になります。 特に、企業の強みや独自性についての質問にはしっかりと答えられるように情報取集に努めましょう。 企業の弱みや課題の理解も大切 選考企業については強みや特徴を理解しておき、同業界の他社との差別化を図ることも大切ですが、目を向けるべきはそれだけではありません。 強みや特徴の理解に加えて、企業の弱みや課題の理解も大切であり、ここまで徹底して企業理解を深めることで選考を有利に進めることができます。 面接の質問では選考企業の強みだけではなく、弱みについて聞かれることもありますし、それに答えられなければ企業研究不足としてマイナスの印象を与えてしまいます。 また課題をきちんと理解し、企業ではこれから何をすべきなのかを考えて将来のビジョンへとつなげておくことも大切です。 弱みや課題を知るからこそ見えることもありますので、選考企業については良い面も悪い面も両方理解しておきましょう。 パソコンのスキルを教えてください。 語学のスキルを教えてください。 TOEICの点数を教えてください。 研究成果を出してください。 プログラミングスキルを教えてください。 開発言語、開発環境を教えてください。 ポートフォリオを見せてください。 デザインスキル フォトショップ、イラストレーター等 を教えてください。 普段、情報収集をどの媒体で行なっていますか。 最近、気になるニュースを教えてください。 最近読んだ本を教えてください。 その本で何を学んだのか教えてください。 1000万円あるとしたら、何に使いますか。 無人島に3つ持っていくなら何を持っていきますか。 総理大臣になったら日本にどんな施策を行いますか。 活躍するビジネスマンの条件とは何だと思いますか。 これから成功するビジネスは何だと思いますか。 不景気の原因は何だと思いますか。 インターネットによって、今後何が変わりますか。 コミュニケーションはどのように変わっていますか。 ソーシャルメディアを使って何ができるようになりましたか。 一つ夢が叶うとしたら何をお願いしますか。 今日の面接で学んだこと、成長したことは何ですか。 本日の面接は何点だったか教えてください。 面接後、何をしますか。 あなたのことをどのように評価していると思いますか。 最後に何か質問はありますか。 100. あなたは今日、この場で就職活動をやめることはできますか? スキルを身に付けた理由や過程を伝える 面接では、「あなたの強みを教えてください」など、能力を測る質問を受けることもよくあります。 このような質問に対して、「私の強みは〇〇です」など、単に強みやスキルのみを述べるのはNGです。 採用担当者はこのような質問を通じて、スキルや強み自体はもちろん、それらを身に付けた理由や過程について知りたいと考えているのです。 理由や過程について具体的に述べることで、スキルを効果的にアピールすることも可能になります。 しかし、理由や過程を長々と述べてしまい、要点がぼやけてしまうのはNGです。 要点がぼやけてしまうと、採用担当者に伝えたいことをしっかりと伝えることが出来なくなってしまいます。 具体性を持たせながらも簡潔に要点をまとめ、スキルを身に付けた理由、過程まで踏み込んで述べるようにしましょう。 能力を使って企業で活躍できることをアピール 面接で自身の能力を問われることも多いので上手に説明できることが大切ですが、それだけではなく能力を使って企業で活躍できることをアピールするのも重要です。 いかに優れた能力があっても、それが企業で活かせるものでなければ意味はありませんし、評価の対象にもなりません。 能力は持っているだけではなく、発揮できてこそ価値があるものですので、就職後どのように仕事で活かし、企業に貢献できるのかを伝えていくことが大切です。 企業への貢献度の高さをアピールできれば採用メリットが伝わりますし、高評価も獲得しやすくなります。 仕事での活かし方を伝えるためには仕事内容を理解しておく必要がありますので、企業研究もしっかりおこなった上で、企業で活かせる能力をアピールしていきましょう。 面接官の評価基準を知っておくことも大切 面接を攻略するためには質問に対しての回答を考えておくことも大切ですが、それだけではなく 面接官の評価の基準を知っておくことも大切です。 面接官はどのような点を評価しているのか、何が評価されないのかを知っておくことでアピールの仕方も変わってきます。 まずは実際の面接でも使用されているを使って、面接官がチェックしているポイントを確認しておきましょう。 どれだけ熱烈にアピールしても、それが評価の対象にならなければ意味はありませんし、選考を突破することもできません。 面接官の評価基準を知り、評価されるポイントを踏まえて面接で上手にアピールしていきましょう。 志望度が高いか 面接官の評価基準としては、志望度が高いかどうかが挙げられます。 企業では志望度が高く、仕事に対しての熱意のある学生を求めていますので、入社意欲が強いことをアピールすることが大切です。 どれだけ優秀な学生でも、やる気がなければ評価の対象にはなりませんし、マイナスの評価を受けてしまいます。 新卒の場合は即戦力としてではなく、入社後の成長を期待して採用が決定することが多く、ポテンシャルが重要視される傾向にあります。 就職時点での能力よりも、入社後にいかに成長できるかが見られていますので、成長力の高さをアピールするためにも、熱意を伝えるのは必須です。 志望度が高く、やる気に満ち溢れている=成長力が高いと評価され、高評価を獲得することができます。 企業で活躍できるか 企業で活躍できるかどうかも、面接官の評価基準の一つです。 志望度が高く、やる気があるのは大切なことですが、いかにやる気があっても仕事で活躍できなければ意味はありません。 ビジネスでは結果が求められますし、評価されるのは過程ではなく常に結果です。 どれだけ過程で努力を重ねていたとしても、結果が出ていなければ評価はされませんし、きちんと結果を出して企業に貢献できる人材が求められています。 新卒の入社の段階でいきなり高いレベルを求められるわけではありませんが、それでもある程度の能力は必要になることが多いです。 現時点でどのような能力が備わっていて、それが仕事でどのように活かせるのかをアピールし、企業で働いている姿をイメージさせることが大切です。 好印象を与える逆質問のコツ3つ 面接では面接官が志望者に質問を投げかけ、志望者が面接官に対して回答します。 しかし、逆質問といって学生から面接官に質問を投げかけることもあるのです。 この逆質問では企業に関する質問をすることで、入社意欲をアピールできます。 ここからは、好印象を与える逆質問のコツを3つ取り上げていきます。 入社後の働き方について聞くことは、入社に対して強い意志があると思われやすいです。 また、入社後の働き方を知りたいというアピールは、心構えができているということも印象付けられるでしょう。 面接担当者側も入社後の流れを伝えることで、志望者の入社後のイメージができるので、相互的にとてもよい質問になるでしょう。 また、この逆質問をすることでどのような働き方をしたいかなど、そこから質問が返ってくることもあります。 入社後の働き方について質問をするときは、そこから発展した質問についてもあらかじめ練習しておくといいでしょう。 企業研究といっても、ある程度力を入れていなければ上辺だけだと思われてしまう可能性もあります。 そのため、強く入社を志望している企業には、一生懸命企業研究した成果が伝わる内容を伝えてください。 企業側からしても、自社について一生懸命知ろうとしているということは、評価に繋がるというだけではなく真剣さが伝わるため、プラスの評価になるでしょう。 他の企業でも面接を受けて入社を迷っている場合は、他社の企業研究結果と混ざらないように注意してください。 あまりにも簡単な質問であったり、会社の経歴や規模、支店数や社員数など、企業HPで調べればわかる内容は避けましょう。 質問することで、企業を知ろうとしていない、入社意欲が低いと思われてしまい逆効果になりかねません。 逆質問をするときは、基本的な企業情報を把握した上で知りたいことを尋ねましょう。 面接で聞きたい逆質問5つ 逆質問といっても、具体的にどのような質問をしたらよいかが思いつかない人もいるかもしれません。 そこで、ここからは面接で聞きたい逆質問をご紹介していきます。 入社してからの働き方についてや、入社までの準備、また入社までに必要な知識などの他にも、先輩社員のように活躍したいという意欲を見せる質問もあるので、ぜひ参考にしてください。 営業を希望していて営業部に配属されるのか、配属されるのはどの地方なのかなど、配属先というのは初めに気になるところなので、逆質問をする際に聞いておくとよいでしょう。 しかし、質問に対してマイナスのイメージを与える回答は避けなければなりません。 関西出身だから関西に配属されたい場合でも、関東や海外など別の地方や国を言われることもあるでしょう。 その場合、「それは難しい」「それは無理です」などの回答は印象を下げてしまいます。 あくまで会社の指示に従うというのが前提ですので、面接の場で拒否するのは望ましくありません。 スケジュールといっても、配属先や役職、年齢によっても大きく変わってくるので、同世代の社員の1日のスケジュールというように、ある程度範囲を絞った質問にすることが大切です。 1日のスケジュールを知りたいというのは、実際に働いてからのことを考えていると捉えられることが多いといえます。 スケジュールの話題から会話が広がることも多いので、面接官も実際に働いている姿を想像しやすく、好印象を与えるチャンスとなるでしょう。 現在の知識では足りないところは入社までに勉強をして習得しておきたい、常に戦力となるように頑張りたいといった意欲を見せるチャンスでもあります。 入社までに勉強しておく内容を聞くことで心構えができるでしょう。 就職が決まった後も中だるみすることなく常に社会に出るということを意識できるので、事前に尋ねる質問としてはいい質問内容だといえるでしょう。 しかし、就職するまでは企業の実態を詳しく知ることができず、誰がどのように評価をされているかは到底わかりません。 就職後は最前線で活躍したいという意気込みのある人は、活躍している社員に共通する能力を聞いてみるといいでしょう。 活躍する人の中には入社当初から頭角を現している人も多いので、出だしが肝心といっても過言ではありません。 入社するまでに、活躍するために出来ることを知りスキルアップするための行動をとりましょう。 しかし、明らかに活かせない資格は逆効果になるかもしれないため注意しましょう。 資格が面接であまり注目されていなかったとしても、逆質問で話題に出すことで再度注目してもらうきっかけになります。 資格をアピールしたいと考えている人は、ぜひこの質問をしてみるといいでしょう。 保有資格がたくさんある人は、アピールしたい資格を事前に選んで質問してください。 逆質問をストックしておこう 逆質問は「これを聞いておけばOK」というものではありません。 それまでの面接の流れを汲みつつ、鋭い質問をしなければマニュアル学生と思われてしまいます。 そこで使えるのが、です。 面接で使える質問を100つ厳選しているので、頭にいれておけば、面接の進行にあわせて、臨機応変に鋭い質問を繰り出せます。 逆質問を効果的に使い、面接を突破しましょう。 面接で緊張しないためにしておくべきこと 面接は緊張度の高い場ですし、どれだけ慣れていても全く緊張しなくなることはほとんどありません。 よほど肝の据わった人でなければ少なからず緊張してしまいますし、緊張によって失敗してしまうことも多いです。 せっかく準備しても緊張して実力を発揮できなければ意味はありませんし、緊張しないための準備をしておくことも面接の対策としては大切です。 実力を発揮できないまま終わってしまうのは悔しいですし、後悔も残りますので、緊張しないための準備もきちんとおこなっておきましょう。 事前の練習は必須 面接で緊張しないためには、事前の練習は必須です。 頻出の質問に対しての回答内容を考えておくことも大切ですが、それらを頭の中で考えるだけではなく、実際に声に出して話しておきましょう。 頭で考えているのと実際に話してみるのでは感覚が違いますし、声に出してみることで改善点が見つかる場合もあります。 短くまとめられているつもりが意外に長く感じてしまったり、その逆のパターンもありますので、声に出して練習しておくのは大切なことです。 また入室から退室まで一連の流れについても実際に動きをつけて練習しておくことで、本番でも緊張しづらくなります。 面接は流れをきちんと覚えておけば緊張も和らぎますので、一度通して練習し、流れを頭に入れてから本番に臨みましょう。 頭が真っ白になっても焦らない 面接で緊張すれば頭が真っ白になってしまい、何を答えればいいのかと困ってしまうことも多いです。 事前に考えてきたことを忘れてしまうと焦ってしまいますが、焦ることで余計にミスを生んでしまうこともありますので注意しなければなりません。 緊張で頭が真っ白になるのはよくあることですので、焦らずに対処することが大切です。 焦ったり、緊張してはいけないと思ってしまうと余計に緊張してしまいますので、緊張するのは悪いことだと思い込まないようにしましょう。 誰しも少なからず緊張はしますし、程よい緊張感で臨むことで実力がしっかり発揮できる場合もあります。 緊張を悪いことだと思ってしまうとミスにつながりますので、頭が真っ白になっても焦らず、ゆっくりと思い出し、つっかえながらでも回答していくことが大切です。 「人間性」「選考企業」や能力を測る質問対策をしよう 面接では「人間性」に関する質問、「選考企業」に関する質問、「能力を測る」質問がメインになります。 「人間性」に関する質問では、自分をしっかりと理解できているのか、その人の人間性が自社にマッチするのかを見ています。 「選考企業」に関する質問では、企業研究をしっかりとおこない、志望する理由を論理的に説明できるかどうかで、自社への志望度を見られているのです。 「能力を測る」質問では、自身の強みをしっかりとアピールできているか、自社で活かせるのかを判断しようとしています。 これらの質問の対策を進めるには、自己分析と企業研究が不可欠です。 面接の質問対策を進めるにあたっては、場当たり的に進めるのではなく、自己分析と企業研究から始ましょう。 39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう だんだん近づいてくる、面接の本番。 自分が面接で振る舞えるかどうか、不安ではありませんか? そんな時は、面接力診断をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの面接の実力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 面接力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の