キャサリン 妃 生い立ち。 キャサリン妃の生い立ちや性格をダイアナ妃と比べてみた

キャサリン妃、旧友の裏切りによる英王室の内情暴露に憔悴!?

キャサリン 妃 生い立ち

Sponsored Link ・キャサリン妃とダイアナ妃の出身家庭 イギリス王室にお嫁に行かれた キャサリン妃ですが、出身は一般家庭と言われています。 ウィリアム王子のお母様、 ダイアナ妃は貴族の出身だそうですから、そこから違うようです。 でも、調べたところ、キャサリン妃のお父さんはパイロットだし、その先祖様は何代化にわたって弁護士だったそうですから、一般と言っても上の方と見てよいでしょうね。 そして、キャサリン妃のご両親は、もともと航空会社勤務で、その後会社を設立して成功をおさめ、お金持ちとなっているそうですから、そこそこの家系であったということは間違いないです。 ・キャサリン妃とダイアナ妃の学歴 キャサリン妃はセント・アンドルーズ大学に通っていて卒業しています。 そこで、ウィリアム王子とも出会っています。 また、キャサリン妃はイギリス王室初の大学卒王妃と言われています。 一方、 ダイアナ妃は勉強が嫌いだったということで大学には通われていません。 ・キャサリン妃とダイアナ妃の性格 キャサリン妃は、ウィリアム王子に近づいてくる他の女性とは違い、ウィリアム王子に対して特別な態度を取らなかったそうです。 また、もともと服装も地味でそんなに目立つタイプでもなかったようです。 そんなキャサリン妃をウィリアム王子が気に入り、8年ものお付き合いを通じて結婚になりました。 お付き合いの間に、イギリス王室のあり方などを観察して学んでいたようで、結婚して王室に入った後も比較的すんなりとなじんだようです。 一方、ダイアナ妃ですが、天真爛漫な性格だったようです。 イギリス王室にも負けず自分の道を進んだことで、王室内で反感を買ったり、チャールズ元皇太子との仲がうまくいかなかったのかもしれません。 ・キャサリン妃とダイアナ妃の人気 今でこそ世界中で人気のキャサリン妃ですが、ダイアナ妃と比べると最初は人気はそれほどではありませんでした。 しかし、結婚してからの夫婦の姿や活動を見て、 だんだんと人気が出てきました。 ダイアナ妃は結婚同時から世界中で大人気でしたから、ここも違う点ですね。 以上、キャサリン妃とダイアナ妃を比べてみましたが、お母さんであるダイアナ妃と奥さんであるキャサリン妃がよくも悪くも比較されているウィリアム王子は大変だな、と比べといてなんですが王室など特別な家庭に身を置く方の苦労を思ってしまいました。 どちらにせよ、ウィリアム王子もキャサリン妃と仲睦まじく過ごしているようですので、新しい家族が増えた後も幸せになっていってほしいです。 こちらの記事もどうぞ.

次の

キャサリン妃の子供の年齢(生年月日)や名前は?画像でも比較!

キャサリン 妃 生い立ち

名前 :レイチェル・メーガン・マークル ( Rachel Meghan Markle)• 称号 :サセックス公爵夫人 ダンバートン伯爵夫人 キルキール男爵夫人• 誕生日: 1981年8月4日• 出身地: アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス• 学歴 : ノースウェスタン大学 演劇・国際関係学部の同時専攻• 元夫 : トレヴァー・エンゲルソン(2011年 — 2013年)• 現夫 : サセックス公爵ヘンリー王子(2018年 — 現在) メーガン妃は、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで誕生しました。 母親はアフリカ系アメリカ人、父親はオランダ・アイルランド系と異なるルーツをもっています。 2011年にはロサンゼルスで活動する映画プロデューサーでタレントマネージャーのトレヴァー・エンゲルソンと7年間の交際を経て結婚。 しかし、わずか2年で離婚をしてしまいます。 メーガン妃の経歴• 2002年: ソープオペラ『General Hospital』で 女優デビュー。 2006年:クイズ番組『Deal or No Deal』に出演した。 大学では演劇学部・国際関係学部の同時専攻をしていたため、演劇にも国際問題にも関心を持っていました。 大学卒業後には、アルゼンチンのブエノスアイレスの駐アルゼンチンアメリカ合衆国大使館にインターンシップ生と務めた経験もあり、聡明な女性であることがわかります。 さらに社会活動にも熱心で、以下のような慈善活動にも取り組んでいました。 国連組織 UNウィメンの支持者として「国際女性デー」にスピーチ• 国際NGO「ワールド・ビジョン」のアンバサダーとしてルワンダやインドを訪問 2016年のアメリカ合衆国大統領選挙期間中には、ドナルド・トランプの女性蔑視発言などを批判するなど、芯を持った強い女性です。 メーガン妃のヘンリー王子の出会いは2016年7月に、共通の友人ミーシャ・ヌヌー&アレクサンダー・ギルクス夫婦、そしてビジネスマンのマーカス・アンダーソンの双方のセッティングによるロンドンでのブラインドデートでした。 ブラインドデートというのは知人の紹介を通じて、はじめましての相手とデートをすることです。 しかしヘンリー王子はメーガン妃に一目惚れをし、二人は意気投合。 お互い多忙なスケジュールを縫って、ロンドンでデートを重ね、交際へと発展しました。 ヘンリー王子のプロポーズは、ケンジントン宮殿のコテージにて2人でローストチキンを作っていた最中だったそうで、突然ひざまずきプロポーズをするヘンリー王子に対して、メーガン妃はプロポーズの言葉が終わるを待たずして「イエスと言っていい? 言ってもいい?」と返事をしていまったそうです。 生粋のイギリス人ではなく、アフリカ系アメリカ人であること• 離婚歴があること• 人前でキスやハグをするなど今まで王室では考えられなかった行動をとること• 実の父親がパパラッチと共謀してメーガン妃の写真を捏造してお金を受け取っていたこと• 結婚式では約3000万円のドレスを着用• 伝統であるロイヤルベビーの公開をしない声明を発表• 総額5000万円をかけたベビーシャワーをアメリカで開催• 出産前旅行の「ベビームーン」では豪華スパに滞在し、約500万を使用• イギリス王室が伝統的に利用してきた病院は使用ぜず、独自で病院と医師を決めて出産• 2019年~2020年の年越しをカナダで過ごした• ロイヤルファミリーの「高位」王族の座を退く声明を発表• 国民の気持ちになってみると、王室が好き勝手やっている様子をみたら失望してしまう気持ちも理解ができます。 上級王族から退く、経済的自立をすることを宣言したメーガン妃ですが、今後も世界中から注目をうけることは間違いないでしょう。 今後のメーガン妃の動向に注目です。

次の

キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

キャサリン 妃 生い立ち

ファミリービジネス 『ハロー!』誌によれば、ミドルトン夫妻は、キャロルが客室乗務員、マイケルが運航管理者としてブリティッシュ・エアウェイズに勤務していたときに出会った。 1980年、バッキンガムシャーのドーネーにあるセント・ジェームズ教会で結婚し、7年後、キッズ用のパーティグッズを販売する会社「Party Pieces」をスタートさせている。 「1987年、私が妊娠6カ月だったとき、バーミンガムのスプリングフェア(ホーム&ギフト用品の見本市)に行ったのですが、そこで素敵なセレクトの業者を見つけたのです」と、キャロルは自社のウェブサイトに書いている。 「そこからアイディアが生まれました。 自分で小さなチラシを作って地元の保護者グループに配り、その後まもなく、自宅の庭の物置を作業場にしてビジネスが始まったのです」。 ビジネスは成功し、『ハロー!』誌は、「Party Pieces」の価値は4000万ドル(約44億円)で、夫妻の主な収入源だとしている。 不動産投資 もともと一家はバーナム・ディーンにある家に住んでおり、テレグラフ紙によると、その家の資産価値は約54万ドル(約6000万円)だそう。 その後、2002年に夫妻はロンドンのチェルシー地区にフラットを購入し、キャサリン、ジェームズ、ピッパら子どもたち3人と住んでいた。 記録によると、この物件の価値は2011年までに約160万ドル(約1億8000万円)に上昇している。 2005年、夫妻はバークシャーのバックルベリーをはじめ、さらなる不動産投資に着手。 そのうちの1軒は約130万ドル(約1億4000万円)で、現金で購入したと報道されている。 また別に商業用物件もいくつか所有しており、それらの価値は合計で約175万ドル(約2億円)にのぼるとされる。 また、express. ukによると、夫妻は現在バックルベリーにある800万ドル(約8億8000万円)の邸宅に住んでいるとのこと。 遺産 2011年に、『デイリー・テレグラフ』紙は、マイケルの父ピーター・ミドルトンが家族に80万ドル(約9000万円)相当の資産を残したと報道。 2010年のピーターの死により、その資産はいくつかの負債を返済後、リチャード、マイケル、サイモン、ニコラスの4人の息子に分割され、1人あたり13万ドル(約1400万円)ずつを相続したもよう。 ピーターはパイロットを職業とし、1962年にはエリザベス女王の夫フィリップ王配と共に飛んだことがあるとも言われている。 ピーターから受け継いだ遺産がなければ、ミドルトン夫妻が今の地位を築くことはできなかったかもしれず、ひいてはキャサリン妃がウィリアム王子と出会うこともなかったかもしれない。 Photos: Getty Images Translation: Mitsuko Kanno From.

次の