ホワイト 500 企業 一覧。 ホワイト企業認定とは?その必要性と取得のメリット

「健康経営優良法人2020」認定法人が認定されました! (METI/経済産業省)

ホワイト 500 企業 一覧

「協会けんぽ等保険者のサポートを得て健康宣言等に取り組む企業を1万社以上とする。 」 という目標にあります。 この目標を達成するために健康経営優良法人認定制度の運営が始まりました。 つまり、「ホワイト500」という名前には、「2020年までに500社以上の企業を健康経営に取り組むようにしたい」という思いが込められています。 500企業のみが認定を受けるという訳ではありません。 既に「500社」の目標は達成している!? 初回となった2017年度、健康経営優良法人の大規模法人部門(ホワイト500)は235法人が認定されました。 2回目となった2018年度は、541法人が認定されました。 つまり、2020年までに「健保組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業を500社以上とする。 」という目標は既に達成されています。 「ホワイト500」認定取得のメリット 経済産業省は、 「社員の健康を大切にしている」 「働きやすい会社である」 「ホワイトである(ブラックではない)」 などのメッセージを伝える上で、このロゴが明確な根拠となるでしょう。 例えば、業界全体でブラックなイメージが根強い場合は、他社との違いを示す強い武器になるかもしれません。 また、健康・ヘルスケア・健康経営などに関わる商品・サービスを扱う事業主の場合、商品市場におけるブランディングにも活用できると思います。 「ホワイト500」の認定企業 「ホワイト500」の認定企業は、経済産業省のホームページに公開されています。 2017年度に関しては、中小規模法人部門と同一のPDFファイルで公開されています。 2018年度からは、「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」が別々のPDFファイルで公開されています。 「ホワイト500」の申請方法 「ホワイト500」の申請方法は、以下の5ステップです。 「健康経営度調査」に回答(9月〜10月頃)• 経済産業省から送付される申請様式を記載し、保険者に提出• 保険者と連名で、日本健康会議健康経営優良法人認定委員会事務局へ提出• 日本健康会議健康経営優良法人認定委員会による受理・審査• 日本健康会議健康経営優良法人認定委員会による認定 申請の前提条件となる 「健康経営度調査」とは、経済産業省が実施している法人の健康経営の取組状況と経年での変化を把握・分析することを目的とした調査です。 健康経営度調査の結果が、回答法人全体の上位50%以内でなければ、ホワイト500の認定を取得することができません。 平成29年度健康経営度調査では、30ページに及ぶアンケート項目でした。 サンプルは経済産業省のホームページに公開されています。 <> ホワイト500の5つの認定基準 健康経営優良法人2018(大規模法人部門)の認定基準は「健康経営度調査の結果が上位50%であること」に加えて、.

次の

健康経営優良法人認定制度(METI/経済産業省)

ホワイト 500 企業 一覧

1.「健康経営優良法人2020」が認定されました!! 経済産業省は健康経営の普及促進に向けて、次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループ(日本健康会議健康経営500社ワーキンググループ及び中小1万社健康宣言ワーキンググループと合同開催)において「健康経営優良法人認定制度」の設計を行っております。 この度、令和2年3月2日付けで「健康経営優良法人2020」を発表しました。 4回目となる今回は、大規模法人部門(上位500法人を「ホワイト500」とする)に1476法人が、中小規模法人部門に4817法人が、日本健康会議より認定されています。 (令和2年6月1日現在) なお、令和2年3月2日に予定されていた「健康経営優良法人2020」のアワードは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催は中止となりました。 当日登壇予定だった方の講演の動画、代表法人への認定証授与等については以下で公開していますのでご参照ください。 ・ 認定期間:2020年3月2日~2021年3月31日• (New! (New! 3.健康経営優良法人認定制度とは 健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。 本制度では、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。 健康経営や健康経営の顕彰制度についての概要資料は。 日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。 経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。 健康経営優良法人2020認定基準については以下をご参照ください。 4.「健康経営優良法人2020」に認定された法人のみなさま 「健康経営優良法人2020」に認定された法人の変更と返納について 健康経営優良法人2020変更・返納規約を以下のとおり定めています。 「健康経営優良法人2020」に認定された法人は、企業情報の変更があった場合、或いは、虚偽記載や「5.法令遵守・リスクマネジメント」において違反があった場合、以下の規約に基づいて手続きを行ってください。 フォーマットについても以下をご参照ください。 (書類の提出先につきましては、経済産業省ヘルスケア産業課までお願いいたします)• (New! (New! (New! (New! (New! 「健康経営優良法人2020」ロゴマークについて 「健康経営優良法人2020」ロゴマーク使用規約、ガイドラインを以下のとおり定めています。 健康経営優良法人2020ロゴマークに関するFAQやよくある質問もご参照ください。 (New! (New! 新たな冠の応募方法について 公募は締め切りました。 応募いただいた名称を元に経済産業省及び日本健康会議で検討を行い、健康投資WGで選考した上で名称を決定いたします。 なお、応募いただいた名称は修正等の加工をする場合があります。 注意事項 第三者が商標権・著作権等の権利を有しているもの、第三者の権利の侵害やそのおそれがあるもの、法令違反やそのおそれがあるもの、公序良俗に反するもの、その他経済産業省及び日本健康会議が不適切と判断したものは選考対象外となります。 採用された名称の著作権(著作権法第27条及び第28条の権利も含みます。 )、商標権(商標登録出願を行う権利を含みます。 )、その他の知的財産権はすべて、ご応募いただいた方から経済産業省及び日本健康会議に無償にて譲渡したものとみなします。 また、採用された方は経済産業省、日本健康会議及びこれらが指定する第三者に対し、著作者人格権を行使しないことに同意いただいたものとみなします。 採用された名称は経済産業省及び日本健康会議が任意に修正等の加工をする場合があります。 ご応募をもって本注意事項に同意されたものとみなします。 経済産業省は同協議会の事務局を務めるとともに、関連施策を推進しています。 次世代ヘルスケア産業協議会には健康投資WGが設置されており、健康経営の取組事例の収集・分析や「健康経営銘柄」「健康経営優良法人」の制度設計などを行っています。 最新の委員会での議論についてはをご参照ください。

次の

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500

ホワイト 500 企業 一覧

『CSR企業総覧2016』(東洋経済新報社)。 有力・先進1325社のCSRデータを掲載。 上の画像をクリックすると購入サイトにジャンプします 東洋経済CSR調査では、毎年、学歴にかかわらずすべての新入社員が3年後に何人在籍しているかを聞いている(一部前年度になっている場合あり)。 近年、就活生を中心に世間の関心が高まり本調査での開示社数も年々増加を続けている。 (東洋経済新報社)では、男女それぞれの2012年4月入社者数、3年後の2015年4月時点の在籍者数を965社掲載。 昨年の822社から一挙に143社増となった。 このデータを使い新卒3年後定着率の高い会社を「新入社員に優しいホワイト企業」として個別企業ランキングと業種別集計を作成。 今回は開示企業の増加にあわせてこれまでの上位300社から500社まで拡大して発表する()。 まず、965社の中から3人以上入社した会社を対象に、定着率のランキングをご紹介する。 トップは3年間誰も辞めていない定着率100%が120社。 2012年4月の入社者が多い順に表示した。

次の