田畑政治 名言。 金栗四三(かなくりしそう)の家族や子孫は?写真や名言も紹介!|はぐれめたる

田畑政治の子孫や家系図を解説!現代でも活躍している人が多数?

田畑政治 名言

スポンサーリンク 村山龍平 田丸藩士から朝日新聞社の社長へ 村山龍平は、嘉永3年(1850年)紀州藩田丸領(伊勢国田丸)に仕えた士族・村山家に生まれた。 幼名は直輔。 幼少時代の村山龍平はケンカで形勢が悪くなるとに小刀を振り回すという、ワンパクを通り越したガキ大将で常に周囲の人を困らせていたという。 しかし、文久3年(1863年)に母が重病になってから村山龍平は改心し、冷静沈着な少年に変わった。 慶応3年(1867年)、村山龍平は田丸城に勤番することになったが、この年に大政奉還がなされる。 その後、村山家は明治4年(1871年)に大阪に移住 し、村山龍平は父とともに西洋雑貨商「村山屋(のちに田丸屋、玉泉舎)」を営んだ。 出典: 明治11年(1878年)、村山龍平は大阪商法会議所(のちの大阪商工会議所)の最初の議員に選ばれ、翌年に朝日新聞の創刊に参加。 明治14年(1881年)に木村平八・騰父子から朝日新聞の所有権を獲得し、上野理一と共同経営にあたった。 この上野理一の出資は当初極秘にされており、三井糸店当主である実兄・豊田善右衛門が資金を調達したといわれている。 このため朝日新聞社には政府・三井銀行からの極秘の経営資金援助があったと噂された。 明治24年(1891年)、村山龍平は第1回衆議院議員総選挙補欠選挙で当選すると以後、通算三期の衆議院議員を務め、大阪府会議員、大阪市会議員なども歴任。 大阪朝日新聞社長時代には全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)を創設し、第1回大会では羽織袴姿で開会始球式を務めている。 出典: スポンサーリンク 白虹事件と田畑政治 大正7年(1918年)、寺内内閣の弾劾が決議されたあと、大阪朝日新聞の記事に「白虹日を貫けり」という内乱を示す言葉があった。 これに対し、寺内内閣は「社会不安をあおっている」といいがかりをつけ、執筆者などを有罪にして編集幹部を退社に追い込んだ(白虹事件)。 この事件後、人力車に乗っていた村山龍平は右翼団体・黒龍会の構成員七人に襲撃を受ける。 そして村山龍平は全裸で石灯籠に縛りつけられ、首に「国賊・村山龍平」と書いた札をぶら下げられた。 その後、村山龍平は社長を退陣させられ、大阪朝日新聞は国家権力に屈服。 以降、大阪朝日新聞の論調の急進性は影をひそめていった。 1924年(大正13年)、東京朝日新聞社にいた村山龍平は、東京帝国大学を卒業した男を面接した。 周囲の者は皆、この男を採用しない方がいいと言っていたが、村山龍平だけは「顔が面白い」と言って気に入り、この男を採用することに決めた。 この男こそ、やがて東京にオリンピックを呼ぶことになる田畑政治だった。 昭和8年(1933年)、村山龍平は84歳で死去。 故郷の田丸城址は現在、玉城町有となっているが、これは村山龍平の寄付金をもって旧・田丸町が払い下げを受けたものである。

次の

田畑政治は東京オリンピック誘致の立役者!故郷・浜松が大河ドラマ「いだてん」をバックアップ

田畑政治 名言

川島正次郎役をいだてんで浅野忠信が演じる! 戦前〜戦後にかけて活躍した大物政治家の川島正次郎役を、今回大河ドラマ『 いだてん』では、俳優であり音楽家として活躍される 浅野忠信さんが演じられます。 川島正次郎は、好んでナンバー2のポジションにいた人物で、自民党幹事長、副総裁に長く君臨した男です。 役どころは、自民党幹事長で初のオリンピック担当大臣。 浅野忠信さんは「 川島正次郎は田畑政治と違う目線でオリンピックを見ている男。 」と、役柄を紹介されています。 川島正次郎の写真を見てみると、なかなか素敵なおじさまで、人に好かれそうな感じもありつつ、どこかミステリアスな感じで、裏で何か手をまわしてる。 って言われたら見えなくもない感じのオーラがある方です。 (笑) この役は演技力があっても結構難しそうに思いますが、浅野忠信さんがキャスティングされたと聞いて、ビビッ!ときました。 合ってる!って。 浅野忠信さんて、落ち着きがあって素敵でいつまでも見とけるくらいカッコイイですし、人からもちろん好かれそうですが、 プライベートは全く想像できませんよね。 良くも悪くも想像を楽しめちゃう芸能人としては、花丸(はなまる)な方です。 (笑) ちょっと影があるというか…。 二面性があるような感じがリンクしますよね。 wikipedia. 川島正次郎は力のある政治家で、総理も夢ではないと言われていましたが、トップに拘らず、いわゆるナンバー2とか補佐役といったサブ的存在に常にいた人物でした。 しかし、トップじゃないとはいえ、 存在感を示した大物政治家です。 川島正次郎は、戦うということはせず、計算&判断を貫きました。 その時その時の勝者を見抜き、味方につく。 で、ちゃっかり…。 いや、しっかりナンバー2のポジションゲット! 川島正次郎は「 脇役に徹する中で大事なことは、本流の中の脇役であること。 傍流はダメ。 勝ち馬は誰か、それを見分ける能力が問われる」 と語っています。 そのことがわかるエピソードもたくさん残されています。 かなりデキる人だったことが伺えます。 二番手で、活躍していた川島正次郎には たくさんの呼び名がありました。 遊び人で花柳界にも通じ、日本画や歌舞伎を愛する文化人でもあったそうです。 「 政界一寸先は闇」などの語録は広く知られていますよね。 背広のポケットに手を入れ、口笛を吹きながらさっそうと歩く姿の印象があり、政界では、 陽気な寝業師と、呼ばれていたそうです。 他にも・・・ ・カミソリ正次郎 ・ひまわり。 ・トボケの川正。 ・ズル正。 ・道中師 スリ。 ・小判鮫の川島。 などなど。。。 つけられている異名からは、言い方は悪いかもしれませんが、裏工作が得意ってことが想像できますね。 きっと、先を見て計算して判断して手回しして結果を出していったのでしょう。 いわば、この呼び名は川島正次郎にとって褒め言葉なのではないでしょうか。 ナンバー2と言われますが、このポジションはかなり難しいポジションです。 自分のことをよくわかって選択し、それを恥じたり隠すことなく堂々としている生き方は本当に粋ですよね〜。 昔からよく言う、一番手よりも二番手の方が賢い。 二番手は賢くないとできない。 っていうのは、まさに川島正次郎のことですね。 といいますか、川島正次郎が生んだ言葉だったのかもしれませんね。 スポンサーリンク 川島正次郎は田畑政治と対立し失脚させた? 川島正次郎は 1964年、東京オリンピック初の担当大臣としてオリンピック事業整備を進め、高度経済成長の仕組みを作り上げました。 (池田勇人内閣の時。 ) 田畑政治がオリンピックに尽力されたのはもうご存知ですよね。 で、この当時の田畑政治は何をしている頃かというと・・ 日本がオリンピックで、もっともっと金メダルが取れるように。 と、いうことで女子バレーボール(男子バレーボールは既にありました。 )&柔道の採用を強く訴えていた頃です。 で、熱意が伝わって、じゃあ東京オリンピックの特例として採用となりました。 この頃の女子バレーは全盛期! みなさん、よくご存知「 東洋の魔女」と呼ばれた時代。 めちゃくちゃ強かった時代で、世界を驚かせることになるのです。 柔道は嘉納治五郎の頃からの尽力もあって、採用されます。 しかし順調に思えたその頃、第4回アジア競技大会で事件は起こります。 デヴィ婦人の旦那様のインドネシアのスカルノ大統領が、第4回アジア競技大会を開催しましたが、政治的な理由から招待していない国があることがわかり、 国際スポーツの精神に違反している。 ということで、田畑政治が問い合わせたのです。 しかし『 違反はしていない』という答えが返ってきたので、田畑政治は日本選手団を引き連れ、ジャカルタに向かいました。 到着すると、招待状を出していない国があること(違反)がわかりました。 世界の各国代表は、締め出された国(不参加とされた国)の台湾とイスラエスの参加を要求します。 もちろんそれに対し、日本も大会に参加するのか不参加するのかという問題になってきます。 オリンピック組織委員会の会長・津島寿一は、もし日本が参加すれば、東京オリンピックを返上させられる可能性もあるので、ボイコットすべきだと主張。 しかし田畑の思いは『 ボイコットはやってはいけない』という信念があり、悩んでいました。 そして、田畑政治と川島正次郎が話し合い、最終的には出場することを判断し、決定。 日本選手団はアジア競技大会に参加できました。 その後の記者会では、川島正次郎が『 参加を決めたのは、東や津島、田畑らだ。 』と明言しました。 すると後に、『 この騒動は問題だった』と取り上げた『 田畑政治反対派』から、当時、その問題の責任者は田畑だった。 という話になり、事務総長を辞任する事になったのです。 それは、川島正次郎の策略だったのでは?と言われています。 ドラマでは、初のオリンピック担当大臣として田畑政治と対立し、田畑失脚の引き金となるシーンもありますので、 どのような展開になるか見ものですね。 阿部サダヲさんが、どんな態度でどんな表情でそれを受け入れていくのか・・・ トントン拍子に進むより、他にあり山ありだからドラマって面白いんですよね〜。 楽しみですね。 スポンサーリンク•

次の

田畑政治

田畑政治 名言

田畑政治(たばたまさじ)さんと言えば、「1964年のオリンピックを、東京に招致した人物」として有名です。 田畑政治さんがいなければ、別の場所でオリンピックをやっていたかも知れないと言われるくらいの、重要人物だと言えます。 そんな田畑政治さんは、2019年に放送される『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』で、ダブル主人公の一人になることも決まりました。 あらためて、世間で多くの人が注目しています。 「田畑政治ってどういう人だったの?」「プロフィールや経歴が知りたい」といった基本的な概要の疑問から「田畑政治の家系図や子孫が気になる」といった方までいるようですね。 そこでこの記事では、田畑政治さんについて調査して、まとめてみました。 〜もくじ〜• 田畑政治(たばたまさじ)プロフィールと経歴 田畑政治さんのプロフィールはまず、以下のようなものです。 名前 田畑政治 性別 男性 生年月日 1898年12月1日 出身 静岡県 家族 妻、娘2人、息子1人 職業 水泳指導者、新聞記者 では、田畑政治(たばたまさじ)さんの経歴をざっと確認してみましょう。 田畑政治さんは、静岡県で生まれ育ち、東京帝国大学に進学しました。 その後、毎日新聞の会社に就職しています。 そして、田畑政治さんは、毎日新聞で政治経済部長、常務と出世していきました。 仕事の手腕があることがわかりますね。 ただ、実はこの時点で、田畑政治さんは、水泳の指導もしていたといいます。 当時はスポーツクラブなどもない環境で、水泳指導ができる人物は貴重だったようですね。 1932年のオリンピックでは、日本代表の監督をしています。 その経歴を評価されて、日本水泳連盟の理事長、会長へとなっていきます。 そして、1946年頃の終戦の直後から、日本にオリンピックを誘致すべく奮闘。 ヘルシンキやメルボルンのオリンピックの団長を行いながら、1964年の東京オリンピック誘致に成功するのです。 そして、1973年から1977年までは、日本オリンピック委員会の会長として活動しました。 2019年放送の『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』では、俳優の阿部サダヲさんが田畑政治を演じることになります。 田畑政治(たばたまさじ)の家系図と子孫は? では、そんな田畑政治さんのご家族や子孫はどうなのでしょうか? 調べてみたところ、田畑政治さんご自身は、結婚されていたようです。 奥様がいて、その間に娘さん2日と息子さん1人が誕生しているのですね。 名前も公表されていました。 「妻が田畑菊枝」「長女が田畑治子」「次女が田畑醇子」「長男が田畑和宏」というお名前だといいます。 情報を元に作成した田畑政治さんの家系図はこちらです。 ただ、この家系図のさらに下の部分は不明です。 つまり、田畑治子さん、田畑醇子さん、田畑和宏さんにその後子供が生まれたのかどうかは分からないのです。 次女の田畑醇子さんはアメリカへ留学したといった情報はありますが、それまでですね。 とはいえ、存命であれば、次の東京オリンピックなどでも取材を受ける可能性があります。 したがって、2020年までには、存在が明らかになるでしょう。 田畑政治(たばたまさじ)まとめ 以上、田畑政治さんについてでした。 ・1898年生まれの新聞記者と水泳指導者というのが、基本プロフィール ・オリンピックの運営を行い、東京オリンピックの誘致に成功した ・妻1人と子供3人がいた ・その後の子孫や家系図は、公表されていない面がある というのが要点ですね。 これまでもドキュメンタリー番組やスペシャル番組として、2009年や2014年に田畑政治さんの短編再現ドラマは制作されました。 とはいえ、本格的に大河物語のストーリーになるのは、「いだてん〜東京オリムピック噺〜」が初めてです。 どのような作品になるのか、期待ですね。

次の