サブレ 作り方。 サブレ・オ・シトロン by soramiraiさん

タルトの土台サブレ生地のレシピ[パータ・サブレ Pâte sablée]

サブレ 作り方

山椒サブレ 調理時間 早くて30分~1時間 調理器具 ボウル・ゴムベラ・麺棒・ルーラー・オーブンシート・オーブン・クッキー型 材料 直径5㎝の型で30枚分 薄力粉 135g ベーキングパウダー 5g 粉山椒 5g バター(食塩不使用) 50g 水 30ml 塩 一つまみ グラニュー糖 50g 強力粉(打ち粉用) 適量 木の芽 約30枚 打ち粉は強力粉を使ったほうがサクサクに作れます。 木の芽はあると仕上がりが可愛いですが、なくても作ることができます。 今回はこちらの木の芽を取り寄せ使いました。 あると便利なもの 今回のサブレは2㎜厚さに伸ばすため、素人には均一に伸ばすのがかなり難しいです。 そのため『ルーラー』という製菓用の調理グッズがあると上手に均一に伸ばすことができるのでおすすめです。 今回もこちらのcottaの2㎜ルーラーを使っています。 作り方 1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。 そこに山椒の粉を加える。 たっぷり入れるのでピリッとした風味に仕上がります。 2、鍋にバター、水、塩、グラニュー糖を弱火にかけて全体をよく溶かし混ぜる。 3、2を1に加え、ゴムベラで切るように混ぜて粉が残らないようにする。 クッキーをサクサクに仕上げるにはこの混ぜ方がかなりポイントになります。 必ずぐるぐる混ぜずに、ボウルの中心でずっと『1』を描くように混ぜ続けます。 そうするとそのうち生地がこのようにまとまります。 4、生地ができたらラップに包み、手でおさえて薄くする。 その後冷蔵庫で30分~1時間冷やす。 5、5分くらい前に冷蔵庫からだし、台に強力粉で打ち粉をする。 オーブンの大きさにもよりますが、一度に全て焼けない場合は包丁などで生地を半分に切り、作業する分以外はまた冷蔵庫に戻しておきます。 (出しておくとだれてしまい、作業しにくくなり仕上がりも汚くなってしまうため) 冷蔵庫から出して5分程度の生地は季節によってはまだカチカチなので、硬い場合はすぐに麺棒で伸ばさずに麺棒で上からたたいて柔らかくします。 そうすると作業しやすくなり、生地も割れにくくなるのでその後で麺棒で生地を2㎜程度の厚みにまで伸ばします。 上から少し木の芽をやさしく押してあげるとうまくくっつきます。 強く押すと生地が寄れてしまうので注意してください。 8、180度に温めたオーブンで10~15分焼く。 すぐに取り出し、ケーキクーラーなどの上で冷ましたら完成です。 作る際の注意点・ポイント 実際に数回作ってみて分かった、上手に作るための注意点やポイントをまとめてみました。 続けて焼く際の注意点 続けて焼く場合は次に焼くクッキーは焼き上がりが早くなる場合があるので10分以下で設定し、様子を見ながら焼くのがおすすめです。 我が家のオーブンの場合ははじめは余熱+15分、2回目は12分、3回目は10分、4回目は8分で同じくらいの焼き時間になりました。 またすぐにオーブンから出さないと色が濃くなってしまう可能性があるので注意してください。 2回目以降の生地の扱い クッキー生地は常温に出しておくと徐々に柔らかく、だれてしまいます。 そのため1回目の生地をオーブンに入れたら ・焼いている間に次の生地の伸ばし ・型抜き ・バットなどにオーブンシートを天板の形に切って式、その上に型抜きしたクッキー生地を並べて冷蔵庫に入れる ・オーブンで焼く直前に冷蔵庫から出して天板にオーブンシートごと移してすぐに焼く という手順で焼くと、型崩れがせずきれいな形のまま焼くことができます。 もちろん型抜きする際も生地がある程度の硬さを持っていることが大切です。 ここでだれてしまっていると上手に型抜きできませんし、抜いた後型から外す段階でクチャッとなってしまう可能性があります。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 なのでお子さんは食べられないと思います。 うちの子たちも『かっらーーい!』と言ってびっくりしていました。 大人でも一度に数枚食べるのは難しい味です。 1枚1枚、何かを飲みながらじっくり味わう、そんなクッキーです。 クッキーに山椒を入れるアイディアが面白く、焼いてみたのですが海外のジンジャークッキーの和風版のような味です。 ベースのバターサブレがかなりサックサク&ざくざくで美味しいので、そこに山椒の風味がプラスされて大人の味に仕上がっています。 スイーツというより、おつまみに近いサブレかも。 紅茶や日本茶にもよく合う他、ピリリと辛いので赤ワインなどのお酒にもよく合いますよ。 上に乗せる木の芽がかわいいのでできれば乗せるといいと思いますが、木の芽は結構高級ですしあまり手に入らないので粉山椒だけでも大丈夫です。 粉山椒だけのほうが食べたときの辛みは弱いと思います。 以上『 山椒クッキーの作り方』のご紹介でした。 もう1つ、同じ生地の作り方でできる桜クッキーもおすすめですよ。 桜味を作った時は超初心者だったので、同じ生地でもできがかなり悪いです笑 細かい点に注意して焼くとこんなに違うよーという参考になるかもしれません。 小林かなえさんのレシピ本はこちらです。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもクッキーのレシピをご紹介しています。 是非ご覧ください。

次の

クリスマスのシナモンサブレの作り方[Sablés de Noël]

サブレ 作り方

サクサクッとした食感とバター風味がクセになるサブレ。 サブレとは、フランスから伝わった焼き菓子で、フランス語で「砂」を意味します。 サブレやクッキー、ビスケットなどの焼き菓子は、世界の国々によって材料の配分や呼び方が異なりますが、基本的には小麦粉、バター、砂糖などを使用して作られています。 日本では「糖分と脂肪分が全体の40%以上のもの」をクッキーと呼び、「40%未満のもの」をビスケットと呼んでいます。 一般的なサブレは、クッキーやビスケットよりもバターなどの脂肪分が多く、風味が強く食感がサクッとしているのが特徴です。 ポリ袋で作るから洗い物が少ない 材料すべてをポリ袋に入れて揉み込むだけなので、手が汚れず洗い物も少なくてすみます。 作ったサブレ生地は冷蔵で2日間、冷凍で1週間ほど保存可能なので、少量ずつ切ってオーブントースターで簡単に焼くこともできます。 ポリ袋でサクサクッ塩バターサブレの作り方 【材料】 ・薄力粉:大さじ6 60g ・砂糖:大さじ2 20g ・有塩バター:大さじ4 40g 【作り方】 1. /室温に戻したバターをポリ袋に入れ軽く揉み、砂糖、薄力粉も加えひとまとまりになるまでよく捏 こ ねる。 /まとまってきたらポリ袋の端で直径3cm程の円柱状に成型し、冷蔵庫で1時間程休ませる。 この間にオーブンを170度に予熱しておく 冷やすと生地が切りやすくなる 3. /2のサブレ生地を1cm程の厚さに輪切りにし、天板にクッキングシートを敷いた上に並べ、170度のオーブンで15分程焼く。 オーブントースターの場合はアルミホイルの上に並べ、同じく15分程焼く。 焦げそうになったら上にアルミホイルをかぶせる 熱々は柔らかいが冷えるとサクッ ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。 エステティシャン歴15年以上。 企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

次の

クッキー(サブレディアマン)の作り方

サブレ 作り方

1 バター又はマーガリンは、1cm角くらいに切って、冷蔵庫で冷やしておく。 2 ビニル袋に薄力粉、ベーキングパウダー、コーンスターチ、塩を入れて、空気を入れた状態で、口を閉じて振る。 3 2に1を入れ、空気を抜き、口を閉じ、バターに粉をまぶすように潰したり揉んだり、すり合わせたり。 4 バターが細かくなったら、砂糖も入れて、全体に混ざるよう振る。 5 溶いた卵を入れて、袋の中で折ったり、揉んだりして、生地をまとめる。 軽く平らにして、空気を抜き、冷蔵庫で30分休ませる。 6 オーブンを160度に温める。 7 生地を袋の上から、麺棒で2mm厚さくらいに伸ばして、袋を切り開く。 8 好きな型で抜くか、包丁で切って、オーブンシートを敷いた天板に並べる。 膨らむので間隔をあけてください。 9 オーブンで10~15分焼く。 10 バターとコーンスターチをサラダ油と片栗粉で代用したレシピもあります。 作り方も簡単です。 ID:1170001043•

次の