吉本 山口組。 島田紳助引退の本当の真相と、 吉本興業 山口組の関係。

揺れる吉本興業 かつては暴力団と切っても切れない関係だった?

吉本 山口組

フジテレビ夏のイベント「お台場新大陸2014」の制作発表に登場した、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(左)と蛍原徹(右)。 (写真=時事通信フォト) 吉本興業と山口組との関係は古い。 特に、三代目の田岡一雄組長との付き合いは、つとに知られている。 増田の本の中に、こんなエピソードがある。 後に林正之助が会長になった時、彼は芸人たちに、こう訓辞を垂れたというのである。 「ヤクザとは一切関わってはいかん。 飯や酒の席はもちろん、電話で話すのもいかん。 目を合わせてもいかん。 同じ空気を吸うてもいかん。 考えられるあらゆる局面でヤクザと接してはいかん!」 自分のこれまでのヤクザとの付き合いを棚に上げて、そういい放ったそうである。 「あんた、僕が双子やというのを知らんかったのか?」 しばらくして、山口組三代目の田岡組長が死去したという報道が、大阪の夕刊紙の一面に掲載された。 これも山口組とのつながりが噂される漫才師・中田カウスが夕刊紙の一面を携えて、林に会いに行った。 カウスは田岡の葬儀の写真がデカデカと載った一面を見せ、こう聞いた。 「まことに申し上げにくいんですが、ここに写っているのは会長ではないんでしょうか?」 新聞を一瞥した正之助は、ニコリともせずこういってのけたという。 「カウス君、あんた、僕が双子やというのを知らんかったのか? これは僕やない。 弟ですよ。 しゃーないやっちゃ。 あいつにも、きつういうとかんとあかんな」 この話を思い出したのは、フライデーがスクープした吉本の芸人たちの「闇営業」が話題になっているからだ。 記事のタイトルは、「宮迫博之ほか吉本興業人気芸人が犯罪集団に『闇営業』」(『フライデー』6/21号)。 闇営業というのは、所属事務所を通さないで、相手側と直取引することである。

次の

【悲報】吉本興業さん、指定暴力団山口組とズブズブの関係だった……│ニュースちゃんねる

吉本 山口組

スポンサード・リンク 吉田せい【わろてんか】の家系図で子供孫そして山口組の関係は? では、 吉本せいの生涯がモデルとなっている 朝ドラ【わろてんか】の家系図から 子供や孫などを 見ていってみよう。 本来の吉本せいの家系図と比べると 兄弟の数などが少し違うのは ドラマとしてなのだろう。 わろてんかの家系図で子供と孫は? わろてんかの家系図から、 順を追って説明していこう。 わろてんかの家系図によると 吉本せいは1889年に明石市で 3女として誕生している。 明石藩松平家の下級藩士だったが 明治維新をきっかけに 着物を扱う 太物屋を開いていたのである。 吉本せいは子供の頃から 頭の回転が速く、 実家の商売などを 手伝っていた。 そして、 わろてんかの家系図では 取引先の吉本泰三に見初められ 結婚する事になったのだ。 そんな吉本せいは 8人の子供を産んだのだが、 成人したのは4人のみであった。 4人の子供の内の1人である 吉本泰典が 吉本興業を継ぐ事になった為、 早稲田へ入学し、 帝王学を学ぶ事となる。 そして戦時中に 吉本せいの子供である 吉本泰典は 笠置シヅ子と結ばれたのだが、 結婚する前に吉本泰典は 結核の為、 帰らぬ人となってしまったのだ。 だが、笠置シヅ子は 吉本泰典との間の子供が生まれ 吉本せいの孫が誕生した。 吉本せいは 孫を引き取ろうとしたのだが 笠置シヅ子は養子に出す事を 断ったため、 わろてんかの家系図で見る様に 吉本の血筋は 孫の名前を残すだけで 途絶えてしまったのである。 スポンサード・リンク 山口組との関係は? さて、 明治の時代をお笑いで戦っていた 吉本せいの生涯だが 山口組の存在とは 穏やかではないのである。 調べてみたのだが、 明治と言えば、 女手1つで仕事をするには まだまだ、 周りの理解がない時代である。 そんな、女手では何ともならない時に 山口組に頼んでいた様なのだ。 吉本せいの活躍していた時代は、 山口組もまだ、それほど大きくなく 同じ関西圏を 活動していたという事から 色々、頼み事していた様である。 山口組は元々、 大嶋組の下についていたらしく 1932年に大嶋組から独立し 山口組となったのであった。 山口組の初代である 山口春吉の頃に 吉本せいと仕事の面で 組んでいた可能性が 高い事がわかっている。 寄席を開いて軌道に乗ったころに 旦那が亡くなってしまった事から 男手には困っていたのだろう。 更に、現在の吉本興業の 株式を相続しているのは 吉本せいの子供である 吉本峰子(吉本恵津子)であるのだ。 朝ドラを見ながら 現在の様子とのつながりを 楽しむのも一興ではないだろうか。 nifty.

次の

揺れる吉本興業 かつては暴力団と切っても切れない関係だった?

吉本 山口組

しかし、入江は氷山の一角にすぎない。 テレビもスポーツ紙も報じない、ズブズブの交際が水面下で行われているのだ。 そもそも吉本芸人と裏社会との醜聞は、枚挙に暇がない。 '87年、間寛平(69歳)や坂田利夫(77歳)ら、吉本所属タレントが一和会系白神組の組長の誕生パーティに出席していたことが発覚。 '95年頃には横山やすしが山口組系二次団体の幹部と兄弟盃を交わす写真が撮影されている。 '07年には、「週刊新潮」で、吉本の創業家当主・林マサが、中田カウス(69歳)が五代目山口組の渡辺芳則組長との関係を強調して会社を乗っ取ろうとしていると訴えた。 '09年には何者かにカウスが頭部をバットで殴打される事件まで発生している。 紳助が残したメール 近年で最もインパクトが大きかったのは、'11年8月に発覚した島田紳助(63歳)の「黒い交際」問題だろう。 山口組系二次団体「極心連合会」の橋本弘文会長(72歳)や、大阪府警が極心連合会の相談役と見なしていた元プロボクサーの渡辺二郎氏(64歳)らとの親密交際が発覚。 本誌も紳助と渡辺氏の間の大量の携帯メールを公開した。 その中に、当時はあまり注目されなかったメールがある。 '06年6月26日に紳助が渡辺氏に送ったものだ。 〈KのスケジュールKに調べさせています ほかいますかね?誰がいいですかね 長時間となるとむつかしいですよね! S Jは無理でしょうねえ 会社とおさないと とおしても今そんな仕事してませんもんね Mさんもきいてみますが高いでしょうね 今余興高いですよ びっくりしますよ〉 〈K・S無理きいてくれそうで 会社も内緒でいけそうですが ないようと時間ですわ〉 (2通ともメール原文では実名).

次の