ポケモン ストリンダー 色違い。 【ポケモン剣盾】ストリンダー(ハイのすがた)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ストリンダーが増えた気がするんだけど強い? ラプラスやトゲキッスに対抗できるのは面白いけど…

ポケモン ストリンダー 色違い

ポケモンソード・シールド(剣盾)は稀に 色違いのポケモンが出現or孵化することがあります。 色違いの確率をアップさせる方法(乱数は使用しません)と 「ガラル図鑑」、鎧の孤島「ヨロイ島図鑑」一覧について紹介します。 野球場でホームランを掴む確率ぐらいです。 星形 ひし形 出現 6. 3% 93. 7% 孵化 93. 7% 6. 3% 今作より色違いは 「星型・ひし型エフェクト」の2種類があり出現と孵化によっても確率が異なります。 【野生・孵化】確率をアップさせる方法 入手場所:キルクスタウン(中央左のホテル2階一番左部屋) 入手条件 ガラル図鑑完成 効果:持っていると 色違いに出会う確率3倍(野生・孵化ともに)になる。 ガラル図鑑なんて到底完成しないよ!という方は次の方法で色違いの入手確率をアップさせる方法(乱数は使いません)があります。 色違い一覧(ガラル図鑑・ヨロイじま図鑑・カンムリせつげん図鑑) ガラルで登場するポケモンの色違い一覧を紹介します。 ・ ・ の新ポケモンも追加していきます。 ガラル色違い図鑑一覧 御三家色違い 10 サッチムシ 11 レドームシ 12 イオルブ 13 キャタピー 14 トランセル 15 バタフリー 16 アゴジムシ 17 デンヂムシ 18 クワガノン 19 ホーホー 20 ヨルノズク 21 ココガラ 22 アオガラス 23 アーマーガア 24 ホシガリス 25 ヨクバリス 26 マメパト 27 ハトーボー 28 ケンホロウ 29 クスネ 30 フォクスライ 31 ジグザグマ 32 マッスグマ 33 タチフサグマ 34 ウールー 35 バイウールー 36 ハスボー 37 ハスブレロ 38 ルンパッパ 39 タネボー 40 コノハナ 41 ダーテング 42 カムカメ 43 カジリガメ 44 チョロネコ 45 レパルダス 46 ワンパチ 47 パルスワン 48 ホルビー 49 ホルード 50 チラーミィ 51 チラチーノ 52 アマカジ 53 アママイコ 54 アマージョ 55 ナゾノクサ 56 クサイハナ 57 ラフレシア 58 キレイハナ 59 スボミー 60 ロゼリア 61 ロズレイド 62 キャモメ 63 ペリッパー 64 バチュル 65 デンチュラ 66 ラクライ 67 ライボルト 68 ロコン 69 キュウコン 70 ガーディ 71 ウインディ 72 バニプッチ 73 バニリッチ 74 バイバニラ 75 ウリムー 76 イノムー 77 マンムー 78 デリバード 79 ユキワラシ 80 オニゴーリ 81 ユキメノ 82 ヤジロン 83 ネンドール 84 ドロバンコ 85 バンバドロ 86 イシズマイ 87 イワパレス 88 ゴビット 89 ゴルーグ 90 ムンナ 91 ムシャーナ 92 ネイティ 93 ネイティオ 94 ヌイコグマ 95 キテルグマ 96 ユキカブリ 97 ユキノオー 98 クラブ 99 キングラー 100 ウパー 101 ヌオー 102 ヘイガニ 103 シザリガー 104 ツチニン 105 テッカニン 106 ヌケニン 107 バルキー 108 サワムラー 109 エビワラー 110 カポエラー 111 ヤンチャム 112 ゴロンダ 113 ギアル 114 ギギアル 115 ギギギアル 116 ミツハニー 117 ビークイン 118 ドーミラー 119 ドータクン 120 ラルトス 121 キルリア 122 サーナイト 123 エルレイド 124 フワンテ 125 フワライド 126 ヒメンカ 127 ワタシラガ 128 チェリンボ 129 チェリム 130 スカンプー 131 スカタンク 132 オタマロ 133 ガマガル 134 ガマゲロゲ 135 ヨマワル 136 サマヨール 137 ヨノワール 138 ワンリキー 139 ゴーリキー 140 カイリキー 141 ゴース 142 ゴースト 143 ゲンガー 144 コイキング 145 ギャラドス 146 トサキント 147 アズマオウ 148 テッポウオ 149 オクタン 150 シェルダー 151 パルシェン 152 ヒンバス 153 ミロカロス 154 バスラオ 155 ヨワシ 156 ナマコブシ 157 ヤブクロン 158 ダストダス 159 ヤクデ 160 マルヤクデ 161 タンドン 162 トロッゴン 163 セキタンザン 164 ディグダ 165 ダグトリオ 166 モグリュー 167 ドリュウズ 168 ダンゴロ 169 ガントル 170 ギガイアス 171 ドッコラー 172 ドテッコツ 173 ローブシン 174 コロモリ 175 ココロモリ 176 オンバット 177 オンバーン 178 イワーク 179 ハガネール 180 サシカマス 181 カマスジョー 182 ニャース 183 ニャイキング 184 ペルシアン 185 マホミル 186 マホイップ 187 アブリー 188 アブリボン 189 テッシード 190 ナットレイ 191 バケッチャ 192 パンプジン 193 ピチュー 194 ピカチュウ 195 ライチュウ 196 イーブイ 197 シャワーズ 198 サンダース199 ブースター 200 エーフィ 201 ブラッキー 202 リーフィア 203 グレイシア 204 ニンフィア 205 カジッチュ 206 アップリュー 207 タルップル 208 ニャスパー 209 ニャオニクス 210 ペロッパフ 211 ペロリーム 212 シュシュプ 213 フレフワン 214 シズクモ 215 オニシズクモ 216 ソーナノ 217 ソーナンス 218 カモネギ 219 ネギガナイト 220 チョンチー 221 ランターン 222 グレッグル 223 ドクロッグ 224 ズルッグ 225 ズルズキン 226 マッギョ 227 ツボツボ 228 ドジョッチ 229 ナマズン 230 カラナクシ 231 トリトドン 232 コソクムシ 233 グソクムシャ 234 カメテテ 235 ガメノデス 236 サニーゴ 237 サニゴーン 238 ベロバー 239 ギモー 240 オーロンゲ 241 ミブリム 242 テブリム 243 ブリムオン 244 ヤトウモリ 245 エンニュート 246 コマタナ 247 キリキザン 248 ナゲキ 249 ダゲキ 250 ドガース 251 マタドガス 252 ウソハチ 253 ウソッキー 254 ピィ 255 ピッピ 256 ピクシー 257 トゲピー 258 トゲチック 259 トゲキッス 260 ゴンベ 261 カビゴン 262 モンメン 263 エルフーン 264 サイホーン 265 サイドン 266 ドサイドン 267 ゴチム 268 ゴチミル 269 ゴチルゼル 270 ユニラン 271 ダブラン 272 ランクルス 273 カブルモ 274 シュバルゴ 275 チョボマキ 276 アギルダー 277 リグレー 278 オーベム 279 クマシュン 280 ツンベアー 281 ワシボン 282 ウォーグル 283 バルチャイ 284 バルジーナ 285 スコルピ 286 ドラピオン 287 ヒトモシ 288 ランプラー 289 シャンデラ 290 マーイーカ 291 カラマネロ 292 ニューラ 293 マニューラ 294 ヤミラミ 295 クチート 296 マラカッチ 297 シンボラー 298 リオル 299 ルカリオ 300 コータス 301 ミミッキュ 302 ゾウドウ 303 ダイオウドウ 304 ハリーセン 305 プルリル 306 ブルンゲル 307 ヒドイデ 308 ドヒドイデ 309 ウッウ 310 エレズン 311 ストリンダー 312 スナヘビ 313 サダイジャ 314 ヒポポタス 315 カバルドン 316 アイアント 317 クイタラン 318 エリキテル 319 エレザード 320 ルチャブル 321 ナックラー 322 ビブラーバ 323 フライゴン 324 キバゴ 325 オノンド 326 オノノクス 327 デスマス 328 デスバーン 329 デスカーン 330 ヒトツキ 331 ニダンギル 332 ギルガルド 333 ポニータ 334 ギャロップ 335 ヤバチャ 336 ポットデス 337 イエッサン 338 ボクレー 339 オーロット 340 ネマシュ 341 マシェード 342 ヤレユータン 343 ナゲツケサル 344 モルペコ 345 タイレーツ 346 ジジーロン 347 バクガメス 348 トゲデマル 349 ユキハミ 350 モスノウ 351 タタッコ 352 オトスパス 353 バチンウニ 354 タマンタ 355 マンタイン 356 ホエルコ 357 ホエルオー 358 カチコール 359 クレベース 360 ダダリン 361 ラプラス 362 ルナトーン 363 ソルロック 364 マネネ 365 バリヤード 366 バリコオル 367 ダルマッカ 368 ヒヒダルマ 369 イシヘンジン 370 コオリッポ 371 ジュラルドン 372 ロトム 373 メタモン 374 パッチラゴン 375 パッチルドン 376 ウオノラゴン 377 ウオチルドン 378 ヒトカゲ 379 リザード 380 リザードン 381 タイプ:ヌル 382 シルヴァディ 383 ヨーギラス 384 サナギラス 385 バンギラス 386 モノズ 387 ジヘッド 388 サザンドラ 389 ヌメラ 390 ヌメイル 391 ヌメルゴン 392 ジャラコ 393 ジャランゴ 394 ジャラランガ 395 ドラメシヤ 396 ドロンチ 397 ドラパルト 398 ザシアン 399 ザマゼンタ 400 ムゲンダイナ 配布ポケモン色違い セレビィ色違い 劇場版特典です。 特別前売り券を購入した人にシリアルコードが貰えて入手することができます。 ゼラオラ(色違い) 期間限定の配布です。 受け取り条件もあります。 ヨロイ島色違い図鑑一覧(鎧の孤島色違い) 1 ガラルヤドン 2 ガラルヤドラン 3 ヤドキング 4 ミミロル 5 ミミロップ 6 ピンプク 7 ラッキー 8 ハピナス 9 ホシガリス 10 ヨクバリス 11 ププリン 12 プリン 13 プクリン 14 サッチムシ 15 レドームシ 16 イオルブ 17 カリキリ 18 ラランテス 19 カジッチュ 20 アップリュー 21 タルップル 22 ヤヤコマ 23 ヒノヤコマ 24 ファイアロー 25 コリンク 26 ルクシオ 27 レントラー 28 クレッフィ 29 コマタナ 30 キリキザン 31 ケーシィ 32 ユンゲラー 33 フーディン 34 ラルトス 35 キルリア 36 サーナイト 37 エルレイド 38 クラブ 39 キングラー 40 メノクラゲ 41 ドククラゲ 42 コイキング 43 ギャラドス 44 テッポウオ 45 オクタン 46 タマンタ 47 マンタイン 48 キャモメ 49 ペリッパー 50 スコルピ 51 ドラピオン 52 ノコッチ 53 バッフロン 54 ベロリンガ 55 ベロベルト 56 カムカメ 57 カジリガメ 58 ウパー 59 ヌオー 60 ヌメラ 61 ヌメイル 62 ヌメルゴン 63 クリムガン 64 チョボマキ 65 アギルダー 66 カブルモ 67 シュバルゴ 68 フシギダネ 69 フシギソウ 70 フシギバナ 71 ゼニガメ 72 カメール 73 カメックス 74 フシデ 75 ホイーガ 76 ペンドラー 77 タマゲタケ 78 モロバレル 79 キュワワー 80 モンジャラ 81 モジャンボ 82 グレッグル 83 ドクロッグ 84 ピチュー 85 ピカチュウ 86 ライチュウ 86 アローラライチュウ 剣盾でアローラライチュウは進化方法はありませんので過去作から連れてきましょう。 87 ゾロア 88 ゾロアーク 89 ヤレユータン 90 ナゲツケサル 91 ヘイガニ 92 シザリガー 93 ウッウ 94 トサキント 95 アズマオウ 96 サシカマス 97 カマスジョー 98 ヒトデマン 99 スターミー 100 ダクマ 101 ウーラオス いちげき 101 ウーラオス れんげき 伝説色違いは出現しません。 特別なプレゼント配布のみとなります。 ・ ・ 102 エモンガ 103 デデンネ 104 モルペコ 105 コイル 106 レアコイル 107 ジバコイル 108 マーイーカ 109 カラマネロ 110 ヨワシ 単 110 ヨワシ 群 111 キバニア 112 サメハダー 113 ヨーテリー 114 ハーデリア 115 ムーランド 116 ケンタロス 117 ミルタンク 118 ストライク 119 ハッサム 120 カイロス 121 ヘラクロス 122 イシズマイ 123 イワパレス 124 コソクムシ 125 グソクムシャ 126 バチンウニ 127 ヒドイデ 128 ドヒドイデ 129 タタッコ 130 オトスパス 131 シェルダー 132 パルシェン 133 スナバァ 134 シロデスナ 135 フワンテ 136 フワライド 137 ドジョッチ 138 ナマズン 139 ルリリ 140 マリル 141 マリルリ 142 ニョロモ 143 ニョロゾ 144 ニョロボン 145 ニョロトノ 146 コダック 147 ゴルダック 148 ゴニョニョ 149 ドゴーム 150 バクオング 151 コロモリ 152 ココロモリ 153 エアームド 154 ダンゴロ 155 ガントル 156 ギガイアス 157 イワンコ 158 ルガルガン まひる 158 ルガルガン まよなか 158 ルガルガン たそがれ イワンコ進化先、ルガルガン(真昼の姿)は朝昼夕方にレベル25で進化、真夜中の姿は夜にレベル25で進化、黄昏の姿は特性「マイペース」のイワンコを19時台にレベル25で進化します。 159 ヤトウモリ 160 エンニュート 161 ズルッグ 162 ズルズキン 163 コジョフー 164 コジョンド 165 ジャラコ 166 ジャランゴ 167 ジャラランガ 168 サンド 169 サンドパン 168 アローラサンド 169 アローラサンドパン 170 カラカラ 171 ガラガラ 171 アローラガラガラ 172 ガルーラ 173 コータス 174 スナヘビ 175 サダイジャ 176 メグロコ 177 ワルビル 178 ワルビアル 179 ワシボン 180 ウォーグル 181 バルチャイ 182 バルジーナ 183 サイホーン 184 サイドン 185 ドサイドン 186 メラルバ 187 ウルガモス 188 チョンチー 189 ランターン 190 ホエルコ 191 ホエルオー 192 プルリル 193 ブルンゲル 194 クズモー 195 ドラミドロ 196 ウデッポウ 197 ブロスター 198 タッツー 199 シードラ 200 キングドラ 201 チュリネ 202 ドレディア 203 ミツハニー 204 ビークイン 205 タマタマ 206 ナッシー 206 アローラナッシー 207 メタモン 208 ポリゴン 209 ポリゴン2 210 ポリゴンZ ザルード 限定配布のザルードに関しては色違いはありません。 マギアナ ポケモンHOMEにて全国図鑑890種類集めると色違いではなく500年前のマギアナが貰えますが、ただの色違いではありませんので入手方法などは下記記事にて記載しています。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください 最新情報はこちら: 鎧の孤島・冠の雪原 最新情報はこちら:• 最新情報• yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾】色違いポケモン一覧と効率的な厳選方法

ポケモン ストリンダー 色違い

ここで見分けましょう。 星マークの色違い演出も!? ただ、たまご孵化で色違いが出現した場合は周りに星マークが散らばる演出になるようです。 色違いの出現確率 色違いポケモンの出現率は最近のシリーズ通しておよそ「4000匹に1匹」つまり 0. 025%の確率とされています。 絶対色違いが出ない法則 最近のシリーズ通して 人からもらったポケモンは色違いになることはありません。 野生か卵孵化のみ色違いポケモンは出現します。 もし最初に選ぶ 御三家ポケモンで色違いが欲しい場合は、 通常の色の雌(メス)受け取り、卵孵化させる必要があります。 伝説ポケモンの色違いは出るのか 伝説ポケモンである「ザマゼンタ」と「ザシアン」は色違いブロックルーチンが掛かっているので、通常では出現しません。 今後、色違いカプ・コケコやネクロズマのように何かしらのイベントで配布されるかもしれません。 レイドバトルでも色違いは出るのか? マックスレイドバトルでもごく稀に色違いポケモンは出現します。 登場時から色は変わっており、捕まえる前から色違いなのか一目で判断が可能です。 マックスレイドバトルでは野生や孵化とは違い、「ひかるおまもり」や「ポケモンを倒した数」が影響しないので乱数調整などで固定しない限りは狙ったポケモンを色違いで出現させるのは至難の技です。 色違いのメリット 色違いのポケモンはただ色が違うだけで、ステータスや覚える技は 通常ポケモンと同じ、性格ももちろんランダムです。 しかし、激レアと言うだけあってコレクションしているプレイヤーもいます。 ポケモン交換の時に役に立つ可能性もあるため、目当てではないポケモンでも色違いならゲットしておくべきでしょう。 剣盾の色違いポケモン一覧 ポケモン剣盾(ソードシールド)に登場する新ポケモンの色違い一覧です。 色違いの画像はタップで拡大することができます。

次の

【ポケモン剣盾】色違いの厳選方法【ポケモンソードシールド】

ポケモン ストリンダー 色違い

性格によって異なる姿に進化するというシリーズ初の特徴を持ち、二つの姿は特性、習得技、鳴き声のトーンに小さな差異がある。 の化学反応で生まれるエネルギーは進化前と比べものにならない程強くなっており、よどんだ水を好んでガブ飲みする事で水中にある毒素を取り込む。 どちらも胸についている紫の突起状の発電器官があり、これを掻きむしるように操作することで音を鳴らしながら発電する。 特性名やデザインなどから鑑みるに、モチーフはと、名前の由来は「ストリングス 」+「」と推測される。 地方のモデルのイギリスは、とともに及びパンクロックの発祥・発展の中心地であることから着想を得たと思われる。 ガラル地方ではポケモンバンド 「マキシマイザス」のメンバーとして登場。 もちろんポジションはギタリスト及びベーシストで、ボーカルの、ドラマーのと共に活動している。 また、港町バウタウンの灯台横には2体のストリンダーの像があり、かつてその灯台を守ったという逸話が残されている。 ちなみに、後にマキシマイザスがいるのもこの銅像のすぐ傍である。 バウタウンのモデルはだと言われており、マキシマイザスはリバプール出身のバンド・を意識しているのかもしれない。 ストリンダーのすがた ストリンダーは上記の通り性格によって姿が異なるポケモンで、下記の2つの種類に進化する。 体色はと紫で、背中に青い電撃が2列、背びれのように発せられている。 15000ボルトの電気を作り出すと共にベースのような音を響かせる。 いかなる相手もナメきった態度をとる、肝の据わった性格(もちろん実際は 自分で手に入れた個体であればちゃんと言うことを聞いてくれるのでご安心を)。 ハイなすがたとは対照的に、エレズンの時にであった場合、特性はマイナスに、、といった耐久寄りの補助技を覚える。 ちなみに、ベノムショックとベノムトラップはわざマシン・わざレコードが存在するが、自力習得できない方の技のわざマシン・わざレコードは使うことができない。 ゲーム上における特徴 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 75 98 70 114 70 75 タイプは 「でんき・どく」という今までにない組み合わせ。 この複合は弱点が地面4倍とエスパー2倍のみ、耐性は草・電気・格闘・飛行・毒・虫・フェアリー・鋼の8つと非常に優秀。 持ちを除けば どく・まひ状態にならないなど、状態異常への耐性も備える。 ステータスは攻撃と特攻こそ高いが他は平凡。 特に耐久が中途半端なせいでせっかくの優秀な耐性を活かしにくいのが難点。 素早さも高いとは言い難いので、相手に高火力で先制されるとアッサリ沈んでしまうことも多い。 とは言え紙耐久というほど脆くはなく、鈍足というほど遅くもないのは確か。 調整の幅が広いというのはメリットでもある。 専用の新特性 「」は自分の音技の威力を上げ、受ける音技ダメージを半減させるという音技に特化したもの。 電気タイプの新技 「」とは非常に相性がいい。 単純にオーバードライブを連打しているだけでもかなりの火力が期待出来る他、オーバードライブが刺さらない相手に対しては「」がある。 メイン火力が音技なので「」持ちにも強い。 相手からの音技を半減できる一方で自身も音技に頼っているため、こちらの音技を封じてくる「」や「」持ちには滅法弱い。 特に「じごくづき」はサブウェポンとして忍ばせるポケモンがそれなりに居るので要注意。 特殊型はタイプ一致の技には苦労しないが、サブウェポンがほとんど無いのが欠点。 逆に物理はや「」など、やや威力が低めなれど範囲は広い。 他には追加効果が優秀な「」や、見た目によらず「」を覚えるので麻痺撒きも可能。 変化技は「」や「」といったものを習得。 物理型にする場合はギアチェンジを覚えるハイなすがた、特殊型にする場合はひかえめやおくびょうを採用できるローなすがたが向いている。 ただし読まれやすいので、例えばハイなすがたに性格補正を変えるミントを使って特殊型として使用する欺瞞作戦もアリ。 物理型で使う場合は習得の都合上「ハイなすがた」一択となる。 一方で特殊型として使う場合はハイ・ローどちらにせよ特殊型と極端に相性のいい技は覚えないため、見た目の好みで選んでしまっていいだろう。 ハイなすがたなら相手に多少のブラフを仕掛けられ、ローなすがたならミントを使わずに済むという利点がそれぞれある。 なお他の特性だが…… 「プラス」および「マイナス」はこの特性所有者が味方にいないと機能しない。 だがどのポケモンもじめん弱点を持っているため特性を活かそうとなるとじめん技が誘発されてしまう。 一応ローの方であれば「じばそうさ」で耐久戦法が取れるが、ハイはこの戦法を取れない。 また隠れ特性「テクニシャン」はモチーフからすれば非常に納得がいくのだが、実用面ではこの特性が適用される技で有用なのが「」「アシッドボム」「ほっぺすりすり」くらいしかない。 確かに威力90で必中のタイプ一致でんき技を撃てるが、「パンクロック」であれば威力 104で命中100である。 シナリオ中では預かり屋で進化前のを貰えるため、手持ちに入れていたプレイヤーも多いだろう。 NPCのポケモンとしては、メインシナリオクリア後にがローなすがたを使用してくる。 kg パンクポケモン・ストリンダーがキョダイマックスした姿。 普通にゲームを進めただけでは絶対に出現しないが、内部データには存在しており、満を持して2月にに初めて降臨した。 ちなみに内部データにのみ存在していたキョダイマックスが解放されたのはに続き二例目。 ハイとローのどちらがキョダイマックスしても同じ姿と鳴き声になり、腹部等のカラーリングは黄色でも水色でもないに、各部のトゲも発光するピンク色になっている。 姿はハイなすがたが主体だが、爬虫類を思わせる四つん這いになり、腰の尻尾らしき突起はを思わせる形状に変化。 ローなすがたの特徴もしっかりと存在し、背中には背ビレのような青い電撃が2列発せられ、胸部の発電機官の真ん中二つが水色になっている。 体内には雷雲に匹敵する凄まじいと、100万リットルとも言われる多量のを蓄えているが、その毒が脳まで回って理性を失っており、常に暴走している状態にある。 暴れるたびに全身から漏れ出した毒の汗が雨のように降り出して大地を汚していき、相対する者を蝕む。 正に「歩く災害」と言っても過言では無い。 巨大な身体から繰り出すフルスイングの勢いが加わることで、その威力は大地に巨大なクレーターを作ってしまう程だと言う。 このストリンダーが繰り出すでんきタイプの攻撃は 「キョダイカンデン」に変化する。 相手にダメージを与えるだけでなく、とののどちらかにする効果を持ち、でんきタイプながらどく状態にできる珍しい技である。 でんき技なのでじめんタイプには無効化されてしまうものの、でんき技が通るタイプに当てればじめんタイプのポケモンにもまひorどく状態を付与することが可能。 ただし、言うまでもないがはがねタイプはどく状態にすることができない(まひ状態にはできる)ので注意。 技を放った相手以外も巻き込めるという技の仕様上、 シングルバトルよりもダブルバトルでの方が扱いやすい。 ちなみに、ターフタウンにある地上絵に描かれているポケモンの頭や尻尾の形が、よく見るとこのストリンダーにそっくりである。 上記の伝承も踏まえると、太古の昔にと戦い灯台を守ったポケモンは、このキョダイストリンダーだったのではとの説も出ているが…? また、「キョダイカンデン」を発動する際のエレキギター型の電気の塊を地面に叩きつける仕草は、やといった名ギタリストたちがライブ中にしばしば行っていた ギターをステージに叩きつけて壊すパフォーマンスが元ネタになっている。 何と 使用ワザの殆どが全体攻撃で、一部がパンクロックで強化されている事がある。 それを 1ターンで3回連続で繰り出すと言うかつてないほどの凶悪さを発揮して来るのだ。 勿論どれも高威力なので合計ダメージもえげつなく、ソロプレイでは無策で挑むとほぼ確実に 1ターン目でNPCが全滅と言う地獄絵図を見る羽目になる。 しかし ローな姿の場合はその2倍の6と高くなっており、ダイマックス技やを駆使しない限り突破は極めて困難になっている。 キョダイマックスが登場する以前でもその強さの片鱗は味わえたため、こいつのキョダイマックスと聞いて嫌な予感しかなかったプレイヤーもいたのだが、その予感は見事的中してしまったのだった。 もちろん対策は無いこともない。 耐久力のあるひらいしん持ちの、で挑むことで、仲間をでんき技から守ることができる。 また、攻撃の多くが全体攻撃であるため、を連打することでダイマックス技や、、、などを除けば封殺できる(諸々の技の麻痺による行動不能を防ぐためを持たせるとさらに安定する)。 ワイドガードを使うポケモンを毒や電気弱点、紙耐久にさえしなければソロでもや、が揃わない限りは安定して撃破可能。 ただしこの2つ目の方法は自分の攻撃を完全に放棄して他のプレイヤーやNPCに攻略を任せる形になるため、一部のプレイヤーからは「まどろっこしい」と敬遠されている様子。

次の