ソードシールド まとめ。 ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

PJNO2020ソード・シールド部門まとめ

ソードシールド まとめ

目次 ガセ情報・コラ画像まとめ• 最新のガセ情報・コラ画像 ポケモンソードシールドで噂となっている最新のガセ情報やコラ画像を紹介していきます。 リーク情報やガセと認定できないウワサなどは以下の記事にまとめています。 アニメ「ポケモンソードシールド」のビジュアルが流出? アニメ「ポケモンソードシールド」のキービジュアルのようなものが海外のサイトからリークされました。 女主人公の絵や、御三家のイラストが公式っぽく描かれていますが、「勇気はあなたの剣です!力はあなたの盾です!」という語呂の悪いコピーが入っているのでおそらく偽物ではないかと思われます。 なぜかサトシが後ろ向きになってますしね(笑) イーブイの新たな進化タイプ? 2019年6月5日のポケモンダイレクトで発表されると言われている新たなポケモンの姿が海外サイトからリークされました。 なんとこのポケモンはドラゴンタイプに進化したイーブイのようで、竜の特徴的な角や髭が生えています。 線画に比べてソードシールドのロゴがぼやけすぎだろというコメントもありましたので、何とも怪しい気はしますね・・・。 新ポケモン「ペトロマイト」の姿が流出? 海外の解析サイトから、新ポケモン「ペトロマイト」なるポケモンの姿が動画で流出しました。 動画は出現シーンしかなく、デザインも何とも言えないのでガセの可能性が高そうです。 また、昔の照明器具である「ランタン」または「カンテラ」をモチーフにした姿になっており、シャンデラと近しいポケモンとなるのでしょうか・・・。 話題となったガセ情報・コラ画像 ポケモンソードシールドで一時期話題となったガセ情報・コラ画像をまとめています ゼラオラのアーマー進化画像がリーク? 通常時 アーマー進化 伝説ポケモンである「ゼラオラ」がアーマー進化したと思われる画像がリークしました。 こちらはいまだガセ情報なのか判明していませんが、アーマー進化されるといわれてるポケモンかつ、精巧な3Dで再現されているので本当の情報である可能性が高いです。 思っていたようなガッツリと何かを纏っているわけではありませんが、攻撃的なソードフォルムに変化しているようにも見えますね・・・。 こちらニンテンドーダイレクトでダイマックスが新要素として発表された時点でガセ情報の可能性が高くなりました・・・。 ニンテンドーダイレクトが4月12日に放送 ポケモンソードシールドの最新情報も公開されるかもしれない「任天堂ダイレクト」が4月12日に放送されると海外のメディアがリークしていましたが、ガセ情報であることが判明しました。 現在はガセ情報を流した海外メディアが厳しい批判を受けているようです・・・。 ルージュラがルジュリアに進化? Twitterでルージュラがポケモンソードシールドで「ルジュリア」に通信進化すると話題になっていますが、上記の画像はポケモンXYが発売される前に流行ったコラ画像なので勿論ガセです。 ちなみに、ポケモンサンムーンが発売される前にはルージュラのリージョンフォームするという情報もありましたがそちらもガセ情報でした。 虫・ドラゴンのポケモンがリーク? 海外から、虫・ドラゴンという新たな組み合わせタイプのポケモンがリークされたと話題になっていますが、どうやらガセ情報だったようです。 サンムーンでもガセネタを作った外国人が作った「バグドラゴン」という名前のようです。 御三家ポケモンの進化形態がリーク? ポケモンソードシールドのポケモンダイレクトで御三家ポケモンである「ヒバニー、メッソン、サルノリ」の進化形態のコラ画像が数多く流出しているようです。 ヒバニーの進化形態 出来のいい画像も回っているので、中には本物のリーク画像が回っているかもしれませんね! マイナーチェンジの画像が流出? ポケモンソードシールドのマイナーチェンジとして「ポケモンガン」の画像が流出したと話題になっていますが、これも海外の人が作ったコラ画像のようです。 コラ画像の出来の良さから、メキシコの新聞にマイナーチェンジ版として掲載されてしまったようです。 ポケモン新作タイトルは「キング・クイーン」? 増田氏のビードルの画像ツイートに書かれている数字をポケモン図鑑Noで表すと「ヤドキング」、「ビークイン」となるのでポケモン新作のタイトルが「キング・クイーン」ではないかと話題になり、上記のような画像まで作られました。

次の

【ソードシールド】鎧の孤島の新要素・新機能まとめ|追加DLC第1弾【ポケモン剣盾】

ソードシールド まとめ

ソード・シールドから、自転車が復活!公開されている映像では、立ちこぎや水上を走ったり、過去にはない要素も追加されているぞ。 スマホロトムを使用して機能を強化できるようだ。 おまかせレポート 自動レポートが可能 ソードシールドからは、レポートを自動で行うおまかせレポートが設定できる。 街や建物に移動した際に、自動でレポートが行われるので、データの消失を防げる。 設定をオフにすれば、従来どおりの手動レポートにも切り替え可能。 初期設定ではオン おまかせレポートは、初期設定でオンになっている。 育成や厳選を考えている方は、ソードシールドを初めるときに、設定から変更することを忘れないこと。 ニックネーム もらったポケモンでも名前を変えられる 他のトレーナーからもらったポケモンに名前がつけられていない場合のみ、ニックネームの変更が1度だけ可能になった。 既に名前がつけられている場合は、従来どおり変更はできない。 ニックネームを変更する方法 ガラル地方のポケモンセンターに入って、左側のカウンターにいる男性に話しかけると、ニックネームを変更できるようだ。 ドーピングアイテム 使用回数制限が撤廃 ポケモンのきそポイントをあげられるえいようドリンク系のアイテムは、従来では使用できる数に制限があった。 しかし、ソードシールドからは制限がなくなり、基礎ポイントが最大になるまで使用できるようになった。 努力値上げの手間が少なく 栄養ドリンクをたくさん持っていれば、わざわざバトルで努力値上げをする手間がかなり少なくなる。 ただし、栄養ドリンクで上昇する基礎ポイントは10ずつなので、細かな調整が必要な場合は計算してドリンクを使用すること。 タマゴ技 後からでもタマゴ技を覚えられる 従来ではタマゴわざを覚えるには、タマゴを孵化するのが絶対条件であったが、ソードシールドでは、タマゴ技を覚えさせたいポケモンと「同じ種類でタマゴ技を覚えているポケモン」を一緒に預けることで、タマゴ技を覚えさせられる。 覚えさせる時の注意 タマゴ技を覚えさせるには、覚えさせるポケモンの、既に覚えている技が3つ以下でなければならない。 ポケモンセンター ポケモンセンターでできることが増えた 姓名判断や技の思い出し、忘れができるように。 また、パソコンがロトミになり、様々な機能が使える。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ソードシールド】ボールのエフェクトまとめ!!

ソードシールド まとめ

先制技としては威力が高く、 条件を満たしていなくても通常の技として使用が可能なので腐りづらいのも特徴です。 「ダイソウゲン」でグラスフィールドを展開した後に先制技として使えるのは勿論ですが、特性「グラスメイカー」を持つ「ゴリランダー」と特に相性が良い技と言えます。 メテオビーム いわ 特殊 威力 120 命中 90 PP 10 1ターン目に自分の特攻を1段階上昇、2ターン目に攻撃 解説 技を選択したターンには攻撃せず、次のターンに攻撃をする技です。 「パワフルハーブ」を使うと 特攻アップと攻撃を同時に行えるので瞬間的に高い火力を出しつつその後の火力も上げる事が出来ます。 現状では恩恵の大きいポケモンはそれほど多くありませんが、今後ポケモンが解禁されていく事で猛威を奮う可能性があります。 現状であれば素早さ・特攻が高く技範囲も広いスターミーなどで使用するのがおすすめです。 しっとのほのお ほのお 特殊 威力 70 命中 100 PP 5 そのターンに能力が上がった相手に使用すると必ずやけど状態にする 解説 相手を必ずやけど状態にする事で弱体化を狙える技です。 全抜きを狙うダイマックスアタッカーなどが使用するダイマックス技には能力上昇を狙うものが多く、「ラムのみ」に注意する必要はあるものの ダメージを取りつつ安定した命中で相手の攻めプランを崩せる可能性があります。 現状覚えるポケモンに安定した高耐久が少なく、これから解禁されていくポケモンに注目が集まります。 ポルターガイスト ゴースト 物理 威力 110 命中 90 PP 5 相手が道具を持っていない場合失敗する 解説 威力の高いゴースト物理技で、使用すると相手の道具を確認する事が出来ます。 命中が若干不安定ですがほとんどノーリスクなので、メインウエポンがあまり強力でなかった為に火力を出しづらかったゴーストタイプの火力が底上げされます。 これによって一気に環境が変わると言った事はありませんが、 一部のポケモンの火力指数が大きく変わるという意味で注目したい技です。 クイックターン みず 物理 威力 60 命中 100 PP 20 攻撃後、手持ちのポケモンと交代する 解説 「とんぼがえり」と同様に相手に攻撃しつつ交代が可能な技です。 獲得したポケモンの中にはとんぼがえりを覚える種族も居ますが、 一致技として扱えるようになった事でより相手への削りを加速させられます。 素早さの高い「カマスジョー」や特性の「かそく」で素早さを上昇させられる「サメハダー」で使用して優位に立ち回ったり、「ねがいごと」を使用出来る「シャワーズ」で後続を回復させつつ交代したりと幅広い運用が考えられます。 現状では氷4倍弱点のポケモンは環境にほとんど居ませんが、これから解禁されるポケモンによっては 優秀な遂行技になる可能性を秘めた新技です。 総合的な威力は高いですが、1発毎に命中判定があるので技を外してしまった場合大きく威力が落ちてしまう点、「ばけのかわ」に対しての攻撃では威力が上がらない点には注意が必要です。 はいよるいちげき むし 物理 威力 70 命中 90 PP 10 相手の特攻を1段階ダウンさせる 解説 威力が控えめですが、命中すれば相手の特攻を確定でダウンさせられる虫タイプの技です。 耐久が物理に偏っているポケモンなどであれば相手が特殊アタッカーを後出ししてくる可能性があるので 効果的な弱体化を狙いやすくなります。 同じく虫技である「とびかかる」では相手の攻撃を1段階ダウンさせられるのでどちらも覚えるポケモンであれば環境や出てきやすいポケモンに応じて選択する事も出来るので地味にではありますが確実に選択肢が広がった技です。

次の