モチーフ つなぎ 方。 タティングレースの編み図・編み方【基本テク・簡単レシピ集】|ぬくもり

グラニースクエアの簡単なつなぎ方。細編みで編みつないでいく方法です

モチーフ つなぎ 方

グラニースクエアのグラニーは、英語でGrannyと表記しますが、「おばあちゃん」のことを指しています。 おばあちゃんのようにあたたかみがあり、愛らしいアイテムを仕上げることができるのがグラニースクエアの魅力ですね。 グラニースクエアの編み方を使って作るブランケットやクッションカバーは、ハンドメイド感があり、使う人に安心感を与えるようなとてもやさしいアイテムです。 また、よりたくさんのグラニースクエアをつなぎ合わせて作ることで、大きなベッドカバーとしても使うことができます。 ぜひ一度作ってみてくださいね。 また、次の記事では初心者でも簡単に作れるスヌードの編み方や編み図についてご紹介しています。 秋や冬などの肌寒い季節にはスヌードやマフラーが大活躍しますが、中でもスヌードは女性らしい可愛いシルエットが作れるおすすめのアイテムです。 ぜひ次の記事を参考に、手作りのスヌードに挑戦してみてくださいね。 グラニースクエアの一番基本的な編み方をご紹介しましょう。 一番基本的なグラニースクエアは、鎖編みと長編みのみで仕上げることができます。 ぜひ一度余り糸を使って作ってみてくださいね。 グラニースクエア|準備するもの• だいたい同じ太さの好みの毛糸数種類• 好みの毛糸に合うサイズのかぎ針 グラニースクエア|作り方・編み方の手順• 輪の作り目で始めます。 輪の作り目に立ち上がり3目の鎖編みを編み、続けて長編みを2目編みます。 次に3目の鎖編みを編み、さらに3目の長編みを編みます。 このセットをあと2回繰り返し、最後にもう一度3目の鎖編みを編みます。 糸の端を引っ張ると、四つ葉のクローバーがつながったようなモチーフが仕上がります。 かぎ針につながっている鎖編みは、立ち上がりの3目めに引き抜き編みをします。 次に糸の色を変え、また鎖編みで3目立ち上げます。 ここからは、前段の鎖編み部分には3目の長編みを、3目の長編み部分には1目の鎖編みをというように編み進めます。 スクエアの角に当たる部分は、長編み3目のあとに、鎖目3目を編み、さらに同じ部分に3目の長編みを編み入れます。 段ごとにバランスがよくなるように糸の色を変え、好みの大きさにまで仕上げたら、グラニースクエア1枚の完成です! いかがでしょうか。 基本のグラニースクエアは簡単に仕上がりますが、ぜひ次のリンクで紹介されている編み図も参考に進めてみてください。 グラニースクエアを作るときには、3色以上で作ることをおすすめします。 1色だと、きれいな段の模様が浮かび上がりませんし、2段でもクロス模様のように見えるためです。 グラニー編みには可愛いモチーフを付けることも.

次の

グラニースクエアの簡単なつなぎ方。細編みで編みつないでいく方法です

モチーフ つなぎ 方

商品情報 ネコポスご利用不可商品です。 毛糸と編み図がセットになったキットです。 モチーフを編みつないで作るかめのあみぐるみ。 しっぽ以外すべてモチーフで作られている、一つ一つ細部にまでこだわったデザイン。 サイズ高さ約25cm、長さ約50cmキット内容毛糸 ハマナカボニーNO. 498エメラルド、NO. 478クリーム 各2玉NO. 442生成り、NO. 406イエローベージュ、NO. 407ペパーミントグリーン、NO. 476黄緑、NO. 495ライムグリーン、NO. 417ベージュ、NO. 602グラスグリーン 各1玉編み図(H167-180-209)使用針ハマナカボニー針7. ご了承くださいませ。 商品到着時にご確認下さい。 商品説明 毛糸と編み図がセットになったキットです。 モチーフを編みつないで作るかめのあみぐるみ。 しっぽ以外すべてモチーフで作られている、一つ一つ細部にまでこだわったデザイン。 サイズ 高さ約25cm、長さ約50cm キット内容 毛糸 ハマナカボニー NO. 498エメラルド、NO. 478クリーム 各2玉 NO. 442生成り、NO. 406イエローベージュ、NO. 407ペパーミントグリーン、NO. 476黄緑、NO. 495ライムグリーン、NO. 417ベージュ、NO. ご了承くださいませ。 商品到着時にご確認下さい。 当該商品は自社販売と在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより 在庫切れの場合、やむをえずキャンセルさせていただく場合もございます。

次の

一番簡単なモチーフのつなぎ方(4) : Crochet with Ricky

モチーフ つなぎ 方

巻きかがりはぎとは? 巻きかがりはぎは、「全目かがり」と「半目かがり」があります。 三角や四角や六角形などのモチーフの、直線どうしの辺をつなぐ時に使います。 かぎ針を使って編んだモチーフは、つないでいくことで、コースターやマット、マフラーなどいろいろな作品に仕立てられますよ。 モチーフの編み方 まずは、簡単なモチーフの編み方をご紹介します。 「くさり編みを2目編んで、長編みを3目編み入れる」を3回繰り返し、くさり編みを2目編み、立ち上がりのくさり編みの3目に引き抜き編みをして糸を約7cm残してカットし、引き抜きます。 前段の長編みの目の頭にはこま編みを1目編み入れ、前段のくさり編み2目部分は、くさり編み全体をすくって、こま編みを3目編み入れます。 一周編んだら、最後は糸を約7cm残してカットし、引き抜きます。 糸端をとじ針に通して、編み始めのこま編みの目の頭に通し、もとのこま編みに戻って糸を通します。 糸を引きしめ、糸始末をします。 冷めたら台から外します。 巻きかがりはぎでモチーフをつなぐ方法 モチーフの角と角を合わせるのがきれいに仕上げるポイント。 初めてのときは、わかりやすいように角に印をつけましょう。 つなぎ合わせるモチーフの角と角の目をすくいます。 最初は糸を約10cm残しておきます。 1本ずつ拾い、つないでいきます。 これは、半目の巻きかがりはぎです。 角まできたら、次のモチーフに移ります。 横をすべてつなぎます。 次に縦をつなぎます。 角は交差させます。 すべてつなぎ終わりました。 糸端を目立たないところにからめて、糸始末をしましょう。 全目の巻きかがりはぎは頭目を2本拾います。 モチーフつなぎのコースターのできあがり 緑は引き抜き編みで整えました。 しっかりした仕上がりにしたいときは、全目かがり、モチーフの輪郭が見えるような仕上がりにしたいときは半目かがりにするとよいでしょう。 モチーフつなぎをきれいに仕上げる巻きかがりはぎ 直線どうしのつなぎ合わせなら、巻きかがりはぎは簡単でおすすめの手法。 厚みも出にくく、つないだ部分もそれほど目立たないので、きれいに仕上げることができますよ。 クチュリエブログでは、手編みはもちろん、裁縫、刺繍など、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。 お見逃しなく!.

次の