荒野 行動 引き継ぎ android から ipad。 失敗しない!荒野行動 データ引き継ぎ方法・機種変更時の注意

[荒野行動]確実にキルレを上げるコツiPad?!デメリットとおすすめの機種も解説

荒野 行動 引き継ぎ android から ipad

AndroidとiOS間のデータ移行のやり方 AndroidとiOS間のデータ移行は タイトルのユーザーからではなくホーム画面の設定ボタンから行います。 完全にデータを 上書きするのではなく交換になっているので安心です。 交換ですので引き継ぎコードを利用すればまた元のデータに戻せるため 今までAndroidデータを持っていながらも仕方なくiOSでプレイしていた方も双方のデータ保持が可能になっています。 この際に同じサーバーを選択するようにしましょう。 「引き継ぎコードを発行」を選択します。 出てきたコードをしっかりと覚えておきましょう。 データは交換扱いになっているため 両端末でのデータが交換されているか確かめましょう。 データ移行で注意するポイント データ引き継ぎで注意したいポイントは Switch版荒野行動とデータ連係がしてあるとデータ引き継ぎはできないです。 こちらに関してはまだ公式からの見解を待つことを優先し、 勝手にSwitch版荒野行動のデータを削除などはしないことをおすすめします。 また第3者から持ちかけられる データ交換や引き継ぎコードを教えてほしいなどはトラブルに巻き込まれるため 絶対に教えないことが大切です! まとめ 荒野行動でもついに Android-iOS間のデータ移行が可能になりました! ゲームプランナーの方もようやくといったように非常に喜んでおり、2周年祭の大事なサプライズプレゼントといえるでしょう。 これで今まで車スキンを当てたデータ(Android)でiPadでプレイするなども可能になるので嬉しいサービスです! 第3者には引き継ぎコードを絶対に教えないように注意しながら荒野行動を楽しみましょう!.

次の

失敗しない!荒野行動 データ引き継ぎ方法・機種変更時の注意

荒野 行動 引き継ぎ android から ipad

3月に新しい「iPhone SE」が登場して話題を集めているが、今回の「スマートフォンの疑問・トラブル110番」では、スマホのデータの移行方法を徹底解説する集中企画の最後として、AndroidからiPhoneへの移行方法を紹介しよう。 AndroidからiPhoneへデータ移行するには? アップル純正のデータ移行アプリを使う AndroidからiPhoneへのデータ移行には、アップルが無償提供するデータ移行アプリの「Move to iOS」を利用するといい。 アプリは、「Google Play」から入手できるのでインストールしておこう。 ただし対応OSは、Android 4. 0以降となっている。 つまり、音楽データなど一部データは移行できないので注意だ。 以下では、実際にデータを移行してみた結果も含め、使い方を解説していこう。 「Move to iOS」でデータ移行 今回データ移行に使ったスマホは、Androidが「Android 5. 1」を搭載した「FLEAZ POP CP-L42A」(コヴィア製)。 iPhoneは「iOS 9. 3」を搭載した「iPhone 6」だ。 なお、Androidの機種やOSのバージョン違いにより、結果が異なるケースも考えられる。 iPhone側の操作 まずは、iPhone側でデータ移行の準備をスタートしよう。 すでにホーム画面が表示されている場合は、リセットを実行する必要がある。 操作は、「設定」アプリの「一般」を開き、「リセット」をタップ。 開く画面で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選び、パスコードを設定している場合は画面の指示に従って入力する。 Apple IDのパスワードを求められたら入力し、「消去」をタップするとiPhoneが再起動する。 iPhoneをリセットする 再起動後、iPhoneの初期設定画面になる。 新しく購入したiPhoneの初期設定をしていない場合も、以降は同じ操作となる。 画面を右方向へスライドし、位置情報サービスやWi-Fi、指紋認証機能のTouch ID、パスコードなどを画面の指示に従って設定していこう。 ポイントは、「Appとデータ画面」だ。 ここで、「Androidからデータ移行」を選択する。 「Androidからデータ移行」をタップ 「Androidから移行」画面が表示されたら「続ける」をタップし、10桁のコードを確認する。 データ移行に必要なコードを確認 Android側の操作 Android側から「Move to iOS」を起動し、「続ける」をタップ。 「利用条件」が表示されるので内容を確認し、「同意する」をタップ。 「コードを検索」画面で「次へ」をタップすると、次の画面でコードの入力を求められるので、先ほどiPhoneで確認した10桁のコードを入力する。 iPhoneで表示されたコードを入力する iPhoneへの接続が始まり、接続が確立するとデータ移行の準備が行われる。 移行するデータ情報の収集が終わると、「データを転送」画面になる。 ここに、移行するデータ項目が一覧表示され、右側のチェックマークをタップすればデータ移行から除外することも可能だ。 移行するデータを確認したら「次へ」をタップする。 移行するデータを確認、選択する これだけの操作で、データの移行が始まる。 このとき、転送の進行状況もわかる。 また、iPhoneの画面も同じように、転送状況が表示される。 Android(左)とiPhone(右)の画面で転送状況を確認 AndroidとiPhoneの画面に「転送が完了しました」と表示されたら、データの移行は完了だ。 Androidでは「完了」を、iPhoneでは「iPhoneの設定を続ける」をタップする。 データ転送に要する時間は、移行するデータの内容によって異なる。 今回は250MB程度のデータサイズだったため、要した時間は3分程度。 写真や動画の数が増えると転送にも時間がかかることになり、数時間を要するケースもある。 その場合でも、アプリやスマホを終了しないように注意しよう。 終了すると、はじめから操作をやり直すことになる。 この画面になったらデータの転送は完了 iPhone側の操作 あとはiPhoneで、初期設定を続ける。 まずはApple IDの設定だ。 すでに持っている場合は、Apple IDとパスワードを入力してサインインすればいい。 持っていない場合は、新たに取得しよう。 「Apple ID」画面の「Apple IDをお持ちでないか忘れた場合」をタップし、次の画面で「無料のApple IDを作成」を選択。 生年月日や名前を登録し、「メールアドレス」画面を表示する。 すでに持っているメールアドレスを使う場合は「現在のメールアドレスを使用」を、新たにメールアドレスを取得するには「無料のiCloudメールアドレスを入手」をタップする。 Apple ID専用として、iCloudメールアドレスを取得しておくのがいいだろう。 Apple IDを持っていない場合は新規取得する 次の画面でメールアドレスを入力して画面を進めたら、あとは指示に従って初期設定を済ませよう。 「ようこそ」画面が表示されたら初期設定は完了。 「さあ、はじめよう!」をタップするとホーム画面になる。 Androidで使っていたアプリの入手 iOS 9. 3から、Androidで使っていたアプリの中でiOS版があり、なおかつ無料のアプリは自動でダウンロードされるようになった。 有料アプリは、「App Store」のウィッシュリスト(購入候補)に表示される。 アプリの入手方法は、ホーム画面を表示すると「App Storeからお使いのAndroidデバイスのAppを追加しますか?」とメッセージが表示されるので「Appを追加」をタップ。 これで、自動でダウンロードが始まる。 不要の場合は「追加しない」をタップする。 「Appを追加」をタップすると(左)、無料アプリが自動でダウンロードされる(右) 有料アプリを確認するには、ホーム画面の「App Store」を起動。 画面右上にある横3本線のボタンをタップするとウィッシュリストが開き、一覧表示される。 価格ボタンをタップすれば、購入・ダウンロードできる。 有料アプリはウィッシュリストから入手できる なお、Facebook、Twitter、Instagram、Dropbox、Evernote、Amazonなど、ログインする各種サービスのアカウントやパスワード情報は移行されない。 アプリが自動ダウンロードされたら、アカウントとパスワードを入力してログインする必要がある。 もちろんログインすれば、これまでのデータを継続利用できる。 ゲームアプリの場合、セーブデータなどをクラウドで管理して端末間移行できるものもある。 移行したいデータがあるのなら、iOS版のアプリがあるか、データの移行が可能か、確認してみよう。 Google アカウントを登録 ホーム画面を表示していると、Googleアカウントのパスワード入力も求められるので「設定」をタップ。 Androidで使っていたGmailのアカウントが表示されるので、パスワードを入力して「次へ」をタップ。 最後に、同期する項目をオンにして画面左上の戻るボタンをタップ。 これで、「メール」アプリでGmailの送受信ができるようになり、連絡先とカレンダーのデータもiPhoneに表示される。 これで、データ移行の作業は完了だ。 Googleアカウントを登録する Gmailで同期する項目「メール」「連絡先」「カレンダー」「メモ」を選べる.

次の

【荒野行動】ついに「Android~iphone、iPad」間でのデータ移行が可能に!データ移行やり方も解説【荒野行動データ移行】【荒野行動データ移行やり方】

荒野 行動 引き継ぎ android から ipad

データの引き継ぎ方法 SNSと連携するだけでデータバックアップや引き継ぎができます! アプリを削除してもスマホの機種変更をしても、連携したSNSアカウントにデータが残っているので、連携すれば再び新しいスマホで、バックアップをとったデータから引き続きプレイすることが可能です。 SNS連携できるサービス• Twitter• Facebook• 以下のように異なるOSで今後使用する場合は、「Facebook」か「Twitter」で連携しておくことをオススメします。 2.連携アカウントを確認 「連携済み」の横に連携しているSNSのアイコンが表示されています。 表示されている場合は 既に連携されてますので、安心して 機種変更やデータの引き継ぎをすることができます。 連携済みになっているとバックアップされ安心してゲームをプレイすることができます。 アカウント連携していない場合 「ログアウト」や「Guast」の場合に3つのアイコンが表示されますので、連携したいアカウントを選択してログインすればアカウントと連携することが可能です。 機種変更した場合のデータ引き継ぎ方法 機種変更した新しいスマホにPUGBモバイルをダウンロード PUGBモバイルアプリを起動して、タイトル画面で以前に連携していたSNSサービスを選択してからログインしましょう! ログイン後、プレイデータを引き継いでゲームの続きが楽しめます。 画像にはFaceookは表示されてませんが、「more」をタップすると、facebookが表示されタップすればアカウントと連携することができます。 データの注意事項 Guestでログインしている場合 Guestでログインしている場合は、PUBGモバイルのアプリをアンインストールすればデータを消すことができます。 使用していた機種にしかデータは依存しないので、機種変更してもデータを移動できません。 使用しているスマホでデータが消えてしまったら二度と復元できません。 データを消したくない場合や、機種変更した際にデータを移動したいならSNS連携しておきましょう。 SNSで連携している場合 PUBGモバイルでは「Game Center」「Twitter」「Facebook」の3つのSNS連携できます。 一度SNS連携してしまうと、そのSNSアカウントのデータ削除はできません。 連携するSNSアカウントを変えることで、新たにゲームを始めることができます。 PC版・中国版・グローバル版のアカウントは使えるの? 他アカウントではPUBG MOBILEでは利用できません! PUBG MOBILE公式サイトのヘルプを調べてみると、PUBG MOBILEの「グローバル版」や「中国版」など「他の国」で提供されているサービスのアカウントでは PUBG MOBILE日本版を利用することができません。 PC版やXBOX版も連携機能がないので、モバイル版とは連携できません。

次の