フィギュアスケート 演技。 フィギュアスケート速報

フィギュアスケートはどんな競技?難解なルールをわかりやすく解説!

フィギュアスケート 演技

ロシア杯が始まる!宇野昌磨選手、調子はどうでしょうか? と、言いながら、今回の記事では「絶対に(私が)泣ける演技」を紹介いたしますよ。 「絶対に泣ける映画」って、検索すると山ほどおすすめ、ありますよね。 「感動必至!」とか「死ぬまでに観るべき映画」とか。 じゃあ、それをフィギュアスケートの演技で。 敬称略で失礼します。 伊藤みどり カルガリーオリンピック フリー ジャンプ全部成功して、演技終わっていないのにガッツポーズ!この当時、フィギュアスケートでしかも女子で、そんなことする選手はいなかったので、衝撃でした。 でも、そのポーズ見た瞬間、涙がぶわっと、出たんですよ。 自分でもびっくりした。 普通にスポーツ見ているだけで泣けてしまうんだと。 本田武史 ソルトレイクシティオリンピック フリー アランフェス協奏曲 リンクのロングサイドを駆ける本田くんが、喪った大切な戦友(恋人なのかな?)の幻をだだっ広い平原で追いかける傷ついた兵士に見えました。 あの手の先にはたしかに彼(彼女)が見えるわ、と。 観客が演技に見入って、オリンピックなのに会場がシーンとなった。 終わった直後、涙する観客のおじさんが映ったおぼえ。 浅田真央 ソチオリンピック フリー 説明いらず。 今でも見ると絶対、泣きます。 素晴らしい。 子どもの文化祭で学校全体にBGMとして流れていたクラシック。 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調第1楽章 が流れた瞬間、廊下で止まっちゃった。 笑 泣くかと思った。 笑 もう、この音楽聞くと真央ちゃんの演技が脳内再生される。 町田樹 2014年埼玉ワールド ショート ティムシェル 「汝、治ることを能う」「自分の運命は自分で切り拓く」を体現したエデンの東。 ラストに向けて、観客のみなさんの興奮が高まっていくのが画面越しにもびしびし! 滑り終えてリンクサイドに戻った町田くんが「やったよ!」と大西コーチに飛びつくようにハグするところまで、泣ける! 三原舞依 2017年ジャパンオープン フリー ガブリエルのオーボエ 舞依ちゃんの滑りこそが音楽を生み出していると思えたほど。 現地で見たけど、さいたまスーパーアリーナの400レベルだから、スケーターまでの距離がすごく遠い。 でも、すごい演技は遠くから見ても、いや、むしろ顔芸なんて一切見えない遠くから見てこそ、そのすごさが分かるんだと思った。 この時の舞依ちゃんは、たしかに天使も召喚してて、空間そのものまで浄化していた。 本郷理華 2017年全日本フィギュア ショート カルミナ・ブラーナ 力強いコーラスを理華ちゃんの伸びていくスケートとステップのダイナミックさが巻きあがる渦のように盛り上げていき、一大叙事詩を見ているようだった。 とても3分もない時間の出来事だなんて思えないほど、濃密。 赤い衣装がまた美しく理華ちゃんに合っていたなぁ。 平昌オリンピック 上位3組(金銀銅メダル)アイスダンス フリーダンス 3カップルとも、カップルそれぞれの個性で完璧に魅せてくれました。 順位をつける理由が分からなくなる演技たち。 町田樹 2018年ジャパンオープン ダブル・ビル そこに音楽がある限り 町田くんがスケートで奏でる音楽に、身を任せ、幸せにしてもらった演技。 くるんくるんと回る可愛らしいとしか言いようのないスピンを見て泣く。 幸福からも人は泣く。 キーガン・メッシング 2019年GPシリーズスケートアメリカ ショート 泣ける演技、最新! みなさんも記憶に新しいと思いますので、説明するまでもないですね。 プログラムの曲名通り、Perfect でした!もう、滑り出しからこれはいい演技になることが分かります。 ぞくぞくする。 私は男子シングルを見ていない期間も長いですし、アイスダンスやペアも殆ど見ることが出来ていないので、泣けた演技は上記のように、ごく少数にとどまります。 でも、上にあげた演技はみな素晴らしく、自信をもってお勧めできますし、多くの方に同意してもらえると思います。 演じたスケーターには、きっと、スケートの神さまが降りています。 で、何故、GPシリーズ真っ最中にこんな「いつでも書けるだろ」「シーズンオフに書けよ」って、記事を書いているのかと言えば、宇野くんのすぐそこに迫ったロシア大会、更にその先に広がる彼のスケート人生へ送る、エールの気持ちです。 フランス杯 フリー。 何度ジャンプ転倒してもすぐに立ち上がり、最後までプログラムを諦めない宇野昌磨の演技にはもちろん感動しましたし、現地の観客の皆さんと共に精一杯の拍手をTV前で送りました。 キスクラの宇野くんの涙はこちらも泣けるし、何度転んでも何度でも立ち上がるFS途中から、もう号泣の人もいたに違いなく・・・。 でも、わたしは、宇野昌磨選手に もろもろの事情とか背景とか一切なしで、純粋に演技のみで 泣かせてほしいのです! 「スケートの神様を宿した」宇野昌磨選手の演技で、泣きたい。 「スケートの神様を宿した」宇野昌磨選手の演技で、私は、泣く! この願い、絶対叶うと思っています。 急いではいません。 待っています。 そして、ロシア杯、宇野くん自身が納得のいく演技が出来ますように!!!! 只今、スケートの神さま召喚中。 宇野昌磨 2015年MOI ヴァイオリンソナタ第9番 は「神、かなり来てる!」って、思います。 音楽をただただ無心に表現している、あの 憑依感。 依り代さ加減。 雑念がいっさい感じられない美。 「神は もう、すぐそこ。 」って かんじです。

次の

フィギュアスケート速報

フィギュアスケート 演技

ロシア杯が始まる!宇野昌磨選手、調子はどうでしょうか? と、言いながら、今回の記事では「絶対に(私が)泣ける演技」を紹介いたしますよ。 「絶対に泣ける映画」って、検索すると山ほどおすすめ、ありますよね。 「感動必至!」とか「死ぬまでに観るべき映画」とか。 じゃあ、それをフィギュアスケートの演技で。 敬称略で失礼します。 伊藤みどり カルガリーオリンピック フリー ジャンプ全部成功して、演技終わっていないのにガッツポーズ!この当時、フィギュアスケートでしかも女子で、そんなことする選手はいなかったので、衝撃でした。 でも、そのポーズ見た瞬間、涙がぶわっと、出たんですよ。 自分でもびっくりした。 普通にスポーツ見ているだけで泣けてしまうんだと。 本田武史 ソルトレイクシティオリンピック フリー アランフェス協奏曲 リンクのロングサイドを駆ける本田くんが、喪った大切な戦友(恋人なのかな?)の幻をだだっ広い平原で追いかける傷ついた兵士に見えました。 あの手の先にはたしかに彼(彼女)が見えるわ、と。 観客が演技に見入って、オリンピックなのに会場がシーンとなった。 終わった直後、涙する観客のおじさんが映ったおぼえ。 浅田真央 ソチオリンピック フリー 説明いらず。 今でも見ると絶対、泣きます。 素晴らしい。 子どもの文化祭で学校全体にBGMとして流れていたクラシック。 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調第1楽章 が流れた瞬間、廊下で止まっちゃった。 笑 泣くかと思った。 笑 もう、この音楽聞くと真央ちゃんの演技が脳内再生される。 町田樹 2014年埼玉ワールド ショート ティムシェル 「汝、治ることを能う」「自分の運命は自分で切り拓く」を体現したエデンの東。 ラストに向けて、観客のみなさんの興奮が高まっていくのが画面越しにもびしびし! 滑り終えてリンクサイドに戻った町田くんが「やったよ!」と大西コーチに飛びつくようにハグするところまで、泣ける! 三原舞依 2017年ジャパンオープン フリー ガブリエルのオーボエ 舞依ちゃんの滑りこそが音楽を生み出していると思えたほど。 現地で見たけど、さいたまスーパーアリーナの400レベルだから、スケーターまでの距離がすごく遠い。 でも、すごい演技は遠くから見ても、いや、むしろ顔芸なんて一切見えない遠くから見てこそ、そのすごさが分かるんだと思った。 この時の舞依ちゃんは、たしかに天使も召喚してて、空間そのものまで浄化していた。 本郷理華 2017年全日本フィギュア ショート カルミナ・ブラーナ 力強いコーラスを理華ちゃんの伸びていくスケートとステップのダイナミックさが巻きあがる渦のように盛り上げていき、一大叙事詩を見ているようだった。 とても3分もない時間の出来事だなんて思えないほど、濃密。 赤い衣装がまた美しく理華ちゃんに合っていたなぁ。 平昌オリンピック 上位3組(金銀銅メダル)アイスダンス フリーダンス 3カップルとも、カップルそれぞれの個性で完璧に魅せてくれました。 順位をつける理由が分からなくなる演技たち。 町田樹 2018年ジャパンオープン ダブル・ビル そこに音楽がある限り 町田くんがスケートで奏でる音楽に、身を任せ、幸せにしてもらった演技。 くるんくるんと回る可愛らしいとしか言いようのないスピンを見て泣く。 幸福からも人は泣く。 キーガン・メッシング 2019年GPシリーズスケートアメリカ ショート 泣ける演技、最新! みなさんも記憶に新しいと思いますので、説明するまでもないですね。 プログラムの曲名通り、Perfect でした!もう、滑り出しからこれはいい演技になることが分かります。 ぞくぞくする。 私は男子シングルを見ていない期間も長いですし、アイスダンスやペアも殆ど見ることが出来ていないので、泣けた演技は上記のように、ごく少数にとどまります。 でも、上にあげた演技はみな素晴らしく、自信をもってお勧めできますし、多くの方に同意してもらえると思います。 演じたスケーターには、きっと、スケートの神さまが降りています。 で、何故、GPシリーズ真っ最中にこんな「いつでも書けるだろ」「シーズンオフに書けよ」って、記事を書いているのかと言えば、宇野くんのすぐそこに迫ったロシア大会、更にその先に広がる彼のスケート人生へ送る、エールの気持ちです。 フランス杯 フリー。 何度ジャンプ転倒してもすぐに立ち上がり、最後までプログラムを諦めない宇野昌磨の演技にはもちろん感動しましたし、現地の観客の皆さんと共に精一杯の拍手をTV前で送りました。 キスクラの宇野くんの涙はこちらも泣けるし、何度転んでも何度でも立ち上がるFS途中から、もう号泣の人もいたに違いなく・・・。 でも、わたしは、宇野昌磨選手に もろもろの事情とか背景とか一切なしで、純粋に演技のみで 泣かせてほしいのです! 「スケートの神様を宿した」宇野昌磨選手の演技で、泣きたい。 「スケートの神様を宿した」宇野昌磨選手の演技で、私は、泣く! この願い、絶対叶うと思っています。 急いではいません。 待っています。 そして、ロシア杯、宇野くん自身が納得のいく演技が出来ますように!!!! 只今、スケートの神さま召喚中。 宇野昌磨 2015年MOI ヴァイオリンソナタ第9番 は「神、かなり来てる!」って、思います。 音楽をただただ無心に表現している、あの 憑依感。 依り代さ加減。 雑念がいっさい感じられない美。 「神は もう、すぐそこ。 」って かんじです。

次の

フィギュアスケートの演技時間と内容(技術要素)のルール

フィギュアスケート 演技

1473人• 261• 221• 403• 207• 139• 272• 171• 187• フィギュアスケート 161• 266• 118• 116• 171• 227• 265• 131• 343• 292• 1118• 349•

次の