のえのんインスタ。 【コラム】「練習しないと演奏できない」を打ち破る楽器、インスタコード

【コラム】「練習しないと演奏できない」を打ち破る楽器、インスタコード

のえのんインスタ

テレビ朝日系バラエティ番組『家事ヤロウ!!! カズレーザー 左 とバカリズム お笑い芸人のバカリズム、アイドルグループ・KAT-TUNの中丸雄一、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーという家事素人の3人が、家事を基礎から学んでいく同番組のインスタは、他の番組のような出演者のオフショットなどは皆無。 番組で紹介した料理のレシピが、放送と連動してリアルタイムに更新されていくのが人気で、見ていて気になったレシピはすぐにインスタに上がっているという仕組みだ。 外出自粛の「STAY HOME」も追い風となり、放送されるたびにフォロワー数を急増させてきた。 これまでのインスタフォロワー数の国内テレビ番組1位は、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』 TBS で、最盛期は100万を超えていたが、放送期間が終了し、96. 2万 18日現在 に減少。 一方、着実にフォロワー数を伸ばした『家事ヤロウ!!! 』は96. 7万 同 に達し、ついに『恋つづ』を抜いた。 フォロワー100万突破を目指す同番組では、プレゼント企画のキャンペーンを実施。 番組公式アカウントの「100. 0万人」もしくは「100万人」と表示されている画面をスクリーンショットした画像にハッシュタグ「 家事ヤロウ」を付けてインスタかTwitterに投稿すると、抽選で10人に「ささやかながら番組からプレゼントをお送りさせていただきます」としている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【インスタ】この投稿は足跡が残る?残らない?インスタ足跡機能まとめ

のえのんインスタ

今では誰もが知る有名なサービスであっても、本来作ろうとしていたものではなく、空いた時間に趣味の延長線上、いわゆる"課外活動"で生み出されたケースが意外と多いことがある。 特にスタートアップ企業などは、最初はなにをやるかがはっきり決まっていないことも多く、途中で方向転換(ピボット)することも珍しくない。 その結果、当初予定していたプロダクトとは全く別のものが大ヒットを生み出した事例も多々存在する。 メインよりヒット率が高い? Y Combinatorは必ずサイドプロジェクトを聞く。 そんなこともあり、シリコンバレーのアクセレレーターの代表的存在の、Y Combinatorでは、応募チームに対して、メインのプロダクトに加え、サイドプロジェクトの内容も聞くようにしている。 実際にサイドプロジェクトが評価され、合格したスタートアップもあるという。 我々が日本企業向けに提供しているプログラムでも、メインの事業プランとは別に参加者の一人が"勝手に"作っていたサービスが注目を集め、新規事業に結びついたケースも存在する。 今回は、実際の事例を交えながらそのプロダクトが生み出された経緯や、なぜサイドプロジェクトの方が上手く行く可能性が高いかなどを説明する。 今回紹介するサイドプロジェクトから生み出されたプロダクトは下記の通り。 Twitter/Airbnb/Instagram/Slack/GitHub/Groupon/Twitch/WeWork/Unsplash/Fond/Basecamp/Lamborghini Miura/任天堂ゲームボーイ 元々はサイドプロジェクトから始まった著名サービス では、実際にどのようなサービスやプロダクトが課外活動から生み出されたのかを紹介する。 Odeoの創立時に入社したJack Dorsey(現Twitter CEO)が社内ハッカソンで生み出したアイディアを、CEOであるEvan WilliamsとCo-FounderのBiz Stoneが気に入り正式にプロジェクトを進め、リリース。 従業員同士のつぶやきを中心に利用され始めた。 記念すべき初のツイートは2006年3月21日にJack自身による"setting up a twttr. "というもの。 その当時はtwttrと呼ばれていた。 彼はその日の午後に"Inviting coworkers"とツイートし、従業員への利用を促した。 Jack Dorseyによる記念すべき初ツイート しかし、肝心のOdeoの人気が伸びない状況下でのサイドプロジェクトリリースに対し、当時のTechCrunchには下記(和訳)のように書いている。

次の

【イチからはじめるInstagram第4回:役立つ小ワザ】インスタをより楽しむために知っておきたいこと

のえのんインスタ

同日深夜、自身のインスタグラムを更新し「ちゃんと謝りたい」と胸中を打ち明けた。 山本は「皆さん、この度は心配をおかけして申し訳なかったです。 あと、お騒がせしました」と書き出し「舞台関係者、観劇者、その家族、職場の方々、濃厚接触者、感染者の方々皆さんの安全、早期回復を心から願っています」とつづった。 「病室で隔離され治療をしてもらった期間色々なニュース、記事をみました。 役者、人の前にでる者として考えさせられる時間でした。 厳しい意見や真剣に向き合って話をしてくれているコメンテーターの方の意見を目にしました。 心ない罵声を浴びせてくるアンチ、暖かく優しい言葉をかけてくれるファンの方、タレント仲間。 色々ありました。 この舞台に携わった人間として、ちゃんと謝りたいです。 本当にすみませんでした」と謝罪。 「僕は元気です。 病室では医療従事者の方が身の危険を顧みず親身に看護してくれました。 感謝です」と医療従事者への感謝をつづり「また、皆さんと元気な姿で会える日を願っています!!」と思いを込めた。 同舞台は6月30日から今月5日まで、東京・新宿のシアターモリエールで上演。 同社によると、6日に出演者で8人組男性グループ「Super Break Dawn」のTAKUYA(23)の感染が判明。 すべての共演者とスタッフが8日にPCR検査を受け、山本らに9日に陽性反応が出た。

次の