エディオン キャッシュ レス。 カインズの支払い方法

JCB加盟店の方へ「キャッシュレス・消費者還元制度」のご案内|クレジットカードなら、JCBカード

エディオン キャッシュ レス

キャッシュレス・消費者還元事業とは お近くの対象店舗 主に中小・小規模事業者 で、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードなどキャッシュレス決済手段で代金を支払うと、ポイント還元が受けられる制度です。 還元対象期間 2019年10月1日 火 〜2020年6月30日 火 までのご利用分が対象です。 還元率 1か月の取引 毎月11日〜翌月10日 を翌月 次回分 の請求時に還元 請求時値引。 値引き対象のクレジット利用請求がない場合は、還元金額分をお客さまの引落し口座にお振込みいたします。 ・ご請求月には還元されませんのでご注意ください。 ・期間内のご利用であっても、当社にカードの売上情報が連携されるタイミングなどにより、還元が次月以降にずれる場合がございます。 「キャッシュレス消費者還元額計」と表記された明細が還元分です。 ・還元金額は1ヶ月分まとめて表記されます。 ・下記画像はイメージです。 消費者還元のタイミング 1か月の取引 毎月11日〜翌月10日 を翌月 次回分 の請求時に還元 請求時値引。 値引き対象のクレジット利用金額がない場合は、 請求月内 月末まで に還元金額分がお客さまの引き落とし口座に還元されます。 お客さまの請求書には、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗利用分とは分けて表示されます。 ご請求書の「コスモ石油還元額大企業分」とはコスモ石油サービスステーションをご利用の際に、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗以外をご利用された場合の表記となります。 お客さまの請求書には、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗利用分とは分けて表示されます。 ご請求書の「三菱商事エネ還元額大企業分」とは三菱商事エネルギーサービスステーションをご利用の際に、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗以外をご利用された場合の表記となります。 商品説明 ブランドデビットカード 国際ブランド:JCB 消費者への還元方法 お客さまの口座に還元 消費者還元のタイミング 1か月のご利用金額 毎月11日〜翌月10日 に応じた還元金額分を月末に口座に還元。 消費者への還元先 イオン銀行普通預金口座 問合せ窓口 銀行コールセンター 0120-13-1089 その他注意点• 消費者への還元先 イオン銀行普通預金口座 問合せ窓口 銀行コールセンター 0120-13-1089 その他注意点• キャッシュカード1枚でご利用いただけます。 消費者への還元方法 お客さまの口座に還元 消費者還元のタイミング 1か月の取引 毎月1日〜末日 を翌月に口座に還元• 消費者への還元先 イオン銀行普通預金口座 問合せ窓口 銀行コールセンター 0120-13-1089 その他注意点• 対象カード一覧は 商品説明 おサイフケータイ対応端末で電子マネー「iD」がご利用いただけるサービスです。 クレジットカードのご利用代金として請求されます。 消費者への還元方法 翌月請求時に、クレジット利用金額に応じた金額を還元 請求時値引。 消費者還元のタイミング 1か月の取引 毎月11日〜翌月10日 を翌月 次回分 の請求時に還元 請求時値引。 値引き対象のクレジット利用金額がない場合は、 請求月内 月末まで に還元金額分がお客さまの引き落とし口座に還元されます。 ・クレジットカード一体型• ・キャッシュカード一体型• ・WAONカード・WAONカードプラス• ・モバイルWAON• 商品説明 電子マネー 消費者への還元方法 WAON 電子マネー で還元• お客さまご自身でイオン銀行ATMもしくはWAONステーション、Famiポート、モバイルWAONにて受取り ダウンロード していただく必要があります。 消費者還元のタイミング 対象店舗での当月1日〜末日までのご利用分を集計し、まとめて翌月28日以降にWAON 電子マネー に還元。 【お詫び】 当初お受け取り可能日を「20日頃」と案内しましたが「翌月28日以降」へ変更させて頂きます。 その他注意点 お客さまご自身で、イオン銀行ATMもしくはWAONステーション、Famiポート、モバイルWAONにて受取り ダウンロード していただく必要があります。 受取分の金額をご利用いただき、再度お受け取り ダウンロード をお願いいたします。 イオンマークのカードと還元内容や対象となるお店が異なります。 詳しくは電子マネーをご確認ください。 イオンカードコールセンター 受付時間 9:00〜18:00 年中無休 0570-071-090 ナビダイヤル:有料 ご注意事項•

次の

【キャッシュレス】Vドラッグで使えるスマホ決済・電子マネーは?

エディオン キャッシュ レス

制度申し込み時から資本金や 業種等を変更した場合の手続きについて 次に該当される方は、JCBキャッシュレス制度案内デスクへ必ずご連絡ください。 3 登録の対象外となる中小・小規模事業者等」(PDFファイル形式)をご確認ください。 申告事項」をご確認ください。 () 2. 制度期間中の取り消し・ 返品を行う際の注意点 「キャッシュレス・消費者還元制度」の宣誓事項に基づき、売上のキャンセル等、補助金の交付に係る原因取引で ある信用販売または通信販売取引が消滅した場合、ポイント等による消費者還元のキャンセル手続きが必要となる ため、以下とおりご対応ください。 新しく店舗・お支払い方法・端末等を追加した場合の注意事項 新しく店舗・お支払い方法・端末等を追加された場合、2020年3月31日(火)までにJCBで追加の登録が完了したものが、制度の適用対象です。 加盟店手数料の補助分に対する 会計・税務処理について JCBおよびJCBグループ会社との契約において、制度対象加盟店の制度期間中の加盟店手数料率は、特別料率(3. 25%以下)となります。 166%以下となります。 なお、当該補填金は、加盟店様の会計処理において、「加盟店手数料の値引き」ではなく、「JCBおよび JCBグループ会社からの加盟店手数料の補填金」として扱うよう、執行団体より指定されています。 また、当該補填金は消費税不課税取引のため、税務面の考慮も必要です。 「補助金額通知書」の内容をもとに、「手数料・割引料補助金額」を「収益」として計上してください。 なお、「補助金額通知書」が到着するまでの期間は、「お振り込みのご案内」に記載の、値引き後の 加盟店手数料・割引料のみを暫定的に費用として計上いただき、「補助金額通知書」の到着後、 「手数料・割引料補助金額」をそれぞれ「費用」・「収益」として両建て計上してください。 詳しくは、「補助金額通知書」に同封のうえ送付する「キャッシュレス・消費者還元事業補助金 加盟店手数料 補助事業 補助金額通知書について」の内容をご確認ください。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業について | クレジットカードならセディナ[Cedyna]

エディオン キャッシュ レス

まだ詳細はわかっていませんが、現時点での情報を元に、どのような制度となるのか、私たち消費者は何を準備しておけばいいのかなど、わかりやすく解説します。 キャッシュレス決済、していますか? (写真:マイナビニュース) ポイント還元とは? 2019年10月以降の買い物から、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をすると、ポイントが還元される政策です。 ここで気になるのが、軽減税率です。 これについては、まだ不確定な部分ですが、おそらく軽減税率の対象であっても、区別なくポイント還元されるようです。 政府が「ポイント還元」を検討している理由は2つあります。 消費税増税による消費の落ち込みを回避するためと、キャッシュレス化の推進です。 2020年は東京オリンピックがありますから、キャッシュレス化は喫緊の課題です。 ポイント還元によって、増税の影響を少なくし、キャッシュレス決済が還元を受けるための条件となるため、一気にキャッシュレス化が進むことが期待されます。 ただし、この施策は期間限定となっており、2019年10月から9カ月間の実施となる模様です。 この期間でどのくらいキャッシュレス化が進むのか注目したいところです。 キャッシュレス決済の手段は? さて、ここで問題になるのが、キャッシュレス決済と言っても、何を使って決済すれば、いいのかという問題です。 経済産業省が昨年末に明らかにした情報では、以下の14社が内定しており、今後はさらに増える見込みとなっています。 スマートフォン決済は、まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、PayPayが「100億円キャンペーン第2弾」を実施するなど、キャッシュレス決済普及に一役買っていることもあり、少しずつではありますが確実に増えてきているようです。 スマートフォンで決済するという方法は、使ったことのない年配者にとっては、ハードルが高いかもしれません。 もし、ご家族や友人に、キャッシュレス決済をしたことがないという人がいたら、利用できる店も多く、支払いも簡単なクレジットカードをおすすめします。 クレジットカードは申し込んですぐには発行されないため、早めに準備をしておきましょう。 また、年金受給者はクレジットカードを作りにくいと言われますが、楽天カードやエポスカードは公的年金受給者でも作ることができるカードです。 他にも入会の審査はありますが、無職の方や学生でも作れるカードがあります。 諦めずにまずは申し込みをしてみましょう。 ポイント還元されないもの すべての買い物でポイント還元があるわけではないようです。 そもそも消費税がかからないものは除外される見込みです。 消費税がかからないもの 土地、教育関連のもの 学費など 、医療費 公的医療保険の対象となっているもの また、換金性の高いものも除外される模様です。 たとえば、商品券や切手、印紙、プリペイドカードなどです。 こうしたものはポイント還元を目的に転売を繰り返すことが懸念されるためです。 他にも、住宅や車なども別途、減税措置があるために、除外されるようです。 まとめ ポイント還元にあたって、還元するポイントの計算に使う価格を「税抜き」とするか「税込み」とするかはまだ議論の途中のようです。 ポイントの還元はキャッシュレス決済の元々のポイント付与サービスの仕組みを利用して行うため、税込み価格にポイントを付与するサービスがあれば、税抜き価格にポイントを付与するサービスなどもあって、統一することが困難となっている状況です。 消費者としては、ポイントを多くもらいたいので、税込み価格にポイント還元となってほしいところですが、果たしてどうなるのでしょうか。 一つ言えることは、現金で買い物をするとある意味損をしてしまうということです。 キャッシュレス決済は通常のポイント付与に加えて、さらに政府によるポイント還元があるのですから、この期間は利用しない手はないでしょう。 今まで現金派だった人も、是非とも、消費税増税前に、キャッシュレス決済の準備をしておくことをおすすめします。

次の