壁貼りラプラス。 【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】ウオチルドンの育成論と対策【ラプラス流しのカセキメラ】

壁貼りラプラス

本記事のポケモンは全て理想個体前提 31-31-31-x-31-31 とします。 ・はじめに 皆様初めまして!ロクシーと申します。 本記事に興味を持っていただきありがとうございます。 瞬間1位を達成したので、記念に構築を公開いたします。 本記事ではパーティ構築経緯、各個体解説、基本選出パターン、立ち回りの4点について解説いたします。 初投稿につき、長文駄文ご容赦願います。 ・パーティ構築経緯 以下、常体で記載 のメンツが好きだったため、同じメンツでギミックを入れようと考えた。 強いと噂の壁貼りオーロンゲを使いたかったので、それに合わせてフルアタの弱点保険ドラパルトを採用してみた。 初期メンツはこんな感じ。 使用感は…。 「ダイマックス&弱点保険を使っても全抜き出来ないよォ~!」 「ドラパルトの出せない試合は構築のパワーが弱いよォ~!!」 「誰かいい解決方法を教えてよォ~~~~~!!」 「どうもドラぱもんです。 」 「ばぁとんたっち~!」 「弱保で上昇した能力をバトンすれば全員がフルパワーで戦えるのでは?」 神のお告げにより、ドラパルトにバトンタッチを採用。 試運転をする中で下記の通りメンツを入れ替えた。 詳しい採用理由は各個体解説にも記載。 ドラパルトからのバトン先としてフェアリータイプが一環しているウオノラゴンが使いづらかったため、ウオノラゴンと弱点が被らないバトン役&カバの欠伸展開に抗えるラムのみバトントゲキッスを採用。 ただでさえ急所という運負けの可能性がある壁パと相性が悪いと感じ、パッチラゴンを解雇。 電気打点を持ちつつアーマーガア、ナットレイ、ヌルアント、サザンガルドに強く出られるウィンディを採用。 パーティ全体で重かった天然ヌオー、ロトム、トゲキッス、襷パルシェンへの回答としてチョッキドリュウズを採用。 相手の壁対策ポケモンが必ず初手に出てくるため、処理をパターン化してからは安定して勝つことができた。 壁貼りオーロンゲの数が減っていることもあり、壁対策ポケモンの種類が偏っていたのも追い風となった。 ・努力値 H252-A36-B140-D68-S12 ・実数値 202-145-113-x-104-82 ・技構成 ソウルクラッシュ ひかりのかべ リフレクター ちょうはつ ・耐久ライン 陽気A252命の珠ミミッキュのじゃれつくを確定耐え。 電磁波込みで最速ミミッキュ抜き調整だったが、後述の通り電磁波を切って挑発を採用したため、本来の意図ではなくなった。 ただ、壁貼りオーロンゲ対面でこちらが上を取れるようになったので無駄にはならなかった。 ・技採用理由 光の壁、リフレクター:今回は壁役なので採用。 ソウルクラッシュ:裏のドラパルトがダイスチルで防御を上げられるため、Cダウンの追加効果で両耐久を厚くできるよう採用。 命中安定かつ、相手のオーロンゲに抜群で打てるため壁オーロンゲ対面で上から殴り殺す動きができた。 挑発:参考元では電磁波推奨だったが、電磁波を打ちたい相手が全員ラム持ちであり、初手で剣の舞や悪巧みを積まれると壁を貼っても裏のドラパルトで十分に積みきれないという状況が多発した。 対抗策としてそもそも積ませないように挑発を採用。 拘りトリックで壁展開を阻止しにくるロトムやカバの欠伸展開にも対応可能。 相手が勝手に電磁波を警戒した立ち回りをするので実質技5個で立ち回ることができた。 元々のSが高いため耐久に努力値を割くことができ、弱点保険との相性が良い最強のポケモン。 かわらわりやカウンターが効かないのも強い。 こちらのダイマックス読みで打たれるゴーストダイブや飛び跳ねるの前でドヤ顔で竜の舞をしているときが人生で一番楽しかった。 ・努力値 H252-A36-B132-D60-S28 ・実数値 195-145-123-x-103-166 ・技構成 ドラゴンアロー はがねのつばさ りゅうのまい バトンタッチ ・耐久ライン 陽気A252ドラパルトのドラゴンアローを確定耐え 82. メインウェポンとして採用。 はがねのつばさ:防御上昇で耐久を上げるダイスチルを使用するために採用。 りゅうのまい:ダイマックスを切らずにSを上昇させられるため採用。 これにより、上昇したAとSをバトンして裏のエースでダイマを切る展開もつくれた。 バトンタッチ:今回のコンセプト技。 上昇した能力を後続のエースにつなぐために採用。 ドラパルトでバトンした上昇ステータスを下げられ負けた試合があったため、ミラーアーマーの方が安定度は高いと感じる。 ただドリュウズ対面でつのドリルのPPを枯らして勝つことができたので一長一短のはず。 ダイスチルやビルドアップで自発的にBを上げられるため、広い範囲を見れるよう特殊に厚いタラプ型で採用した。 陽気A252命の珠ミミッキュのダイフェアリー じゃれつく が確定4発 27. (最速100族も抜いてます。 ・技採用理由 アイアンヘッド:ミミッキュの処理速度を上げるため採用。 ダイスチルの追加効果も優秀。 怯みでワンチャンス狙えるのも強し。 つけあがる:ロトム、パッチラゴン、ドリュウズなど鋼の通りが悪い相手への処理速度を上げるため採用。 ビルドアップ:耐久調整、つけあがるのダメージ上昇のために採用。 はねやすめ:タラプの発動やHP調整のため採用。 火力の上がったしんそくを打っているだけで強いと感じたため、持ち物は達人の帯ではなく命の珠とした。 流行っていたサザンガルド、ヌルアントの並びやウオノラゴンストッパーに出てくるミミッキュ、ナットレイ、ギャラドス、ミロカロスあたりに勝てるポケモンとして採用。 バトンすれば足りない数値が補われ広範囲高火力で制圧ができシンプルに強かった。 ・努力値 H4-A252-S252 ・実数値 176-167-120-x-120-152 ・技構成 フレアドライブ ワイルドボルト インファイト しんそく ・耐久ライン ただのぶっぱ。 臆病サザンドラの悪の波動確定耐え 53. ワイルドボルト:水タイプへの打点、ダイサンダーによる催眠対策として採用。 インファイト:タイプヌル、アイアントの並びに強くするため採用。 ダイナックルの追加効果も優秀。 打つ機会があまりなかったため、変更するならこの枠。 しんそく:先制技持ちが他にいないため採用。 Aが上がっていればトリルされても押し切れる試合があった。 ドラパルト、ウィンディが物理に強いポケモンなので、キッスやニンフなどの特殊アタッカーに安定して受け出せるようチョッキでの採用。 ・努力値 H44-A188-B4-D36-S236 ・実数値 191-179-81-x-90-151 ・技構成 じしん アイアンヘッド がんせきふうじ つのドリル ・耐久ライン H16n-1調整 定数ダメージが最小になる調整 控えめC252水ロトムのハイドロポンプを確定耐え。 陽気A252命の珠ミミッキュのダイフェアリー じゃれつく 確定耐え 43. タイプ一致ダイアースで特殊耐久を補強できる。 アイアンヘッド:メインウェポンとして採用。 タイプ一致ダイスチルで物理耐久を補強できる。 がんせきふうじ:相手にS上昇させないかつ、岩雪崩で確定数が変わる相手が仮想敵にいないため採用。 ダイロックで砂嵐が発生するため、襷持ちポケモンに強く出ることができることも高評価。 つのドリル:トゲキッス対面でダイアタックとして打つことで、S上昇させずにダイスチル圏内に入れることが可能。 どうしても突破不可能な場合の勝ち筋としても採用。 素早さや耐久はバトンで補えるので何も考えず火力に全振りした。 こいつ単体でHBドヒドイデが確定2発のため、A上昇バトンできると水無効ポケモンがいないパーティにはイージーウィンできる。 ダメージ計算も載せておくがミミッキュに後出しが利かないためミミッキュ入りには出さない方がよい。 ドラパルトでダイスチルの防御上昇をバトン出来れば壁込みで誤魔化せたりもするが、急所でワンパンという危険がついてまわる。 ・努力値 A252-B4-S252 ・実数値 165-156-121-x-100-127 ・技構成 エラがみ げきりん ねごと ・耐久ライン ただのぶっぱ。 陽気A252命の珠ミミッキュのダイフェアリー じゃれつく 確定1発 136. 最速61族 バンギラス より実数値が3高い。 60族抜き抜き等で調整している耐久振りキッスの上を取れることがあった。 ・技採用理由 エラがみ:メインウェポンとして採用。 ダイストリームにすると技の威力が下がってしまうためできるだけ打たないように心がける。 げきりん:拘り解除や水無効相手にダイドラグーンとして打つために採用。 ねごと:催眠対策として採用。 えらがみ以外に打ちたい技が基本ないため、ねごととのシナジーはよかった。 ・基本選出パターン よっぽどのことがない限りオーロンゲ先発、ドラパルトまで確定。 ラス1は割と刺さっているポケモンを出しておけば急所に当たらない限り勝てたりする。 下記の場合はほぼ絶対選出しなければならない。 カバルドン入り:ウオノラゴン選出。 トリトドン入り:アーマーガア選出。 クリアスモッグ警戒。 アーマーガア入り:アーマーガア 以外選出。 挑発持ちアーマーガアの場合こちらもアーマーガアを出すとTODが始まる。 ヌオー入り:ドリュウズ選出。 天然警戒。 カバ以外の催眠入り:ウオノラゴンorウィンディ選出。 ダイサンダーを打ちたいので、ウィンディ選出の際はドラパのダイマを切らないよう立ち回る。 ・まとめ 壁貼りオーロンゲの流行が落ち着いたこともあり、壁対策や積み対策が単調になっていると感じた。 拘りトリックや積み技など壁展開を阻害する動きがわかりやすいため、安定行動で処理ができた。 積み対策の黒い霧やクリアスモッグ、メタモンなどは数自体がそもそも少なかったためパーティ自体が環境にあっていた。 クセがなく使いやすいパーティなので、安定行動を理解すば初心者の方でもマスターボール級に行けるはず。 急所に当たらなければ! ・おわりに 敬体で記載 ここまで読んでいただきありがとうございます。 レンタルパを公開しておりますので、興味があれば是非使ってみてください!立ち回りを全て記載すると今シーズン勝てなくなってしまうので、申し訳ありませんが一部を除いて有料での公開とさせていただきます。 そのため、両壁を貼ることを優先する。 相手がドリュウズの場合はかわらわりを警戒し、ドラパルトに即引きする。 特殊アタッカーが相手の裏から出てきてもS上昇で上から倒せるようにドラパルトは竜の舞を選択。 ドリュウズが剣の舞とかわらわりを両立している可能性は考慮せず、剣の舞が見えた場合は両壁を優先する。 両壁が貼れる状態でも相手がドリュウズの場合はかわらわり警戒でドラパルトへ即引きする。 ・壁貼り応用編 初手に出てきやすいポケモン全ての安定行動を記載。 ・その他立ち回り編 壁貼り後の立ち回りや選出の決め方などを記載。 プレイングや考え方を出来るだけ言語化しました。 「ただの立ち回り」だけではなく「何故そのように立ち回るのか」も記載しているので本記事のパーティ以外でも役立てていただけると幸いです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー.

次の

【シーズン3最高118位】壁貼り殻破ロンゲ【最終日爆死】

壁貼りラプラス

壁張り概要 壁とは、技「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」のことを指し、 技「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」を使うことを壁張りという。 また、技「リフレクター」「ひかりのかべ」を併せて両壁・二枚壁ともいう。 技「リフレクター」は、5ターンの間 受ける物理ダメージを半減し、 技「ひかりのかべ」は、5ターンの間 受ける特殊ダメージを半減する。 技「オーロラベール」は、5ターンの間 受ける物理と特殊ダメージを両方とも半減するが、天気が「あられ」でないと失敗する。 ただしラプラスのキョダイマックスわざ「キョダイセンリツ」によって張られるオーロラベールは、天候に関係なく成功する。 どれも技「かわらわり」「サイコファング」を相手に使われると解除される。 特性「バリアフリー」のポケモンが場に出た時、敵味方関係なく全ての壁は解除される。 道具「ひかりのねんど」を持っていると5ターンではなく8ターンに伸びる。 急所に当たった場合壁の効果は無視される。 特性「すりぬけ」のポケモンは壁の効果を無視することができる。 両壁の使用目的は、主にタイマン性能の向上と 後続の起点作り(受けるダメージを軽減することで後続が積み技を使う猶予を生むこと)である。 両壁の張り方 先発に繰り出し初手と2ターン目に両壁を張ることがほとんどである。 両壁を張るポケモンは壁張りそのものが役割の一つであり、 壁張り要員としてパーティに採用される。 壁張り要員に求められる要素 以下は最も考慮するべき要素であり、これら以外にも細かに挙げればキリがない。 また、すべてを満たすポケモンは中々おらず、何かしら妥協することとなる。 高い素早さ 2. ちょうはつへの耐性 3. 相手による起点化を阻止すること(相手に展開されにくいこと) 4. 4倍弱点がない• 高い素早さ 相手より先に行動し、相手の攻撃を半減できる壁を張ることで自身が一撃で落とされることを防ぎ、もう一方の壁を張る。 道具「ひかりのねんど」が標準装備の壁張り要員は、ステロ撒き要員とは違い 道具「きあいのタスキ」に耐久を任せて壁を張るということができないため、素早さは非常に重要。 特性「いたずらごころ」なら素早さに関係なく優先度が上がるため先制しやすい。 また、後述の「ちょうはつ」を受けないことにもつながる。 ちょうはつへの耐性 壁張りする前に「ちょうはつ」を受けると当然ながら壁張りできない。 素早さが高いポケモンや、アタッカーとしての印象が強いポケモン、 特性「どんかん」や「マジックミラー」を持つポケモンはちょうはつへの耐性が高い。 相手による起点化を阻止すること(相手に展開されにくいこと) 積みエースに積み技を使われるとダメージ軽減ができない。 また、技「みがわり」も厄介。 4倍弱点がない 4倍弱点は壁による軽減を含めても2倍のダメージを受けてしまうので役割を果たせず倒れてしまう可能性が高まる。 すばやさが遅いポケモンやメジャーな4倍弱点を持つポケモンならなおさらである。 壁張りと相性が良い要素• 道具「ひかりのねんど」 両壁のターン数を5ターンから8ターンに増やす。 ほぼ標準装備。 道具「だっしゅつボタン」 片方の壁を先制で張り、攻撃を受けて後続につなぐ退場手段。 "であいがしら"や"アクアジェット"等の先制技を使われると何もできずに退場してしまう点に注意。 道具「だっしゅつパック」 りゅうせいぐんやばかぢからなどの能力下降技で退場できる。 相手のを受けると即時退散してしまうので、 使うのはドラパルトなどの威嚇に耐性があるポケモンに限られる。 技「おきみやげ」 両壁か片壁を張った後すみやかに後続につなぐ自主退場技であると同時に 相手の攻撃と特攻を2段階下げより起点にしやすくする。 みがわり・クリアボディ・あまのじゃくに弱い。 技「だいばくはつ」「じばく」 両壁か片壁を張った後すみやかに後続につなぐ自主退場技であると同時に相手に大きなダメージを与える。 みがわりを壊せるがだいばくはつを読まれて後手で再度みがわりを出されることには留意。 第8世代では自爆だけ覚えるポケモンも多い。 威力は少し低いが退場手段としては代用できる。 どちらもゴーストタイプには無効なので注意。 技「いやしのねがい」 両壁を貼ったあと速やかに後続に交代できる手段の1つ。 場を"いやしのねがい"状態にし、後続のポケモンのHP・状態異常を全回復させた上で再降臨させる。 おきみやげやだいばくはつと比べるとすぐに生きにくいが、うまく使えばエースの再復帰も可能になる。 技「のろい(タイプ)」「てっていこうせん」 自主退場技。 ただし自身のHPは半分しか減らないので、退場技としては大爆発等に劣る。 てっていこうせんは技が外れてもHPは減る。 技「アンコール」 自身が起点化されるのを防ぐ。 技「ちょうはつ」 こちらも自身が起点化されるのを防ぐ。 技「ふきとばし」「ほえる」 積んできたりみがわりを出してきた相手を流す。 ふきとばしはやじごくづきで妨害されないため、ほえるより優秀。 ただし、習得ポケモンはかなり少ない。 第8世代でほえるの習得者も激減。 技「あくび」 積んできた相手に放ち無理やり流す。 みがわりに無力な上、ターン経過により壁が切れることに繋がりやすく、相性が良いとはいえない。 ダイサンダーやダイフェアリーで眠り無効のフィールドを張られると無効化されてしまう。 技「ふきとばし」より低優先度。 技「ステルスロック」「おいかぜ」「ねばねばネット」 後続の積みエースの決定力の補佐。 技「マジックコート」 相手からのちょうはつやステルスロックなどを妨害。 読みが必要で上級者向けのため優先度は低い。 技「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」「バトンタッチ」 退場技。 ただし先手で放つと後続が攻撃を受ける。 ボルトチェンジは地面タイプや等の電気無効相手に交代できないため使い勝手は下がる。 バトンタッチはちょうはつを受けていると使えず、またマイナスの能力変化も引き継いでしまう。 技「テレポート」 退場技。 第8世代 厳密にはピカブイ で効果が変更され、優先度-6で控えと交代する技になった。 相手のきあいのタスキを潰すことはできないが、後続の安全性が高い。 性能比較• 凡例 素早さ : 素早さ種族値 置土産 : 技「おきみやげ」 大爆発 : 技「だいばくはつ」。 アンコ : 技「アンコール」 挑発 : 技「ちょうはつ」 ほえる : 技「ほえる」。 また、大爆発を自爆で代用できるポケモンもこちらに入れてください。

次の

【ポケモン剣盾】シーズン2 最終40位 壁ドラパルト展開構築【構築記事】

壁貼りラプラス

構築経緯 ガラルビギニングから使用している壁ロンゲ構築をシーズン3でも使いたいと思い、構築記事を漁っていたところ、シーズン2に脱出ボタン持ちのロンゲで結果を残されている方がいたので参考にさせていただきました というかほぼパクらせていただきました。 構築起源のぎんなん様から掲載許可をいただきましたので、ぜひも併せてお読み頂けると幸いです。 PT紹介 基本選出はオーロンゲ+キッス+なにか。 ドリュが先発確定っぽい時はキッスを抜いてできるだけドリュに厚く選出。 ドヒドヌオーアーマーガアの受けルを見たらキュウコン。 オーロンゲ 性格:意地っ張り 特性:悪戯心 努力値:A252S12 残りHB 耐久無振りドラパルトを不意打ちで高乱数1発 壁込みで陽気ドリュのアイへ高乱数2耐え パーティの核。 対面したポケモンによって壁を貼り分けて後続に繋ぐ。 電磁波を切っている代わりに脱出後の打ち合いに強い技構成。 脱出ボタン持ちのポケモンにとんぼがえりやボルトチェンジを撃った場合、 脱出ボタンを持った側のポケモンのみ交代する仕様のおかげでヌルアントやら初手ロトムに対して動きやすい。 シーズン4から巨大ラプラスが解禁されたほか、アローラキュウコンも使用可になったため壁貼りの立ち位置が怪しい。 あと壁対策も増えてくると思われるので、個体数が減っていきそうな予感。 トゲキッス 性格:臆病 特性:天の恵み 努力値:B4C252S252 今更語ることもない最強ポケモン。 ラムのみを持っているので、脳死で欠伸を撃ってくるブラッキー、カバルドンを起点にできる。 ただしロンゲから後投げするとラムがバレるので注意。 弱保キッスが有名になりすぎたため、弱保キッスもういないやろ読みの弱点突きプレイヤーが増えてきたことから、一周回って弱保もたせるのありじゃね?と思いつつある。 シーズン後半はラムも読まれたので、ほぼ手ぶら同然でした。 サザンドラ 性格:臆病 特性:浮遊 努力値:B4C252S252 カビゴン、ロトム系統を見たい枠。 ジャラランガと入れ替わりで使っていたポケモンで、どちらもドラパミミッキュに弱いという欠点を持つ。 ジャラランガの場合カビゴンに対して強く出れるものの、なんやかんやで悪巧み+悪の波動でも押し切れるのでこいつでいいやとなりました。 ギルガルドにも強いし。 パルシェン 性格:控えめ 特性:防塵 努力値:B4C252S252 完全特殊パル。 冷凍ビームをつららばりに変え、うっかりやで育成した両刀パルシェンに途中から切り替えたものの、防塵パルと使用感はほとんど変わらず。 突如現れるバタフリーを屠れる防塵のほうが優秀では?と未だに思ったり思わなかったり。 ダイアースでギルガルド、ニダンギル、ドヒドイデを除去できることや雨下ダイストリームで水ロトを吹き飛ばせることが特殊パルのセールスポイントだったが、有名になりすぎた反動であまり活躍できなかった。 シーズン3から試合時間が長くなり、TODが難しくなった影響でドヒドイデの個体数が減った点もBAD。 巨大ラプラス対面もきついので、パルシェンも減っていきそうですね。 キュウコン 性格:臆病 特性:気合の襷 努力値:H4C252S252 アイアント重すぎ!やべえ!という一心で採用したキュウコンだったが、初手アント読みのキュウコン出しは一回も決まらなかったのは恐らくプレイングスキルのせい。 悪巧み1積み下のダイサイコでH252ドヒドイデが確1なものの、上記したとおりヒトデの数が減少している関係であまり選出機会はなかった。 もともとピンポイント採用だったこともあり、シーズン後半ではバクガメスと入れ替わるなど、本構築の迷走枠を担当。 単純に頑丈カウンターが刺さる環境だったので、ダイマポケ+トリルミミッキュ+最遅ラゴンのテンプレパに対して選出しておくだけでイージーウィンをいくつも作り出したMVP。 HPに努力値を割いているので襷ドリュにも一応殴り勝つことが可能。 イワパレスは最速にしてもS実数値106でドラパルトの213に及ばないため、準速採用にしています。 最速にして抜けて嬉しいのは最速スカーフラゴンorパッチラぐらいなので、実はあまりSが必要なかったり。 ちなみに準速で抜けて嬉しいのもエースバーンぐらいです。 最後に PT運用する上でバクガメスやら変なポケモンをちょこちょこ使ったので、単体考察記事的なのも書こうかなと思ってます。 見てもらえると嬉しいです。

次の