お も て を 上げろ 侘助。 【ラーメン】元町にある『侘助』は、自家製麺を使用したラーメン屋!

頭が高いぞ、お辞儀をするのだ。

お も て を 上げろ 侘助

片や天候すらも支配する卍解を使う副隊長。 「う、うおォォォォオ! 【 氷竜旋尾 】!!」 氷で形成された斬撃を放った日番谷だが、イヅルはその斬撃を軽やかな動きで回避する。 神速の剣は氷の竜を容易に粉砕し、斬り伏せる。 だが、やはり現実とは残酷で無情なもの。 しかしそれでも、少年はどうにか食い下がろうとする。 日番谷は考えてもいなかっただろう。 もっとも、この状況にはイヅルも驚いているようだが…。 そのダメージは峰打ちとはいえ、大きかったはず…。 *** 青天の霹靂とは、まさにこのような状況で使うのだろう。 俺は、それを目の当たりにした。 本当に驚いた。 桃がこの場所に近づいていることには気付いていた。 正確には、辛うじて気付いた。 桃は鬼道の達人だ。 鬼道で霊圧を消して近づくなどお手の物。 俺が気付けたのは、俺だからこそ気付ける桃センサーが反応したというべきだろう。 ただ、本当にギリギリまで気付けなかった。 今朝仕事に向かう際に、桃には何時頃に帰ると伝えていた。 これに関しては毎日のことではあるのだが…。 そもそも、残業とは違うし…。 俺は今、とてつもなく反省して、桃に土下座している。 「イヅルくんの霊圧探ってみたら、日番谷くんが近くにいて…それで、日番谷くんの霊圧が膨れ上がった時は、本当に心配したんだからね!!」 恐らく、霊圧が膨れ上がったというのは、日番谷くんが卍解した時だろう。 意外と、やれるものである。 それも、卯ノ花隊長と磨き上げた神速の斬撃の嵐を叩き込んだ直後に…。 しかも、桃の登場に日番谷くんが唖然としてるなかでの完全に隙を突いての、慈悲も容赦もまったくなしのものだ。 それに、桃から攻撃されるなど思いもしていなかっただろう。 氷輪丸で防ぐ間もなく、火の玉の餌食になってしまったのである。 でも、登場した時の桃はとても素敵だったと思う。 益々惚れ直してしまった。 「とにかく…イヅルくんに何もなくてよかった。 桃を危険な目に合わせたくはない。 ただ、俺が桃を大切に想っているように、桃が同じ気持ちでいてくれているというのが再確認できて、それを純粋に嬉しく思う。 しかし、桃は驚くほどにあっさりと俺を信じてくれた。 本当に、俺には勿体ないくらいの最高の女性だと再認識させられた。 「そもそも、イヅルくんって藍染隊長のこと苦手だよね。 私にはわかるよ」 そして、俺のことをよく理解してくれている。 「それに気付いてから、私も藍染隊長のこと少し苦手になったし」 「それは初耳だ」 「ふふ、言えるわけないよ。 けど、本当のことだよ。 未だかつて、藍染に対して胡散臭いという暴言を吐いた者を俺は見たこともない。 しかも、それを桃の口から聞くことになるとは…。 しかし、その言葉を今このタイミングで口にするべきではなかった。 まさか桃の口からそのような言葉が出てくるとは思わず、油断してしまっていた。 そして、役者はどんどん揃い、 奴 ・ の ・ 掌 ・ の ・ 上 ・ でものの見事に踊らされている。 もしかしたら護廷十三隊の隊長達には、俺が藍染殺しの犯人であることが伝わってるのかもしれない。 副隊長の卍解を相手にした後、次は隊長2人。 あとは儂達に任せて、貴公は休んでいろ」 そして、俺の考えは間違っていないようだ。 「【 天譴 てんけん 】!!」 ただ、捌ききったその瞬間、間髪入れずに巨大な刀が迫ってきた。 桃に当たったらどうしてくれる犬っころめ。 「イ、イヅルくん」 「大丈夫だ、桃」 ただ、日番谷くんの時とは違い、手加減をする必要もない為に気が楽だ。 狛村隊長が頻繁に卍解することで有名だということを…。 それも、口を開けば卍解と言っているほどだ。 侘助も喜んでくれること間違いなしだ。 「 面を上げろ【侘助】 」 「儂の卍解を始解で相手取るつもりかッ!?」 「始解で十分だ。 桃をそばで護ることができる。 「力というものを教えてやろう、狛村隊長」 東仙から、狛村隊長がいったい何を聞かされたのかはハッキリとしていないが、俺が総隊長を脅かす存在だとでも言われたのではないだろうか…。 現に、元柳斎殿に仇なす者と言われている。 よくよく考えると、この人も脳筋だと思う。 しかし、他の隊長達は今回の俺の黒幕説に対してどう考えているのだろうか…。 恐らく、今は俺のことよりも、 と ・ あ ・ る ・ 死 ・ 体 ・ が気になっていることだろう。 そちらはそちらで、どうにか乗り切ってくださいとか言われそうだ。 聡明な八番隊隊長・京楽春水は、信じるかは別として、何かに気付いてくれるだろう。 十三番隊の浮竹隊長も、信じる信じないは別として、話は聞いてくれるはずだ。 もっとも、今は 部 ・ 下 ・ 救 ・ 出 ・ が優先だろうが…。 十一番隊隊長は、 傷 ・ が ・ 癒 ・ え ・ 次第、隊長と殺し合うことができるからと、喜んで突撃してくる姿が容易に想像できてしまう。 勘弁してほしい。 本当に今更だが、護廷十三隊は本当に大丈夫なのだろうか…。 内4人は脳筋とポンコツ。 内1人はマッドサイエンティスト。 内1人は四大貴族の 柵 しがらみ と、 妹愛 シスコン の間で激しく揺れている。 残り4人の内3人は聡明で思慮深い、唯一の救い。 そして俺は、現在絶賛黒幕扱いされている。 「僕を見下ろすとは、本当に頭が高い。 這いつくばらせてやろう」.

次の

【ラーメン】元町にある『侘助』は、自家製麺を使用したラーメン屋!

お も て を 上げろ 侘助

「面を上げろ、『侘助』」 それは、解号。 死神が個々で待ち合わせる、いわば解放の呪文。 幕は切って落とされた。 ナイフを握る手に力がこもる。 自信がない訳じゃない。 倒す技術はコイツらが上でも、殺す技術は俺の方が上だ。 そもそも俺には、殺すことしかできないのだから。 「チッ、その目。 マジで戦うつもりか?このご時世に内乱とか…」 ますます面白い。 想像以上の混乱ぶりだ。 藍染の掌の上である事を思うと、素直に喜べないものではあるが。 「ハッ!」 「!」 二度曲がった刀。 その形状は、狩ることに適している様に感じられた。 そして、その直感が間違ってなかった事を知るのは、それから少しの後だった。 キンキンと、ナイフと刀が斬り結ぶ。 間合いは向こうが有利ではあるが、至近距離ならば取り回しが容易いナイフが有利。 故に、接近しながら、攻撃を払い、懐へ潜り込むのが適。 あと三歩。 手を伸ばしても届かない距離。 俺は吉良の刀を大きく払って、一気に踏み込もうとした。 「!?……重…っ」 「元が軽いから、効果が現れるまでに少し時間がかかったね」 「効果…だと?」 吉良はその細い目を俺に向ける。 俺は、急に重くなったナイフを、かろうじて持っている様な、隙だらけの状態だった。 その重さ、体感で15キロくらいか。 子どもを1人抱えてる程の重みに近い。 「僕の『侘助』は、斬りつけた物の重さを倍にする。 二度斬れば更に倍、三度斬ればそのまた倍」 「へ…ぇ、そういう、ことか……」 「そして、斬られた相手は重みに耐えかね必ず、地に這いつくばり、詫びるかの様に頭を差し出す」 勘でなく、頭で理解した。 なんとも暗鬱な能力だ。 だが、それが現実有効である事は、今目の前で証明されている。 「故に、『侘助』」 その理論で行けば、5回斬り結んだ俺のナイフは、2の5乗倍、即ち32倍の重さを持つことになる。 膂力では吉良に勝るとも劣らない。 むしろ俺の方が下なまではある。 だから、この状態は非常に不利なわけで。 能力を殺すにしても、能力自体の線が、ナイフの線と見分けがつかない状態だ。 『良い機会なんじゃないのか?』 内側から響く声。 機会だって? 『そのナイフ。 お前たちを物的にも、心的にも結びつけるたった1つのものだぜ?』 その一言で、俺は言わんとする事を理解した。 機会とはすなわち、訣別。 だけれども。 ここで手放せば、俺は彼女の力を手にすることができる。 それでも、俺にはまだ、躊躇いが残っているらしい。 「…………」 沈黙。 俺と吉良でなく、俺とコイツに。 『捨てなきゃ、今のお前に俺は使えない。 どうするかはお前次第だ。 俺は何も言わないぜ?』 ふと、脳裏に、勇音の言葉が流れ込む。 俺も勇音も。 互いのことは全く知らない。 その付き合いだって、そんなに親しくもないし、知り合い程度のものでしかないはずだ。 それでも、そう言ってくれる人がいる。 穂積織を見てくれる人がいる。 「ハハ、なんだよ。 やっぱり、優しいよな、 式 ・ 」 「いきなり笑うなんて、どうしたんです?イカれましたか?」 「口を閉じろ猿。 命令に従うだけの人形が。 だから、これは当然で、必然の帰結。 『ああ、待ちくたびれたぜ。 優柔不断なやつだよ、全く』 全くだ。 情けなくて涙が出る。 笑いがこみ上げる。 俺は両手でナイフを構えた。 「最後だ。 オ ・ レ ・ らしく、散ってきやがれ」 全力で投擲した。 ブゥンという鈍く風を切る音が鳴り、その刃はあっさりと、叩き落とされた。 それでも記録は消えない。 それが、本当に他人のものになっただけで。 いつでも鑑賞可能なフィルムになっただけで。 俺は月を見上げて、顔に手を当てて。 「ああ、感謝するぜ吉良。 オマエが、わざわざ機会を与えたんだからな」 「何のことだ」 「いや、気にすることはない。 だが、見える。 俺は、 斬 ・ 魄 ・ 刀 ・ を ・ 抜 ・ き ・ 、改めて、実に40年ぶりに、その解号を口にした。 同時に、ギギギ、と何かを削り刻む様な音が聞こえた。 形状に変化はない。 解放しても、封印時と同じ様な形状。 一振り。 それで、吉良の突進を弾いた。 同時に感じた、ナイフとは違う、懐かしく、心地良い重み。 それすらも実に40年ぶり。 何もかもが、違って見える。 月明かりに関係なく、死はあちこちに忙しなく現れる。 いつも通りで、そして違っていて。 心が軽い。 「…それが貴方の斬魄刀ですか」 「ああ。 解放するのは、40年ぶりだけどな」 「へぇ。 でも関係ないですよ。 わずかに淡い光を纏う。 月明かりに紛れて、吉良は気づかない。 微細過ぎて、誰にも分からない変化。 そしてそれこそが、俺の斬魄刀『唯式』の真骨頂。 5合、7合、10合。 いくら切り結んでも、変化は現れない。 「なぜだ!すでに君の斬魄刀は、振れるような重さじゃあ無いはずだ!」 「知るかよ。 そんなもの、てめえの頭でハッキリさせてみろ」 15合目。 埒があかない。 まだ俺は調子が掴めないから、本調子でない。 しかし、今はあまり時間がない。 「悪いが、終わらせるぜ」 「!!そうはさせない」 「いいや。 まかり通るさ。 脳が熱を持ち、世界が崩れる。 現れたのは、子供が引いたような乱雑な線たち。 しかし、俺は意にも介さない。 俺は、吉良の身体に走るソレを、ただ撫でるように斬っただけ。 安心しろよ、すぐ戻る。 元々殺す気なんてなかったしな。 あ、でも追っかけてくるなよ。 …【縛道の六十一・六杖光牢】」 光の板が、六枚で吉良をそこに縫い付ける。 あらゆる感覚が閉じられた吉良は、絶叫を絞り出していた。 それを見届けて、俺は再び日番谷隊長のところに戻った。 その途中、初めから縛道で縫い付ければよかったという思いと、目的やらを聞きそびれたことを思い出すが、どっちしろアイツは知らないだろうと思い直し、俺はその路を急いだ。

次の

【BLEACH】卍解、始解、斬魄刀まとめ一覧【セリフ & 能力】

お も て を 上げろ 侘助

ロードバイクでやって来た。 素晴しいお天気、お腹ペコペコだ。 ほっぺが落ちる。 お昼時のクアトロ フォルマッジ。 素材もシンプル、名前もシンプル。 4種類のチーズ、モッツァレラ、自家製リコッタ、ゴルゴンゾーラ、グラナパダーノ+はちみつ、そして 小麦。 今回、モッツァレラは水牛にしてもらった。 さっそくピッザ窯から香ってきたのは小麦の焼ける素晴らしい香りだ、鼻から頭のてっぺんまですーっと入ってきて、心を沸き立たせる。 やって来たピッザは見た目抜群。 まさに待ちに待ったこの季節の太陽のようだ。 この景色を見るだけで気持ちがふわっと軽くなり、明日への希望も湧き上がってくるというものだ。 やっぱり、美味しいものを頂いて、人と会話を楽しみ、笑顔に、元気になるというのは、人間にとって大切なことなんだなと実感する。 生地はもちっと、オコゲ部分が香ばしく、チーズはそれぞれの味が主張するところ、渾然一体なところがまた楽しい。 特にモッツァレラはクニュクニュと弾力があり、ゴルゴンゾーラにははちみつが最高のマリアージュだ。 ピッザは太陽の下で頂くのが一番うまいなと感じた素晴らしいランチでした。 いつもながら、大変美味しかったです。 ごちそうさまでした。

次の