湿疹ストレス。 背中の湿疹のかゆみは何かの病気?原因はストレスから?

湿疹の主な症状・種類

湿疹ストレス

かっ、かゆーい!!手湿疹! これ何とかならないものでしょうか。 手湿疹って、 最近よく耳にしますがとても かゆいんですよね。 症状としては、 直径0. 5㎜ほどの 水泡ができ、赤く熱を持ちます。 私も今右手に直径2cmほどの手湿疹ができています。 いろいろネットで調べてみると、 私のはまだまだ軽症のようですが、 それでも 体の奥底から湧き上がるような、 強いかゆみに悩まされています。 かゆいのでついかいてしまうと、 皮膚が破れて そこから透明の液体がでます。 この後乾いてかさかさになり、 直ることもあれば、 かさかさのまま残り、 体調が悪いと、 同じところがまたかゆくなることもあります。 重症になると、ひび割れができて 血がでることもあるそうです。 頑固で直りにくく、 10年以上も悩まされているという声も多いです。 そこで今回は、 このつらい 手湿疹の原因を調べてみました! 食器洗いはご主人に任せて、 一緒に見てみましょうね! スポンサードリンク [ad recl] 手湿疹発症のメカニズム 私たちの手のひらには 皮脂腺がありません。 つまり 油分を自分では補えないということですね。 なので、 外からの刺激や乾燥から皮膚を守ったり、 刺激物を跳ね返したりする力が 弱い傾向があります。 そこに水やお湯、洗剤、シャンプーなどが常に接触していると… 皮膚を守る 皮脂や角質がはがれて、 保護する力がますます弱まり、 外からの 刺激物が浸透しやすくなります。 もともと皮脂の少ない手は、 長く水や洗剤などに曝されることで、 だんだん皮膚が薄くなり、 手湿疹の原因となる、 刺激物が浸透しやすい、 抵抗力の弱い状態になります。 では 皮膚に刺激を与えるものとは何なのでしょうか? 以下では、 具体的に手湿疹の原因となる 「刺激を与えるもの」について調べていきます! 手湿疹の原因 1 界面活性剤 界面活性剤は、 ほとんどの洗剤、食品や化粧品の 乳化剤・保湿剤として使用されています。 また 殺菌性を持つために消毒薬として、 洗濯物や髪の毛などへの 柔軟作用もあるので 衣類の柔軟剤やリンスにも利用されています。 産業界にはなくてはならないものですね。 でもこの界面活性剤、 油脂を分解する強い力があるので、 手の皮脂もすべて落としてしまう、 という困った面もあるんです。 このことから 界面活性剤は手あれの原因 という定説のようなものができました。 界面活性剤の入った合成洗剤の普及で、 アトピー性皮膚炎の発生数が増加しているという統計もあります。 弱く抵抗力のない皮膚が、 界面活性剤に長期的に曝されると、 何らかの悪い影響がでる と考えるのが私には自然に思えます。 手湿疹の原因 2 食べ物 ここでは、手湿疹の原因となりやすい食べ物についてみていきましょう。 【手湿疹の原因となりやすい食べ物はコレ!】• インスタント食品(カップめんなど)• 加工食品(ソーセージ・ハムなど)• 白砂糖や添加物が多く含まれているお菓子• アルコールや強い香辛料などの食品 (摂取で体が熱を持ちかゆみが強まる)• ペットボトル飲料(保存料がよくない) つまり、化学的に合成された食品、 添加物の入った食品は、 みんなよくないということですね。 昔の日本人が食べていたような、 野菜と米を中心にした食生活が 最も皮膚に良いのです! しかーし そうは言っても現実には難しい! でも一度に変えられなくてもできることはあります。 インスタントラーメンを おにぎりにする• ペットボトル飲料を普通の お茶などに変えてみる• スナック菓子の間食を フルーツに変えてみる など、より 自然に近い食材を、 意識して食事に取り入れるようにすると、 長期的には改善が期待できそうです。 手湿疹の原因 3 ストレス これは私の体験上痛感していることでもあります。 手湿疹とストレスには強い関係があります。 別の例を挙げると、 私は若いころから腰痛持ちなのですが、 こちらも ストレスが高まると劇的に悪化します。 ほぼほぼ、 あらゆる体調の不良は ストレスに直結 しているといっていいと実感しています。 ストレスは、体の 抵抗力(免疫力)を低下させるといわれています。 皮膚、筋肉、目、内蔵、全ての機能のパフォーマンスを低下させます。 気持ちをおおらかに持って ゆったり毎日を過ごすように心がけましょう! って、そうはいっても 私はなかなかこれができないのです。 そこで、どうするか…。 しょうがないので とりあえずストレスの もとを突き止めて もし期日のある事ならば(翻訳の締め切りなど) それまでなんとかやり過ごすようにしています。 漠然と不快に過ごすより、 「 私を悩ます原因はコレ」 と意識したほうが、 やり過ごしやすい気がします。 もやもや漠然としたストレスには、 自宅で気軽に、 や、はいかがでしょうか。 なんでもいいのです。 気晴らしをしましょう! 私の場合、 そのストレスのもとが消えると、 ウソのように症状が 軽快します。 ストレスなんだ! と意識することで ストレスはある程度 コントロールできるのです。 まとめ それではまとめてみましょう! さき様 コメントありがとうございます。 ^^ 手湿疹だと思っていたら、 水虫だったんですね。 確かに可能性ありますよね。 手湿疹のいろいろな治療法を試してみても、 あまり効果がないという場合、 皮膚科で一度、 水虫の検査をしてみるのもいいかもしれませんね。 はっと思われた方は是非皮膚科へ! ところで、 コメントを読ませていただきながら、 ふと思ったのですが… 熱を持ったり、腫れたりするほどひどい場合、 掻きキズから感染していることもあります。 息子2人がアトピーで、 このレベルに至ったことがあるんです。 まさに全身真っ赤、そして高熱がでます。 感染症です。 入院して抗生物質を飲む必要がありました。 自分でいろいろ試して、 あまり効果がない場合、 皮膚科できちんと検査してもらうことが、 なにより大切ですね。 かゆみはつらいです。 この辛さが少しでも軽快して、 心地よく眠れる夜が来るように頑張りましょう。 貴重なコメントありがとうございました。 お大事に!.

次の

ストレスからくるかゆみ・湿疹-仕組みや薬、対処法

湿疹ストレス

用語解説 湿疹とは、皮膚の表面に炎症が起きる皮膚の病気の一つです。 多くの場合、かゆみを伴い、皮膚が赤くなったり、皮がむけたり、水疱になり膿(うみ)がたまったりします。 湿疹は最も多い皮膚病といわれており、さまざまな皮膚炎に分類されています。 蕁麻疹(じんましん)と湿疹の違い 皮膚の病気には、「蕁麻疹(じんましん)」というものもあります。 この蕁麻疹と湿疹の大きな違いは、症状の現れ方です。 蕁麻疹は赤くはっきりとした境目のある皮膚の盛り上がり(膨疹:ぼうしん)が突然出たり、多くはかゆみを伴ったりするのが特徴です。 症状はおよそ24時間以内に現れたり消えたりします。 また、蕁麻疹には、短期で治る急性蕁麻疹と1か月以上かかる慢性蕁麻疹があります。 一方、湿疹は、このような短期で症状が現れたり消えたりすることはありません。 湿疹と発疹(ほっしん)の違い 発疹とは、皮膚に現れる病変すべてのことを指します。 つまり、湿疹も発疹の一つです。 湿疹は発疹の中でも、かゆみを伴うことが多く、皮膚表面が赤くなったり、水疱ができたりする病気のことを指します。 食べ物 食べ物が口についたり、食べ物に皮膚が触れたりしたときに、湿疹を起こすことがあります。 ストレス 不安や緊張、イライラなど、精神的なストレスを感じると、人間の身体は心拍数や血圧を上げたり、ホルモンを分泌させたりしてバランスを取り戻そうとします。 これ自体に問題はありませんが、ストレスが強かったり、ストレスが過剰に重なったりすると、皮膚の免疫力が落ちて湿疹などの症状が出てくることがあります。 ストレスを感じると、肥満細胞からヒスタミンという物質が分泌されることでかゆみが起きることがあります。 また、血管が収縮することで血流が滞り、末端の細胞まで血液が行き渡らなくなることで皮膚症状が出ることもあります。 1皮膚が刺激を受ける、異物が触れる・異常が生じる (食べ物、化学物質、物理的な刺激、ストレスなど)• 2体内の免疫機能が異物から防御しようとして、異物へ攻撃したり、異常に対してバランスをとったりする。 具体的には、免疫機能の重要な役割を持つ「白血球」を細胞が呼び集めるために、ヒスタミンやプロスタグランジンなどのかゆみや炎症にかかわる化学伝達物質を放出する。 3免疫機能が過剰に働きすぎると炎症反応が起こる。 5白血球が化学伝達物質をさらに放出することで炎症反応が続く。

次の

急性湿疹・慢性湿疹

湿疹ストレス

外的要因 内的要因 薬剤や化学物質、物理的刺激、ハウスダスト、花粉、細菌、真菌(カビ)など 体調、体質(アレルギーやアトピー素因の有無など)、皮膚の乾燥状態、汗や皮脂の分泌状態 など 多くの場合、これらが複雑に絡み合って湿疹が起こり、原因をはっきりとは特定できないことが多い 原因のはっきりしない湿疹の場合、発症から間もない湿疹は 「急性湿疹」、長期化し皮膚が乾燥してゴワゴワした状態は 「慢性湿疹」と呼ばれます。 湿疹の特徴から、 「手湿疹」や 「皮脂欠乏性湿疹」、 「脂漏性皮膚炎」など、名前のついた湿疹もあります。 湿疹がみられる代表的な疾患には、 接触皮膚炎(かぶれ)や アトピー性皮膚炎などがあります。 湿疹のできる部位はさまざまで、 全身のどこにでもできる可能性があります。 どんな症状? 原因と考えられる物質(刺激)があればそれを 避けます。 かゆいからと掻いてしまうと、より悪化し、さらにかゆみが広がって治りが悪くなったり、とびひに進展することもあるため、 患部を掻かないようにします。 また、かゆみや炎症を抑える薬を使って、悪化させないようにします。 炎症やかゆみを抑えるのには ステロイド外用薬や 抗ヒスタミン薬の内服が有効です。 手湿疹の場合には、こまめに ハンドクリームを塗って 保湿に努めることも大切です。 原因がはっきりしない場合、そのことにストレスを感じるかもしれませんが、原因がわからなくても症状を抑えることはできます。 症状が強かったり、長引いたり、何度も繰り返す場合などには 早めに医療機関(皮膚科)を受診し、医師に相談しましょう。

次の