休職したい。 【体験談】つわりで休職した場合の期間や気をつけておくべきたこと|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

うつ病や適応障害で休職中の人が復職せず辞めたい場合の考え方

休職したい

パッと読むための見出し• 休職を延長するには、まず診断書!図々しく頼もう 休職期間を延長するには、医師の診断書が必要です。 診断書には、「病名:抑うつ状態 *月*日から*ヶ月(*月*日から*月*日まで)の休養を必要とします」と書いてもらいます。 診断書の書式は、各病院でさまざま。 ですが、病名と休養期間は明示してもらわなくてはいけません。 それこそが、休職のために必要な情報です。 基本的に、精神科で「診断書をください」と言えば、所定の書式で漏れなく書いてくれるので大丈夫でしょう。 気のいい先生だと、「何ヶ月くらい休みたいの?」と患者に聞いてくれることがあります。 先生から聞かれなくても、休養期間は長めにお願いするようにしましょう。 私はいつも、半年でお願いしていました。 もし診断書の期間を短くしたほうがいいと渋る医者がいたら、あまり信用しないほうがいいかもしれません。 なぜなら、 休職期間が長い=ゆっくり治療に専念できる ということなので、休職期間を引き伸ばしたくない=ひとりの患者に構いたくない。 あなたを厄介者扱いしている ということです。 他にも理由はあるかもしれませんが。 うつ病を治すために休職を取りたいのに、厄介者扱いされるようなら、おちおち先生を信頼することもできません。 自分の病 気をきちんと治すためにも、診断書に書いてもらう休養期間は、なるべく長く書くようにしましょう。 そして、それを快く引き受けてくれる先生と、二人三脚で治していきましょう。 スポンサーリンク 会社とのやり取りも強気に!休めるだけ休もう 休職期間をはじめて延長する時、私は会社の人事部から「いつ辞めるのか」と強い圧力をかけられました。 はっきり「退職しろ」と言葉にはせずとも、電話口で• 電話だと威圧的に言質を取られる可能性があるので、連絡手段として絶対に使わない(連絡手段は必ずメールにする)• 休職時のさまざまな判断は、主治医に相談すべき ということ。 電話ではなくメールでやり取りすれば、相手がいつ何をどう私に言ったのか、すべて証拠が残ります。 もし会社があなたに何か問題ある発言をした場合、退職時に慰謝料などを請求できる場合もあるんです。 自分の身を守るためにも、連絡手段はメールで徹底するようにしましょう。 また、さまざまな判断を主治医に相談するのは、一番重要です。 もちろん、最終的な判断を下すのはあなたですが、うつ病患者に会社がどう接するのか、どんな接し方をこちらはしていけばいいのか、精神科医が一番よく知っています。 ただ、ここで悪徳な医者だった場合、「そんなことは知らん!勝手にあなたが決めればよかろう」と突き放してくることもあります。 なので、 本当に信頼できる医師に相談するようにしましょう。 ただし、いくら信頼できるからといって、精神科医でもない親や兄弟などに相談すべきではありません。 彼らは健常者であり、うつ病という特殊な病気に関するビジネス上の扱いを知りません。 餅は餅屋。 その道の専門家に任せるのが最適なのです。 「休職期間の平均期間」。 でも、それを調べて結果を得たところで、あなたの不安は解消されることはないでしょう。 ある人は、休職期間の平均は1〜3ヶ月くらいといいます。 ある人は、1〜2年だといいます。 さて、あなたは、なぜ平均期間を知りたいのでしょうか。 平均期間を知ることで、「きっとこれくらいの期間休んだら、この苦しい気持ちは治るんだ」と信じたいだけですよね? うつ病の原因が十人十色であるように、治し方、治る期間も人それぞれ違います。 私は、まるまる2年間休職しました。 それでも、治っていません。 自分なりに試行錯誤しましたが、うつ病の原因は分かっても、抑うつ状態を抑えることができないんです。 うつ病の根は、深いです。 平均期間なんてものは、気にしてはいけません。 いつ治るかは分かりません、でも、自分の好きなだけ休みましょう。 会社は、あなたに辛くあたることもあるでしょう。 でも、 会社を休めるのはあなたの権利です。 これまでしっかり働いて義務を果たしたのですから、しっかり休むという権利は確実に履行されるべきなんです。 「休職なんて情けない」そんな考えが情けない! 私は、会社の上司からも、家族からも、休職中・休職前にこんなことを言われました。 うつ病だなんて、ああ恥ずかしい。 親族に顔向けできないよ。 うつ病は甘え、恥ずかしいことだと面と向かって言われたんです。 それを言われた時、私も実はとても自分を恥ずかしい人間だ、情けない人間だと思い恥じました。 でも、今考えれば、それっておかしいですよね。 うつ病になったこともない人が、勝手にギャーギャー言っていることをなぜ鵜呑みにしてしまったんだろう? こんなに苦しい思いをしたことのない人が、私の何をわかるっていうんだろう? カウンセリングを何度も受けるうちに、やっとその言葉の棘が心から抜けていきました。 休職して退職した今、私は休職を悩む人に伝えたいです。 思いっきり休めば良いのです。 あなたには、その権利がある。 義務がある。 あなたはゆっくり休むべきだ、神様がそう思ったからそうなったのです。 長い80年の人生、時に立ち止まってまわりをふっと見回してみるのも良いものです。 自分は何をしたいのか、人生で何を一番叶えたいのか。 休職期間は、自分の生きる道を再考してみる、いい機会です。 休職を恥じることなく、ぜひ新しい自分と向き合うきっかけにしましょう。 大丈夫。 私も、そしてうつ病患者の同胞たちが、あなたと一緒にいますよ。 うつ病、一緒に治していきましょうね。

次の

会社辞めたい|うつ病で休職中の方に伝えたい。あなたの仕事は休むこと!

休職したい

休職中の給料は? 休職とは、 労働者側の都合で一定期間会社を休むことです。 長い職業人生、途中さまざまな事情で一時的に職場から離れたい・離れざるを得ないケースもあります。 しかし、 休職制度は法律で定められているわけではありません。 会社によっては制度がないこともあります。 また、基本的に 休職中は会社から給与は支払われません。 一部の大企業などでは休職中も給料が支払われたり、あるいは後述する労災保険の休業補償や健康保険の疾病手当などとの差額が支払われたりする制度がある会社もあります。 しかし、話題になった介護休暇などもほとんどの会社では制度がありません。 「介護離職」というのは、休職が認められなかったために退職する以外に選択肢がなかったからだといえます。 仮に休職が認められた場合は、労働契約が解消されたわけでないので、会社は厚生年金や健康保険の会社負担分を継続して支払いますが、会社に対して「働いていた時と同じように一定の給与を支払え」など、過度な権利を申し立てることはできません。 休職は「会社と労働者の約束の上に成立するもの」だということです。 ところで間違えていけないのは「 休業」との違い。 こちらは会社都合で休むことであり、 休職は自分都合だということです。 休業の場合は、会社は賃金の6割以上を休業補償として支払う義務があります。 スポンサードリンク 休職中の収入はどうすればいい? 休職中は無収入になるわけですから不安は募るばかりですが、ここで利用しておきたいのが「 傷病手当」や「 休業補償給付金」といった公的な制度です。 傷病手当は健康保険から給付されるもので、申請先は 健康保険組合。 健康保険が保証するのは、 労働・勤務時以外からの理由で起きた傷病に対してのみです。 休業補償給付は労災からの給付ですので、申請先は 労働基準監督署。 補償するのは 業務上に起きた傷病に対してです。 病気やケガが原因で休職を余儀なくされた場合は、こういった制度を活用しましょう。 1)休職して疾病手当をもらう手続きは? 傷病手当の場合は、まずは有給休暇で休業し、その後3カ月までは欠勤扱いにしてもらい、その後は休職扱いとして申請するというのが現実的な流れになるようです。 受給に際しては条件も設けられていて、「病気やケガで働くことができない」、「給与を得られない」、「連続して3日間の休業を経過して4日目以降になっていること」、「1年以上は働いていて健康保険の被保険者期間が1年以上」という内容を満たしていないといけません。 また、申請には医師の診断書、会社からの休業証明書も必要です。 これら必要書類を健康保険組合から取り寄せた申請書に添付して提出して審査をクリアすれば、2~3週間後から支給が始まるようで、給付額は標準報酬月額の6割となります。 受給期間は最長で1年6カ月です。 ただし、この間に仕事に復帰した期間があり、その後同じ疾病で働くことができなくなった場合は、復帰期間も1年6カ月に算入されるので注意しなければなりません。 また、傷病手当と出産手当金が同時に受けられる時は出産手当金が優先され、その間、傷病手当は支給されない、同じ疾病で障害厚生年金を受ける場合は傷病手当が支給されないなど、細かい決まりもあるようです。 利用の際は健康保険組合のウェブサイトで確認する、会社に相談するなどしましょう。 2)休業補償給付金の手続きは? 休業補償給付金は先述の通り、勤務時や通勤時に負った傷病のために働くことができず、給与も支払われないという時に受給できる給付制度です。 業務災害であれば休業補償給付金、通勤時の災害であれば休業給付金が支払われます。 よって、「業務上・通勤時が原因の傷病や疾病」「そのために働くことができない」「給与が得られない」という3条件をクリアする必要があり、休業の4日目から支給されます。 申請は、会社と医療機関の両者に休業補償給付金請求書または休業給付請求書を送付のうえ証明してもらい、会社が労働基準監督署に休業補償請求を報告すると、支給開始通知と支払いが行われるという流れです。 なお、受給者には、その援護を図るための社会復帰促進等事業として、休業給付に併せて「休業特別給付金」支給されます。 原則として、同時に請求を行うのが決まりです。 こちらは、協業給付日額の100分の20に相当する額が給付されます。 若干、申請手順がややこしいのですが、細かい点は会社と相談・確認しながら進めていきましょう。 これらは賃金を受けていない日ごとに受けられますが、2年経過すると時効により請求は消滅します。 休職を申し出るときのポイントとは? では、どのように申し出れば、会社側は快く休職を認めてくれるのでしょうか。 結局のところ、事業者のさじ加減というところもありますから、うまくことを進める必要がありそうです。 そこでポイントですが、最初は直属の上司に相談・打診すること。 いきなり部長や社長に申し出ると「直属の上司は何をやっているのか」と管理責任を問われ心象を悪くしかねません。 基本的には2人きりのシチュエーションで打ち明けましょう。 その際も権利や制度を振りかざして訴えるのではなく、 自身が抱える事情、休職することに対する謝罪と感謝の気持ち、何よりも復職後も仕事にまい進したいという意思を明確に伝えることです。 メンタルに不調をきたして休職にいたるケースは珍しくありませんが、そこで不満を告げたところで、あまり良い結果に結びつくとは考えづらいです。 むしろ 休職期間中は会社員の立場は保証されますから、内容によっては雇用保険や健康保険の各種制度も利用できるのです。 反対に、不平や不満を洗いざらい話して自分はスッキリとしたとしても禍根を残したり、いざ復職しても針のムシロの状態で、結局は会社にいられないということにもなりかねません。 最悪の場合「辞めてしまえば?」と放り出されるなんてことも。 少なからず、休職することで周りに迷惑がかかったり、その分の負担を周りに強いるわけですから、その点は注意することです。 休職の理由や期間、復職予定の時期は伝えておき、休職前の仕事の引継ぎについても、しっかりと相談しておきましょう。 また、休職期間中に入れば、内容によっては異なりますが、基本的には会社、上司と連絡を取れるようにしておくのもポイントです。 一部の大手企業では休職者向けにコミュニティサイトを用意しているところもあるようですが、これもレアケース。 時折は自分から連絡を入れ、職場の状況や復職への意思などを伝えておくと良いでしょう。 休職で人生を見直す時間を 人の一生において、もっとも長く費やすのは「社会人」としての時間です。 子供~学生時代はせいぜい20年とちょっと、残りは、ほとんどの人が会社などで勤め人として過ごすことになります。 長い社会人生活の間には、休職といった時期が訪れることは珍しくありません。 女性であれば、妊娠・出産すれば利用するケースも多いでしょう。 公的な補助制度も活用しながら、また周囲の理解も得つつ、仕事から離れる時間を作りましょう。

次の

【体験者が伝えたい】退職と休職で迷っている人へ休職のススメ

休職したい

「うつ病を理由に休職ってできるのかな?」 「うつ病で休職する場合は、何をすれば良いんだろう?」 「うつ病で休職したいけれど、休職後のことなどに悩みがある」 うつ病になってしまうと、とても仕事などしていられなくなりますよね。 そのため「休みたい」と思うことは当然です。 しかし、 休職の手続きが分からなかったり、「お金のこと」「仕事のこと」など心配事があって、行動できずにいることもあるのではないでしょうか? でも、安心してください。 正しい手続きやトラブルへの対処法を知っておけば、 すぐに行動をはじめて 休職することができます。 そこでこの記事では、まずはうつ病を理由に休職できる場合と、うつ病で休職するメリット・デメリットについて解説します。 そして、うつ病で休職する場合の手続きの全てと、休職後にやるべきことについてもお伝えします。 しっかり読んで、次の行動のために活用してください。 【メリット】• 心身を休めることができる• 就業規則で定められた期間内なら復職できる 順番に解説します。 うつ病は、• 環境要因:家族や職場での人間関係• 性格要因:義務感、責任感が強い、完璧主義• 遺伝的要因:生まれつきの脳神経の機能• 慢性的な身体疾患 など、様々な原因から発症すると考えられています。 そのため、たとえあなたが、うつ病の原因は仕事ではないと考えているとしても、仕事を休んで 日々の緊張感から解放されることが、快復に繋がる可能性はあるのです。 また、うつ病の治療には、• 精神療法• 薬物療法 が必要と言われています。 もちろん、働きながら治療することもできますが、働きながらでは、 せっかく治療してもストレスで後戻りし、効率的に治すことができません。 そのため、会社を休職することで、集中的に治療することが何より大事なのです。 とは言え、休職する以上先のことは気になりますよね。 以下の場合は、休職後に復職できる可能性が高いです。 就業規則で定められた期間内であること• 休職前の業務を行うことができる状態まで快復していること 1章でお伝えしたように、 休職のルールは会社ごとの就業規則によるため、あなたが復職できるかどうかは会社次第ではあります。 しかし、就業規則で休職の期間が定められている場合は、その期間内に快復した場合は、 復職できると考えて良いでしょう。 なぜなら、復職ができないなら、それは解雇を延長しているだけに過ぎないからです。 あなたが上記の条件を満たしているのに、会社が復職を拒否することは、過去の判例から「無効」になる可能性が高いです。 《もらえる条件》 傷病手当金をもらうためには、以下の 2つの条件をクリアする必要があります。 会社とは関係のない病気やケガで療養中であること 療養とは、病気やケガの治療をしていることを言います。 入院していなくても、医師の指示があれば、自宅療養でも構いません。 なお、会社の業務と関係ある病気やケガの場合は、労働災害保険の対象になります。 業務外の病気やケガのため、仕事に就けないこと 「私は仕事をすることができません」という医師による証明書(労務不能の証明書)が必要です。 医師の診断を受ける際にもらうようにしましょう。 《もらえる条件》 A. 足場から転落して骨折した• 過労によってうつ病になった• 残業が続き睡眠不足となり、心筋梗塞を起こした• 介護の仕事で腰を痛めた• アスベストによって肺がんになった B. 私的な病気やケガのため、仕事に就けないこと 申請書に医師の証明欄があります。 診察の際、申請書を持っていきましょう。 原則として 4日以上休んでいること 休業補償給付は、 4日目の休みから支給されます。 はじめの 3日間は待期期間と呼ばれ、傷病手当を受けることができません。 また、この 3日間は連続している必要があります。 大雑把に言うと、それまでの収入の 3分の 2程度が、 1年 6ヶ月間までもらえます。 申請方法等については、 3章で解説します。 確かに、休職すればその分会社での実績は少なくなりますし、ブランクができてしまします。 そのため、会社での評価に影響し、昇進スピードが遅くなったり、賞与が少なくなったりする可能性はあります。 しかし、もしあなたが休職せずに働き続けたら、• 普通ならあり得ないミスをしてしまう• 遅刻、欠席が多くなる• コミュニケーションがうまくできず、社内外での人間関係に影響• 負担に耐えられなくなって重い健康障害を発症してしまう などになりかねません。 このようなことになれば、むしろ休職する場合よりも、会社での評価には 悪影響です。 そのため、評価を気にするより、自分の健康を第一に考えて、休職することをおすすめします。 3 章:うつ病で休職するためにやるべき全手順 うつ病で休職する場合の流れは、以下のようになっています。 それぞれの手続きについて順番に解説します。 診断を受けるときに、どのような症状があるのかとともに「これ以上仕事を続けられない」ということをはっきり伝えましょう。 その際、• 自分の症状• どのくらい休みたいか• このときも主治医の診断書を持っていくとスムーズです。 また、上司が原因で休職したい場合には、はじめから人事部に相談した方が良いケースもあります。 詳しい条件や申請の方法等について、詳しくは以下の記事をご覧ください。 4 章:うつ病で休職した後にやること 今の時点で 休職した後のことまで決めておく必要はありませんが、先のことも気になりますよね。 休職した後の選択肢としては、• 元の会社に復職する• 会社を退職する という 2つがあります。 また、退職する場合は未払い残業代を請求することもできますので、これからこの 3つのことについて解説します。 そのために、• 医師の診断書を提出する• 産業医による復職の可否の判断を受ける• 会社から復職の可否の判断を受ける という必要があります。 会社員の中には、復職後に再び休職するケースもあるため、会社は復職の判断に 慎重であることが多いです。 無理に復職できる状態を装っても、あなたのためにはなりませんし、会社にもばれてしまいます。 そのため、 復職は本当に健康になってからにしましょう。 会社によって復職手続きは異なりますので、詳しくはある程度快復してから、人事部等に問い合わせてみましょう。 休職できる期間内に快復できない• 仕事に戻る気になれない ということもあると思います。 その場合は、そのまま退職手続きを行いましょう。 退職は、 正しい手続きを取れば会社が拒否することはできませんので、あなたは退職届の提出から、 最短2週間で退職することが可能です。 退職手続きについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。 うつ病の原因が、• 100時間を超えるような異常な長時間残業が続いている• 職場での厳しいノルマや責任• いじめ、パワハラ、セクハラ などの場合は、 労災認定されやすくなるからです。 詳しい条件は手続きの方法については、以下の記事で解説しています。 たとえばあなたが、• サービス残業をしていた• みなし残業代制や歩合給制、年俸制、管理職などを理由に残業代が出ていなかった などの場合は、未払い残業代が発生しています。 未払い残業代の金額は、以下の例のように、あなたが思っているより 高額になることが多いです。 (例)• 基本給 20万円• 月の残業 100時間• 未払い残業代の詳しい請求方法について、詳しくは以下の記事で解説しています。 あなたは、こんな悩みをお持ちではありませんか?• これから退職予定で、未払い残業代を請求したい• すでに退職しているが、以前勤めていた会社に 残業代を請求したい• 自分の残業代、残業時間に納得がいかない 会社がおかしい・不当ではないかと感じたら1人で悩まずに、残業代請求に強い弁護士に相談することをおすすめします。 残業代の 時効は2年なので、時効になる前に早めに行動することが大切です。 QUEST法律事務所へのご相談は無料です。 当事務所では、 電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。 ですので、 全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。 お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

次の