プレシジョン システム サイエンス。 pcr検査の全自動検査を供給するプレシジョン・システム・サイエンスは松戸の会社!

プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)【7707】株の基本情報|株探(かぶたん)

プレシジョン システム サイエンス

0 2,547,300 46,100 9. 1 2,593,400 23,400 9. 1 2,616,800 36,000 9. 2 2,580,800 80,800 9. 2 2,500,000 69,400 9. 2 2,569,400 1,100 9. 2 2,568,300 10,400 9. 2 2,578,700 11,200 9. 2 2,567,500 80,200 9. 3 2,647,700 55,500 10. 3 2,592,200 19,500 9. 3 2,611,700 23,900 9. 4 2,587,800 7,900 9. 6 2,595,700 43,100 9. 8 2,638,800 101,400 10. 0 2,537,400 21,200 9. 0 2,558,600 6,700 9. 1 2,551,900 2,600 9. 2 2,554,500 1,800 9. 6 2,552,700 22,800 9. 6 2,529,900 60,300 9. 6 2,590,200 92,900 9. 7 2,683,100 40,900 10. 9 2,724,000 200 10. 9 2,724,200 8,200 10. 9 2,716,000 85,100 10. 0 2,801,100 20,300 10. 0 2,821,400 12,100 10. 0 2,809,300 53,200 10. 1 2,862,500 101,900 10. 2 2,760,600 76,900 10. 3 2,837,500 135,500 10. 4 2,973,000 308,800 11. 1 3,074,300 97,200 13. 0 3,032,000 226,400 13. 2 2,805,600 2,000 12. 2 2,803,600 246,500 12. 1 2,557,100 105,200 11. 2 2,495,100 27,800 10. 8 2,467,300 52,400 10. 2 2,513,700 58,800 10. 3 3,129,600 135,300 13. 6 2,994,300 321,400 13. 0 2,672,900 803,100 11. 0 1,916,200 16,300 8. 9 1,899,900 4,000 8. 1 1,944,200 11,300 8. 6 2,793,200 198,700 12. 9 2,727,900 - 11.

次の

プレシジョン・システム・サイエンス(株)【7707】:掲示板

プレシジョン システム サイエンス

企業名 プレシジョン・システム・サイエンス 市場 マザーズ 業種 精密機器 事業内容 バイオ関連機器のOEMが主体。 独自技術のDNA抽出装置を強化。 関連試薬も。 関連テーマ プレシジョン・システム・サイエンス【7707】の株価推移・材料 日立との業務提携。 がん遺伝子の一括検査に保険適用との報道。 これにより、プレシジョン・システム・サイエンスの株価は2. 62倍に! プレシジョン・サイエンス・システム(以下PSS)は、遺伝子検査、タンパク質検査などの研究開発や、実用化で用いられる自動化装置などの開発、製造販売を手掛ける企業です。 そして、その事業内容からバイオ関連銘柄として注目されています。 「 株式会社日立ハイテクノロジーズとの資本業務提携、第三者割当による新株式発行及び主要株主の異動」に関する予定の発表と、その完了報告がありました。 これにより、PSSの株価は5月16日~6月5日にかけて 1. 86倍にも膨れ上がりました。 さらに、6月27日には「 厚生労働省が、がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めた」との報道を受け、翌日から再び株価を伸ばしました。 663円だった株価は3日で高値1010円を付け、 1. 52倍となる急騰を演じました。 この一括検査が、次世代シーケンサー(塩基配列解析装置)と呼ばれる装置を使い、採取したがん細胞の遺伝子を網羅的に調べることから、遺伝子診断分野の自動化システム製品を提供しているPSSが関連銘柄の代表格として考えられ、今回の急騰に繋がりました。 株マイスターの提供実績によると、PSSを推奨したのは6月12日で終値は269円。 日立との協業による急騰から株価は下落を辿っている段階での推奨でした。 その後、がん遺伝子の一括検査に保険が適用されるとの報道により、PSSは再度急騰し、高値1011円に。 さらに、 この推奨銘柄は会員メンバーに無料で配信されるとのことなので、 多くの会員がこの1. 6倍の急騰で恩恵を受けたのではないでしょうか? 株マイスターの会員メンバーには、テーマ性を秘めた材料株・思惑株の情報にくわえ、最新の市場動向や見通しなども無料で受け取ることができます。 情報収集が命の株式取引において非常に効率が良く、大きなアドバンテージとなるはずです。 まだ配信情報を見ていないという方は、是非チェックしてみて下さい。

次の

モーニングスター [ PTS価格 プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 ]

プレシジョン システム サイエンス

【沿革】 昭和60年7月 理化学機器(臨床検査機器)の保守メンテナンスを目的として、東京都板橋区に設立。 昭和61年9月 本社所在地を東京都府中市に移転。 平成元年2月 自社製品として、分注装置、希釈装置、洗浄装置等の理化学機器の製造販売を開始。 平成3年2月 研究開発施設として、千葉県松戸市に松戸研究所を設置。 平成4年4月 生産工場として、東京都稲城市に稲城工場を設置。 平成5年1月 稲城工場を本社社屋として転用し、本社所在地を東京都稲城市に移転。 平成6年4月 磁性体粒子法を利用した免疫測定装置の研究開発に着手。 平成6年10月 磁性体粒子法を利用したDNA抽出装置等の研究開発に着手。 平成7年6月 磁性体粒子法を利用した化学発光免疫測定装置(HiMICO)の製品化に成功。 開発技術について、日本、米国、欧州等の世界各国に特許出願し、Magtration Technologyと名付ける。 平成7年10月 Magtration Technologyを利用したDNA自動抽出装置等の製品化に成功。 平成8年8月 ㈱とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成9年11月 スイスのF. Hoffmann-La Roche Ltd. とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成10年12月 ドイツのBoehringer Mannheim GmbH(現 Roche Diagnostics GmbH)とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成11年7月 ノルウェーのGenoVision AS(現 Qiagen AS)とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成12年10月 スウェーデンのMagnetic Biosolutions Sweden ABとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成13年2月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現 ヘラクレス市場)に株式を上場。 平成13年4月 研究開発施設と生産工場を統合し新本社社屋に集約。 本社所在地を千葉県松戸市に移転。 平成13年7月 海外子会社PSS Bio Instruments,Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. 、米国カリフォルニア州)、Bio-Strand, Inc. (米国カリフォルニア州)及びPrecision System Science Europe GmbH(ドイツマインツ市)を設立。 平成14年2月 国際標準規格ISO9001認証取得。 平成14年6月 英国Tepnel Life Sciences PLCとMagtration Technologyを応用する技術に係るライセンス供与契約を締結。 平成14年7月 子会社ユニバーサル・バイオ・リサーチ㈱(千葉県松戸市)を設立。 平成14年8月 ノルウェーのQiagen ASとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成14年8月 ドイツのQiagen GmbHとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成15年9月 PSS Bio Instruments, Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. )が実施した株主割当増資についてUS$1,500,000. 00を全額引受。 平成16年6月 海外子会社PSS Bio Instruments,Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. 、米国カリフォルニア州)とBio-Strand, Inc. (米国カリフォルニア州)を合併。 PSS Bio Instruments,Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. )を存続会社とする。 平成16年8月 ㈱三菱化学ヤトロン(現 三菱化学メディエンス㈱)と小型免疫化学発光測定装置に関するOEM契約を締結。 平成16年8月 国際認証規格ISO13485(医療機器における品質マネジメント)認証取得。 平成17年9月 PSS Bio Instruments, Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. )が実施した株主割当増資についてUS$3,000,000. 00を全額引受。 平成18年5月 米国Invitrogen CorporationとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成18年7月 投資会社として、子会社PSSキャピタル㈱を設立。 平成18年7月 当社及びPSSキャピタル㈱が出資 出資比率25%)し、PSSキャピタル㈱が共同無限責任組合員となる、投資ファンド、バイオコンテンツ投資事業有限責任組合が設立される。 平成18年8月 米国Bechman Coulter, Inc. とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成18年12月 ㈱及び㈱とビーズアレイ技術について実施許諾契約を締結。 平成19年1月 収容反応測定装置及び収容反応測定法に関する米国特許取得。 平成19年2月 米国NanoString Technologies, Inc. とサンプル精製・反応処理システムに関するOEM契約を締結。 平成19年7月 タンパク質の自動精製装置及び試薬キット(Purelumnシステム)に関して、GEヘルスケアバイオサイエンス㈱と国内独占販売契約を締結。

次の