災害の夢 ブログ。 6月21日巨大地震予言、再び! 世紀の大予言者・ジュセリーノが発表「東海地方に注意、強い地震が…」不気味な予兆も

【イルミナティ】2020年5月11日に首都圏で複合災害が発生する予言について

災害の夢 ブログ

過去の 歴史を振り返ってみると、沖・・での大や巨大などは短期間のうちに立て続けに起きるケースが多く、しかもそこに富士山噴火まで含まれることもある。 そして今、火山学者たちは「すでに富士山は噴火スタンバイ」とまで言い切っている状況だ。 つまり、富士山の大噴火によって首都圏が火山灰に埋もれ、や首都直下も連続するという絶望的事態が現実になる恐れもあるということだ。 このような大災害の連鎖を筆者は「大災害シリーズ」と名付けたが、その中で富士山噴火も含まれるケースを以下に示す。 781年:富士山噴火 797年8月14日: があった可能性(保立道久・東大名誉教授が指摘) 800年6月:富士山大噴火 864年7月2日~:富士山大噴火 869年7月9日: (M8. 3~8. 6、 沖) 878年10月28日:相模・武蔵(M7. 4、神奈川〜千葉?) 887年7月29日:京都(M6. 5)、死者千人 887年8月22日:仁和(にんな)(M8. 0~8. 5、 ) 937年:富士山噴火 938年5月17日:京都などで、M7 1703年12月31日:元禄(M8. 1~8. 2)、 、死者6700人 1707年10月28日:宝永(M8. 4~9. 3)、 、死者5千~2万人 1707年10月29日:宝永(M7. 0) 1707年12月16日~:富士山 1708年2月13日:沖で 、M7クラス、あり 18世紀のには、巨大である宝永が発生してからわずか49日後に富士山が大噴火したが、これを決して偶然と判断するべきではない。 現在に目を向けると、8年前に沖で巨大(3. そのことを検討するにあたっては、教授で火山学・地球科学を専門とする鎌田浩毅(ひろき)氏が2019年5月に出版した『』()が参考になる。 鎌田氏によれば、2011年3月11日のから4日後となる3月15日、富士山(東部)でM6. 4、最大のが発生したが、このときに富士山のマグマだまりで、ある重大な異変が生じた可能性があるという。 そして、 3. 11によって「今後少なくとも数十年はと噴火が止まない『大地変動の時代』に突入してしまった」(上掲書)と書いている。 このことは、筆者の過去の「大災害シリーズ」の研究によっても推察できることで、同様の意見に達している。 このため、富士山はすでに「噴火スタンバイ」の状態にあると鎌田氏は断言する。 では、実際に富士山が大噴火すると、首都東京はどのような事態になるのだろうか。 前述の鎌田氏の著書によれば、 火山灰は東京に5mも積もり、コンピュータ機器など精密機器の隙間にも入り込んで、は全面停止となる。 航空機も墜落の恐れがあるために、成田や羽田などの空港は全面閉鎖となり、首都機能は完全にマヒ状態となる。 「山体崩壊」という的な現象が起これば、富士山が変形するほどに崩壊し、岩石や土砂が流れ下るため、 40万人が被災する可能性があるという。 この時の大災害シリーズでは、(M8. 5、887年)と連鎖し、ちょうど9年間隔で大が起こっていた。 この 9年サイクルが現代でも再度起こるとすれば、3. 11から9年後となる2020年のの年が危ないことになる。 たとえば、「災害の夢ブログ」でお馴染みのスズ氏は、これまで3. 11のなど様々な大災害を夢や予感で予知してきた東京の主婦だが、2014年の で紹介したように、以前から富士山が噴火する夢を見ている。 その中には、富士山の噴火とほぼ同時に、震度5以上のに見舞われるというのもある。 スズ氏には3人の子供がいるが、そのうちの霊感が強い娘もよく災害の夢を見るそうで、富士山噴火の夢も見ているという。 霊感が強い母と娘がそれぞれ別々に同様の夢を見たということは、説得力があるのではないだろうか。 次に、ヒプノセラピストマリア氏は各種占い、レイキ、心理セラピスト、過去生退行催眠、体感などによる能力にも秀でているというオールマイティな女性だ。 その予知能力の一端を紹介すると、8月の で書いたように、マリア氏が「(今年の)9月中旬からカレンダーが暗くなって見える」と筆者へのメッセージで伝えてきた。 その後には、10月までが暗く見えると言っていたが、これは9月に千葉県を中心に暴風の被害をもたらし、関東史上最強の台風とも呼ばれたや19号の被害を示唆するものではないだろうか。 画像は「getty images」より そのマリア氏は、今後起こる出来事やメッセージが上の世界から「降りてくる」女性だが、今後の日本を襲う天変地異に関しても自身のブログ『ひむかの風にさそわれて』の で壮絶な内容を語っている。 それによると、まず東京より南側のなどで火山噴火が発生し、が割れるといった大が起き、最後には富士山が大噴火するという。 それはいつ頃かと本人に尋ねたところ、 「に起こる」(次は2024年)とのことだ。 その後マリア氏は、自分に降りてきた啓示が、2016年の で紹介した現役医師の長田明子氏が「神示」として受け取った近未来の出来事と非常に似ているという。 その大天変地異が現実に起こるとなれば大変な事態だが、マリア氏も長田氏と同様に各地の神社仏閣などを周って災害鎮静の祈りを捧げているそうだ。 その最後の富士山噴火が本当に「」つまり2024年に起こるとなれば、あと4年しか猶予は残されていないことになる。 2011年03月11日:(M9. 0~9. 1)、死者・行方不明者2万2千人 2016年04月16日:(M7. 3)、最大、死者273人 2018年06月18日:(M6. 1)、最大 2018年09月06日:(M6. 7)、最大、死者42人 A 20xx年: 富士山令和大噴火? B 20xx年: 令和? C 20xx年: 令和首都直下? 上記 A ~ C は順不同であり、どれが先に起こるかは、今後の条件次第で変わってくるものだ。 そして、こんな時に 東京でオリンピックを開催するとは、最悪のタイミングであると指摘せざるを得ない。 多くの外国人が日本にやって来ようとしている今夏を前に、この国が現在置かれている危機的状況と「起こり得る最悪の事態」について事前に周知を図るべきではないか。 少なくとも、誠実な日本人ほど「どうぞ安心して日本に来て下さい」とは口が裂けても言えないはずなのだ。 dream-kb.

次の

見た夢 人気ブログランキングとブログ検索

災害の夢 ブログ

過去の 歴史を振り返ってみると、沖・・での大や巨大などは短期間のうちに立て続けに起きるケースが多く、しかもそこに富士山噴火まで含まれることもある。 そして今、火山学者たちは「すでに富士山は噴火スタンバイ」とまで言い切っている状況だ。 つまり、富士山の大噴火によって首都圏が火山灰に埋もれ、や首都直下も連続するという絶望的事態が現実になる恐れもあるということだ。 このような大災害の連鎖を筆者は「大災害シリーズ」と名付けたが、その中で富士山噴火も含まれるケースを以下に示す。 781年:富士山噴火 797年8月14日: があった可能性(保立道久・東大名誉教授が指摘) 800年6月:富士山大噴火 864年7月2日~:富士山大噴火 869年7月9日: (M8. 3~8. 6、 沖) 878年10月28日:相模・武蔵(M7. 4、神奈川〜千葉?) 887年7月29日:京都(M6. 5)、死者千人 887年8月22日:仁和(にんな)(M8. 0~8. 5、 ) 937年:富士山噴火 938年5月17日:京都などで、M7 1703年12月31日:元禄(M8. 1~8. 2)、 、死者6700人 1707年10月28日:宝永(M8. 4~9. 3)、 、死者5千~2万人 1707年10月29日:宝永(M7. 0) 1707年12月16日~:富士山 1708年2月13日:沖で 、M7クラス、あり 18世紀のには、巨大である宝永が発生してからわずか49日後に富士山が大噴火したが、これを決して偶然と判断するべきではない。 現在に目を向けると、8年前に沖で巨大(3. そのことを検討するにあたっては、教授で火山学・地球科学を専門とする鎌田浩毅(ひろき)氏が2019年5月に出版した『』()が参考になる。 鎌田氏によれば、2011年3月11日のから4日後となる3月15日、富士山(東部)でM6. 4、最大のが発生したが、このときに富士山のマグマだまりで、ある重大な異変が生じた可能性があるという。 そして、 3. 11によって「今後少なくとも数十年はと噴火が止まない『大地変動の時代』に突入してしまった」(上掲書)と書いている。 このことは、筆者の過去の「大災害シリーズ」の研究によっても推察できることで、同様の意見に達している。 このため、富士山はすでに「噴火スタンバイ」の状態にあると鎌田氏は断言する。 では、実際に富士山が大噴火すると、首都東京はどのような事態になるのだろうか。 前述の鎌田氏の著書によれば、 火山灰は東京に5mも積もり、コンピュータ機器など精密機器の隙間にも入り込んで、は全面停止となる。 航空機も墜落の恐れがあるために、成田や羽田などの空港は全面閉鎖となり、首都機能は完全にマヒ状態となる。 「山体崩壊」という的な現象が起これば、富士山が変形するほどに崩壊し、岩石や土砂が流れ下るため、 40万人が被災する可能性があるという。 この時の大災害シリーズでは、(M8. 5、887年)と連鎖し、ちょうど9年間隔で大が起こっていた。 この 9年サイクルが現代でも再度起こるとすれば、3. 11から9年後となる2020年のの年が危ないことになる。 たとえば、「災害の夢ブログ」でお馴染みのスズ氏は、これまで3. 11のなど様々な大災害を夢や予感で予知してきた東京の主婦だが、2014年の で紹介したように、以前から富士山が噴火する夢を見ている。 その中には、富士山の噴火とほぼ同時に、震度5以上のに見舞われるというのもある。 スズ氏には3人の子供がいるが、そのうちの霊感が強い娘もよく災害の夢を見るそうで、富士山噴火の夢も見ているという。 霊感が強い母と娘がそれぞれ別々に同様の夢を見たということは、説得力があるのではないだろうか。 次に、ヒプノセラピストマリア氏は各種占い、レイキ、心理セラピスト、過去生退行催眠、体感などによる能力にも秀でているというオールマイティな女性だ。 その予知能力の一端を紹介すると、8月の で書いたように、マリア氏が「(今年の)9月中旬からカレンダーが暗くなって見える」と筆者へのメッセージで伝えてきた。 その後には、10月までが暗く見えると言っていたが、これは9月に千葉県を中心に暴風の被害をもたらし、関東史上最強の台風とも呼ばれたや19号の被害を示唆するものではないだろうか。 画像は「getty images」より そのマリア氏は、今後起こる出来事やメッセージが上の世界から「降りてくる」女性だが、今後の日本を襲う天変地異に関しても自身のブログ『ひむかの風にさそわれて』の で壮絶な内容を語っている。 それによると、まず東京より南側のなどで火山噴火が発生し、が割れるといった大が起き、最後には富士山が大噴火するという。 それはいつ頃かと本人に尋ねたところ、 「に起こる」(次は2024年)とのことだ。 その後マリア氏は、自分に降りてきた啓示が、2016年の で紹介した現役医師の長田明子氏が「神示」として受け取った近未来の出来事と非常に似ているという。 その大天変地異が現実に起こるとなれば大変な事態だが、マリア氏も長田氏と同様に各地の神社仏閣などを周って災害鎮静の祈りを捧げているそうだ。 その最後の富士山噴火が本当に「」つまり2024年に起こるとなれば、あと4年しか猶予は残されていないことになる。 2011年03月11日:(M9. 0~9. 1)、死者・行方不明者2万2千人 2016年04月16日:(M7. 3)、最大、死者273人 2018年06月18日:(M6. 1)、最大 2018年09月06日:(M6. 7)、最大、死者42人 A 20xx年: 富士山令和大噴火? B 20xx年: 令和? C 20xx年: 令和首都直下? 上記 A ~ C は順不同であり、どれが先に起こるかは、今後の条件次第で変わってくるものだ。 そして、こんな時に 東京でオリンピックを開催するとは、最悪のタイミングであると指摘せざるを得ない。 多くの外国人が日本にやって来ようとしている今夏を前に、この国が現在置かれている危機的状況と「起こり得る最悪の事態」について事前に周知を図るべきではないか。 少なくとも、誠実な日本人ほど「どうぞ安心して日本に来て下さい」とは口が裂けても言えないはずなのだ。 dream-kb.

次の

[B! 地震] 災害の夢ブログ

災害の夢 ブログ

じつは2018年12月頃から、 との位置が太陽系の片側に寄る惑星直列の状態が続いている。 周期はとの位置が関連していたのだ。 では、この惑星の位置は地球には何も影響を与えないというが、電気的では太陽活動に大きな影響を与えていることが分かった。 太陽は銀河の周囲から中心に向かって吹く銀河風を横切って回転している。 銀河風は高エネルギーの陽子電子が作っている風で、太陽は銀河風のエネルギーを自らが作る磁場の漏斗で吸い込んで輝いている。 画像は「 」より 一方、惑星は螺旋運動をしている太陽の周囲を回っているため、二重螺旋を描いている。 このとき、・の位置が銀河風の風上にいると、 エネルギーの一部を・が吸い取るのだ。 周期には金星も影響を与えているという研究がある。 周期の原因は不明だったが、 、、金星が影響しているというのが最新の情報だ。 じつは現在太陽活動は最も低下している状態だ。 オゾンは酸素に紫外線が当たると出来る。 水素原子は電離層から降りてくるが、元はに含まれている。 太陽活動が低下していればが弱くなり水素原子の供給も減るのではと考えられるが、 じつは水素原子と電子は太陽活動の低下にしたがって増える。 太陽活動が低下すると太陽系を覆う 磁場が弱くなる。 太陽磁場は銀河からやってくる高エネルギーをそらして、惑星を守る役目もある。 つまり、 太陽磁場が低下すると太陽系内の高エネルギーが増えるのだ。 が大気に突入すると大気分子に当たって、膨大な量の粒子を放射する。 1個のが数百億個の電子、中間子、ミュー粒子などをばらまく。 ミュー粒子は地球大気の下層まで到達して、を窒素と酸素に変換する。 つまり、 地球大気はをミュー粒子が核変換して出来たものなのだ。 酸素が増えると紫外線によるオゾンの発生も増えることになる。 画像は「 」より ミュー粒子の濃度。 画像は「 」より 太陽が最も地球に近づく近日点は1月、遠ざかる遠日点は7月だ。 地球が太陽から離れると太陽磁場が弱まり、が増えることで、ミュー粒子も増える。 ミュー粒子は1カ月遅れで8月に増え、2月に減る。 これは 濃度と一致する。 酸素は水に変わるため減る。 つまり、 雨として降るのだ。 そして、先述したように、 は大量の電子も発生させる。 そして、この電子が雲の発生に関わっているというのは、効果として知られている。 ところで、大量の電子は地球の奥深くからもやってくる。 の空気シャワーは膨大なをも発生させているが、このが地球内部の成分であるをさせて、電子を放出させるのだ。 分厚い地面を通り抜けて、どうやって電子が湧き出してくるかと思うかもしれない。 誘電体バリア放電は絶縁体をはさんで電極に交流電圧を加えると、 絶縁体を乗り越えて電子が移動して放電する現象だ。 太陽活動が低下するとのが進むため、 電子の発生が増える。 電子は誘電体バリア放電で大気中に出てくると雨になる。 地殻にたまると放電してになる。 だから、 雨が降っているときはがほとんど発生しないことになる。 このように、太陽活動の低下はオゾン(とその元になる酸素)と電子を大量に発生させる。 これが 惑星直列から見た大雨の原因なのだ。 惑星直列。 画像は「」より このことは 来年も大雨、台風、場合によっては大が起きることを意味する。 原因がわかっても、対策を立てるのが難しいのが自然現象だ。 十分に気をつけて欲しいというしかない。 dream-kb.

次の