創価学会 仏壇 飾り方。 仏壇・仏具の基礎知識「お仏壇の飾り方(祀り方)」|お仏壇とは|仏壇・仏具|メモリアルアートの大野屋

創価学会のお仏壇に飾るものは何ですか?(ご本尊や脇には何を?)

創価学会 仏壇 飾り方

A ベストアンサー 御義母様の葬儀との事でご愁傷様でございます。 私は創価学会員です。 まずは確認ですが、仏壇の中には御本尊はまだありますでしょうか。 (紙幅の曼陀羅です)あるとの前提で書かせて頂きます。 普通の会員は、毎日ご飯とお水を差し上げたり、適宜果物等を備え、シキミを活けるのが通常です。 ご存知とは思いますがお題目を唱えながら行います。 私は、汚い手で給仕するのは申し訳ないので手を洗ってから行います。 仏壇は定期的に掃除をし、敬意をもって失礼のないように致します。 一点心配なのは、学会員の方がmimira様のお宅にはすでにいらっしゃらないとすれば、本来は御本尊様は返納するのが通常と思われます。 友人葬で葬儀をしてくれた学会員の方から、御本尊返納について何か言われませんでしたでしょうか。 もちろん、mimira様の御意志で、御本尊を大切にするので、御義母様の思い出もありそのままにしておくという事で話がついているのであれば問題ないと思われます。 一方、「厄介なものが残ってしまった」とのお心であれば、不敬をするよりは学会の方に御本尊を引き取ってもらったほうがよろしいかと思われます。 御義母様の葬儀との事でご愁傷様でございます。 私は創価学会員です。 まずは確認ですが、仏壇の中には御本尊はまだありますでしょうか。 (紙幅の曼陀羅です)あるとの前提で書かせて頂きます。 普通の会員は、毎日ご飯とお水を差し上げたり、適宜果物等を備え、シキミを活けるのが通常です。 ご存知とは思いますがお題目を唱えながら行います。 私は、汚い手で給仕するのは申し訳ないので手を洗ってから行います。 仏壇は定期的に掃除をし、敬意をもって失礼のないように致します。 一点心配なのは、学会員の... また、生活保護受給では無い低所得者が葬儀を行う必要があるが、葬儀費用に困窮している場合にはその者が 生活保護受給要件を満たしていれば支給されます(生活保護受給と同様の審査を行います)。 その方の子どもや兄弟姉妹が考える事です。 ----------------------------------------------------------------------------------------------- (葬祭扶助) 第18条 葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、左に掲げる事項の範囲内において行われる。 1.検案 2.死体の運搬 3.火葬又は埋葬 4.納骨その他葬祭のために必要なもの 2 左に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。 1.被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。 2.死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。 また、生活保護受給では無い低所得者が葬儀を行う必要があるが、葬儀費用に困窮している場合にはその者が 生活保護受給要件を満たしていれば支給されます(生活保護受給と...

次の

創価学会仏壇の修理を考えている方へ

創価学会 仏壇 飾り方

お盆飾りをする期間 お盆の期間は地域によって大きく2つに分かれており、7月または8月の13日から16日までとされています。 いずれの場合も、お盆飾りはその期間中に飾ります。 できるだけ12日のうちに飾るものの準備を済ませ、12日の夕方から13日の朝までに飾り付けを整えましょう。 新盆を迎える際や、親戚が少し前にお参りに来る場合などは、少し早めに飾り付けをしても良いでしょう。 中でも 盆提灯は、お盆のある月の上旬から飾っても良いとされています。 お盆飾りの片付けや整理は、ご先祖様を彼岸へお見送りし終えた後、16日の夜または17日中に行います。 お盆飾りの意味と飾り方 お盆飾りの内容や飾り方については、地域や宗派によって異なる点が多く、 浄土真宗のように、そもそもお盆飾りを行わない宗派もあります。 ここでは、一般的にお盆飾りとして広く用いられているものを取り上げ、それぞれの意味と飾り方をご紹介します。 盆提灯 彼岸から帰ってくるご先祖様が、迷わず家にたどり着けるように飾るのが盆提灯です。 家紋や植物などの意匠が描かれ、迎え火の役割を持ちます。 吊すタイプと置くタイプの二種類がありますが、地域の習わしや住宅環境に合わせて選びましょう。 新盆のときには、無地の白提灯を用意して飾るのが通例です。 盆棚(祭壇) 元来は仏壇の前や横に二段から三段の盆棚を設えるのが正式とされますが、仏壇の前に小机を置き、それを盆棚として用いることも現代では広く行われています。 まこも・蓮の葉 お釈迦様がその上で病人を治療したといういわれを持つのが、まこも(真菰)のゴザです。 盆棚の上にまずまこものゴザを敷き、次に蓮の葉、その上に精霊馬や季節の野菜・果物、故人の好んだものなどをお供え物として置くのが、盆飾りの基本となります。 精霊馬 ご先祖様の乗り物として、キュウリと茄子で馬と牛をかたどったものが、精霊馬と呼ばれる飾りです。 こちらに帰ってくるときは早く来られるように馬を、彼岸に戻られるときは名残を惜しみつつゆっくり行くために牛を用意するといわれています。 夏の野菜を用いて家族で心を込めて作るもの、ということでも広く知られているかと思いますが、色和紙と麻がらによる細工品などで代用される場合もあります。 ほおずき 提灯のような形と鮮やかな色を持つほおずきは、仏事で好まれる植物です。 特に お盆の折にはご先祖様をお迎えする気持ちを表すため、盆提灯や迎え火と共に欠かせない飾りのひとつとされています。 仏花と共に活けたり、他のお供え物と並べて飾ったり、仏壇や盆棚に張ったまこもの縄に吊り下げたりと、さまざまな形で飾ることができます。 そうめん ほおずきと並んでお盆飾りによく用いられます。 そうめんをお盆飾りとするいわれには諸説ありますが、 ご先祖様がこちらへ帰ってくる際の馬の手綱とするため、彼岸へ戻られるときにお土産などの荷物をまとめるため、「細く長く幸せが続く」縁起物として、などといわれています。 水の子・閼伽水(あかみず) 地域や宗派によっては、 「水の子」を飾る場合もあります。 これは、 さいの目に切ったキュウリと茄子に洗った米を混ぜ、閼伽水(蓮の葉やミソハギで清めた水)を含ませたものを、蓮の葉を敷いた器に盛ったものです。 水の子のいわれにも、ご先祖様の喉を常に潤すためなど、諸説があります。 麻がら 麻がらは、精霊馬の脚や箸として用いる他、迎え火・送り火を焚くためにも使われます。 迎え火・送り火は、庭や玄関口などでほうろく皿の上に麻がらをのせて燃やします。 麻がらを焚く際には、くれぐれも火の始末に注意しましょう。 お盆飾りの片付け方 古来、仏事に一度使ったものは使い回しをしないことが原則でしたが、最近ではあまりそれにこだわらなくても良いという流れが一般的です。 通常の盆提灯は、お盆が済んだら丁寧に手入れをして収納し、翌年も使うことができます。 一方、 新盆用の白提灯はその年限りです。 新盆を終えたら供養を施し、お焚き上げなどの形で処分しましょう。 蓮の葉や精霊馬は、生の植物を用いている場合はその年限りで供養を施した後に処分しますが、お盆飾りセットなどに多く見られるレプリカ的な材質のものでしたら、翌年以降も使って良いでしょう。 まこものゴザも、少々濡れたり汚れたりした程度であれば、拭き清めた後しっかりと乾燥させ、翌年また使うことができます。 しかし、地域の風習などにより一度水につけた場合は、やはりその年限りで供養し処分した方が賢明でしょう。 その他お供え物にした食べ物については、 食べられるものはできるだけ家族でいただきます。 食べきれないものやお花といったものは、可能であれば庭に埋めるか、お焚き上げをお願いしましょう。 それも難しい場合、 塩で清め半紙などの白い紙に包み心を込めて供養を施せば、可燃ごみとして出しても問題ないといわれています。 まとめ 古くから伝わるお盆飾りの意味や飾り方、片付け方の基本などについてご紹介しました。 それぞれの生活環境の中で無理なく、心を込めてご先祖様をお迎えするためのご参考となれば幸いです。 葬儀やご供養の方法などについて、お困りのことやお悩みになっていることがありましたら、どんな小さなことでもどうぞお気軽に、ご相談・お問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

創価学会の仏壇と飾り方

創価学会 仏壇 飾り方

新盆では、丁重に新精霊を迎えます。 今回この記事では、新暦の8月15日をお盆として、新盆の飾り方をご説明いたします。 新盆で用意するものとして「 精霊棚、白提灯」があります。 そしてお迎えに当たり、白提灯は、玄関などに飾るようにします。 マンションなどでは、盆棚の両端でも良いです。 法要を行う場合は、和尚さんと日取りをご相談してきましょう。 親族への連絡もそれと一緒に行うと良いでしょう。 真菰 まこも でできたコザ、ナスとキュウリで作った御霊の乗り物牛馬、そしてお供えなどの用意もします。 飾り付けの時期はいつから? 精霊棚の飾りは8月12日夕方から行います。 13日の朝でも良いです。 お仏壇を掃除して飾り付けを始めていきます。 13日は、迎え火をして、お墓参りをして、亡くなられた方の御霊を家の中に連れてきます。 16日はお送り火を行います。 この時に白提灯の処分も行います。 以降の盆飾りとの違いは 2回目以降のお盆になると、親族や故人の知人を呼んでの法事を行わず、家族のみで行うことが多いです。 新盆と違って、白提灯も飾りません。 宗派ごとに飾り方を紹介 新盆の飾りは 宗派による違いがあるので以下にまとめました。 それぞれの精霊棚の飾りもご紹介いたします。 浄土真宗 浄土真宗では、お盆に御霊が還ってくると言った教えはありません。 従って お盆に迎え火をしたりする行事は行いません。 浄土宗 浄土宗の場合、精霊棚に飾るものとして、「 季節のお野菜、お花、フルーツ、お盆菓子」があります。 また、浄土宗ではお盆後に、精霊流しや送り火の行事があります。 初盆の方は、精霊船に飾られていただけますので、是非とも参加したいものですね。 曹洞宗 新盆の飾り方は、基本的な形ですが、曹洞宗では「 水の子」というものを飾ります。 なすときゅうりをサイコロのように刻み、洗いコメと混ぜたものを水の子と言います。 こちらを、毎日中身を入れ替えながら供えます。 日蓮宗 日蓮宗では、精霊棚に「 お茶、ごはん、お花、牛馬、水の子」を飾ります。 また、故人の嗜好品も飾ることができます。 真言宗 真言宗では、精霊棚に「 精進料理」を食べられる状態で飾ります。 精進料理の内容としては、ソーメンや野菜の煮物が主流となっています。 その他に、お菓子やフルーツを飾る家庭もございます。 マンションでの飾り方 マンションやアパートでは、スペースがなく大掛かりな精霊棚を作ることができない場合があります。 その場合は、お部屋のサイズに合わせたお盆飾りをすると良いでしょう。 また、迎え火を炊くことが不可能な場合が多いですね。 無理をすれば「火災探知機」が発動して、一大事になってしまいます。 マンション住まいの方の意見を見ると、「ベランダに提灯をさげる」といったことでこれを回避しているようです。 白提灯は使いまわしていいの? 新盆では、白提灯を飾りとして使用しますが、新盆後のお盆では使用しないため、基本的には新盆後に処分することになっています。 しかし、なかには一度使用しただけで処分するのは勿体ないのではないかと思う方もいらっしゃいます。 では、実際一度使用した白提灯を使いまわししてもよいのでしょうか? 結論からいうと、 白提灯の使いまわしは良くないとされています。 しかし、最近では白提灯の使いまわしをするご家庭も増えているので、周囲の人、お寺に確認するのが良いでしょう。 新盆 初盆 飾りのセット• 新盆とは、家族が亡くなられて忌明け後の最初のお盆のことです。 新盆の時期は忌明けの最初のお盆で、忌明けがお盆のあとであった場合は、翌年のお盆の時期が新盆となります。 新盆と普段のお盆との違いは、新盆では法要が行われることと、白提灯が使われることです。 ただ、最近では新盆でも白提灯ではなく、普通の盆提灯を使う家庭が増えているそうです。 マンションなどの大掛かりな精霊棚を置くことが難しい家庭では、お部屋に合わせた飾りをすることが多いです。 迎え火・送り火などは、マンションの火災報知器が作動してしまうことがあるので、代わりとしてベランダで提灯をささげるなどするご家庭もあるようです。 飾りをするタイミングは、迎え火の前日という場合が一般的です。 新盆は普段のお盆とはあまり変わりがありませんが、亡くなられた家族の最初のお盆なので、正式な作法で執り行うことが大切です。 また、宗派に沿った初盆を迎えてあげましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では他に以下の記事を公開しています。 よかったらご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の