渡辺直美 白鳥。 『ピカル』復活求める声も

渡辺直美、“女芸人”枠を超越した存在に〜 “面白い”と“可愛い”を共存させた功績

渡辺直美 白鳥

昨年は女性タレント好感度ナンバーワンに輝き、現在もレギュラー数本を抱える超売れっ子。 業界での評判は上々。 「同世代や中高生の、特に女子から支持されていて数字(視聴率)を持っている。 ギャラが高くない上に、腰は低くて言われる通りに仕事をこなすし、体を張れる。 だから『渡辺直美を使いたい』と言う放送作家は多い」(制作会社社員) ところが、それはあくまで営業向けの顔。 一体どういうことか。 「今までに乗せた芸能人の中で最悪でした。 車に乗り込むと、目的地を告げたっきり、こちらから話し掛けても完全無視なんです。 それどころか、前の座席にぶっとい脚をドンと載せてふんぞり返っているんですよ。 体臭はしなかったと思いますが、車内はイヤ~な空気が漂いました」 極め付きは支払い時だ。 「何の断りもなく、一円玉を20枚も30枚も財布から出して支払いを済ませると、無言で降りていってしまうんです。

次の

渡辺直美はアメリカでなぜ好評?“芸”じゃない意外な注目ポイント<現地レポート>

渡辺直美 白鳥

動けるデブはリスペクト対象! 女性で動けるデブというのは相当珍しいのか、あのキレのある動きはかなり高い評価を得ています。 「あの動きどうなってんの?」「あの体型であそこまで動ける姿に勇気づけられた!」と関心は高いようです。 時代のファッションアイコンと言われてるのがわかる気がしますね。 おデブちゃんやのに踊れるしめっちゃ動ける。 直美さん自身「欲のままに生きるだけ」という自負を持っているらしく、あのアグレッシブなダンスは確かにそれを物語ってます。 最近ではワールドツアーも始まり全てソールドアウトするという人気ぶりです。 そのうちおデブダンス界のきゃりーぱみゅぱみゅと呼ばれるのも近いかもしれません。 よく読まれている記事ベスト10• かつて魔性の女と呼ばれいてた女優の葉月里緒奈さん。 葉月さんといえば、イチ... 6月20日にアクエリアスが進化し「アクエリアスウォーター」が全国一斉発売されます... 女性お笑い芸人の「キンタロー。 」さん。 そんな彼女の持ち味といえばズバリ、... 映画・千と千尋の神隠し序盤に登場する不気味なトンネル。 千尋の両親と途中立... 幽霊退治に挑む科学者達の奮闘ぶりを描いた懐かし映画「ゴーストバスターズ」... 元ヘビー級プロボクサーのマイクタイソン。 威圧感たっぷりな体格・パンチ力は... 年代問わずサザエさんと肩を並べる程国民的アニメの『ドラえもん』。 のび太は... マーベルコミックから突如出現した「デッドプール」。 告知ポスターにあるオネ... それ以上食べたらピザるよ! あなたも一度はこんなセリフを何処かで聞いたこと... 今や冬季オリンピックの人気種目にもなったスノーボード。 そうなったのは、バ... アーカイブ アーカイブ• カテゴリー カテゴリー.

次の

『ピカル』復活求める声も

渡辺直美 白鳥

動けるデブはリスペクト対象! 女性で動けるデブというのは相当珍しいのか、あのキレのある動きはかなり高い評価を得ています。 「あの動きどうなってんの?」「あの体型であそこまで動ける姿に勇気づけられた!」と関心は高いようです。 時代のファッションアイコンと言われてるのがわかる気がしますね。 おデブちゃんやのに踊れるしめっちゃ動ける。 直美さん自身「欲のままに生きるだけ」という自負を持っているらしく、あのアグレッシブなダンスは確かにそれを物語ってます。 最近ではワールドツアーも始まり全てソールドアウトするという人気ぶりです。 そのうちおデブダンス界のきゃりーぱみゅぱみゅと呼ばれるのも近いかもしれません。 よく読まれている記事ベスト10• かつて魔性の女と呼ばれいてた女優の葉月里緒奈さん。 葉月さんといえば、イチ... 6月20日にアクエリアスが進化し「アクエリアスウォーター」が全国一斉発売されます... 女性お笑い芸人の「キンタロー。 」さん。 そんな彼女の持ち味といえばズバリ、... 映画・千と千尋の神隠し序盤に登場する不気味なトンネル。 千尋の両親と途中立... 幽霊退治に挑む科学者達の奮闘ぶりを描いた懐かし映画「ゴーストバスターズ」... 元ヘビー級プロボクサーのマイクタイソン。 威圧感たっぷりな体格・パンチ力は... 年代問わずサザエさんと肩を並べる程国民的アニメの『ドラえもん』。 のび太は... マーベルコミックから突如出現した「デッドプール」。 告知ポスターにあるオネ... それ以上食べたらピザるよ! あなたも一度はこんなセリフを何処かで聞いたこと... 今や冬季オリンピックの人気種目にもなったスノーボード。 そうなったのは、バ... アーカイブ アーカイブ• カテゴリー カテゴリー.

次の