御霊前 金額 相場。 「御霊前」と「御仏前」金額と相場の違いを知っておこう

葬儀で渡す御霊前の相場はいくら?御霊前の書き方や包み方も解説!|終活ねっと

御霊前 金額 相場

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 香典とは? 香典とは、 お通夜や葬儀・葬式に参列する際に線香や抹香、花の代わりに霊前にお供えするお金のことです。 訃報を受け葬儀に参列する場合、通夜から参列するならば通夜のときに香典をお供えするのが一般的です。 通夜は亡くなられた当日の夕方に行われることもありますので、訃報を受けてから香典の準備をする時間を取ることが難しい場合もあります。 そんなときに慌てないためにも、あらかじめ香典の金額と相場を知っておけば、金額に悩むことはありません。 香典の金額と相場はいくら? 香典の金額は、亡くなった方と送る方の 間柄や 付き合いの深さ、 年齢、 立場によって変わります。 あくまでも目安ですが、一般的な相場をご紹介します。 自分の親への香典金額 自分の親への香典金額は、 50,000円~100,000円です。 親への香典は金額以前に、包むか包まないかということも悩む点です。 例えば、葬儀費用を負担する場合は、香典を包む必要はありません。 また、自分が施主を務める場合も香典を包む必要はありません。 喪主以外、または 葬儀費用を負担しないのであれば 香典を包む必要があると思っておきましょう。 自分の祖父母への香典金額 自分の祖父母への香典金額は、 10,000円~30,000円です。 祖父母への香典は、自分がまだ両親に扶養されている立場ならば包まなくても良いとされています。 同居していた祖父母であっても、社会人であれば香典を準備しましょう。 独立し結婚をしているのならば、孫夫婦からという形で連名の香典を包む場合もあります。 祖父母へは現金の香典だけでなく、をすることもあります。 自分の兄弟姉妹への香典金額 自分の兄弟姉妹への香典金額は 30,000円~50,000円です。 他の兄弟や姉妹が居る場合は、相談をして決めましょう。 配偶者の親への香典金額 配偶者の親への香典金額は、 50,000円~100,000円です。 同居の有無に関わらず、自分の親と同額を包みます。 配偶者の祖父母への香典金額 配偶者の祖父母への香典金額は、 10,000円~30,000円です。 自分の祖父母への香典金額と同額を包みます。 配偶者の兄弟姉妹への香典金額 配偶者の兄弟姉妹への香典金額は 30,000円~50,000円です。 自分の兄弟姉妹への香典金額と同額を包みます。 親戚のおじ・おばへの香典金額 親戚のおじやおばへの香典金額は、 10,000円~20,000円です。 生前に親しい間柄であった場合を除いては、 年齢に関係なく10,000円とする場合が多いようです。 近くない親戚への香典金額 従兄弟などの近くない親戚への香典金額は、 5,000円~10,000円です。 おじやおばと同様に、生前に親しい間柄であったかどうかで金額を決めましょう。 遠くに住む親戚の場合は、通夜や葬儀には参列できないこともあるでしょう。 そのときは、を打ち、香典をします。 または供花であれば離れた場所からでも斎場へ届けてもらうように手配ができます。 友人・知人への香典金額 友人や知人への香典金額は、 3,000円~10,000円です。 ごく親しい親友ならば10,000円、そうでない場合は3,000円または5,000円が一般的です。 友人・知人の親への香典金額 友人や知人の親への香典金額は、 3,000円~10,000円です。 ごく親しい親友の親ならば10,000円、そうでない場合は 3,000円または 5,000円が一般的です。 友人や知人の親との面識の有無にもよります。 ご近所の方への香典金額 ご近所の方への香典金額は、 3,000円~5,000円です。 地域や町内会などのしきたりで決まっていることもあるため確認しましょう。 上司や上司の家族への香典金額 上司への香典金額は、 5,000円~10,000円、上司の家族への香典金額は、 5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 部下や部下の家族への香典金額 部下や部下の家族への香典金額は、 5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 気をつけなければならないのは、 上司よりも高い金額を包まないということです。 同僚や同僚の家族への香典金額 同僚への香典金額は、 5,000円、同僚の家族への香典金額は、 3,000円~5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 こちらも同様に気をつけなければならないのは、 上司よりも高い金額を包まないことです。 元上司への香典金額 元上司への香典金額は、 5,000円です。 気をつけなければならないのは、 現在の上司よりも高い金額を包まないことです。 個人で香典を包まずに連名にする場合もありますので、会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めたほうが良いでしょう。 香典の入れ方のマナー 香典には金額に加えて入れ方に関するマナーもあります。 細かい部分もありますが、大切なことなのでしっかりと確認をしておきましょう。 香典金額が多いのは失礼? 香典にはもともと故人を経済的に助けるという意味もありますが、香典の金額は多ければ多いほど良いというわけではありません。 香典の金額が多すぎるのは失礼にあたります。 これは、いずれ参列してくださった側に葬儀があったときに、遺族は同程度の金額を香典として返す必要があるからです。 香典に偶数の付く数字は避ける 結婚式などの慶事の祝儀と同様に、香典にも偶数の付く数字は避けるという考えがあります。 偶数は割り切れる数字のため、「 縁が切れる」や「 故人とこの世のつながりが切れてしまう」ということを連想させてしまうからです。 奇数の金額であって お札の枚数が偶数になることも避けましょう。 例えば、10,000円を10,000円札ではなく5,000円札2枚で準備することです。 また、奇数だとしても「 9」は「 苦」を連想させるため避けましょう。 香典の金額をどうしても20,000円にしたい場合は、「御霊前」と「御供」と言うように、2つの異なる表書きの香典を準備します。 それぞれの香典袋に10,000円ずつ入れることで、お札が2枚になることを防ぎます。 5,000円を包む場合、1,000円札が5枚ならば奇数なので何の問題も無いのですが、遺族が後から数えやすいように5,000円札1枚にまとめましょう。 このことは連名で香典を準備する際にも同じことが言えます。 連名の場合は、香典を集金することになるため、お札が複数枚になります。 お札が複数枚になることや違う種類の御札が混ざることも数えにくく遺族側の手間となってしまうため、 できる限りまとめて入れるようにします。 香典に新札はなるべく使わない 結婚式などの慶事では新札を使用することが常識ですが、通夜や葬儀などの仏事に持参する香典に使用するお札は 新札を使用するのは良くないこととされています。 新札を香典に使用すると、「 事前に用意をしていた」や「 訃報を予知していた」という印象を与えてしまうからです。 手元に新札しか無い場合は、あらかじめ折り目を付けてから使用します。 新札は良くありませんが、シワや折り目がたくさんついていたり、敗れていたりする ボロボロの傷んだお札も良くありません。 お札を入れる向き 不祝儀袋にお札を入れるときの向きは、一般的には お札の肖像画が印刷されている側を裏側にして、さらに 肖像画が下にくるようにします。 お札が複数枚になるときは、 お札の向きを揃えておくことがマナーです。 中袋・中包みの書き方 不祝儀袋には、 薄墨の筆や筆ペンを使用して表書きをすることがマナーです。 薄墨を使用するのは、 故人に対しての悲しみを表しています。 中袋や中包に金額や住所を記入する際には、筆や筆ペンではなく黒いペンでも構いません。 中袋や中包には、入れた金額を 漢数字で書きます。 数字は 大字 だいじ を使用します。 大字 だいじ とは、漢数字が書き換えられてしまわないように使われる漢字で、会計や登記、戸籍など改ざんされないように使用することが法律で定められています。 大字 だいじ は普段使用する漢数字ではないため、書き間違えしないようにしっかりと確認しながら書きましょう。 漢数字 大字 1 壱 3 参 5 伍 10 拾 千 阡 万 萬 中袋や中包には、金額の他にも住所と氏名を書きます。 中袋に住所と氏名欄が印刷されている場合は、その欄を利用しましょう。 即日の香典返しのことも考慮する 香典返しは即日に渡すことが一般的になりつつあります。 即日の香典返しには、香典の半分程度の額の物品が用意されていることが一般的です。 多くの場合は 5,000円の香典を想定し、 2,000円から3,000円の香典返しが準備されています。 それ以外にも、通夜振る舞いとしての食事や受付で渡す返礼品も準備されています。 これらのことからも分かるように、遺族側が準備する参列者への香典返しや返礼品、通夜振る舞いからすると、 香典の金額は3,000円以下では金額が十分ではないと言うことになります。 もし、香典の金額が少なかったことに後から気が付いたとしても、 決して追加で香典を送ることはしてはいけません。 この行為は不幸が重なるという考えからマナー違反です。 香典を3,000円にした場合は、香典返しを辞退するのがマナーです。 香典を連名で送るときに気をつけたいマナー 友人や会社関係者の場合、香典は個人ではなく連名で送るときも多々あります。 連名と一言で言っても、ただ氏名を連ねれば良いと言うことではありません。 ここからは連名で香典を送るときに気をつけたいマナーをご紹介します。 遺族は参列者の記名で故人との関係性を把握している 遺族は香典返しや挨拶状を準備するにあたり、 故人と 参列者との 関係性を把握する必要があります。 しかし、遺族が故人と参列者との関係性を全て把握しているわけではありません。 遺族は、 参列者が受付で芳名帳に記載した内容や香典に書かれた内容をすり合わせることで、 故人との関係性を把握します。 香典はできる限り連名ではなく個人で用意する 香典は連名や「〇〇一同」として送ることもできますが、 できる限り連名ではなく個人で用意しましょう。 香典の表書きが連名で中袋に書かれている住所が代表者のみの場合、遺族は香典返しや挨拶状をどこに送れば良いのか悩んでしまいます。 遺族に配慮する意味でも、香典はできる限り連名ではなく個人で用意しましょう。 連名で送る場合の香典袋の書き方 やむを得ず連名で香典を送る場合、香典袋の表に書く 名前は 最大でも 3名までの連名とします。 名前は右側から目上の順です。 場合によっては五十音順で書くこともあります。 忘れてはいけないことは、連名にした全員の 住所と 氏名を書いた メモを香典袋に入れておくということです。 「〇〇一同」として香典を送る場合でも、個人の名前を別途記名 「〇〇一同」として香典を送る場合は、代表者の住所と氏名を中袋に書き、さらに全員分の氏名を書いたメモを香典袋に入れておきます。 「〇〇一同」で送る場合は、中袋に住所と氏名を書いた代表者の元に香典返しが届きます。 まとめ 突然の訃報を受けて、いろいろと慌てることも多いかもしれません。 初めてのことならば尚更でしょう。 仏事は昔からのしきたりなどもあり、マナーが難しいと思うことも多いと思います。 しかし、いざというときに恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりと香典に関するマナーを身に付けて備えておきましょう。 関連記事 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

お葬式と法事で違う?香典の金額相場を知ろう

御霊前 金額 相場

香典はもともと、どのような意味を持っているのでしょうか。 香典は、 故人に供える金品のことです。 昔は、お線香や食料をお供えしていましたが、近年ではお金を包むようになりました。 急な葬儀で費用がかかることへの、 相互扶助という役割もあります。 御霊前とは 御霊前はそのまま霊の前という意味です。 仏教において、 四十九日までは霊の状態にあるという教えがあります。 そのため、四十九日までに霊前にお供えする香典などの金品の表書きには 御霊前を用います。 御仏前との違い 御霊前と似た言葉で 御仏前がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。 仏教において四十九日を過ぎると、故人は今まで霊であったのが成仏して仏になると考えられています。 つまり、御仏前とは 仏に香典などをお供えするときに用いられる言葉になります。 香典を渡す時期によって、 四十九日までは御霊前、四十九日より後では御仏前となります。 この考え方は、仏教の教えによるものですので仏式の葬儀や法要ではこのような使い分けになります。 宗教や、同じ仏教でも宗派によっては、使い方に違いがあります。 御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 葬儀で渡す御霊前ですが、いくらぐらい渡すべきなのか悩むこともあるかと思います。 故人との関係や自分の年齢でも違ってきますので、難しいですね。 ここでは故人との関係別に 金額の相場を紹介していきます。 故人が祖母・祖父の場合 故人が 祖母・祖父の場合の金額は自分の年齢でも変わってきます。 自分が20代であれば 1万円、30代で 1万円~3万円、40代以上で 3万円~5万円と言われています。 孫がまだ小さく親から扶養されている場合は、御霊前を包まないことが多いようです。 自分以外にも同年代の孫がいる場合は、相談して金額をあわせるのもいいかと思います。 叔父・伯母の場合 故人が叔父・叔母の場合は相場としては 1万円~3万円が相場のようです。 1万円を包む場合が多いようですが、生前関係が深かった場合などは変わってきます。 生前の関係によっては、30代では 1万円~2万円、40代では 1万円~3万円包むこともあるようです。 友人・知人の場合 故人が友人・知人の場合の相場は 5000円~1万円となります。 自分が20代であれば5000円が多く、それ以上の年齢であれば1万円包む場合も多いようです。 友人との 付き合いの深さによっても、金額は変わってくるかと思います。 友人同士でお金を出し合って、連名で包む場合もあるようです。 友人の両親の場合は、面識があるかにもよりますが、 3000円~1万円が相場となるようです。 これは、恩師や近所の方などの場合も相場は同じです。 会社関係者の場合 会社関係者とは言っても、上司や同僚で違いはあるのかも気になりますね。 故人が上司の場合、相場は 5000円~1万円となります。 自分が20代でしたら5000円、30代でしたら5000円~1万円、40代以上でしたら1万円包むことが多いようです。 上司の家族の場合は、 3000円~1万円が相場となります。 自分が20代であれば3000円~5000円、30代でしたら3000円~1万円、40代以上でしたら5000円~1万円包むことが多いようです。 故人が同僚の場合も、相場は5000円~1万円となり、家族の場合は3000円~1万円が相場となります。 年齢別の考え方も、上司の場合と同様で大丈夫です。 あくまで相場ですので、 故人との関係の深さによって金額も変わってきます。 また、職場の方と相談して包む金額を揃えたほうがいい場合もあります。 会社関係者への御霊前は、個人で包む場合と連名で包む場合があります。 会社関係者だけでなく全ての関係において言えることですが、 お相手の方から香典を以前頂いている場合は、その金額も参考にしましょう。 葬儀で渡す御霊前の書き方 次に、葬儀で渡す 御霊前の書き方について解説していきます。 宗教による違いや、書き方の注意点もありますので、御霊前を書く時の参考にして頂ければと思います。 表書き 香典の表書きは宗教や宗派によって異なってしまうため、先方の宗派を事前に確認してそれに合わせて書くようにします。 宗教が分からない場合は、 どんな宗教でも用いることが出来るとされている御霊前とします。 次から、 宗教ごとの表書きについて紹介していきます。 仏式 仏式での葬儀では、表書きは 御霊前となります。 その他にも、「御香料」「御香典」などと書く場合もあります。 宗教問わず使うことが出来ると言われている「御霊前」ですが、 浄土真宗や真宗大谷派等の真宗の葬儀では御霊前は使えません。 真宗では 真宗では亡くなるとすぐに浄土に召され、仏になると考えられています。 そのため、霊という考え方がありません。 「御霊前」は使わず、お通夜、葬儀どちらも「御仏前」となります。 不祝儀袋の水引は、 白黒や双銀で結び切りのものを用意しましょう。 また、蓮の花の絵が描かれた香典袋をみかけたことがあるかと思います。 これは、仏式用ですので他の宗教の場合は使うことが出来ません。 誤って使わないように気を付けましょう。 神式 神式ではお香は使わないため、お香典と呼ばず 玉串料 たまぐしりょう と言います。 表書きは「御玉串料」「御榊料」や「御霊前」となります。 不祝儀袋は 無地で白黒や双銀の水引きのものを使いましょう。 キリスト教式 キリスト教式でも、お香典と呼ばず 御花料 おはなりょう と言うのが一般的です。 キリスト教式での表書きは基本的に「御霊前」ではなく「御花料」とします。 カトリックの場合は御霊前を使うことが出来ます。 ただし、キリスト教でもプロテスタントの場合は、御霊前は使えないと言われています。 カトリックの場合は他にも 御ミサ料、献花料を使います。 プロテスタントでは他には 忌慰料、献花料を使います。 百合の花や十字架の絵が描かれた不祝儀袋は、キリスト教式用のものです。 白無地の封筒か、百合の花や十字架の絵が描かれた不祝儀袋を用意しましょう。 水引のないものを使うのが一般的です。 しかし、水引のあるものを使う場合は白黒や双銀の水引きのものであれば失礼にはあたらないようです。 名前の書き方 不祝儀袋の下段には フルネームで会葬者の名前を書きましょう。 夫婦の場合は、夫の氏名だけでも大丈夫です。 故人と親交が深く連名で書く場合は、中心に夫のフルネーム書き、左横に妻の下の名前だけを書きましょう。 夫がお通夜や葬儀に出られず、妻が代理で行かれる場合は夫の名前の左下に「内」を小さく書き添えましょう。 例えば、〇〇〇〇内というようになります。 会社として葬儀に出る場合は、右側に会社名を書き、中心に役職と名前を書きましょう。 会社の上司の代理として行かれる場合は、上司の名前の下に「代」を小さく書き添えましょう。 例えば、〇〇〇〇代というようになります。 2~3人で包む場合は連名で書きます。 中心に目上の方の名前を書き、左側に他の方の名前を書きましょう。 それ以上の人数であれば代表者の名前を書き、名前の左下に「他一同」というように書きます。 そのときには別で白い紙を用意して、住所、氏名、金額などの連名の詳細を記入します。 薄墨で書く? 御霊前は 薄墨で書くというイメージをお持ちの方は多いかと思います。 では、何故薄墨で書くのかご存知でしょうか? 昔は今のように筆ペンなどはありませんでしたので、墨をすって文字を書いていました。 そのため、「硯に涙が落ち墨が薄くなってしまった」や「突然のことで濃く墨をする時間がなく薄墨で書いた」などの意味があり、 御霊前は薄墨で書くという習慣になったと言われています。 しかし、地域によっては薄墨で書くという習慣がない所もあるようです。 また、必ず薄墨で書かなければいけないということでもありませんので、ご自宅に用意のない場合は濃い墨で書いても大丈夫です。 とは言っても、昔からの習慣を大切にしている方も多いかと思います。 薄墨の筆ペンも市販されていますので、一本用意があると慌てずに済むのではないでしょうか。 市販の不祝儀袋には、すでに「御霊前」等が書かれているものも多いですね。 そのとき、濃い墨で書かれているものも多く見かけます。 その場合は名前を、 合わせて濃い墨で書いても、薄墨で書いてもどちらでも大丈夫です。 ちなみに、 葬儀以外の法要の際の香典は濃い墨で書きましょう。 葬儀と違い法要は事前に決まっていることや、「心を込めて墨をすった」ということを表すためにも濃い墨で書きます。 御霊前の包み方 御霊前の包み方についても解説していきます。 葬儀で失礼のないように、気をつけて頂ければと思います。 不祝儀袋に包む 御霊前は、もちろん 不祝儀袋に包んで持参します。 この時、先ほど解説しましたが先方の宗教にあった不祝儀袋を用意しましょう。 間違った不祝儀袋では大変失礼です。 また、慶事用の祝儀袋には「のし」がついていますが、不祝儀袋には「のし」はつきません。 不祝儀袋に包む金額次第では、不祝儀袋を変える必要があります。 不祝儀袋には、 封筒タイプのものと水引がはずせるタイプのものがあります。 金額が多い場合は、水引がはずせるタイプのものを選びましょう。 水引がはずせるタイプのものは、 包み方に決まりがあります。 弔事の場合、裏側は下を折ってから上を折りましょう。 逆に慶事の場合は、上を折ってから下を折りますので間違えないように気を付けましょう。 不祝儀袋に中包みがついている場合は、 お金を直接入れず中包みに包みます。 中包みには、金額を書きましょう。 中包みの金額をどこに書くかについては、地域により表面と裏面とどちらの説もあります。 市販のものでは金額を書く欄があるものもありますので、その場合はそちらに記入しましょう。 住所、氏名も忘れずに書きましょう。 金額を記入する時は、 旧字体を用いるのが正式とされています。 しかし、最近では略式や横書きのアラビア数字で書く場合も多いようです。 水引きの選び方 葬儀の際、 水引きは白黒や双銀のもので、結び切りのものを選びましょう。 地域によっては、黄白の水引のものも使われます。 宗教が分からない場合は、白無地で白黒や双銀の結び切りの不祝儀袋にしましょう。 結び切りは、一度結ぶとほどけないことから 繰り返さないでほしいことを表します。 そのため、葬儀で使用されます。 新札は使わない? 葬儀の際に包むお金に、 新札は使わないと昔から言われていますね。 これは、前もって用意していたという印象を与えてしまうためです。 しかし、 最近では新札でも良いという考え方があります。 なぜなら、最近では金融機関やATMですぐに新札の現金を用意出来るようになったためです。 とはいえ、やはりマナー違反に感じる方もいるとは思います。 気になる方で、 新札しかお手元にない場合は一度折り目をつけてから現金を包みましょう。 また、逆に使い古しでくしゃくしゃになったお札も、故人にお供えするものとしてはマナー違反になりますので気を付けましょう。 お金の入れ方 お札を入れるとき、お札の向きをどのようにして入れればいいのでしょうか? お札は、 人物の書いてあるほうが表になります。 また、金額が書いてあるほうが上で、人物の書いてあるほうが下になります。 香典袋に入れる場合は、袋の表に対し裏向きに、人物の書いてあるほうが下になるように入れます。 つまり、袋を裏向きにして開けた時にお札の表が上にくるように入れるのです。 しかし、お金の入れ方に関しては、地域によって違う場合もありますし、お札の向きに正式なマナーはないとも言われています。 お札の向きを気にしない場合も、 複数のお札を入れる場合は向きは揃えるようにしましょう。 御霊前を渡すタイミング 御霊前を渡すタイミングはいつが良いのでしょうか? これは地域によって違ってきます。 お通夜と葬儀どちらも出席する場合には、 お通夜の際に御霊前を渡す地域と葬儀の際に渡す地域とどちらもあります。 地域の風習に合わせましょう。 お通夜か葬儀のどちらかにのみ出席の場合には、参列した時に渡しましょう。 お通夜と葬儀どちらにも出席するからといって香典を何度も渡すのは、「不幸を繰り返す」などを連想させるため1回で渡すようにしましょう。 以下の記事では、香典を渡すタイミングについて詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧になって参考にしてみてください。 「御霊前」とは、仏教の教えに基づき四十九日までに霊前にお供えする香典などの金品の表書きに用いる言葉で、四十九日以降は「御仏前」となる。 御霊前の相場は、故人が祖母・祖父の場合は1万円~5万円、故人が叔父・叔母の場合は1万円~3万円、故人が友人・知人の場合は5000円~1万円、故人が上司や同僚の場合は5000円~1万円である。 また、金額は自分の年齢や故人との関係の深さによっても変わってくる。 どんな宗教でも、不祝儀袋の表書きとして用いることが出来るとされている「御霊前」だが、例外もある。 神式では「御玉串料」、キリスト教式では「御花料」なども用いる。 下段にはフルネームで会葬者の名前を書く。 葬儀で渡す不祝儀袋を薄墨で書くのは、昔からの習慣である。 御霊前は、先方の宗教に合わせた不祝儀袋に包んで持参する。 最近では新札でも良いという考え方もあるが、気になる場合は一度折り目をつけてから現金を包む。 御霊前の相場について解説してきましたが、故人との関係や自分の年齢によっても相場は変わってくることが分かりました。 また、宗教によっても表書きや不祝儀袋に違いがありました。 最後のお別れの場に持参するものですので、故人やご遺族に対して失礼のないようにしたいものです。 ぜひ、御霊前についてお悩みの方は参考にして頂ければと思います。 他にも「終活ねっと」では、葬儀やお墓に関する記事を多数紹介しています。 以下の記事では、葬儀にかかる費用について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧になって参考にしてみてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

お葬式と法事で違う?香典の金額相場を知ろう

御霊前 金額 相場

・御霊前と御仏前の違いは? ・お通夜・四十九日・一周忌・お彼岸・お盆はどっち? ・お通夜・四十九日・一周忌・お彼岸・お盆の御香典の金額相場は? ・御霊前や御仏前の封筒や書き方は? Sponsored Link 御霊前と御仏前の違いは? 御霊前を使う時は? お通夜や告別式のときなどは、 多くの宗教で使うことができるので「御霊前」としておくと間違いないとよく言われます。 確かに殆どの仏教の宗派で使います。 神道やキリスト教でも「御霊前」を使うことができます。 ただし浄土真宗や真宗ではお通夜や葬儀、告別式の時は御仏前を使います。 事前に浄土真宗・真宗であることがわかっている場合は「御仏前」を用意しましょう。 御仏前 仏教の考え方が関わってくるのですが、 亡くなってから49日間は「霊」として存在していて49日になると「霊」から「仏」となるといわれています。 これが成仏と言われているものですね。 ですから 「霊」でいる四十九日の法要までは「御霊前」となり、その後は「御仏前」となるわけです。 浄土真宗や真宗には既得往生の教えというのがあって、そのため「霊」という概念がありません。 そのため お通夜から始まる全ての儀式に置いては「御仏前」となるわけです。 お通夜・四十九日・一周忌・お彼岸・お盆はどっち? 上記の仏教の考え方から言いますと お通夜・四十九日は 「御霊前」、一周忌・お彼岸・お盆については 「御仏前」となります。 浄土真宗、真宗などはお通夜・四十九日・一周忌・お彼岸・お盆はすべて「御仏前」となります。 Sponsored Link お通夜・四十九日・一周忌・お彼岸・お盆のお香典の金額相場は? それではそれぞれの儀式に置いての、 お香典の金額の相場について調べてみることにしましょう。 お通夜(御霊前) 両親 1万円~10万円(10万円を用意する人はおもに40代以上の方に多く見られます。 ) 親戚 1万円~5万円(兄弟の方は3万円~5万円が相場となっているようです) 知人・友人・会社の関係者 5,000円~1万円 知人や友人などは関係の深さによって金額を考えると良いでしょう。 お彼岸(御仏前) お供えとして気持ちを包んで渡します。 大体3,000円~5,000円が相場となっています。 お盆(御仏前) 四十九日を過ぎてはじめてのお盆を迎える場合は、 5,000円~1万円が相場となっています。 普通のお盆でしたら5,000円が相場というところでしょう。 御霊前や御仏前の封筒や書き方は? それでは 「御霊前」や「御仏前」を用意する時の書き方などについて調べていきたいと思います。 用意するのは黒白、または双銀の水引で結びきりという形の不祝儀袋になります。

次の