ハロウィン お菓子 レシピ。 ハロウィンパーティー料理~マネしたくなる!おもしろアイデア料理&かわいいハロウィンスイーツ(お菓子)

ハロウィンお菓子かぼちゃを使って簡単で可愛く作れるレシピ10選

ハロウィン お菓子 レシピ

ハロウィンといえば! 秋暮れにやってくる、ちょっぴりミステリアスでエンターテインメント感満載のお祭り。 そんなハロウィンをあなたはどのように過ごしますか? 最近ではホームパーティーをしたり、仮装パーティーやイベントを楽しんでいる人が多いですよね。 インスタで「ハロウィン」と検索すると、ハロウィンの飾り付けや個性あふれるレシピが多くアップされています。 2016年にはハロウィンの市場規模がバレンタインを超え、なんとクリスマスに次ぐ大きなマーケットになったそう・・・! その額は1,300億円以上・・・! すごいですね! そんな大きなイベントとなったハロウィン。 私も今年はホームパーティーにチャレンジしたいな!でも、ホムパとなるとレシピにこだわらないといけないし、インスタ映えするレシピって難しそう・・・。 そう思っている人も多いのではないでしょうか。 ハロウィンパーティーで話のネタにしたくなる雑学3つ ハロウィンといえば、カボチャのお化けや仮装をするお祭り。 でも、そもそも何のお祭りか知っていますか? ここからは、ハロウィンパーティーをもっと楽しむために知っておきたい雑学を3つお教えします! 1、ハロウィンの起源は、古代ケルト人の一年の終わりを祝うお祭り ハロウィンって、クリスマスのように、キリスト教のお祭りとかかな?と思っていませんか? キリスト教がまったく関係ないというわけではないのですが、勘違いする人がいないように、ハロウィンの起源についてしっかり知っておきましょう。 実はハロウィンは、「古代ケルト人」にとって大切な日をルーツにもつお祭り。 その日は、日本でいう大晦日とお盆のようなものでした。 古代ケルト人は、大昔、イギリスなど広くヨーロッパに住んでいたひとびと。 彼らにとっての1年の終わりは「10月31日」でした。 その日は先祖の霊が帰ってくるだけでなく、悪い霊や魔女も地上に降りてくる。 その悪い霊たちにさらわれないように、お化けの恰好をしてお化けたちを惑わせたり、魔除けとしてろうそくや焚火を身を守ろうというのが、お化けの仮装やカボチャの灯りの由来なんです。 また、先祖の霊を供養するとともに、秋の収穫をお祝いする意味もありました。 そんな風習が、長い歴史の中でヨーロッパやアメリカに伝わっていき、今では世界中のいたるところで、家族や友人と楽しむ年中行事として定着しました。 2、ハロウィンのテーマカラー、オレンジは「収穫」「太陽」を表す ハロウィンのカラーといえば オレンジを筆頭に、 紫や 黒、 白ですね。 なぜオレンジがハロウィンのテーマカラーなのでしょうか? その理由は、さきほどお話したように、ハロウィンには秋の収穫をお祝いする意味があるから。 つまり、オレンジは収穫や太陽のイメージカラーなんですね。 その一方で、紫や黒、白は魔女やお化けのイメージカラーです。 3、ハロウィンの象徴、怖い顔のくり抜いたカボチャ。 もともとはカブだった! ハロウィンの象徴である、怖い顔のカボチャ。 カボチャをくり抜いて顔を作り、中に明かりを灯す 『ジャック・オー・ランタン』は日本でも有名です。 ジャック・オー・ランタンは、スコットランドやアイルランドに伝わる民話にでてくる「ジャックという少年の作ったランタン(提灯のようなもの)」が由来です。 そのお話では、ジャック・オー・ランタンはカボチャではなくカブで作られているんです。 スコットランドやアイルランドのカブは、日本のカブと違って、カボチャ並みに大きいんですね。 なぜカボチャになったのかというと、ハロウィンの風習がアメリカに伝わったときに、アメリカでは当時カブになじみがなかったため、形や大きさが似ていてなじみのあるカボチャで作ってしまおう!ということでいまに至るのだそう。 ここまでハロウィンの雑学を少しだけ紹介しました。 ハロウィンやジャック・オー・ランタンの起源は諸説ありますが、子供たちに聞かれたときに答えられるよう、調べておくのもいいかもしれませんね。 ハロウィンを料理とワインで盛り上げるためのコツ4つ ハロウィンパーティーを家でしたくても、カボチャを切り抜くのは大変そうだし、お料理も何を作ったらいいかわからない・・・と思ってしまいますよね。 でも、日本でもハロウィンのイベントが流行っているので、ハロウィンパーティーを気軽に開けるような便利な雑貨がたくさんあるんです。 そんな雑貨を使えば、「大変そう」と思っていたハロウィン料理も意外と簡単にできちゃうんですよ。 また、大人が楽しむホームパーティーではワインがつきもの。 見た目にもハロウィンらしいワインを揃えれば、飾りつけのようにハロウィン気分の演出に一役かってくしてくれること間違いなし。 今回編集部で考えた、ハロウィンパーティーを盛り上げてくれる、料理とワインのコツを紹介します。 【レシピ】型抜きアイテムをどんどん使う• 【レシピ】いつものレシピでもひと手間でいっきにハロウィンぽく!• 【ワイン】ポスカでワインボトルをデコる• 【ワイン】ハロウィンカラーのワインを選ぶ 1、型抜きアイテムをどんどん使う 海苔やチーズの型抜きを使えば、手で食材を触るのも最小限で済むので、衛生的です。 失敗することもほぼナシで、とっても簡単にハロウィンぽい見ためにすることができます。 Amazonでも、こんなハロウィン専用の型抜きが手軽な値段で手に入ります。 これひとつあれば、ハロウィン顔のいろいろなお料理が一瞬でできますよ! 後半でこれを使ったレシピのひとつを紹介しているので、チェックしてくださいね。 2、いつものレシピもひと手間でいっきにハロウィンぽく! 唐揚げやサラダ、パプリカの肉詰めなど、家庭料理としてなじみのあるレシピでも、工夫ひとつでハロウィンレシピに早変わり! パプリカの肉詰めは定番レシピにケチャップで顔を描いただけですが、雰囲気が出ます。 ケチャップで顔をうまく描くには、ちょっとした工夫があるのですが、後半でレシピとともに紹介しますね。 3、ワインボトルをデコる ワインボトルをデコってホムパやイベントを盛り上げるのは、美味しいワインでは実は定番のコツです(笑) 黒いワインボトルをデコると、ハロウィンぽい飾り付けにひと役かってくれます。 黒くてマットで描きやすい定番のフレシネを、ポスカとキラキラのシールでデコってみました。 黒いワインボトルなら基本的にどんなものでもデコれます。 フレシネのボトルがデコレーションに向いているのは、えんぴつで下書きが出来て、後から消せるところです(^^) 4、ハロウィンカラーのワインを選ぶ ハロウィンカラーのワインをテーブルに揃えれば、飾り付けが他になくても立派なハロウィン気分を演出してくれるインテリアにも! 面積が大きいので映えますし、ぱっと雰囲気が変わります。 ハロウィンカラーといえばオレンジ。 赤ワインの黒っぽいボトルにオレンジのラベルのワインは実は結構あります。 ハロウィンカラーのワインを編集部でも探してみたので、参考にしてみてくださいね。 また、9月後半に入ると、年中あるワインでも 「ハロウィン限定デザインのラベル」になる場合があります。 店頭でハロウィン限定デザインのワインはありますか?と聞いてみましょう。 ハロウィンを盛り上げるレシピとハロウィンパーティーにぴったりのオススメワイン ハロウィンを盛り上げるレシピ10選 それではいよいよハロウィンレシピの紹介です。 どれもかわいくて、ハロウィンじゃなくても作りたくなってしまうかも・・・ 1、ハロウィンのケチャップライス スペインのスパークリングワインの代表格のひとつ。 レモンやシトラスといった柑橘系のスッキリとした香りがします。 泡立ちはとてもきめ細やかでクリーミー、辛口でキレのある酸味が特徴です。 ハロウィン風に手書きでデコってみました。 どのレシピも可愛くて簡単なので、ハロウィンでなくても作りたいレシピもありそうですね! ちなみに、ハロウィンに近づくと見かけるオレンジのカボチャは「オータムゴールド」という観賞用の品種です。 決して食べられないわけではないのですが、普段食べている緑や黒い皮のカボチャとは似ても似つかないお味です。 オレンジのカボチャは園芸のお店や、10月になると大手スーパーでも手に入り、1ヶ月くらいは観賞用として保ちます。 やわらかめなので、ジャック・オー・ランタンとして加工するのは意外とたやすいです。 レシピで紹介するカボチャグラタンなどにして美味しくいただくカボチャは、「坊ちゃんカボチャ」という小さなカボチャが特にオススメです。 秋になると八百屋さんにも並ぶので、探してみてくださいね。 お相手は広江でした。 See you!.

次の

ハロウィンパーティー料理~マネしたくなる!おもしろアイデア料理&かわいいハロウィンスイーツ(お菓子)

ハロウィン お菓子 レシピ

あずたまさん azutama1302 がシェアした投稿 - 2017 9月 14 10:34午後 PDT ホットケーキミックスで超簡単!「かぼちゃのソフトクッキー」 かぼちゃ、バター、ホットケーキミックスだけで作れるソフトタイプのクッキーです。 生地を作って冷凍しておけば、あとは焼くだけ!大量に作りたい人におすすめレシピです。 【2】室温に戻したバター80gを混ぜてクリーム状に混ぜ、ホットケーキミックス150gと、粗熱のとれた【1】のかぼちゃを加えます。 このとき、半分ずつ2回に分けて入れ、その都度さっくりと混ぜるのがポイントです。 【3】【2】の生地をクッキングシートで包んで冷凍します。 後でカットしやすいように棒状にしておきましょう。 かぼちゃと相性のいいチョコチップやシナモンなどをプラスしてもおいしいです! クッキー型でザクザク焼ける!「ハロウィン3色クッキー」 nonさん nonno. 野菜パウダーやココアの自然な色と香ばしさの3色クッキーは、プレゼントにも最適です。 【作り方 各色約8枚分 】 【1】かぼちゃ・紫いものパウダーとココア10gずつを、それぞれ薄力粉70gとあわせてふるっておきます。 【2】室温に戻した無塩バター120gと粉糖60gをクリーム状に混ぜ、常温の溶き卵を数回に分けてよく混ぜながら加えましょう。 塩1gとバニラエッセンスを加えてさらに混ぜたら、3等分して、【1】の粉3種を加え、ヘラで切るように混ぜましょう!まとめた生地をラップに包み3時間ほど冷蔵庫で寝かせてください。 【3】【2】を約3mmの厚さに伸ばし、くっつかないように粉をつけたクッキー型で抜いて天板に並べます。 【作り方 10~12個分 】 【1】市販のバームクーヘン180gを細かく砕いてクリームチーズ80gを混ぜ合わせ、一口大の丸型・お化けの形などに整えたら冷蔵庫で約30分冷やして固めます。 【2】湯煎で溶かしたチョコレート90gにオリーブオイル サラダ油でもOK 小さじ1を混ぜ、スティックの先にチョコをつけてから【1】に刺し込みましょう。 【1】の部分をチョコにくぐらせて全体にまぶしたら、クッキングシートに並べて冷蔵庫で冷やして固めます。 【3】仕上げに違う色のチョコで顔を描いたら、かわいいお化けのポップの完成です!チョコの色を変えたり、固まる前にナッツをまぶしたり、自由なアレンジが楽しめます。 冷やすだけで簡単!ハロウィンの冷たいミニカップデザート ようこさん tano. yoko がシェアした投稿 - 2015 10月 18 3:18午後 PDT 蓋つきカップで大量保存も便利!ハロウィンの「かぼちゃとミルクのプリン」 温めた牛乳と材料を混ぜて冷やすだけでできるお手軽プリンです。 重ねて冷蔵庫に入る蓋つきのクリーンカップで大量に作っておけば、パーティーの冷たいデザートに大活躍! 【作り方 60ccクリーンカップ約10個分 】 <ミルクプリン> 牛乳250ccを沸騰しないように温め、取り分けた50ccで粉ゼラチン5gを溶かします。 残りの牛乳を入れてよく混ぜ、カップに入れて冷やし固めます。 <かぼちゃプリン> 皮と種を取り除いたかぼちゃ150gを電子レンジにかけて柔らかくします。 牛乳200ccを加えてよく混ぜたら、50ccのお湯で溶いたゼラチンを加えてさらに混ぜあわせて、カップに入れて冷蔵庫へ。 かぼちゃプリンでは、牛乳ではなく50ccのお湯でゼラチンを溶かして、後で加えるのがポイントです。 チョコペンでハロウィンのキャラクターを書いたり、クリームで飾ったりと、自由なトッピングでかわいく作りましょう! お菓子のお祭りともいえるハロウィンでは、凝った一品だけでなく、自由につまめるお菓子があるとワクワク度もアップします。

次の

ハロウィンパーティー料理~マネしたくなる!おもしろアイデア料理&かわいいハロウィンスイーツ(お菓子)

ハロウィン お菓子 レシピ

rosso8さん rosso128 がシェアした投稿 - 2017 7月 17 8:06午前 PDT 本場のハロウィンでは定番!キャベツ入りマッシュポテト「コルカノン」 ハロウィンの本場、アイルランドでよく食べられる「コルカノン」は、ケールやスプリングオニオン、チャイブなどの香草を混ぜたマッシュポテトで、家庭ごとにさまざまなレシピがあります。 ここでは、ケールをキャベツに、香草を万能ねぎにと、日本でも手に入りやすい素材で作ることができる手軽なレシピをご紹介します。 【作り方 2~3人分 】 【1】よく洗った皮つきのジャガイモ400g 約3個 を、塩水で皮ごと柔らかく茹でます。 【2】ざく切りにしたキャベツ120g 約3枚 は、耐熱皿にラップをかけて600Wのレンジで2分ほど加熱してください。 【3】【1】のジャガイモが柔らかく茹で上がったら、湯を捨てて熱いうちに皮をとって鍋に戻し、温めた牛乳40~50ccとバター20gを加えてなめらかなマッシュポテトにします。 【4】最後に【2】のキャベツを、水気を切って混ぜ合わせ、仕上げの塩、コショウで味を調えましょう。 小口切りにした万能ネギを散らして完成です。 アイルランドでは、温めたお皿に取り分けて、バターを添えて食べます。 コルカノンに指輪を隠しておく風習もあり、独身で当たった人は1年以内に結婚するという言い伝えもあるそうですよ。 作れないとお嫁にいけない!? ジャガイモのパンケーキ「ボクスティ」 ジャガイモ料理の宝庫といわれるアイルランドで、最も伝統的なパンケーキが「ボクスティ」です。 アイルランド語で「貧しい人を救うパン」という意味があり、ジャガイモを主食としてきた先祖の歴史を思いながらハロウィンに食べたのが始まりだそうです。 「ボクスティを作れないとお嫁にいけない」と言われるほど親しまれている家庭料理でもあります。 すりおろしたジャガイモとマッシュポテトを合わせて焼く、もちもち感とバターの香ばしさが特徴です。 【作り方 5~6人分 】 【1】ジャガイモ500g 約4個 の半分は皮つきのまま茹でて、熱いうちに皮をむいてマッシュポテトにします。 【2】残りのジャガイモは皮をむき、荒目のおろし金ですりおろして余分な水分を切っておきましょう。 【3】【1】、【2】のジャガイモ、小麦粉125g カップ1強 、牛乳250cc、レモン汁(または酢 大さじ1、ベーキングパウダー小さじ1、塩少々を混ぜ合わせた生地を、たっぷりのバターを溶かしたフライパンで両面こんがり焼けば完成です!香ばしいバターの香りが、ハロウィンのテーブルに広がります。 厳しい冬を告げるハロウィンにこそ食べたい!伝統のご馳走スイーツ! noa0824さん noa0824 がシェアした投稿 - 2016 10月 31 8:39午後 PDT ドライフルーツの甘みと、スパイスの香り!ハロウィン伝統の「バームブラック」 アイルランドでハロウィンの夜に食べる代表的なお菓子が「バームブラック」です。 伝統的なハロウィンディナーでは、「コルカイン」の後に「バームブラック」を食べていたそうです。 もともとイースト菓子ですが、手軽なベーキングパウダーを使って焼くレシピが本場でも一般的だそうです。 【作り方 約6人分 】 【1】大き目のボウルにレーズン100gと砂糖80gを濃い目の熱い紅茶に浸しておきます。 【2】粗熱のとれた【1】に溶き卵1個を加えてよく混ぜ合わせます。 【4】【3】をパウンドケーキ型に入れ、180度に予熱したオーブンで40分ほど焼いたら完成です。 本場のハロウィン風に、たっぷりバターを添えて、紅茶と一緒に頂きましょう。 ハロウィンがアメリカから伝わった日本では、「かぼちゃ」のイメージが強いですが、本場のアイルランドでは主食のジャガイモを使った伝統的な料理が息づいています。 今年のハロウィンは、本場の定番料理をメニューに加えてみてはいかがでしょうか? SNSでシェアして、みんなでハロウィンイベントに行こう!•

次の