ウェビング マップ。 マインドマップの書き方・描き方とは?初心者でも簡単に理解できる6つのルールを解説!

マインドマップのメリット

ウェビング マップ

長短所など自分のことを客観的に知る。 自分のやりたいことを見つける。 自分の適性(仕事や企業との)を明確にする。 これらの目的を達成するためには、やマインドマップを使って自己分析を行うのがおすすめです。 とは、中心にメインワードや大きなイメージがあり、その中心に関連する様々なキーワードが放射状につながり展開されていくのを図形化したものです。 アイデアを芋づる式に洗い出し、思考を関連的に整理するために使われます。 特に自己分析をする際には、マインドマップを使って、中心に自分、性格、趣味、成長、学業などを枝分かれで書き入れていくことで、より自分のことについて明確化することができます。 なぜマインドマップを使って自己分析を進めるのか、その理由には5つのメリットが挙げられます。 自分のことを一枚のマインドマップでまとめられ、一目で全体を把握することができる。 芋づる式の連想方法で思考を促し、分析を深めることができる。 無視しがちなポイントを見つけやすく、自己をより全体的に捉えることができる。 情報の関連性を明らかにし、効果的な分析に役立つ。 就職活動だけではなく、自己紹介をしたり、人生計画を立てたりする際にも活用できる。 Chapter2:マインドマップを活用した自己分析の進め方 では、就職活動において自己PR、自分を目立たせるための自己分析はどうのように行うとよいのでしょうか。 以下では、マインドマップを活用した自己分析の方法について4つのステップで説明していきます。 写真、イラスト、お名前、「自己」という単語でもかまいません。 思い出してきた内容を一気に書き入れてください。 これらの強みと弱みをそれぞれの項目の枝分かれに記入し、色付けして見やすくするのがおすすめです。 例えば、性格における長所が「やりたいことに欠かせないこと」であれば、その2つのポイントの間に関連線をつけてつなぎます。 これらを関連付けておくことで、志望する仕事に対し自己PRできるポイントや、面接時に「なぜ」と質問された際にすぐに明確に答えられるようになります。 Chapter3:実際にマインドマップを活用し、自己分析を始めよう! では早速、MindMasterソフトを以下よりダウンロードし、自己分析マインドマップを書いていきましょう。 使い方が習得できれば、マインドマップは就職活動での自己PRや面接にうまく対応できるようになるだけでなく、自分の人生をしっかり楽しんで生きていくためのヒントにもなります。 自己分析に行き詰まっている人はぜひこのマインドマップを試してみてください。

次の

KJ法・マインドマップ・イメージマップ・ウェビングを授業で活用

ウェビング マップ

第10回 課題設定・追究の工夫 …ウェビングの手法を用いて… 進研ニュース 2002.07 総合的学習の手法 ステップアップの工夫とヒント 第10回 課題設定・追究の工夫 …ウェビングの手法を用いて… 興味の中心と課題追究の見通しを一枚の紙の上で確認することで、 追究活動でのつまずきを回避! 「総合的な学習の時間」 以下、総合的学習 において多く取り入れられている課題追究型の学び。 しかし、一度設定した課題がなかなか深まらなかったり、設定自体でつまずいてしまったりすることもあるという。 どうすれば、生徒が興味を持って、ある程度の期間追究することができる課題が設定できるのか。 そこで、課題設定・追究について興味深い取り組みをしている静岡大学教育学部附属浜松中学校をレポートする。 年度当初のガイダンスで、まず「なんのために学ぶのか」を明確に 静岡大学教育学部附属浜松中学校では、「学びの総合化・融合化」が「生きる力」をはぐくむものだととらえ、各教科と総合的学習を互いに機能し合わせて、「課題追究」に重点をおいた実践に取り組んでいる。 2001年10月まで研究部長を務めた小笠原卓也先生はこう話す。 「本校で大事にしているのは、『なんのために学ぶのか』という学びの意義です。 それを生徒たちに徹底するために、まず、なんのためにどういう学びをするのかというガイダンスを年度初めに行います。 そこで、『総合的学習は、教科で学ぶことを総合化・融合化する、体験的に、五感を通じて学ぶ学習なんだ』ということを明確にします」 3年間の共通テーマとして設定されているのは、「もの・こと・生命のかかわりあいを探り、自己の生き方について考えよう」というものだ。 「課題追究型の学習のポイントになるのは、やはり、いかに課題を立てさせるかですね。 そこで、教師の願いにもとづき大きな方向性を示すのが共通テーマです。 それを納得、実感させる、その気にさせることから始まります。 共通テーマというのは要するに狙いなんですね。 その学習で何を目指すのかということを教師自身がちゃんと分析して持っていることが重要です。 それがないと、『なんでもあり』になってしまいますから」(小笠原先生) 総合的学習の基礎的スキルとして、「ウェビング」の手法を学ぶ このガイダンスのあと、総合的学習の基礎・基本を学ぶための講座が開かれる。 「聞き方・話し方」「電話のかけ方」「インターネット活用法」などだ。 耳慣れない言葉だと思うかもしれないが、「ウェビング」も、こうした講座で学ぶ基礎・基本の1つ。 ウェビングの「ウェブ」とはクモの巣という意味。 ちょうどクモが巣を作るように1つのキーワードからつながりのあることがらをつなげたり、調べたいことをキーワードとしてその解決のために必要な事柄や方策を考えてつなげたりして、網のように広げていく手法のことを言う。 大きくくくれば発想法・思考法の技術であり、作業プロセスのなかで子どもたちが主体的に課題をつくっていけるような、そんな流れを支援するものだ(下図参照)。 共通テーマを提示し、ウェビングの手法を生かして課題設定 実際に「ウェビング」手法を用いて課題設定をしていくときも、初めての経験なので、一から課題をつくることは難しい。 そこで、「身近な地域で私たちの生活を支えているものを探ろう」という共通テーマを教師側が提示。 ここでは、ある程度身近でイメージしやすいものをうまく与えるのがポイントだ。 「まず、共通テーマにかかわる材料探しから始まります。 『生活を支えているもの』と言えば『産業だ』『水道だ』など自由に連想してどんどんネタを生徒たちは出します。 次に、それを黒板に書き出します。 このとき、教師がある程度のカテゴリーに分類します。 大まかにどのあたりに自分の興味があるのかを自覚させるのです。 その後、各自が第1回目のウェビングをかけます。 関連あるものをどんどんつなげていくんですね。 つながり探しということになりますか。 こうしてでき上がったものがイメージマップとなります」(小笠原先生) 図示することで自分の関心の中心がわかり、共通テーマに至る方法をイメージできる 最初はとまどいもあるが、先輩の実例を見せたりしているうちにやり方がつかめるようだ。 やがて子どもたちは夢中になる。 思わぬものにつながっていく意外性、自分で考えて作業していくなかで新しい関係を発見する新鮮さ。 頭の中だけでは描けないような広い世界、全体像が見えてくる。 時間をかけただけ手応えのあるものになる。 こうしてできたイメージマップを生徒同士で見せ合って、お互い思いついたものを付け加えていくこともある。 「それを見ながら自分のテーマを決めます。 だいたいつながりの中心になっているものが興味の中心ですので、それを真ん中において、2回目のウェビングをかけます。 ここではつながりだけではなくて、自分のテーマに迫るための方法もあればどんどん書いてつなげなさいと指導します。 そうすると、追究計画の見通しが、ある程度持てるようになるんですね」 すぐに追究が終わってしまうような危険がある課題や、見通しを持てないような課題を設定する危険が少なくなり、また、教師側にもその生徒のしたいことが一目瞭然になるという利点があるという。 いろいろなものを「つなげる」意識が芽生えることも利点の1つ 同校は、総合的学習だけでなく、各教科の課題追究型の学習においても「ウェビング」の手法を取り入れている。 こうして何度も繰り返し行うことにより、次第に「もの」と「もの」、または「もの」と「ひと」、「ひと」と「ひと」を結びつけて考えることができるようになり、同校が目指す「もの・こと・生命のかかわりあいを探り、…」という共通テーマへ戻っていくことにもなるという。 「ウェビング」を丸々実践に取り入れなくとも、そのなかの意識・課題設定の際に気をつけているポイントなどは、他校の取り組みに応用できそうだ。 2014 All rights reserved.

次の

無料マインドマップ作成ソフト一覧

ウェビング マップ

概要 [ ] 描き方は、表現したい概念の中心となるやを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。 思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 imagination と連想 association を用いて思考を展開する。 この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされる。 人間の脳の「」と呼ばれる意味記憶の構造( ()、M・ロス・キリアン〈M. Ross Quillian〉ら)によく適合しているので理解や記憶がしやすいといわれている [ ]。 しばしば「図解表現技法」や「ノート術」などと紹介されることがあるが、適切ではない。 開発者のは、やの知見から、マインドマップを通してメンタルの重要性を提唱している。 メンタルリテラシーとは、簡単に言えば頭の使い方であり、学び方を学ぶ力や、学んだことを活用する力を指す。 本来は紙とペンで描くものであるが、上で描くための専用もいくつかある。 ソフトウェア [ ] 「」も参照 単体ソフトウェア [ ]• - トニー・ブザン監修のもと、ブザンの提唱するマインドマップのルールに忠実に従ったマインドマップが作成できるとしている。 唯一の公認ソフトウェアでもある。 MindNode• 日本での製品名:ThinkWise• - ドイツの会社が開発しているで動作するマインドマップ作成ソフトウェア。 - 日本のKANTETSU WORKSで開発しているマインドマップ作成ソフトウェア。 - で開発されているフリーのマインドマップ作成ソフトウェア。 - から派生したフリーのマインドマップ作成ソフトウェア。 - オープンソースで開発されているフリーのマインドマップ作成ソフトウェア。 - 香港のXMind社が開発しているオープンソースのマインドマップが作成できるソフトウェア。 Share機能を利用してウェブ上で公開・共有もできる。 - 日本で開発されているマインドマップ的な図が作成できるソフトウェア。 ウェブアプリケーション [ ] マインドマップが作成できる。 -世界で1000万ユーザーが利用、日本語も対応• -日本語も対応• - 日本で開発• - フリーオンラインマインドマップツール。 日本語対応。 - 日本で開発• - 日本で開発• - 日本で開発 備考 [ ] 提唱者のトニー・ブザンは、マインドマップについて以下に示す12のルールを定めており、「それに従っていないものはマインドマップとは呼べない」と主張している。 無地の紙を使う• 用紙は横長で使う• 用紙の中心から描く• テーマはイメージで描く• 1つのブランチには1ワードだけ• ワードは単語で書く• ブランチは曲線で• 強調する• 関連づける• 独自のスタイルで• 創造的に• 楽しむ! しかし、現実にはこのルールに従っていない自称「マインドマップ」が書籍などでも数多く流通している。 また、マインドマップとほぼ同様のと呼んでいるものもある。 フィンランドでは、マインドマップを簡略化した「カルタ」と呼ばれる思考ツールが使われ、国語の授業などで活用されている。 2006年10月にブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が設立され、公認インストラクターによるセミナー事業が開始された。 2010年4月に一般社団法人ブザン教育協会が発足し、公認インストラクターによるセミナー事業はブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社から移管された。 2011年11月より、英国Open Genius社が世界統一の管理体制へと変更。 2018年2月から、Tony Buzan International Limited の管理体制へと変更。 脚注 [ ] [] 出典 [ ] この節で示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、。 ご存知の方はをお願いします。 ( 2020年1月)• ; 1 March 1996 英語. The Mind Map Book: How to Use Radiant Thinking to Maximize Your Brain's Untapped Potential reprint ed. 7 March 2005 英語. Mind maps for kids: An Introduction reissue ed. Thorsons Pub. 25 July 2006 英語. Use Your Head: Innovative learning and thinking techniques to fulfil your potential new edition ed. BBC Active. 『できる子はノートがちがう! 『小学生のためのマインドマップで作文すらすらワーク:ブザン教育協会/公認』井上光広(指導)、小学館〈ブザン教育協会公認オフィシャルマインドマップブック〉、2010年10月18日。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の