株式 会社 ヘルス アップ。 ヘルスアップ 「求人情報」 OpenWork(旧:Vorkers)

ヘルス (企業)

株式 会社 ヘルス アップ

ごあいさつ 自らが学び、変革を通して 日本の教育を変える 民間教育の可能性を信じ、その時々の教育ニーズを敏感にキャッチしながら、私塾から受験産業、そして総合教育分野へと発展し続けます。 アップが追求する教育とは、知識や技術を習得することだけではなく、人間の生き方の根幹にかかわることを含めた、知性と教養の向上を事業ポリシーとしております。 幼児から、小学生・中学生・高校生、そして大学生・社会人に至るまで、幅広い教育ニーズに応える事業展開を進めています。 その内容は、学ぶ喜び、思考することの大切さ、人としての心のありようにまでかかわる人間教育を追求するものです。 そして今、「多様化」と「デジタル化」をキーワードに、IT技術を駆使した教育サービス事業にも力を注いでいます。 これら事業の最前線にあり、最新技術を駆使し、柔軟な発想と行動力で潜在市場を開拓しているのが、若手を中心とするスタッフたちです。 アップの社員は業務に取り組む中で一人ひとりが自己革新に励み、自ら学び続けることで、教育の変革を追求してまいります。 沿革 1977年 10月 昭和52年 西宮市門戸東町19番地の1に株式会社アップ 資本金500万円 を設立。 「逆瀬川校」「門戸校」にてアップ教育企画 現開進館 部門を発足。 1983年 10月 昭和58年 高松市中央町に株式会社アップ高松を設立。 1984年 7月 昭和59年 広島市東区に株式会社アップ広島を設立。 1985年 4月 昭和60年 株式会社アップ広島を譲渡(分離独立)。 1987年 4月 昭和62年 株式会社アップ高松を譲渡(分離独立)。 1987年 10月 昭和62年 神戸市中央区に関連会社 当社20%出資 「株式会社兵庫日曜教室 現株式会社ユーデック 」を設立。 1990年 1月 平成2年 「株式会社兵庫日曜教室 現株式会社ユーデック 」は同社株式の追加取得により子会社 当社55. 6%出資 となる。 1990年 4月 平成2年 西宮市高松町15番41号に本社ビル完成にともない本社を移転。 研伸館予備校西宮校新館 現本社 を併設。 1994年 2月 平成6年 日本証券業協会に株式を店頭登録。 2002年 8月 平成14年 株式会社ベネッセコーポレーションと資本・業務提携。 2003年 2月 平成15年 東京証券取引所 市場第2部 に株式を上場。 2003年 10月 平成15年 株式会社マルユが、株式会社ベネッセコーポレーションより当社の株式を取得したことにより、持ち株比率が20. 1%となり、当社の筆頭株主になる。 2007年 2月 平成19年 「株式会社兵庫日曜教室 現株式会社ユーデック 」が同社株式の売却により関係会社でなくなる。 2010年 5月 平成22年 株式会社ベネッセコーポレーションと新たに資本・業務提携。 2012年 3月 平成24年 ベネッセグループにグループイン。 2012年 7月 平成24年 東京証券取引所(市場第2部)株式上場廃止。 決算公告 会社法第440条第1項及び第3項に基づき、貸借対照表及び損益計算書を電磁的方法により公告しております。 第36期(平成24年4月1日~平成25年3月31日)• 第37期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)• 第38期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)• 第39期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)• 第40期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)• 第41期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)• 第42期(平成30年4月1日~平成31年3月31日)• 第35期以前の貸借対照表及び損益計算書については、金融庁の下記サイトに掲載されている有価証券報告書をご参照ください。 金融庁EDINETサイト•

次の

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)|日興アセットマネジメント

株式 会社 ヘルス アップ

世界各国の株式の中から主にロボティクス関連企業の株式に投資を行ないます。 今後の成長が期待されるロボティクス関連企業の株式を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長をめざします。 産業用やサービス用などのロボットを製作する企業のみならず、ロボット関連技術であるAI(人工知能)やセンサーなどの開発に携わる企業も投資対象とします。 外貨建資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジを行ないません。 銘柄選定は、株式のアクティブ運用に注力するラザード社が、徹底した調査に基づき行ないます。 株式運用に強みを持つ米国の資産運用会社、ラザード・アセット・マネージメント・エルエルシー(ラザード社)が「グローバル・ロボティクス株式マザーファンド」の運用を行ないます。 年1回、決算を行ないます。 毎年7月20日(休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。 運用プロセス 当ファンドの主な投資対象であるマザーファンドの運用を行なうラザード社の運用プロセスは以下のとおりです。 ファンドの仕組み 当ファンドは、主にマザーファンドに投資するファミリーファンド方式で運用を行ないます。 ただし、販売会社によっては、一部のファンドのみの取扱いとなる場合やスイッチングを行なえない場合があります。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 お申込みに際しての留意事項 リスク情報• 投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。 ファンドの運用による損益はすべて投資者(受益者)の皆様に帰属します。 なお、当ファンドは預貯金とは異なります。 当ファンドは、主に株式を実質的な投資対象としますので、株式の価格の下落や、株式の発行体の財務状況や業績の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。 主なリスクは以下の通りです。 【価格変動リスク】• 株式の価格は、会社の成長性や収益性の企業情報および当該情報の変化に影響を受けて変動します。 また、国内および海外の経済・政治情勢などの影響を受けて変動します。 ファンドにおいては、株式の価格変動または流動性の予想外の変動があった場合、重大な損失が生じるリスクがあります。 【流動性リスク】• 市場規模や取引量が少ない状況においては、有価証券の取得、売却時の売買価格は取引量の大きさに影響を受け、市場実勢から期待できる価格どおりに取引できないリスク、評価価格どおりに売却できないリスク、あるいは、価格の高低に関わらず取引量が限られてしまうリスクがあり、その結果、不測の損失を被るリスクがあります。 【信用リスク】• 投資した企業の経営などに直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合には、ファンドにも重大な損失が生じるリスクがあります。 デフォルト(債務不履行)や企業倒産の懸念から、発行体の株式などの価格は大きく下落(価格がゼロになることもあります。 )し、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。 【為替変動リスク】• 外貨建資産については、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。 【有価証券の貸付などにおけるリスク】• 有価証券の貸付行為などにおいては、取引相手先リスク(取引の相手方の倒産などにより貸付契約が不履行になったり、契約が解除されたりするリスク)を伴ない、その結果、不測の損失を被るリスクがあります。 貸付契約が不履行や契約解除の事態を受けて、貸付契約に基づく担保金を用いて清算手続きを行なう場合においても、買戻しを行なう際に、市場の時価変動などにより調達コストが担保金を上回る可能性もあり、不足金額をファンドが負担することにより、その結果ファンドに損害が発生する恐れがあります。 その他の留意事項• 当資料は、投資者の皆様に「グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)」へのご理解を高めていただくことを目的として日興アセットマネジメントが作成した販売用資料です。 当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはなりません。 投資信託の運用による損益は、すべて受益者の皆様に帰属します。 当ファンドをお申込みの際には、投資信託説明書(交付目論見書)などを販売会社よりお渡ししますので、内容を必ずご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。

次の

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)|日興アセットマネジメント

株式 会社 ヘルス アップ

ごあいさつ 自らが学び、変革を通して 日本の教育を変える 民間教育の可能性を信じ、その時々の教育ニーズを敏感にキャッチしながら、私塾から受験産業、そして総合教育分野へと発展し続けます。 アップが追求する教育とは、知識や技術を習得することだけではなく、人間の生き方の根幹にかかわることを含めた、知性と教養の向上を事業ポリシーとしております。 幼児から、小学生・中学生・高校生、そして大学生・社会人に至るまで、幅広い教育ニーズに応える事業展開を進めています。 その内容は、学ぶ喜び、思考することの大切さ、人としての心のありようにまでかかわる人間教育を追求するものです。 そして今、「多様化」と「デジタル化」をキーワードに、IT技術を駆使した教育サービス事業にも力を注いでいます。 これら事業の最前線にあり、最新技術を駆使し、柔軟な発想と行動力で潜在市場を開拓しているのが、若手を中心とするスタッフたちです。 アップの社員は業務に取り組む中で一人ひとりが自己革新に励み、自ら学び続けることで、教育の変革を追求してまいります。 沿革 1977年 10月 昭和52年 西宮市門戸東町19番地の1に株式会社アップ 資本金500万円 を設立。 「逆瀬川校」「門戸校」にてアップ教育企画 現開進館 部門を発足。 1983年 10月 昭和58年 高松市中央町に株式会社アップ高松を設立。 1984年 7月 昭和59年 広島市東区に株式会社アップ広島を設立。 1985年 4月 昭和60年 株式会社アップ広島を譲渡(分離独立)。 1987年 4月 昭和62年 株式会社アップ高松を譲渡(分離独立)。 1987年 10月 昭和62年 神戸市中央区に関連会社 当社20%出資 「株式会社兵庫日曜教室 現株式会社ユーデック 」を設立。 1990年 1月 平成2年 「株式会社兵庫日曜教室 現株式会社ユーデック 」は同社株式の追加取得により子会社 当社55. 6%出資 となる。 1990年 4月 平成2年 西宮市高松町15番41号に本社ビル完成にともない本社を移転。 研伸館予備校西宮校新館 現本社 を併設。 1994年 2月 平成6年 日本証券業協会に株式を店頭登録。 2002年 8月 平成14年 株式会社ベネッセコーポレーションと資本・業務提携。 2003年 2月 平成15年 東京証券取引所 市場第2部 に株式を上場。 2003年 10月 平成15年 株式会社マルユが、株式会社ベネッセコーポレーションより当社の株式を取得したことにより、持ち株比率が20. 1%となり、当社の筆頭株主になる。 2007年 2月 平成19年 「株式会社兵庫日曜教室 現株式会社ユーデック 」が同社株式の売却により関係会社でなくなる。 2010年 5月 平成22年 株式会社ベネッセコーポレーションと新たに資本・業務提携。 2012年 3月 平成24年 ベネッセグループにグループイン。 2012年 7月 平成24年 東京証券取引所(市場第2部)株式上場廃止。 決算公告 会社法第440条第1項及び第3項に基づき、貸借対照表及び損益計算書を電磁的方法により公告しております。 第36期(平成24年4月1日~平成25年3月31日)• 第37期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)• 第38期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)• 第39期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)• 第40期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)• 第41期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)• 第42期(平成30年4月1日~平成31年3月31日)• 第35期以前の貸借対照表及び損益計算書については、金融庁の下記サイトに掲載されている有価証券報告書をご参照ください。 金融庁EDINETサイト•

次の