カルビー フルグラ。 カルビーフルグラのCM女優は誰?おいしそうなリアクションの女性は?

カルビーフルグラオンラインショップ | 【まもなく30周年!】歴代フルグラのフレーバーを徹底紹介! 担当者の七転八倒のブランドストーリーを添えて

カルビー フルグラ

ちょっと前までは鳴かず飛ばずだったフルグラだが、この4年で売上高は5倍前後に成長へ。 何がきっかけだったのか(同社のフルグラ部・藤原かおり部長) 突然だが、カルビーが今激変しているのをご存知だろうか。 カルビーとはもちろん、あのかっぱえびせんやポテトチップスなどを売っているスナック菓子最大手メーカーである(年間売上高2221億円、2015年3月期)。 ちなみに、同社の名前はカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」とを組み合わせた造語からできている。 そのカルビーが、今スナック菓子とは全く別の朝食マーケットで「1000億円の売上げを目指す」とぶち上げているのだ。 その中心商品が「フルグラ」だ。 2011年にはわずか37億円だった売上げが、昨年は143億円、2015年には200億円に迫る勢い。 わずか4年で約5倍の売り上げを達成しそうなのだ。 実は、商品の中身を変えたわけでも、巨額の広告宣伝費を投入したわけでもない。 ではなぜカルビーのフルグラは躍進しているのか。 「鳴かず飛ばず」で撤退が秒読みだった ここ数年で急激な成長を続けるフルグラだが、同社がアメリカで主食の一つとして定着しているシリアルに注目したのは1970年代。 そこから研究を重ね、「日本人のためのシリアル」を合言葉に1988年に参入した。 当時はコーンフレークなど5アイテムでスタート。 はやくも1991年には「仕事で活躍する女性たちの健康をサポートしたい」との願いでフルグラの前身、フルーツグラノーラが誕生する。 だが、期待ほどは売れず、社内における存在感は非常に薄かった。 2000年代に入っても、鳴かず飛ばずの状態が続いたという。 「自然なことだが、当時のカルビーは自分たちを『スナックメーカー』だと位置づけていた。 そのため、スナックでないフルグラは、成長の兆しも見えないため、『いつやめるのか』という雰囲気が漂っていた」と語るのは、現フルグラ部の部長、藤原かおり氏だ。

次の

カルビーフルグラオンラインショップ | 【まもなく30周年!】歴代フルグラのフレーバーを徹底紹介! 担当者の七転八倒のブランドストーリーを添えて

カルビー フルグラ

2011年3月11日上場 本社所在地 〒100-0005 一丁目8番3号 本館 設立 (24年) 事業内容 を中心とした菓子の製造・販売、コーンフレーク等の製造・販売 代表者 兼 資本金 120億46百万円 発行済株式総数 1億3,382万1,800株 売上高 連結:2,559億38百万円 単体:1,976億58百万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:276億64百万円 単体:243億70百万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:273億91百万円 単体:244億33百万円 (2020年3月期) 純利益 連結:175億39百万円 単体:162億10万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1,632億42百万円 単体:1,551億85百万円 (2020年3月31日時点) 総資産 連結:2,149億67百万円 単体:1,990億4百万円 (2020年3月31日時点) 従業員数 連結:4,053名 単体:1,765名 (2020年3月31日時点) 決算期 会計監査人 主要株主 FRITO-LAY GLOBAL INVESTMENTS B. , Ltd. Calbee-Wings Food 50. )は、のメーカー。 シリアル食品()なども製造・販売している。 歴史 [ ] 略史 [ ] (24年)、(現在の)にて、 松尾糧食工業株式会社として設立。 (昭和30年)現在の会社名のカルビーに変更。 カルビーは、当時の日本人に不足しているとされたの「カル」と、の「ビー」を組み合わせた造語である。 に発売された、のを使った「」がヒット商品となり、カルビーの名が知られるようになる。 のカード付きスナック菓子や、を起用した「」のでも話題になった。 に本社を広島からに移転。 には3代続いたをやめて、創業家外の社長兼・として、が就任。 6月には米の全額出資子会社であるの買収を発表。 2009年6月24日より伊藤秀二に代表取締役社長をバトンタッチするとともに、松尾雅彦の指名により、会長兼CEOとして、ジョンソンエンドジョンソン代表を務めた松本晃 を迎えた。 同時に制度の強化を図り、相談役や取締役会議長、教授を招聘した。 年表 [ ] カルビー広島工場西棟• (24年):広島に 松尾糧食工業株式会社を設立。 (昭和30年):• 社名を カルビー製菓株式会社に改める。 「」(日本初のによる)を発売。 (昭和39年):「」を発売。 (昭和43年):宇都宮工場を操業。 (昭和44年):千歳工場(現在の北海道工場)を操業。 (昭和46年):「」を発売。 (昭和47年):• 株式会社を設立。 を原料にしたスナック菓子「」を発売。 (昭和48年):• 本社を東京に移転。 社名を カルビー株式会社に改める。 「スナック」を発売。 「」を発売。 (昭和50年):• 鹿児島工場、下妻工場を操業。 「」を発売。 (当初は内容量90g で100円)• (昭和51年):宇都宮第2工場、滋賀工場(現在の湖南工場)を操業。 (昭和51年):原料部門が独立し、株式会社を設立。 (昭和58年):各務原工場を操業。 (昭和61年):広島西工場(現在の広島工場西棟)を操業。 (昭和63年):シリアル食品市場に参入。 (元年):シリアル製造の清原工場を操業。 (平成2年):株式会社を設立。 (平成3年):東京研究開発センターを開設。 (平成4年):「」発売。 (平成5年):「」発売。 (平成6年):一丁目に旧本社ビルが完成。 (平成7年):• 新宇都宮工場を操業。 「」を発売。 (平成8年):株式会社を設立。 (平成11年):綾部工場(現在の京都工場)を操業。 2世代目のカルビーポテト丸の竣工。 (平成12年):株式会社を設立。 (平成16年):• シリアル製造部門が独立し、株式会社を設立。 (平成17年):滋賀工場が独立し、カルビー湖南株式会社(現在の株式会社)を設立。 (平成18年):• 「じゃがビー」(Jagabee)を発売。 旧広島工場()を閉鎖し、現広島工場(現在の広島工場東棟、)創業。 (平成19年):「」のベーシックラインのレギュラーサイズを従来の90gから85gに減量。 参考価格は込み145円で据え置き。 (平成22年):本社を現在地(丸の内トラストタワー本館)に移転。 旧本社屋はその後、の本社として2016年1月まで使用されたのち、同年11月より東京支社となっている。 また、2008年11月より「ポテトチップス」のレギュラーサイズが158円(85g、税込)となっていたが、値下げされ148円となった。 (平成23年):• 第1部に株式上場。 の影響による生産工場の被災と発生直後の自粛ムードで「ポテトチップス」を一時、価格据え置きで85gから70gに減量。 (平成24年):世界最大のポテトチップス(501kg)を作成し、に認定。 (平成25年):2004年に独立させたオイシア株式会社を吸収合併。 (平成27年):秋、同社初となる筒入り型「ポテトチップス クリスプ」を発売。 (元年):5月6日、「ポテトチップスパンチ」40周年を記念して、「ポテトチップスコンソメ肉パンチ」と「ポテトチップスコンソメ野菜パンチ」が発売。 運送 [ ] の1300のジャガイモ畑と契約しており、専用の運搬船「ポテト丸」(現在運用されているのは2017年に就航した2代目)や、、で等の工場へと運搬される。 拠点 [ ] 工場 [ ] 括弧内は。 北海道工場 C :• 小清水工場• 帯広工場 P :北海道• 北海道フーズ S :北海道• 下妻工場 I :• 新宇都宮工場 NU :• 清原工場 OI・KI :栃木県宇都宮市• ポテトフーズ東松山工場 Y :• 各務原工場 G :• 湖南工場 B・b :• カルビー・イートーク湖南工場 E :滋賀県湖南市• 京都工場 A :• 広島工場東棟 H :• 広島工場西棟 M :広島県廿日市市• 鹿児島工場 K : 開発拠点 [ ]• カルビーフューチャーラボ(CFL):。 直営店 [ ] 下記の情報は公式サイト による。 Calbee+(カルビープラス):。 Yesterday's tomorrow(イェスタディズ・トゥモロー):日本各地の菓子メーカー約120社の製品を販売。 その他:• GRAND Calbee(グランカルビー):大阪市の地下1階。 スナックキッチン my Calbee(マイカルビー):広島県廿日市市の内。 Calbee kitchen(カルビーキッチン):神奈川県の東名高速道路・(下り)内。 CI [ ] 現在(2006年〜)のコーポレートメッセージは、「 掘りだそう、自然の力。 」 1976年から2005年までは「 健康とまごころをお届けする。 」だったという(当時の提供番組であった『』『』『』の提供企業紹介で読まれていた)。 商品一覧 [ ]• こんがりトースト焼き焼き• :地域限定商品を含めると年間で約200種類が販売されている。 ルイジアナ 1983年発売。 カルビー初の厚切りウェーブカット。 エスニカン 1986年〜1993年に発売。 当時の激辛ブームに乗せて発売。 2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)• グリルビーフ 1987年〜1993年に発売。 2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)• お好み焼きチップス 1989年〜1993年に発売。 前身は「OKONOMI CHIPS」。 2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)• ポテリッチ こだわりの黒こしょう味 お酒のつまみに合うポテトチップスをで2012年3月20日に限定で発売。 ポテトチップス 贅沢バニラ 冷やして食べるとうまいポテトチップスがコンビニで2012年4月16日に、コンビニ以外では4月30日に期間限定で発売。 堅あげポテト 昔ながらの釜揚げ製法で製造された厚切りにして堅めの食感を持ったオールドスタイルのポテトチップス。 極ぎゃが(きわじゃが) 3. 5ミリメートルと厚めにカット。 2017年発売。 ポテトチップス47都道府県の味(地元チップス)。 47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売。 (地域限定)• 野菜スナック(サッポロポテトつぶつぶベジタブル、さやえんどう、ベジたべる、ベジップスなど)• (フルーツ)• フルグラ くるみ&メープルシロップ味(2015年10月12日発売、2015年度秋・冬限定販売)• おつまみ• カード付きスナック・ポテトチップス• 1999年に復刻版として「仮面ライダーチップス」が発売される。 第2弾カードにレアカードが続出、オークションで高値売買される。 スナック 『』放送終了後に後継商品として発売された、後に発売されると同じ物を採用。 当たり(=ラッキーカード)が出ると、当たり1枚でカードを収納するアルバム、2枚で全選手サイン入りカードが貰える。 チップス• チップス• チップス• ドラハッパーチップス• 1980年代前半のの放送に合わせて発売された。 なお、ドラえもんチップスは2014年に再発売された。 コラボ商品• 特選丸大豆しょうゆ味(との提携商品)• しおとごま油風味(との提携商品) 提供番組 [ ] 現在 [ ]• テレビ• (、『』 一時期、降板した時期あり 時代から提供していたが、広告戦略の見直し に伴い2014年9月30日をもって再び降板。 後任は)• (系列、2011年放送回は提供クレジットのみ) 過去 [ ]• テレビ• (、4月から2014年9月まで、日本テレビでは『』以来8年ぶりの提供)• (日本テレビ、頃まで提供)• (同)• (、1971年から1973年まで提供)• (毎日放送、1976年から1994年まで提供)• (同、一社提供)• (テレビ朝日、1989年頃まで提供)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同、正式提供はからまで、それまではだった)• (第3期)(同)• TBS• (同)• (同)• (同)• (同、頃まで提供)• (テレビ朝日)• (同)• (同) ほか多数。 ラジオ• またかつてのの時報として知られる。 CM出演者(過去の出演者も含む) [ ] 掲題について、以下に出演者の一例を記述する。 ポテトチップス [ ]• (発売当時)• かっぱえびせん [ ]• じゃがりこ [ ]• じゃがビー [ ]• おさつスナック [ ]• その他 [ ]• (ポテトチップス七味のマヨネーズ)• (堅あげポテト)• (堅あげポテト)• (サッポロポテトバーベQ味)• (ルイジアナ)• (ポテトチップス ジャングル)• (青のりえびせん)• (ア・ラ・ポテト)• (うま辛ポテト ヒ〜ハー!! (フルグラ ポテトチップスクリスプ)• (夏ポテト)• (現・永山瑛太)(夏ポテト) 関連子会社 [ ]• ヘテカルビー の製菓会社との• カルビーノースアメリカ• カルビータナワット• カルビーイベリア(2017年解散) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 本間之英『誰かに教えたくなる「社名」の由来』• 『』ネット版(2017年4月11日)• ビジネスジャーナル(2014年3月1日)• ・2009年6月24日• 社・2010年1月8日• 『』2015年3月24日• (2019年9月22日閲覧)• カルビー・プレスリリース(2017年10月27日)• 【ジュニアプレス】ポテチ ご当地の味開発/カルビー 地元の人に試食依頼『』夕刊2018年3月10日• カルビー・ニュースリリース(2017年7月12日)• 2015年10月11日. 2015年10月13日閲覧。 一部広告専門マスコミ通信社向け配信サイトからの情報で「カルビー広告戦略見直しで2014年10月以降はスポット広告重視に」という記事を受けたもの。 関連項目 [ ]• - 元代表取締役社長兼CEO・CIO 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 音量注意•

次の

カルビー フルグラ、「朝食市場」参入で売上が35億から300億円規模へ

カルビー フルグラ

2011年3月11日上場 本社所在地 〒100-0005 一丁目8番3号 本館 設立 (24年) 事業内容 を中心とした菓子の製造・販売、コーンフレーク等の製造・販売 代表者 兼 資本金 120億46百万円 発行済株式総数 1億3,382万1,800株 売上高 連結:2,559億38百万円 単体:1,976億58百万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:276億64百万円 単体:243億70百万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:273億91百万円 単体:244億33百万円 (2020年3月期) 純利益 連結:175億39百万円 単体:162億10万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1,632億42百万円 単体:1,551億85百万円 (2020年3月31日時点) 総資産 連結:2,149億67百万円 単体:1,990億4百万円 (2020年3月31日時点) 従業員数 連結:4,053名 単体:1,765名 (2020年3月31日時点) 決算期 会計監査人 主要株主 FRITO-LAY GLOBAL INVESTMENTS B. , Ltd. Calbee-Wings Food 50. )は、のメーカー。 シリアル食品()なども製造・販売している。 歴史 [ ] 略史 [ ] (24年)、(現在の)にて、 松尾糧食工業株式会社として設立。 (昭和30年)現在の会社名のカルビーに変更。 カルビーは、当時の日本人に不足しているとされたの「カル」と、の「ビー」を組み合わせた造語である。 に発売された、のを使った「」がヒット商品となり、カルビーの名が知られるようになる。 のカード付きスナック菓子や、を起用した「」のでも話題になった。 に本社を広島からに移転。 には3代続いたをやめて、創業家外の社長兼・として、が就任。 6月には米の全額出資子会社であるの買収を発表。 2009年6月24日より伊藤秀二に代表取締役社長をバトンタッチするとともに、松尾雅彦の指名により、会長兼CEOとして、ジョンソンエンドジョンソン代表を務めた松本晃 を迎えた。 同時に制度の強化を図り、相談役や取締役会議長、教授を招聘した。 年表 [ ] カルビー広島工場西棟• (24年):広島に 松尾糧食工業株式会社を設立。 (昭和30年):• 社名を カルビー製菓株式会社に改める。 「」(日本初のによる)を発売。 (昭和39年):「」を発売。 (昭和43年):宇都宮工場を操業。 (昭和44年):千歳工場(現在の北海道工場)を操業。 (昭和46年):「」を発売。 (昭和47年):• 株式会社を設立。 を原料にしたスナック菓子「」を発売。 (昭和48年):• 本社を東京に移転。 社名を カルビー株式会社に改める。 「スナック」を発売。 「」を発売。 (昭和50年):• 鹿児島工場、下妻工場を操業。 「」を発売。 (当初は内容量90g で100円)• (昭和51年):宇都宮第2工場、滋賀工場(現在の湖南工場)を操業。 (昭和51年):原料部門が独立し、株式会社を設立。 (昭和58年):各務原工場を操業。 (昭和61年):広島西工場(現在の広島工場西棟)を操業。 (昭和63年):シリアル食品市場に参入。 (元年):シリアル製造の清原工場を操業。 (平成2年):株式会社を設立。 (平成3年):東京研究開発センターを開設。 (平成4年):「」発売。 (平成5年):「」発売。 (平成6年):一丁目に旧本社ビルが完成。 (平成7年):• 新宇都宮工場を操業。 「」を発売。 (平成8年):株式会社を設立。 (平成11年):綾部工場(現在の京都工場)を操業。 2世代目のカルビーポテト丸の竣工。 (平成12年):株式会社を設立。 (平成16年):• シリアル製造部門が独立し、株式会社を設立。 (平成17年):滋賀工場が独立し、カルビー湖南株式会社(現在の株式会社)を設立。 (平成18年):• 「じゃがビー」(Jagabee)を発売。 旧広島工場()を閉鎖し、現広島工場(現在の広島工場東棟、)創業。 (平成19年):「」のベーシックラインのレギュラーサイズを従来の90gから85gに減量。 参考価格は込み145円で据え置き。 (平成22年):本社を現在地(丸の内トラストタワー本館)に移転。 旧本社屋はその後、の本社として2016年1月まで使用されたのち、同年11月より東京支社となっている。 また、2008年11月より「ポテトチップス」のレギュラーサイズが158円(85g、税込)となっていたが、値下げされ148円となった。 (平成23年):• 第1部に株式上場。 の影響による生産工場の被災と発生直後の自粛ムードで「ポテトチップス」を一時、価格据え置きで85gから70gに減量。 (平成24年):世界最大のポテトチップス(501kg)を作成し、に認定。 (平成25年):2004年に独立させたオイシア株式会社を吸収合併。 (平成27年):秋、同社初となる筒入り型「ポテトチップス クリスプ」を発売。 (元年):5月6日、「ポテトチップスパンチ」40周年を記念して、「ポテトチップスコンソメ肉パンチ」と「ポテトチップスコンソメ野菜パンチ」が発売。 運送 [ ] の1300のジャガイモ畑と契約しており、専用の運搬船「ポテト丸」(現在運用されているのは2017年に就航した2代目)や、、で等の工場へと運搬される。 拠点 [ ] 工場 [ ] 括弧内は。 北海道工場 C :• 小清水工場• 帯広工場 P :北海道• 北海道フーズ S :北海道• 下妻工場 I :• 新宇都宮工場 NU :• 清原工場 OI・KI :栃木県宇都宮市• ポテトフーズ東松山工場 Y :• 各務原工場 G :• 湖南工場 B・b :• カルビー・イートーク湖南工場 E :滋賀県湖南市• 京都工場 A :• 広島工場東棟 H :• 広島工場西棟 M :広島県廿日市市• 鹿児島工場 K : 開発拠点 [ ]• カルビーフューチャーラボ(CFL):。 直営店 [ ] 下記の情報は公式サイト による。 Calbee+(カルビープラス):。 Yesterday's tomorrow(イェスタディズ・トゥモロー):日本各地の菓子メーカー約120社の製品を販売。 その他:• GRAND Calbee(グランカルビー):大阪市の地下1階。 スナックキッチン my Calbee(マイカルビー):広島県廿日市市の内。 Calbee kitchen(カルビーキッチン):神奈川県の東名高速道路・(下り)内。 CI [ ] 現在(2006年〜)のコーポレートメッセージは、「 掘りだそう、自然の力。 」 1976年から2005年までは「 健康とまごころをお届けする。 」だったという(当時の提供番組であった『』『』『』の提供企業紹介で読まれていた)。 商品一覧 [ ]• こんがりトースト焼き焼き• :地域限定商品を含めると年間で約200種類が販売されている。 ルイジアナ 1983年発売。 カルビー初の厚切りウェーブカット。 エスニカン 1986年〜1993年に発売。 当時の激辛ブームに乗せて発売。 2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)• グリルビーフ 1987年〜1993年に発売。 2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)• お好み焼きチップス 1989年〜1993年に発売。 前身は「OKONOMI CHIPS」。 2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)• ポテリッチ こだわりの黒こしょう味 お酒のつまみに合うポテトチップスをで2012年3月20日に限定で発売。 ポテトチップス 贅沢バニラ 冷やして食べるとうまいポテトチップスがコンビニで2012年4月16日に、コンビニ以外では4月30日に期間限定で発売。 堅あげポテト 昔ながらの釜揚げ製法で製造された厚切りにして堅めの食感を持ったオールドスタイルのポテトチップス。 極ぎゃが(きわじゃが) 3. 5ミリメートルと厚めにカット。 2017年発売。 ポテトチップス47都道府県の味(地元チップス)。 47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売。 (地域限定)• 野菜スナック(サッポロポテトつぶつぶベジタブル、さやえんどう、ベジたべる、ベジップスなど)• (フルーツ)• フルグラ くるみ&メープルシロップ味(2015年10月12日発売、2015年度秋・冬限定販売)• おつまみ• カード付きスナック・ポテトチップス• 1999年に復刻版として「仮面ライダーチップス」が発売される。 第2弾カードにレアカードが続出、オークションで高値売買される。 スナック 『』放送終了後に後継商品として発売された、後に発売されると同じ物を採用。 当たり(=ラッキーカード)が出ると、当たり1枚でカードを収納するアルバム、2枚で全選手サイン入りカードが貰える。 チップス• チップス• チップス• ドラハッパーチップス• 1980年代前半のの放送に合わせて発売された。 なお、ドラえもんチップスは2014年に再発売された。 コラボ商品• 特選丸大豆しょうゆ味(との提携商品)• しおとごま油風味(との提携商品) 提供番組 [ ] 現在 [ ]• テレビ• (、『』 一時期、降板した時期あり 時代から提供していたが、広告戦略の見直し に伴い2014年9月30日をもって再び降板。 後任は)• (系列、2011年放送回は提供クレジットのみ) 過去 [ ]• テレビ• (、4月から2014年9月まで、日本テレビでは『』以来8年ぶりの提供)• (日本テレビ、頃まで提供)• (同)• (、1971年から1973年まで提供)• (毎日放送、1976年から1994年まで提供)• (同、一社提供)• (テレビ朝日、1989年頃まで提供)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同)• (同、正式提供はからまで、それまではだった)• (第3期)(同)• TBS• (同)• (同)• (同)• (同、頃まで提供)• (テレビ朝日)• (同)• (同) ほか多数。 ラジオ• またかつてのの時報として知られる。 CM出演者(過去の出演者も含む) [ ] 掲題について、以下に出演者の一例を記述する。 ポテトチップス [ ]• (発売当時)• かっぱえびせん [ ]• じゃがりこ [ ]• じゃがビー [ ]• おさつスナック [ ]• その他 [ ]• (ポテトチップス七味のマヨネーズ)• (堅あげポテト)• (堅あげポテト)• (サッポロポテトバーベQ味)• (ルイジアナ)• (ポテトチップス ジャングル)• (青のりえびせん)• (ア・ラ・ポテト)• (うま辛ポテト ヒ〜ハー!! (フルグラ ポテトチップスクリスプ)• (夏ポテト)• (現・永山瑛太)(夏ポテト) 関連子会社 [ ]• ヘテカルビー の製菓会社との• カルビーノースアメリカ• カルビータナワット• カルビーイベリア(2017年解散) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 本間之英『誰かに教えたくなる「社名」の由来』• 『』ネット版(2017年4月11日)• ビジネスジャーナル(2014年3月1日)• ・2009年6月24日• 社・2010年1月8日• 『』2015年3月24日• (2019年9月22日閲覧)• カルビー・プレスリリース(2017年10月27日)• 【ジュニアプレス】ポテチ ご当地の味開発/カルビー 地元の人に試食依頼『』夕刊2018年3月10日• カルビー・ニュースリリース(2017年7月12日)• 2015年10月11日. 2015年10月13日閲覧。 一部広告専門マスコミ通信社向け配信サイトからの情報で「カルビー広告戦略見直しで2014年10月以降はスポット広告重視に」という記事を受けたもの。 関連項目 [ ]• - 元代表取締役社長兼CEO・CIO 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 音量注意•

次の