お 気遣い ありがとう ござい ます。 「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

「お気遣いありがとうございます」はビジネスで使用可能?使う際の注意点や言い換え表現を紹介

お 気遣い ありがとう ござい ます

日常的に「お心遣いありがとうございます」という言葉を使う機会は多くはありませんが、「あなたの心遣いが嬉しかった」など「お心遣いありがとうございます」を砕いた表現を使う機会は多いのではないでしょうか。 「お心遣いありがとうございます」は相手への感謝の気持ちを表現する言葉ですが、正しい意味を理解し、きちんと使うことで、相手に対する感謝の気持ちをより一層に伝えることができます。 こちらの記事では「お心遣いありがとうございます」に込められた意味や使い方について解説いたします。 お心遣いの意味 「お心遣い」は、相手への敬意を表す際の丁寧な接頭語「お 御 」に「心遣い」が接続した言葉です。 「心遣い」には「物事が上手くいくよう配慮する」「あれこれと気を配ること」「心配り」という意味があります。 お心遣いは心を配ること、つまりは「心配り」と言い換えることができる言葉ですが、このお心遣いには「祝儀」や「心付け」という意味もあります。 年賀状 旧年中の厚誼の感謝と新しい年も変わらぬ厚情を依願する気持ちを添えて、新年を祝う言葉で挨拶をする年賀状ですが、目上の人や上司、ビジネスで年賀状を出す際は2つのポイントを抑える必要があります。 2つのポイントとは「元旦必着」と「新年の挨拶に略語は使用しない」ということです。 この2つのポイントを抑えた上で例文をご紹介します。 最上級の感謝の気持ちを伝えるためのビジネスワードとして「お心遣いを頂きまして誠にありがとうございました」が妥当だといえます。 結婚祝い 「お心遣い」とは「心」を遣うことで「真心や気持ちから生まれ行為」のニュアンスが含まれています。 一方、「お気遣い」は「気」を遣うことで「神経や過剰な配慮を指す」というニュアンスが含まれるので、「お気遣い」は相手が遣ってくれた神経に配慮した行為に対するお礼です。 「お心遣い」は、相手のもてなしや真心が込められた精神のことで、相手のその精神レベルをうかがい知ることが大変難しいため、「お心遣いなく」という言葉は成立しません。 お心遣いに感謝するために「お心遣いありがとうございます」が妥当な表現だと言えます。 「お心遣い」はビジネスでNGワード? 「心遣い」は「和語=訓読み」なので、ビジネス文章では不適切な表現だとされています。 そのため、「お心遣いありがとうございます」は口語使いとされ、手紙やメールで先方へのお礼を伝えるは、「お心遣いありがとうございます」の代わりに「ご配慮ありがとうございます」などを用いましょう。 ただし、「お心遣いに感謝申し上げます」という表現に限っては、ビジネスシーンででも使うことができます。 また、「お心遣いありがとうございます」の代用として「お心遣いをいただき恐縮いたします」や「お心遣い痛み入ります」などは先方から喜ばれる表現だといえます。 「お心遣いありがとうございます」は、いただいた心配りに感謝を述べる際に使う言葉ということを前述してきましたが、この表現に類語はあるのでしょうか。 ここでは「お心遣いありがとうございます」の類語について解説していきます。 「お気遣い」 「お気遣い」は「お心遣い」と同じく「気遣い」に丁寧な接頭語「お 御 」が組み合わされている言葉で、「気を遣うこと」や「配慮する」という意味があり、お心遣いとは大きく意味の違いはありません。 ただし、このお気遣いはお心遣いとは異なり「好ましくない事が起こるのではないか」という「心配」「恐れ」「懸念」というネガティブな意味も含まれていることに注意しましょう。 「ご配慮」 お心遣いと最も類似している言葉として挙げられるのは「お気遣い」ですが、それ以外にもよく似ている言葉として「ご配慮」が挙げられます。 この「配慮」には「心と気」の違いだけでなく「配ると使う」の違いも存在しています。 ご配慮は「気を遣う」や「気を配ること」という意味があり、「気配り」や「心遣い」と同義語として位置づけられています。 配慮の前に敬意を表す「御 ご 」を付けることで敬語表現となり、立場が上の人や年長者、敬意を払わなければならない相手からの心遣いを意味する言葉です。 つまり、「お心遣いありがとうございます」と同じように「ご配慮くださりありがとうございます」と使うことができます。 「お心遣い」の使い方と例文 特別な事をしてもらった時や特別な配慮をいただいた時には、ビジネスシーンに限定せず、日常生活でもお礼の言葉として「お心遣いありがとうございます」という言葉を用いることができます。 何気なく使ってしまう言葉ですが「お心遣いありがとうございます」と「お気遣いありがとうございます」があるので、適切な言葉がどちらなのかを迷う方も多くいます。 「お心遣いありがとうございます」は「相手の行為や配慮に対してお礼を伝えたい時」に使う言葉なので、お礼や感謝の気持ちを素直に伝える言葉だということを理解しましょう。 「お心遣いありがとうございます」の例文 配慮に対するお礼の表現として「お気遣いありがとうございます」を用いる人が多く、実は「お心遣いありがとうございます」と混同して使用している人も少なくないのが実情です。 あり余る配慮に対して遠慮をする時に使用する表現に「どうぞお気遣いなく」という言葉があります。 「どうぞお心遣いなく」という言葉はありませんので、使用方法を間違えないようにしましょう。 例文:お心遣いありがとうございます 入院中に見舞金をいただく事があります。 こうした場合に使うべき表現が「お心遣いありがとうございます」です。 「お心遣い」には祝儀や心づけなど「お金」の意味が含まれているので、お見舞金を頂戴した場合には「お心遣いをいただきありがとうございます」が適した言葉だといえます。 また、退院後にお礼状を書く際には、「入院中にいただきました温かいお言葉とお心遣いに感謝いたします」「入院中は、お心遣いをいただきまして誠にありがとうございます」やなどの文面が良いでしょう。 「お心遣いありがとうございます」の返信方法 日常生活やビジネスシーンにおいて、お礼をしなければならない時の言葉選びに迷ってしまったら、「お心遣いありがとうございます」を使うようにしましょう。 「お心遣い」にはネガティブな意味が含まれず、相手への感謝の気持ちだけを伝えることができます。 また、この言葉を適所で使うことで、周囲に対するあなた自身の「心遣い」を伝えることもできるでしょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」の違い

お 気遣い ありがとう ござい ます

この度は、商品の納品日につきまして、お気遣いいただきありがとうございます。 体調不良の際には、お気遣いいただきありがとうございました。 今回のお仕事でも様々なアドバイスやフォローをしてくださり、お気遣いありがとうございます。 「お気遣い」は基本的には目上の相手へ使います。 「相手の方がご厚意でしてくださったもの」なので、相手に「お気遣いしていただけますか?」などの言い方は丁寧に言っているつもりでも、大変図々しく聞こえるので注意が必要です。 「を」や「いただき」をつけてよりきちんとした表現をするかは、相手と自分の距離感で判断します。 「を」や「いただき」をつけると少し堅苦しくなりますが、丁寧さが増しますし、つけないと身近で和らかい印象になります。 また、冒頭で「気遣い」には懸念の意味もあると述べましたが、「お気遣いありがとうございます」には相手の懸念を払拭するニュアンスもあります。 たとえば「昨日風邪で休んでたみたいだけど大丈夫?」「お気遣いありがとうございます。 ずいぶんよくなりました」などとする場合ですね。

次の

「お心遣い」と「お気遣い」の違いは? 意味と使い方【メール例文つき】

お 気遣い ありがとう ござい ます

「お気遣いいただきありがとうございます」の「お気遣い」には、「あれこれと気を使っている様子」という意味が含まれています。 しかし、「お」がつけられていますので、丁寧な言い回しがされていることになります。 意味としては変わりませんが「気遣い」よりも、「お気遣い」の方が敬意が表現されていることになります。 しかし、自分が「あれこれと気を使って」周りの人に気遣いを示していることを表現する意味で、「お気遣い」は使いません。 自分の行動にわざわざ敬意を示す必要はないことになります。 そのため、相手の人が自分に気を使ってくれている様子を表現する意味で、「お気遣い」を使うことができます。 そのようにして、相手の気遣いに対する敬意を示しています。 一つ目の、上司や取引先になどの目上の人へのビジネスメールで使える例文は、「いつもお気遣いいただきありがとうございます」です。 この例文で工夫されているフレーズは「いつも」になります。 ビジネスメールを送る取引先や上司のような目上の人は、長い年月にわたって、自分や自分の会社に「気遣い」を示してくれている可能性があります。 そのような気遣いを、例文の中では「いつもお気遣いいただき」と表現しています。 「いつも」には「常に」や「普段」という意味があるため、普段から親切にしてくれている事を表現できている例文になります。 この例文をビジネスメールの最初の部分で使用して、感謝をしてから、本文の内容に言及すると良いです。 仲の良い目上の上司とビジネスメールや会話でやり取りをしている時には、「お気遣い感謝します」という例文を使うことができます。 「お気遣いいただきありがとうございます」や「お気遣いありがとうございます」とは、違うニュアンスで感謝を表現しています。 「お気遣い感謝します」では、「します」という語尾が使われていて、簡潔に感謝が表現されているため、時間の節約にもなります。 普段から何度も感謝を表現しなければならない相手には、「お気遣い感謝します」という例文がおすすめです。 仲の良い目上の上司に1日に何度も感謝しなければならないのに、メールの中で「お気遣いいただきありがとうございます」を使ってしまうと、しつこいイメージを与えてしまう可能性があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」でも「お心遣いいただきありがとうございます」でも、相手の親切心に感謝をしていることに違いはありません。 しかし、親切の深さを表現する上で違いがあることになります。 例えば「お気遣い」を使いたいのであれば、相手が自分に対して最低限のマナーとしての気遣いを示してくれたことを表現できます。 しかし、「お心遣い」では違いがあり、相手が自分の立場を感情移入して、深い思いやりを示してくれたことを表現できます。 どちらのフレーズでも親切心を表現していることに違いはありませんが、より深い親切な気持ちや思いやりを伝えることのできるフレーズが、「お心遣い」になることがわかります。 この違いを理解して、適切なフレーズを選択することができます。

次の