お 粥 に 合う おかず。 おかゆによく合う味濃い目のおかず

美味しい!おかゆアレンジレシピ10選|お粥に人気の具材&味付けは?

お 粥 に 合う おかず

1月7日に食べる、七草粥。 家族みんなで一年間、無行息災でいられますようにと願って食べる行事料理です。 お正月に食べ過ぎて疲れた胃腸を休ませる効果もあるといわれています。 その歴史は長く貴族の間では平安時代から、江戸時代には一般家庭にもその習慣が浸透してゆきました。 そんな歴史深い七草粥ですが、普段お粥というものは病気や胃腸が弱ったときに食べるものですので、そんなに沢山おかずを付け合せるものではありませんよね。 ですが七草粥は立派な行事料理。 付け合せのおかずも正月に合わせたものを用意したいものです。 かといってボリュームがありすぎても七草粥とは合いませんし、控えめすぎても病人食のようで、何をつけあわせたらいいのかいまいちピンとこない方がほとんどだと思います。 そこで今回は料理暦10年の私が、豪華すぎず、控えめすぎず、胃腸に優しそうなもう一品のおかずをご紹介していこうと思います。 七草粥に合うおかず7選 1. 切干大根の煮物 水でもどした切干大根でサッと煮れる、つくりおきレシピとしても優秀な切り干し大根の煮物。 七草粥とあわせるときはあまり濃い味にせずにやさしい風味にしましょう。 材料は乾燥切干大根のほかに、油揚げとにんじんと調味料だけです。 少ない素材で作れるのもポイントのひとつですね。 かぼちゃの煮物 子供たちも大好きなかぼちゃの煮物です。 かぼちゃの甘みが口の中でほっこりと広がります。 カボチャは栄養豊富な緑黄色野菜です。 カロテンやビタミンB郡を豊富に含んでおり、様々な器官の健康維持に効果を発揮します。 また、女性には嬉しい食物繊維も豊富です。 きんぴらごぼう ごぼうとニンジンだけで作れてしまう手軽な副菜として、きんぴらごぼうを紹介します。 きんぴらごぼうは常備菜としてもお弁当としても優秀なので、皆さんも作る機会が多いと思います。 ささがきにしたごぼうやニンジンを好みの方さに炒めて、みりん、砂糖でしばらく煮詰め、しょうゆで味を整えたら白胡麻、一味をふりかけます。 仕上げにごま油を少しだけ垂らせば、照りと香りがでておいしそうなきんぴらごぼうが作れます。 卯の花の煮物 優しい味わいの卯の花の煮物。 ほとんどがおからなので、低糖質で低カロリーの副菜です。 お正月はおいしい料理が食卓に並びますので、どうしても正月太りしてしまいがちです。 お正月に食べ過ぎた分くらいはやせたいという人も多いかと思います。 そんな方には特にオススメしたい一品です。 茶碗蒸し 見た目にも上品で美しい茶碗蒸し。 子供からお年寄りまでみんなに愛されている名脇役です。 卵は完全栄養食品ともいわれ、様々な栄養がバランスよく含まれています。 そんな茶碗蒸しと七草粥の相性は抜群です。 鯛の煮付け 少し豪華なメインのおかずがほしいときは、鯛の煮付けが良いでしょう。 鯛は「めでたい」という語呂なので正月には縁起物として食べられることが多いです。 我が家ではたまに、鯛の煮付けででた魚の旨みたっぷりの煮汁を七草粥にまぜたりして食べています。 わかさぎの甘露煮 もっと控えめな魚のメインがほしいときは、わかさぎの甘露煮はいかがでしょうか。 頭も尻尾もそのまま食べることができるのでカルシウムも豊富です。 甘辛い味とギュっと引き締まった魚の旨みはたまりません。 甘辛いので子供にも食べやすいですし、こういった魚料理は古くから日本で食べられてきたので、お年寄りにも好物な方が多いです。 七草粥に合う副菜・スープ5選 1. あさりは肝臓の働きをよくする効果があるので、正月のお酒などで疲弊した肝機能の回復などが見込めます。 なめこのお味噌汁 手軽に、しかも安く作れて体にも良いなめこのお味噌汁。 なめこのネバネバは胃の中で膨らんで町内環境の改善を促します。 こちらも正月で食べ過ぎた胃腸には優しい食材のひとつです。 かきたま汁 サッと作れて子供にも人気なかきたま汁。 作るときのポイントは、沸騰してから卵をまわしいれることです。 そうすると綺麗なかきたまが作れます。 沸騰していない温いお湯に卵を流しいれると、卵が固まる前に汁全体に卵が混ざってしまい、ただの薄い卵味のスープのようになってしまいます。 湯豆腐 正月の湯豆腐なので、具材を飾り切りにして目でも楽しめる一品にするのが良いでしょう。 豆腐自体は冷蔵庫からだして温めるだけなので、調理工程そのものは簡単にできます。 お漬物 最後は簡単に、つくりおき可能なお漬物を添えるのはどうでしょうか。 お漬物にも様々な種類がありますね。 普段はキュウリや大根のお漬物が食卓に並ぶことがおおいと思いますが、今回はお正月料理ということで、色鮮やかなナス、ニンジン、あれば紫大根などを漬けてみるのはいかがでしょうか。 七草粥のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

おかゆに合うおかず7選とスープ3選、おすすめ献立メニュー!|献立寺

お 粥 に 合う おかず

まずは七草粥の基本のレシピを紹介したいと思います。 最近では、1月7日が近くなるとスーパーで七草セットが販売されているので手軽に七草を手に入れることができます。 一から七草粥を作ってみたい方におすすめレシピです。 紹介するレシピの水の量でおかゆが硬めだと感じたらお好みで水の量を調整してください。 副菜に合わせて塩加減を変えると美味しく食べることができます。 本格的な七草粥を作るには時間が少しかかるのでその間に簡単な副菜やサイドメニューを作ることができます。 七草粥のレシピ【4人分】• 2鍋に火をかけ中火で煮立たせ、一度混ぜます。 3蓋をずらして閉め、弱火で40分程炊きます。 4七草セットの中から、すずしろ・なずなの実を薄切りにして塩で柔らかく茹でます。 5すずしろ・なずなの葉と他の草も柔らかくなるまで茹で、刻みます。 6おかゆが完成したら、刻んだ七草と塩ひとつまみを入れます。 手軽に作るレシピ お米からおかゆを作るのは大変という方には、ご飯からおかゆを作るレシピを紹介します。 ご飯から作るので一からお米に火をかけるより時間が短く済むので忙しい人にもおすすめです。 また、七草もパックのものでなくてフリーズドライタイプもあります。 こちらのレシピなら簡単に七草粥をつくることができます。 七草粥以外の献立も簡単なおかずや副菜も考えておくと忙しい時でも安心です。 ご飯から作る七草粥のレシピ【2人分】• 1お茶碗一杯のご飯を鍋に入れます。 2ご飯が被るくらいの水をいれ火に掛けます。 3弱火で20分程炊きます。 途中、何度か混ぜます。 4炊き上がる5分程前にフリーズドライの七草と塩ひとつまみを入れ軽く混ぜます。

次の

七草粥に合うおかず 夜に食べるなら?献立で悩んだ時の夕飯の提案

お 粥 に 合う おかず

1月7日に食べる、七草粥。 家族みんなで一年間、無行息災でいられますようにと願って食べる行事料理です。 お正月に食べ過ぎて疲れた胃腸を休ませる効果もあるといわれています。 その歴史は長く貴族の間では平安時代から、江戸時代には一般家庭にもその習慣が浸透してゆきました。 そんな歴史深い七草粥ですが、普段お粥というものは病気や胃腸が弱ったときに食べるものですので、そんなに沢山おかずを付け合せるものではありませんよね。 ですが七草粥は立派な行事料理。 付け合せのおかずも正月に合わせたものを用意したいものです。 かといってボリュームがありすぎても七草粥とは合いませんし、控えめすぎても病人食のようで、何をつけあわせたらいいのかいまいちピンとこない方がほとんどだと思います。 そこで今回は料理暦10年の私が、豪華すぎず、控えめすぎず、胃腸に優しそうなもう一品のおかずをご紹介していこうと思います。 七草粥に合うおかず7選 1. 切干大根の煮物 水でもどした切干大根でサッと煮れる、つくりおきレシピとしても優秀な切り干し大根の煮物。 七草粥とあわせるときはあまり濃い味にせずにやさしい風味にしましょう。 材料は乾燥切干大根のほかに、油揚げとにんじんと調味料だけです。 少ない素材で作れるのもポイントのひとつですね。 かぼちゃの煮物 子供たちも大好きなかぼちゃの煮物です。 かぼちゃの甘みが口の中でほっこりと広がります。 カボチャは栄養豊富な緑黄色野菜です。 カロテンやビタミンB郡を豊富に含んでおり、様々な器官の健康維持に効果を発揮します。 また、女性には嬉しい食物繊維も豊富です。 きんぴらごぼう ごぼうとニンジンだけで作れてしまう手軽な副菜として、きんぴらごぼうを紹介します。 きんぴらごぼうは常備菜としてもお弁当としても優秀なので、皆さんも作る機会が多いと思います。 ささがきにしたごぼうやニンジンを好みの方さに炒めて、みりん、砂糖でしばらく煮詰め、しょうゆで味を整えたら白胡麻、一味をふりかけます。 仕上げにごま油を少しだけ垂らせば、照りと香りがでておいしそうなきんぴらごぼうが作れます。 卯の花の煮物 優しい味わいの卯の花の煮物。 ほとんどがおからなので、低糖質で低カロリーの副菜です。 お正月はおいしい料理が食卓に並びますので、どうしても正月太りしてしまいがちです。 お正月に食べ過ぎた分くらいはやせたいという人も多いかと思います。 そんな方には特にオススメしたい一品です。 茶碗蒸し 見た目にも上品で美しい茶碗蒸し。 子供からお年寄りまでみんなに愛されている名脇役です。 卵は完全栄養食品ともいわれ、様々な栄養がバランスよく含まれています。 そんな茶碗蒸しと七草粥の相性は抜群です。 鯛の煮付け 少し豪華なメインのおかずがほしいときは、鯛の煮付けが良いでしょう。 鯛は「めでたい」という語呂なので正月には縁起物として食べられることが多いです。 我が家ではたまに、鯛の煮付けででた魚の旨みたっぷりの煮汁を七草粥にまぜたりして食べています。 わかさぎの甘露煮 もっと控えめな魚のメインがほしいときは、わかさぎの甘露煮はいかがでしょうか。 頭も尻尾もそのまま食べることができるのでカルシウムも豊富です。 甘辛い味とギュっと引き締まった魚の旨みはたまりません。 甘辛いので子供にも食べやすいですし、こういった魚料理は古くから日本で食べられてきたので、お年寄りにも好物な方が多いです。 七草粥に合う副菜・スープ5選 1. あさりは肝臓の働きをよくする効果があるので、正月のお酒などで疲弊した肝機能の回復などが見込めます。 なめこのお味噌汁 手軽に、しかも安く作れて体にも良いなめこのお味噌汁。 なめこのネバネバは胃の中で膨らんで町内環境の改善を促します。 こちらも正月で食べ過ぎた胃腸には優しい食材のひとつです。 かきたま汁 サッと作れて子供にも人気なかきたま汁。 作るときのポイントは、沸騰してから卵をまわしいれることです。 そうすると綺麗なかきたまが作れます。 沸騰していない温いお湯に卵を流しいれると、卵が固まる前に汁全体に卵が混ざってしまい、ただの薄い卵味のスープのようになってしまいます。 湯豆腐 正月の湯豆腐なので、具材を飾り切りにして目でも楽しめる一品にするのが良いでしょう。 豆腐自体は冷蔵庫からだして温めるだけなので、調理工程そのものは簡単にできます。 お漬物 最後は簡単に、つくりおき可能なお漬物を添えるのはどうでしょうか。 お漬物にも様々な種類がありますね。 普段はキュウリや大根のお漬物が食卓に並ぶことがおおいと思いますが、今回はお正月料理ということで、色鮮やかなナス、ニンジン、あれば紫大根などを漬けてみるのはいかがでしょうか。 七草粥のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の