東京 番長 ろくでなし ブルース。 ろくでなしブルース 全巻買取価格と漫画買取おすすめ店舗!

ろくでなしBLUES

東京 番長 ろくでなし ブルース

メインキャラクター 前田太尊 主人公。 由来はマイク・タイソンと前田日明の合成。 頭が悪く、短気ですぐに怒るが、仲間を大切にし、信望も厚い(大橋曰く「愛の戦士」)帝拳高校の実質的な番長で、東京四天王の一人。 初期はなんとなく癖毛のリーゼントに見えたが、だんだんとひさしが短くなっているのが分かる。 涙もろく、下ネタに弱い一面もある。 大阪府出身で実家は尚輪寺という寺。 ボクサーになりたい一心で中学生のときに上京、兄・富士雄のマンションに居候している。 怒るとろれつが回らなくなり、完全にキレると関西弁になる。 プロボクサーを目指しており、ボクシングジムに通っている。 目標はプロボクシング世界6階級制覇。 得意技はアッパーカット、コークスクリューブロー(太尊はスクリューフックと呼ぶ)、ライトクロス(ストレートとスクリューフックを用いる2種類がある)のボクシング技。 その一方でバックドロップやローリングソバット、垂直落下式ブレーンバスターなどのプロレス技も得意としている。 頭の悪さは異常な程で試験の度にほぼ全ての科目で赤点を取り、一桁台の点数を取ることも珍しくない。 女子の髪型の好みはポニーテールで、制服の好みはセーラー服。 女子の制服のデザインで帝拳高校入学を決めたが、どうやって入試をパスしたのか非常に気になるところである。 千秋とは両想いだが友達からあまり進展していない。 強敵とのタイマンの際はほとんど負けたような状態から、挑発して相手を猪突猛進させカウンターで大ダメージを与えて形勢逆転、というパターンが多い。 山下勝嗣 太尊の中学時代からの親友。 米示と中学の頃に、ヤクザの弟に絡んで袋叩きにし、そのヤクザに報復されそうになった時に太尊に助けられ、その男気に惚れ込み、以来行動を共にするようになった。 バイク屋の息子で、よく太尊にスクーターを貸しては壊されている。 額が広く、それを指摘されるとキレる。 パンチパーマ。 小学校時代から腕白坊主で、番長だった事もある。 和美と付き合っており、後に結婚。 スケベだが和美には非常に一途。 名前の由来は山下泰裕、三浦勝嗣。 沢村米示 太尊の中学時代からの親友。 成績はかなり優秀で、帝拳高校では中島と並んでトップだと思われる。 他高との抗争の時は、作戦を考えたり参謀的役割も果たす。 鼻が大きく、それを指摘されると切れる。 小学校の時勝嗣のクラスに転入したことで知り合い、当時は大人しい少年だったが勝嗣に喧嘩を売られたのがきっかけで秘めていた喧嘩の才能が開花、結局は勝嗣と親友になる。 リーゼントヘアーにはこだわりを持っており、クシを常に携帯している。 京都にさゆりという彼女がいる。 名前の由来は沢村忠。 卒業後は大学へ進学。 七瀬千秋 太尊の同級生。 太尊を一途に思っている。 おとなしい性格(ごく初期の頃は勝気な言動や行動が見られ、後のキャラクター設定とは大きく異なっていたが、終盤では時折、気の強い所を見せていた。 太尊と両思いだが、互いに奥手なため関係がなかなか進展しない。 やさしい性格で色々な人から慕われている。 あまりに純情な性格のため、生理になっただけで恥ずかしさのあまり太尊とまともに口も利けなくなるが、他の男子とは普通にしゃべっていたため太尊から誤解を受けたことがある。 今井和美 太尊らの同級生で勝嗣の彼女。 千秋の親友だが、活発で明るく千秋とは正反対の性格をしている。 人の噂などを5000倍に誇張して広める(勝嗣談)ため、よく誤解を招く。 千秋と一緒に不良に絡まれることが何度もあったが、大抵「こっちの女はいらない」「このアホそうな女」などと酷い言われようをされていた。 しかし、バイト先の客である不良にしつこく交際を迫られたり、協栄の赤城に惚れられたり、修学旅行生に芸能人と間違われて追いかけられたりなどしており、「可愛い」と言われることも多かった。 看護学校へ進学予定であったが、卒業直前に勝嗣の子を妊娠したことがわかり、卒業と同時にできちゃった結婚。 最終回では山下家で主婦業をしているらしい描写があり、息子の「拓人」が登場する。 前田家 前田富士雄 太尊の8歳上の兄。 ケンカはとても強いが、極度の近眼でメガネかコンタクトがないと何も見えず、的外れなものに襲い掛かったりする。 腕相撲もかなり強く24年間無敗らしい。 太尊とは登場する度に口ゲンカもしくは殴り合いになっているが、用高の自立を促したり、劣勢に追い込まれた太尊を助けようとしたりもしているので何だかんだで弟達のことは大事にしている。 ホストとして生計を立てているが、最終回では勤務していた店がマネージャーの持ち逃げで潰れたため、ダフ屋になっていた。 外見はヤクザそのもの。 文尊が「寺の息子という運命に縛られてほしくない」と思って名づけたため、寺の長男ぽくない名前になったが、その通りになっている。 名前の由来は尾崎富士雄。 前田用高 太尊の1歳違いの弟。 街中で六甲おろし口ずさむほどの阪神ファン。 後頭部に特徴的なハゲがある。 かつては常に父の後ろにくっ付いて歩く気弱な少年であったが、その後空手を始め、逞しく成長を遂げる。 顔は太尊とよく似ているが、太尊に比べると幼く可愛らしい顔つきをしている。 名前の由来は具志堅用高。 前田文尊 富士雄、太尊、用高の父で、尚輪寺住職。 年齢に似合わない鋼の肉体の持ち主。 握力90kg、パンチ力200キロ、指立て伏せ連続1000回で、親指だけだと60回と、実質は本作中の最強キャラである。 太尊いわく『世界最強のおやじ』で、小さいころにお仕置きされたときは『ヘッドバッド3回のあと兄貴は更にパイルドライバーを食らってた』とのこと。 最近では体力がやや衰えたようだが、藤竹いわく「150歳まで生きるだろう」。 大の医者嫌い。 かつての極東高校初代番長でもあり、辰吉たちの大先輩にあたる。 名前の由来はカルロス・モンソン。 前田茜 太尊の一歳年下の従兄妹。 「ブレザー着ようとすっとジンマシン出んねん病」に罹っている(本人談)ため、ブレザーの帝拳高校に転入しても長いスカートのスカーフ無しのセーラー服を着続けていたが、連載末期には学校の制服であるブレザーを着た。 小兵二軍団の一員。 ケンカの前には必ず「戦いの舞」を踊る。 大変な悪筆。 小兵二に惚れているが素直になれない。 帝拳高校 2学年以上の上級生 畑中優太郎 帝拳高校ボクシング部主将。 応援団との抗争の責任を取り、無期停学となっていた。 太尊とはスパーリングで2度対戦。 最初の対戦ではバックドロップで負けるが、2戦目は太尊の無理な減量による体調不良により、なんなく勝利する。 高校卒業後は辰東大ボクシング部に推薦入学、オリンピック出場を目指す。 両親を事故で亡くし、妹なつみと二人で暮らしている。 名前の由来は畑中清詞。 輪島倍達 元応援団長。 長ランに腹巻、リーゼントにヒゲをはやした老け顔。 度重なる留年で、高校在学中に成人を迎えてしまい、またその年の卒業試験にも落第してしまったので、卒業時には21歳になっていた。 三迫工業の猛者20人を浜田と二人で難なく倒したり、勝嗣、米示、ジョーが束になっても敵わなかった上山を、満身創痍とはいえ破るなど、喧嘩の実力は在学当時では太尊に次ぐNo. 2だったと思われる。 卒業式では在校生に向かい、将来は建築王となると答辞を行った。 名前の由来は輪島功一と大山倍達。 浜田 ボクシング部部員。 畑中が卒業した後は主将として活躍した。 一流ホテルへの就職が決まっていたが、沼田先生に嵌められた太尊と誠二を守るため沼田先生を殴ってしまい、卒業を目前にして退学となってしまう。 筋骨隆々の身体をしており、実力は輪島と並ぶ帝拳No. 2だったと思われる。 その後はトラック運転手になり、何度か太尊たちを助けている。 名前の由来は浜田剛史。 1学年上の上級生 大橋英和 ボクシング部所属。 元々出席がギリギリだったのと、沼田を殴ろうとしたときに偶然、井岡の木材が頭にヒットして入院したため留年し、太尊と同期で卒業。 涙もろいところがある。 ボクシングには非常にまじめに取り組んでおり、最終年には横浜帝拳高校のライバル細野に試合で勝利した。 パンチはなかなかのものを持っているようで、半分まぐれ当たりながら太尊をKOしたこともある。 しかし喧嘩ではあまり強いシーンは描かれず、三原や鬼塚にあっさり倒されている。 武藤とソープに行く描写も描かれている。 在学中からスナックにアルバイトで入っていて、卒業後はバーテンダーになったと思われる。 名前の由来は大橋秀行と赤井英和。 武藤章圭 応援団所属。 輪島卒業後部長を引き継ぐ。 大橋とは元々犬猿の仲だったが、やがて親友となる。 右目下に傷跡がある。 彼もまた大橋同様出席ギリギリだったのと鬼塚にアバラを折られ入院したため、出席日数が足りなくなり留年している。 卒業後を見越して在学中からパン屋でアルバイトをしていた。 名前の由来は武藤敬司と松井章圭。 真冬 暴走族「ブラウン・シュガー」の元メンバー。 三迫工業に通っている同学年に恋人がいたが交通事故で亡くす。 以来自棄気味となって周囲に冷たく刺々しい態度をとり敬遠されていたが、太尊や原田成吉と出会い、次第に性格に変化が現れる。 成吉とは恋人同士。 卒業後は美容師になる。 桑田 応援団員。 武藤がボクシング部の助っ人に行った際、団長代行を任された。 名前の由来は桑田弘。 山崎 応援団員。 体系は少し太っている。 1巻から登場し、よく武藤とつるんでいた。 協栄高校の生徒にやられた時、太尊が風邪を理由に仇をとることを断ったことが太尊と輪島たちとの間に亀裂を生んだ。 輪島と共に卒業しており、3年生の時期には全く登場していない。 同学年 原田成吉 高校生プロボクサー。 暴走族とのトラブルが原因で網膜剥離となってしまい、一度は引退するも、太尊と真冬に刺激されてプロとして復帰、後に日本チャンピオンとなり、単身アメリカへ武者修行へ行く。 太尊のライバル的存在。 真冬に好意を抱いている。 かなりのハードパンチャーで、テクニックも高い。 太尊にライトクロスを指導した事もある。 最終回は、世界王者となった成吉と太尊のボクシング世界戦で幕を閉じる。 女生徒にかなりの人気がある。 名前の由来はファイティング原田と文成吉。 中田小兵二 帝拳高校の番長(名目上)で、小兵二軍団の初代総帥。 作品一のへたれキャラだがどこか憎めない。 主要人物と比べるとケンカは弱く、あっさり負ける場面も多いが渋谷や浅草との抗争では意外な活躍も見せている。 さらに運動神経もよくスポーツが全般的に得意であるが、派手なパフォーマンスを好み、そのセンスも悪く周囲の人気は無い。 親は金持ち。 千秋に盲目的な恋心を抱いており、太尊のライバルを自称しているが、ほとんど相手にされてない。 名前の由来は、元日本バンタム級王者で、後にキックボクシングにも挑戦した田中小兵太。 渡久地丈一郎 通称ジョー。 札幌享栄中学より転校してきた渡久地兄弟の兄。 転入してきた当初は弟の誠二と共に策略を巡らせて前田から番長の座を奪おうと試みたが、太尊に倒され、その後は和解している。 客観的な分析力に優れ、勝嗣たちも気がつかなかった太尊の性格と行動を指摘した。 長身で実はバスケットボールが得意でかなり上手い。 名前の由来はピューマ渡久地と辰吉丈一郎。 中島淳一 写真部所属。 長髪の鬱陶しい、典型的なオタク少年。 自慢話をする時に前髪を振り上げ、ツッコまれて「痛いっ! 」とよろめく姿はギャグ漫画としての本作ではお馴染みのシーンである。 顔はそっくりだが太っている淳二という弟がいる。 修学旅行のときは酒を飲んではっちゃける姿を見せ、周囲の笑いをとっていた。 写真の腕前は非常に高く、コンクールに入賞する他に一見しただけでは解らない出来の合成写真を作り上げる程。 容姿のモデルは宅八郎。 名前の由来は、鬼塚勝也との二度に渡る死闘で有名な元日本ジュニア・バンタム級王者の中島俊一と思われる。 小見山広成 小兵二の連れで"小兵二軍団"の一人。 初登場時はそれなりに悪そうなチンピラのイメージで描かれていたが、その後は小兵二の不始末を皆様に申し訳なさそうにお詫びするキャラクターが定着した。 名前の由来はジュニア・フライ級元世界ランカー小見山カツミと思われる。 大友弘之 小兵二の連れで"小兵二軍団の一人。 小見山広成と同様、暴走する小兵二の尻拭い役として定着。 名前の由来は元日本ライト級、元東洋太平洋ライト級チャンピオン大友巌と思われる。 吉野 野球部のエースピッチャーで決め球はシュート。 小兵二とは1年のときもめており、勝負して勝っている。 この出来事が原因で小兵二は退部している。 (その後三兵太の入部を賭けて再度勝負している)かなり実力があるらしく、彼にあこがれて入部した1年生も多い。 三兵太に期待をかけている。 名前の由来は吉野弘幸と思われる。 美香 お団子頭が特徴的な太尊の同級生。 元々は太尊が好きだったがある一件をきっかけに三兵太の彼女になる。 北澤 小兵二のクラスメート。 非常にサッカーが上手く女子生徒に人気があったが、小兵二にズボンを脱がされた事件がきっかけで人気を失う。 北澤自身はそれをずっと恨んでおり、後に小兵二のズボンを脱がして報復するも、アクシデントにより相打ち。 名前やその髪型から見て元ヴェルディ川崎の北澤豪がモデルと思われる。 ジェニファー加長井 太尊達の同級生。 ポニーテールで一応ハーフの留学生。 名前の由来はカオサイ・ギャラクシー。 1学年下 中田三兵太 小兵二の弟。 野球部員。 背が小さく童顔であるため、女生徒にモテていたが、その後、身長が伸び野球も上手くなったためさらにモテるようになる。 そのことで兄の小兵二から嫉妬されている。 実は太尊の幼少期と瓜二つである。 渡久地誠二 丈一郎の弟。 小柄で兄とはあまり似ておらず、喧嘩も余り強くない。 よく人質にされる。 ボクシング部に所属。 ストーリー内で鼻骨を3度折ると言う負傷をしてしまう。 他にも、渡嘉敷にはスパーリングで病院送りにされ、葛西には肋骨を折られている。 美術教師の観月先生のことが好きだが、観月は井岡のことが好きだったために失恋。 恋愛に関しては純情。 名前の由来はピューマ渡久地と浅川誠二。 大柄蔵人 写真部員。 中島の弟子で彼に写真に関する様々な技術を教わっている。 名前に反して非常に小柄で大人しい生徒。 優等生タイプでありながら太尊たちとも普通に会話でき、更に小兵二軍団の軍団員でもあったりと広い交友範囲を持つ。 外見のモデルは集英社に実在した編集者。 千原セイジ 連載終了直前になって登場した大阪からの転校生。 大阪での縁から茜を「茜ネェさん」と呼ぶ。 茜の誘いで小兵二軍団に加入し軍団幹部となった。 モデルは千原兄弟の兄、千原靖史で名前がカタカナである事以外は本人そのままである。 千原コージ 千原セイジの弟。 兄から「ちょっとネクラ」(雑誌掲載当時は自閉症だったがコミックスではネクラに修整)と言われた通り終始無表情で無言だった。 ここでは一応1学年下に分類しているが作中ではこの兄弟の年齢、学年は不明。 モデルは千原兄弟の弟、千原浩史(千原ジュニア)。 2学年下 大場浩人 通称ヒロト。 中学時代のとある事件をきっかけに太尊と知り合う。 当時は米中の番長を張っていた。 太尊を「殿」と仰ぎ尊敬している。 怯えると高い場所に上る。 空回りと悪ノリのひどさで加減を見失いがちで、深刻な問題を引き起こし、後悔に駆られることもしばしば。 ケンカっ早く強気な行動に走りがちだが、実力は武闘派の中では弱いほうと思われ、自身が重傷を負うことも多い。 鶴田や八尋を不意打ちで下す星をあげた事はあるが、いずれも後先考えない手段を用い、しかも両人とも病院送りにしてしまい、戦功としてはマイナスに働いてしまっている。 また、基本的にこの漫画の登場人物は武器を持ち歩かないが、彼はメリケンサックを常備している模様。 ひなのに好意を抱いているため、海老原と折り合いが悪い。 喧嘩が原因で、水道橋駅で走っている電車に接触して大怪我を負ったことがある。 名前の由来は大場政夫とTHE BLUE HEARTS(当時)の甲本ヒロトで、外見上のモデルもTHE BLUE HEARTS時代の甲本本人をモチーフにしている。 海老原昌利 通称マーシー。 中学時代に留年を経験、教師に前田以上と陰で言われる。 中学時代、不良グループの頭にタイマンを挑むも、大勢で袋叩きにされた挙句、カッターナイフで額に傷を付けられてしまい、その額の傷痕を隠すため、常にバンダナを巻いた。 その負傷事件以来、人を信じず孤独な一匹狼的スタンスをとっていたが、前田太尊と出会い、熱いタイマン勝負に負けて仲間になる。 本人曰くプロレスは得意で、飛び膝蹴りが必殺技。 喧嘩の腕もかなり達ち、敵のNo. 2との対戦も多い。 敗戦の描写も少なく、太尊の3年時においては、実力は太尊に次ぐNo. 2だったと思われる。 また本人はほとんど興味が無いようだが、女子生徒に非常に人気があり、カッコいい男の代名詞的扱いを受けている。 前田らとの和解・仲間入り後は、やや天然ボケな一面も見せ、小兵二軍団の一員にも加えられる事となる。 その後、いつも着ているTシャツは小兵二軍団のTシャツである。 八尋とのタイマン勝負の回以後は、他校ながら彼と一緒にいるシーンも多い。 名前の由来は海老原博幸とTHE BLUE HEARTSの真島昌利で、外見上のモデルもTHE BLUE HEARTS時代の真島本人をモチーフにしている。 松村純之助 ヒロトの中学時代からの相方。 ヒロトと行動をともにしているため、なにかと面倒に巻き込まれることも多いが、比較的常識人である。 それゆえ、他の同級生と比べると影が薄いが、太尊達の学年でいう米示のような存在にいずれなり得そうな印象を受ける。 女性には優しく、その優しさに付け込み自分を騙していた女子高生にさえ手を上げることができなかった。 名前の由来は元東洋太平洋フライ級チャンピオンの松村謙二、外見上のモデルはTHE BLUE HEARTSの河口純之助。 石松 モヒカン頭の巨漢。 喧嘩の際は怪力に物を言わせて相手を投げ飛ばす。 タイマンの戦歴は少ないが、実力ではマーシーと並ぶ帝拳後半期のNo. 2と思われる。 頭脳は明晰でなくすぐに自爆してしまい、その体格と、どもり口調で誤解を受けやすいが、無用な争いは好まず朴訥な優しい性格で、マーシーの親友で一番の理解者。 名前の由来はガッツ石松、外見上のモデルはTHE BLUE HEARTSの梶原徹也。 故に作中では表記されていないものの、下の名前も「徹也」だと推測される。 また、性格や口調などの設定は、同じ髪型であるウド鈴木を連想させる。 加納 写真部員。 眼鏡をかけている。 中島のお祝いをよそに「早く帰ってFF6の続きをやりたい」と発言したりもしているので中島及び写真部の活動に関してはあまり熱意を持っていないようだ。 大柄の勧誘で後に小兵二軍団に加入する。 名前のモデルは加納典明。 篠山 写真部員。 やや太り気味の生徒。 加納同様に大柄に誘われ小兵二軍団に加入。 モデルは篠山紀信。 槙原ひなの 生まれつき茶髪のショートカット。 海老原に好意を抱いている。 ヒロトとは喧嘩友達のような関係。 名前の由来は吉川ひなの。 ナミエ ひなのやヒロトらの同級生の「遊んでるスケベな女子高生」。 男の股間を勃起させることを生きがいとしている。 ひなのへの嫌がらせのような形で海老原に迫るが、当の海老原に「お前嫌いだし」と一蹴された。 名前の由来は安室奈美恵。 麻亜子 ひなのの同級生で友人。 ひなのより先にキスの体験をしている。 梶原 一年生。 ヒロトを通じて海老原に手紙を渡すように頼む。 手紙は結局ヒロトに破られてしまい海老原の手には渡らなかった。 菅野ちほ 一年生。 誠二が好きで告白するが振られてしまった。 名前の由来は菅野美穂。 3学年下 慎二 ヒロトの後輩の中学生。 彼の軽い一言がヒロトに大きな影響を及ぼした。 太尊達の卒業後、帝拳高校へ入学したことが最終回で明らかになる。 名前の由来は竹原慎二? 教師 近藤真彦 帝拳高校ボクシング部顧問で、太尊達のクラス担任でもある。 太った体にヒゲ面が特徴。 通称マサさん。 当初はマサさんと呼ばれると「近藤先生だ」と訂正したが、途中から訂正しなくなった。 かつては日本屈指のアマレスラーで、オリンピック代表に三度選ばれるものの、様々な事情で結局一度も出場は叶わなかった。 教師の鑑のような存在で、太尊をはじめとして様々な生徒に慕われている。 後に美術教師の浅野洋子と職場結婚し、三つ子を儲ける。 名前の由来は近藤真彦、モデルはマサ斎藤。 井岡 帝拳高校の英語教師兼生活指導係。 先の割れた竹刀を常に持ち歩いている。 パンチパーマにサングラスというヤクザそのものの外見で腕力も強く、赴任当初は非常に恐れられていた。 だが、太尊に殴られてパンチパーマがハゲを隠すためのカツラと発覚してからは急速に権威が失墜。 以来、太尊を目の仇にして何度も復讐を企む。 しかしながら基本的には心から生徒を思い遣っている良い教師で、太尊と殴り合いになっても、男と男の勝負に教師と生徒の関係は無用とのことで不問にするなど男気のある人物である。 給料が安く、だらしなく、足が臭く、毛深く、ヅラと発言した事もある。 見た目に反して根は純情で、女性とはまともに目を合わせて話すこともできないためサングラスを常にかけていた。 初めは美術教師の浅野に惚れていたが、その浅野はマサさんとの結婚で退職。 その後、浅野の後任として赴任してきた観月先生をめぐり、何度となく誠二と恋の鞘当てを行ったが、最終的には勝利を収めて彼女と結婚を果たした。 名前の由来は井岡弘樹。 竹原 帝拳高校の体育教師。 「高校生らしい頭髪ではない」との理由からヒロトや勝嗣等を強制的に丸刈りにしたり、女生徒へのセクハラなど横暴の限りを尽くしていたが、行き過ぎを咎められ学校から謹慎処分に。 復帰後もあらゆる手を使い、太尊らを退学処分にしようと目論んだ。 その後、実家の父が倒れたために休職。 その事件が自分の教師としてのあり方を考え直すキッカケとなった。 最終話ではヒロトの担任として登場。 名前の由来は竹原慎二。 校長 通称キング。 本名不明。 登場初期からかなり奇抜なキャラだったが連載が進むにつれて外見以外は割と普通っぽい性格に落ち着いた。 太尊達の卒業式で結婚式のスピーチのような挨拶を行っている。 モデルはドン・キング。 沼田 進路指導教師。 陰湿な性格で生徒に嫌われている。 また「不良生徒は冤罪に陥れてでも排除すべき」という危険な思想の持ち主。 太尊達を常に目の敵にしておりその態度からも見て取れるように少なくとも彼らを「処分」する気はあっても「教育」「指導」しようとする気はほとんど無い、ある意味マサさんの対極に位置する人物。 教頭に昇格するべく、校長にあからさまなまでのおべっかを使うなど、出世欲だけ異常に強い。 名前の由来は沼田義明。 藤竹 保健教師。 保健教師以前は、名カットマンとまで言われる程の腕を持っている。 マサさんとは学生時代のレスリングのライバルであり、恋のライバルでもあった。 原田成吉の保護者的存在。 モデルはルックスからも分かるとおり元世界J・ウェルター級王者の藤猛。 具志堅 体育教師。 幼児みたいな舌足らずな口調でしゃべるキャラだったが、作品の後半ではなぜか普通の喋り方に直っている。 いつも乱闘になる太尊たちのクラスの授業に頭を抱えているが、授業に罰ゲームなどを取り入れるなどしてなかなかうまく太尊たちをコントロールしている。 モデルは具志堅用高。 笠 古文担当の老教師(おそらく講師)。 普段は何をされても怒らない穏やかな人物であるため生徒からナメられ、授業中は自由時間のような状態であった。 しかし本来は、一度怒ると歯止めが効かなくなる性格だったため妻に逃げられており、それ以来怒らないように心掛けてきた。 実は空手の達人で鬼のように強く(空手七段)、竹原を蹴り倒して以来生徒達が大人しくなった。 文尊と並ぶ作中最強の人物の候補。 モデルは笠智衆。 丸山 教師の一人。 担当教科や担任のクラスは不明。 だらけている吉野を注意し警告を与えていたことから野球部の顧問だった可能性もある。 名前の由来はジャッカル丸山か? 浅野洋子 美術担当の美人教師。 数々の生徒・教師を魅了していたが、自分を本気で叱ってくれたマサさんに惚れ、やがて結婚、寿退職した。 マサさんとの間に三つ子を設ける。 名前の由来は浅野ゆう子。 観月真梨絵 寿退職した浅野の後任として赴任してきた23歳の女性教師。 学校のアイドル的存在。 彼女をめぐり井岡と誠二が激しく争った。 金や権力には一切興味が無く、御曹司との見合いの席を断って井岡と結婚した。 名前の由来は観月ありさ。 帝拳高校以外の吉祥寺の高校 米倉商業高校 島袋大 米倉商業高等学校の番長。 かつては柔道部のエースだったが、ある事件(後述)で留年してしまい、柔道を断念している。 困っている人を見過ごせない人格者で、後輩の面倒見も良く人望は厚く、卑怯な事を嫌う。 筋の通らない事があると、体を張って後輩を守る。 ただし「玉袋」と呼ばれると激怒する。 自動車を無免許運転していた前田ら3人の車が踏切内で立往生してしまい、電車が迫ってきた所に、同じく無免許運転の島袋がブレーキの壊れた車で後ろから追突して前田らの車を踏切内から押し出し、3人を救った事がきっかけで太尊らと知り合う。 このときの行き違いから太尊とはしょっちゅう喧嘩する仲になったが、心の底から敵視しているわけではなく、いざという時は互いに助け合う親友でもある。 実質吉祥寺に於いては、太尊と対等に接する数少ない存在で、太尊とケンカするときは互角に戦い勝負がつかないが、他校との抗争の時は辰吉、鬼塚、葛西らに一方的に倒されており(油断や場所が悪いということもあるが)、どれくらい強いのかはっきりしないという意見もある。 喧嘩にも柔道技を駆使する為、狭い所では本領を発揮出来ないのが弱点。 実は彼女がおり、番外編に一回だけ登場する。 名前の由来は島袋忠司。 八尋 米倉商1年。 角海老中出身。 攻撃的な性格で喧嘩もかなり強い。 太尊と本気で争おうとしない島袋に苛立ち、奇襲で島袋を倒し、米商の番長の座を奪い取る。 しかし、その後島袋の真の強さに感服し、舎弟として数々の戦いで活躍するようになる。 海老原とは1度対戦して負けているが、強さはほぼ同等と思われる。 海老原とは良きライバルであり、お互いに認めているところもある。 同級生の霧子のことが気になるが、霧子が島袋に惚れているために素直になれない。 霧子の島袋への恋のために一人で不良たちと戦って袋叩きにされたこともあった。 名前の由来は八尋史朗。 杉谷 武藤の中学時代の同級生。 中学時代はナイフやチェーンを普段から携行し、ケンカの度に取り出すような男だった。 武藤との一件をきっかけに高校生になってからは卑怯を嫌う正々堂々とした人物へと変化した模様。 名前の由来は杉谷満。 佐藤霧子 佐藤零の妹。 中学時代に協栄高校の不良に絡まれている所を島袋に助けられたのをきっかけに米倉商業に入学、柔道部のマネージャーとなる(しかし島袋は、霧子を助けたために追試の時間に遅れ留年、柔道部を退部してしまう)。 八尋とはクラスメート。 八尋の気持ちにはまったく気づいておらず、八尋のことを野蛮な不良と思っている。 アイコ 武藤、杉谷の同級生で杉谷の恋人。 かつて彼女を巡って武藤と杉谷が争ったことがあるがアイコは杉谷の方に想いを寄せていた為、武藤は身を引くことになった。 中学時代の髪型は眼鏡にポニーテール、高校では髪を下ろし眼鏡も外していた(コンタクト? 協栄高校 赤城肇 協栄高等学校の元番長。 小説版では吉祥寺のNo. 3と評される実力者で、米示たちすらその格は太尊や島袋より上と認めるほどのもの。 中学時代同級生の鬼塚には前歯を折られていたり、上山とのタイマンにも惜敗するなど、作中の戦歴は良くないが、卒業後もOBとして泣きを入れてくる後輩達の様々な世話を焼いている。 井の頭公園で評判のたこ焼き屋台を経営。 無類の酒好き。 元々はパンチパーマだったが、飲み比べで太尊(の酒乱癖)に負けて以来、太尊への敬意としてスキンヘッドにしている熱い一面もある。 太尊には頭が上がらず敬語を使っていたが、渋谷との抗争時から、何故か同格的な扱いになった。 伯父の紹介によりアメリカのダラスでたこ焼き屋を始めるチャンスを得るが、太尊たちのミスにより話がなくなりかけた。 そこを島袋にフォローしてもらい事なきを得る。 その後、屋台を島袋に託しアメリカに旅立つ。 かつてかなり本気で和美に惚れていた。 名前の由来は赤城武幸、数見肇。 西沢 協栄高等学校の生徒で、三迫中学校の卒業生。 中学時代、タイマンを申し込んだ海老原を仲間と共に袋叩きにし、さらにはカッターで額に傷を付けた。 トップに立つという欲望だけは強いが、それだけの器はなく、姑息な手段でしか勝つことが出来ない。 海老原から一騎打ちを申し込まれた際には八尋との決闘も同じ時刻に指定し、鉢合わせた海老原と八尋の一騎打ちを画策し漁夫の利を狙ったが、最終的には海老原に返り討ちにされた。 その後、ヒロトの話では八尋にもぼこぼこにされ、赤城にも説教される。 海老原と八尋は、この時のタイマンをきっかけに結びつくことになる。 名前の由来は第42代日本ライト級王者西沢誠と思われる。 神代 赤城の舎弟その1。 スキンヘッドで眼鏡の人。 名前の由来は神代英明。 坂本 赤城の舎弟その2。 モヒカン頭でちょっと太めの人。 名前の由来は第33代日本ウェルター級王者坂本孝雄か? ヒトシ 西沢の連れ、その1。 西沢の加勢をする為に控えていた。 勝嗣の回し蹴りを喰らった(? ) 和也 西沢の連れ、その2。 下西 石松の中学時代の同級生。 石松に対して深い尊敬と信頼を持ち合わせている。 角海老高校 平仲光二 角海老高校の番長で、なつみの彼氏。 高校のボクシング大会で畑中との試合中に左拳を潰した事が原因でグレた。 その後畑中を心の底から恨み、畑中の高校最後のボクシング大会を理由に他校との抗争を起こせない前田達をボコボコにした。 しかし、最後はブチキレて手を出してしまった太尊により打ちのめされ、やけになって使える右の拳も潰そうと壁にパンチを繰り出そうとしたが、その壁に畑中が手を差し伸べた事で和解し、自らの行いを本当に反省した(この時畑中はバンテージを厚く巻いていたため、拳には一つも傷を負わずに済んだ)。 過去に他校の不良に絡まれていたなつみを助けた事もあり、根は悪い人間では無い事が察せられる。 名前の由来は平仲明信と小林光二。 誠 角海老高校の多分No. 2的存在だと思われるが、喧嘩は大して強くない。 光二の命令でなつみを迎えに行った時、太尊に一発殴られただけで逃げて行った。 畑中なつみ 角海老高校の女生徒。 帝拳高校ボクシング部主将、畑中優太郎の実の妹で、光二の彼女。 兄優太郎とのボクシングの試合で拳を潰し、それが原因でグレた光二に対しては、最後まで本当の彼の姿を信じていた。 三迫工業高校 三原剛史 三迫工業高校の番長。 ブラウンシュガーとの抗争の中、当時真冬の彼氏だった武士の策略にはまり、警察の目の前で武士の右目を殴った為に年少(少年院)行きとなった。 真冬への報復、太尊への敵対心の為に舎弟を率いて帝拳高校を襲撃。 電話線を断ち切った上で勝嗣らを始めとする生徒、更にはマサさんにまでも暴行を加える。 その後、賢徳寺にて武士の墓の前にいる真冬を仲間と共に痛めつけ復讐を果たそうとするも襲撃時には不在だった太尊、輪島、浜田の3人が駆けつけたことにより阻止された。 極悪卑劣なその性格もさることながら、大橋を全く問題にせず太尊とも互角の勝負を繰り広げるなど喧嘩に関してもかなりの強さを誇る。 名前の由来は浜田剛史と三原正。 飯泉ナオト 三迫工業高校の生徒で、米示の中学時代の同級生。 当時米示の彼女であったさゆりの唇を強引に奪った軟派的な男であり、キャラ的には硬派の三原とは対照的である。 空手の有段者であり、殴り込みをかけた米示をあと一歩まで追い詰めたが、最後はキレた米示によって倒された。 年少から戻ってきた三原に対しては決して逆らえない。 三迫工が帝拳に殴りこんだ後、武士の墓のある賢徳寺で太尊に半殺しにされ、それ以降まったく登場しなくなった。 名前の由来は飯泉健二と高橋ナオト。 赤井武士 三迫工業高校の生徒で真冬の彼氏だった人物。 ブラウンシュガーとの抗争を警察に連絡したため、ブチキレた三原に右目を潰され視力を失った。 後に、医者に止められていたバイクに乗ってしまったのと、トラックの居眠り運転に巻き込まれて命を落とす。 名前の由来は赤井英和と大和武士。 吉祥寺以外の高校 渋谷楽翠学園 鬼塚 渋谷楽翠学園の番長。 東京四天王の一人。 非常に卑劣で冷酷非情な男であり、力と恐怖で仲間を支配。 味方であってもミスがあれば殴りつけ、気に入らない暴走族のリーダーを半殺しにし、敵と戦う仲間をまとめて2階から突き落としたりと、仲間を身勝手な道具としか見ていなかった。 しかし、太尊に敗れた後は上山にその座を禅譲して仲間の信頼を得、真の渋谷のリーダーに成長。 大阪抗争編では、人を振り回す程の怪力をみせている。 また、太尊にはアゴを割られても立ち向かっていき、葛西にはアバラを折られてもギブアップしないと、かなりの負けず嫌いと精神力が伺える。 学年は太尊たちと同じだが、中学のときに留年しており年はひとつ上になる。 そのためか、四天王共闘のときには沈着冷静・理知的な描写を強めて参謀的立場を務め、暴走する川島に仲間との信頼を諭す姿すら見せた。 ランチコートを愛用している。 名前の由来は鬼塚勝也。 上山 渋谷楽翠学園のNo. 輪島に匹敵する体格でボディ攻撃が通用しない。 吉祥寺との抗争では、勝嗣、米示、ジョーを三人まとめて倒し、赤城にホースで首を絞められるも針金で閉められたホースを引っこ抜いて勝利し、高い実力を見せ付ける。 輪島には今までのダメージもあってか、善戦したものの敗れてしまうが、その風貌と圧倒的なパワーは、赤城から『ビガロ』と喩えられた。 吉祥寺の面々が鬼塚のことを散々けなしても何も言わなかった樂翠の面々が、上山への悪口に怒って吉祥寺の面々と乱闘するなど、鬼塚とは違い、彼は純粋に仲間から慕われていたのが伺える。 赤城に諭されて鬼塚との決別を決め、抗争後は形式上彼が頭になったが、再登場した時には鬼塚が実質的なトップとなっており、また仲間からの厚い信頼を得ていたことを考えると、彼は鬼塚にトップの座を返上したように見える。 極東との抗争では川島に持ち上げられた上、投げ捨てられた。 名前の由来は上山仁。 須原 楽翠学園のNo. 太尊と同じ大阪出身で関西弁で喋る。 軽い身のこなしを活かした戦法が得意。 吉祥寺との抗争では鬼塚のあまりの非情・卑劣さに嫌気が差して戦意を失い、島袋にわざと投げられ続けてKOされる。 名前の由来は須原隆一。 小太郎 外見が小柄で気弱そうな感じ。 鬼塚に陰口を聞かれてしまい、太尊らと共に吉祥寺に逃げる。 鬼塚の命令に背き負傷した仲間をかばうなど、意外と芯の強い一面もある。 名前の由来は林小太郎(林在新の日本でのリングネーム)。 松本 楽翠学園の生徒。 渋谷で和美をナンパした。 この時に止めに入った勝嗣といざこざを起こしたことがきっかけで後の渋谷と吉祥寺の間で抗争が起こった。 名前の由来は松本好二。 古城 松本の救出と太尊達への報復の為に鬼塚を呼びに行った。 名前の由来は古城賢一郎。 浅草笹崎高校 薬師寺 浅草笹崎高校の番長。 東京四天王の一人。 無駄な喧嘩を好まず、名を上げる事にも興味を示さないが、仲間を大事にしている事から人望は厚い。 空手を習得しており、特に蹴り技が得意だが、状況によって目隠しや関節技などのテクニカルな技も使用する。 また太尊のアッパーを凌ぐなど、防御技術にも長けている。 かつて吉祥寺に住んでいた時期があり、その頃の同級生である千秋や和美とはヤッくんと呼ばれる仲。 特に千秋には中学時代に転校してからも想いを寄せており、太尊とは四天王としての宿敵であると同時に千秋を巡る恋敵でもある。 太尊と争う気は無かったが、本人を眼前にして勢いで千秋を連れ去ってしまい、必然的に決着を付けることとなってしまう。 大阪抗争編では千秋と和美の呼び出しに応じて参戦。 他の四天王との兼ね合いからか葛西に突っかかったり、大勢の敵がいるにも拘らず大技を出して隙だらけになってしまい、一斉に反撃される(しかも2回)などやや軽率なキャラになっていた。 千秋を吹っ切った後は、気恵という子と付き合っているらしい。 名前の由来は薬師寺保栄。 鶴田 浅草笹崎高校のNo. 角刈りに眉無しとかなりの強面。 亀岡と吉祥寺に殴り込み、喫茶店にいた勝嗣・米示・松村を打倒して宣戦布告とした。 相当の実力者だが、何よりも危険なのはその凶暴な性格で、椅子で勝嗣達を叩きのめし、太尊の頭に缶がぎっしり詰まったゴミ箱を振り下ろすなど、およそ容赦というものを知らない。 浅草に舞台が移ってもその強さは変わらず、リベンジに来た勝嗣・米示と小兵二を苦戦しながらも返り討ちにしたが、直後にヒロトの奇襲を受け滅多打ちにされて病院送りとなった。 大阪抗争編では太尊に余計なことを言って殴られたり、鷹橋が川島の心情について説いているところにしゃしゃり出てきて梅津に蹴り飛ばされるなど、少々無粋な面が目立った。 名前の由来はジャンボ鶴田。 亀岡 浅草笹崎高校のNo. アフロヘアーと揉み上げが特徴。 弾けた髪型とは裏腹に落ち着いた性格で、鶴田の抑え役であり笹崎の参謀的存在。 名を上げようとしない薬師寺に業を煮やして鶴田と共に吉祥寺に殴り込み、強引に抗争の原因を作る。 鶴田と違って喧嘩は強いとはいえず、浅草において太尊に一方的にやられ、その後リベンジに燃えるも今度は海老原に倒された。 浅草花やしきのローラーコースターがお気に入り。 ユージ 薬師寺の舎弟の一人。 薬師寺に味方の被害を伝えた。 笹崎北高校 六車 笹崎北高校の番長。 自信過剰な性格。 自分に初の黒星を味合わせた上に、顔に傷を付けた薬師寺を付け狙っている。 浅草に来た太尊と薬師寺を巡って戦ったが敗北し、たまたま出会った千秋を人質にして報復しようと画策するも、薬師寺によって阻止される。 最後は太尊に共闘を持ちかけて薬師寺の打倒と浅草の確保を図るが、制裁のアッパーを受け完全に粉砕された。 名前の由来は六車卓也。 池袋正道館高校 葛西 池袋正道館高校の番長。 東京四天王の一人で喧嘩の強さは太尊と1・2を争う。 かつてケンカに敗れて仲間を失ったトラウマから、強さを示すことでしか仲間の信頼を得られないと考えており、強い人間を倒すことに執着している。 東京四天王の一人に数えられるのが嫌で、自分が最強であることを示すために四天王制覇を狙う。 殴る蹴るといったオーソドックスな攻撃も得意であるが、ドロップキックやバックブリーカー、ラリアットなどのプロレス技も得意とする。 太尊との初戦ではライト・クロスをも繰り出し、太尊を驚愕させた。 太尊を含む四天王の三名に圧倒的な強さで一度ずつ勝っている。 過去にバットでアバラを折られている為に鬼塚と薬師寺との戦いでは、最後にアバラを折る儀式を行っていた。 太尊には最終的に額をぶち抜かれリベンジを果たされている。 名前の由来は葛西裕一。 坂本 池袋正道館の生徒で葛西の旧友。 かつて葛西が敗れた際唯一彼のもとに残った。 そのため葛西から特別視されているが、徐々に暴走を始めた葛西の将来を案じていた。 太尊と葛西の直接対決を前に単身吉祥寺に出向き太尊に葛西を止めてくれるように依頼する。 グループからは一歩距離を置いた位置にいるが実質池袋正道館のNo. ケンカはかなり強く太尊や葛西とも闘ったことがある。 名前の由来は坂本博之、外見のモデルは三浦知良。 西島 正道館No. 長渕剛を意識した風貌だが、帝拳連中からは「勉三さん」と呼ばれる。 蹴りで電話ボックスのガラスを割ってヒロトを捕らえ、井の頭公園では七井橋で海老原とタイマンを張り追い込むが、加勢した八尋に不意打ちをくらい二人に池に蹴り落とされた。 葛西を信頼している。 名前の由来は西島洋介。 リン 本名不明、モヒカンのようなヘアスタイル。 葛西に反感を持っておりトップに立つ機会を窺っていたらしい。 西島と同等の力があるが、勝手な行動に走りやすくかえって窮地に追い込まれることがある。 極東高校編ではすっかりお笑いキャラに変化。 鷹橋に「歯ブラシ頭」と呼ばれた。 この時は葛西を本当に信頼していたようだ。 名前のモデルは恐らくロッキー・リンと思われる。 牧山 大きなリーゼントのような頭が特徴的な男。 浅草で亀岡を建物の屋根から蹴り落とした他、池袋の駅では島袋でさえ圧倒していた程で2年生の中ではかなり強い。 名前の由来は元日本ジュニアフライ級王者牧山雅秀。 山中 正道館の生徒で最初に吉祥寺に訪れた。 千秋をナンパしに来た際、太尊達に捕まり人質にされる。 太尊に敗れた葛西の元へハンカチを持って駆けつける等、葛西への信頼は厚かったようだ。 名前の由来は山中郁夫。 仁 山中と二人で吉祥寺に現れた。 バス停の標識で太尊の脇腹を殴り負傷させる。 彼を含め正道館の生徒は全員がそれなりに強いらしい。 名前の由来は恐らく上山仁と思われる。 江口 三年生。 溜まり場の喫茶店にいたが本格的な暴走を開始した葛西によって殴り倒される。 この時、彼やリンを含めた総勢十名近い生徒が犠牲になっている。 名前の由来は江口九州男。 極東高校 辰吉保栄 太尊の大阪時代のライバル。 テコンドーの達人で、極東高校の番長。 島袋を倒す程の実力を持っている。 1度やられたら地獄の底から這い上がってでも20倍にして返すという執念と凶暴性の持ち主だが、筋道と義理を重んじ、相手を許せる一面もある。 そのため後輩から「仇を取ってくれない」と思われることもある。 名前の由来は辰吉丈一郎と薬師寺保栄。 川島清志郎 傷害事件で少年院に入っていた。 少年院に入る前は辰吉とソリが合わず、辰吉派にヤキを入れられていた。 退院後、極東高校に復学し、即座に辰吉を倒して極東高校の番長となる。 同級生を組織し、兄を殺した暴力団への復讐を企てていた。 10円玉を片手指だけで曲げることができ、高校生とは思えない肉体と超人的な身体能力を持つ反面、ドストエフスキーに耽る知性的な面もある。 名前の由来は川島郭志と忌野清志郎。 五代 辰吉派の3年生。 2年生の時新幹線や映画村で太尊達にやられている。 非常に単純で物分りが悪い。 名前の由来は五代登。 李 辰吉派の3年生。 サングラスとリーゼント。 太尊達にやられた五代を制裁したことがある。 相方の五代に比べると理知的。 鷹橋 川島派No. 一度は退学するが川島の復学を聞いて梅津と共に復学した。 東京連合との抗争では川島の真意を知って動揺する仲間を鼓舞し、川島への絶対的な信頼感を示した。 後に150人を相手にして疲労していた葛西と戦うが力及ばず敗れた。 梅津 鷹橋と並び川島派No. 空手の使い手。 150人を相手にして疲労していた薬師寺と戦い善戦するが止めをさそうとした所をカウンターの後ろ回し蹴りで敗北。 川島を信頼している。 名前の由来は梅津宏治。 畑山 鷹橋・梅津に続く川島派No. 川島を孤立させて人望を失わせ、最終的には自分がトップに立とうと画策するが、知略に優れず仲間にバレて失敗に終わる。 山中、牧山、仁の三人を病院送りにし正道館との抗争の原因を作った。 後に150人を相手にして疲労していた鬼塚と戦い手も足も出ず完敗したのでそれほど強くないようにも見えるが、ヒロト、勝嗣、米示ら三人を難なく倒し、一人一人がかなりの強さを誇る正道館の生徒三人も一人で傷一つ負わずに叩きのめしていることから、実力も相当なものである。 名前の由来は畑山隆則。 飯田 長髪で学ランの下にパーカーを着込んでいるナンパな男。 初登場時は畑山と並ぶ力があったが、その後畑山に出し抜かれたためにNo. 5の位置づけである。 修学旅行で東京に来た際、千秋を無理やりホテルに連れ込もうとした。 川島に何度も殴られたり畑山に嵌められて葛西達に捕まったりと結構酷い目にも遭っている。 運が悪いと思われる。 名前の由来は飯田覚士。 吾郎 飯田、畑山らを除いた極東の一般生徒のリーダー格。 さしたる理由もなく、個人的な感情のみで畑山に嫌悪感を抱いている。 確認出来ているだけでも用高、辰吉、太尊、川島、鬼塚、薬師寺、葛西、島袋、石松、畑山といった錚々たるメンバーに攻撃された極東高校編中で最も不幸な男。 名前の由来は恐らくSMAPの稲垣吾郎。 九州男 極東の生徒の一人。 川島の力を盾に太尊達を挑発、太尊に殴り倒された。 太尊の方から他校にケンカを売った初めてのケース。 名前の由来は江口九州男。 剛 吾郎らと行動をともにする生徒の一人。 このキャラクターはこの漫画が好きだった堂本剛が森田まさのりとの対談で出演を依頼して実現したものである。 雅仁 山中達を倒した犯人を探す為に葛西に捕まる。 結局川島にはそのまま見捨てられ畑山に救出された。 横浜帝拳高校 渡嘉敷 横浜帝拳高校ボクシング部所属。 元々は空手をしていたが、暴力事件を起こし、退学処分保留と引き換えにボクシング部入部を強制された。 格闘のセンスが抜群で、本業ではないボクシングで太尊に1度勝っている。 名前の由来は渡嘉敷勝男。 金平 ボクシング部顧問の教師。 渡嘉敷を退学処分の保留と引き換えに半ば脅迫のような形でボクシング部に入部させた。 他にも細野の不正行為を容認する等、自らの名声を高める為なら何でもする卑劣な人物。 太尊に敗れた渡嘉敷に退部を言い渡すも、吹っ切れた渡嘉敷に蹴りを食らう、その後事情を知った校長によってボクシングの顧問を辞めさせられる。 名前の由来は金平正紀。 細野 横浜帝拳高校ボクシング部員。 階級はフライ級。 尊大な態度が目立つ。 帝拳高校との対抗戦では大橋と対戦するが予想外の強さに驚き、グローブの中に大量の硬貨を詰めるという反則まで用いて試合を行う。 そのせいもあって大橋を追い詰めたが最後には敗北した。 名前の由来は細野雄一。 ルイス 横浜帝拳高校ボクシング部員。 身長190センチ近くにも関わらずライトウェルター級(60キロ台前半)という少し無理のある設定。 キューバからの留学生で対抗戦では小兵二と対戦した。 ボクシングの実力はあるがスタミナが致命的に無いのと練習もしないため長期戦に弱く、最後も疲れ果ててフラフラになったところで小兵二の猫パンチに屈した。 パンツの中身に関しては帝拳の人間も驚愕する他ない程。 名前の由来はジョー・ルイスもしくはレノックス・ルイス。 佐藤 横浜帝拳ボクシング部員。 階級はモスキート級でインターハイ選手。 かつて横浜にいた成吉と親交があり一緒の練習も行っている。 フェアな精神を持った選手で誠二や太尊ら帝拳高校の人間に対してもまっすぐに接し、高い評価を下していた。 名前の由来は恐らく佐藤仁徳と思われる。 新田 横浜帝拳ボクシング部員。 フェザー級インターハイ3位の実力を持つ。 対抗戦では武藤の対戦相手。 当然の如く圧倒しレフェリーストップで勝利。 名前の由来は新田渉世。 田村 横浜帝拳ボクシング部員。 金平の指示で細野のグローブに硬貨を詰めた。 名前の由来は田村知範。 東 元横浜帝拳高校の生徒で渡嘉敷が過去に起した暴力事件の相手。 自分だけが退学処分を受けたことへの腹いせに渡嘉敷への報復に現れる。 たまたま学校に居合わせた太尊達と喧嘩になり倒された。 名前の由来は東悟か? 横浜帝拳高校の校長 本名不明。 渡嘉敷の暴力事件の目撃者。 渡嘉敷の正当防衛を認め温情的な処分を下す一方で金平の不正に対しては厳しく対応するなど人格的にも優れた人物。 金山 故人。 元横浜帝拳高校の教師。 手のつけられない不良だった渡嘉敷に空手を教え更正させた。 自動車事故に遭い死去。 名前の由来はグレート金山。 横浜進光工業高校 白井隆人 通称サリー。 横浜進光工業高校の頭。 登場人物中屈指の冷酷さを誇る。 他の登場人物がケンカ相手の命を奪うことまでは考えていないのに対し、気に入らない相手には徹底的に暴行を加え、その結果死んでしまったとしてもなんとも思わず、女性にまで手を上げる非道な性格。 人を殺してもリングの上の試合中であれば罪に問われないという理由からボクシングの道に進む。 かつては渡嘉敷も白井と揉める事だけは避けていたという。 知略にも優れ、千秋を拉致し、綿密に練られた作戦で太尊を陥れようと画策する。 圭司以上にいろんな意味でキレた性格。 喧嘩も一級品(一級品はサリーいわくダセー)で鉄の扉の形を変えるほどの異常なパンチ力を誇りながら、蹴りにダブルアームスープレックスなどの組み技、卑怯な攻撃も得意。 フットワークも軽快だったが今までの大尊のライバルに比べると打たれ弱く惨めに倒された。 大尊に完敗して、実は自分が内心では千秋に惚れていたと気づく。 シバタジム所属のプロボクサー。 プロテスト時のゼッケン番号が「28」だったので太尊には「江夏」と呼ばれていたこともある。 名前の由来は白井義男と渡久地隆人(ピューマ渡久地の本名)。 圭司 進光工業のNo. 金髪で眉無しの強面。 ヒロトを進行中の電車に向かって蹴り飛ばし重症を負わせる。 報復に出た海老原、石松、松村を卑劣な手段で追い込み、松村を目潰しで失明寸前に、石松に手錠をかけ金的をくらわせるが、起き上がった石松と本気の海老原二人に反撃され倒された。 サリーの危ない非道さに惚れている。 名前の由来は山口圭司。 小泉 進光工業。 髪型は茶髪のオールバックで右耳にピアスをしている、いつも圭司達といる。 度々登場したが海老原・大尊に一蹴されており、更に千秋を助けに来た小兵二には尻をバットで叩かれ悶絶していた、悪党だが情けないシーンが多かった、白井を恐れている。 不良ばかりの進光工業だが数だけで生徒の腕っ節は正道館高校ほどではなかった。 新井 進光工業。 いつも圭司達といる、大尊をおとしいれる為に右腕が麻痺して動かないと嘘をついていた。 その他の高校生 春華 太尊の中学時代の彼女。 太尊の好きな髪形がポニーテールだったのは彼女の影響。 修学旅行で神戸に来た太尊と再会、太尊の気持ちは千秋にある事を知り自ら身を引いてその想いに区切りをつけた。 浅川龍太郎 大阪にいた頃の太尊の親友。 アントニオ猪木に顔が似ている。 思ったことを口に出せず、煮え切らない態度しか取れない男だったが太尊との再会・春華への告白を経て成長した。 自称「炎のハヤブサ」。 名前の由来は浅川誠二と植田龍太郎。 西城進 ひなのが中学時代に好きだったサッカー部主将。 ひなのをからかってトラウマを与える。 高校進学と同時にサッカーを止めて激太りした。 ケンカはヒロトより多少強い程度。 名前の由来は西城正三。 串木野 渡久地兄弟が北海道にいた頃の上級生。 誠二のパンチで前歯を折ら れた過去がある。 それをネタに太尊達に金をせびったり、その時太尊に殴られたことをネタに井岡から金を巻き上げたりした。 観月先生を強引にナンパしようとした場面を誠二に見られ、その場でもう一度殴られた。 名前の由来は串木野純也。 さき 吉祥寺の女子高生。 男遊びが激しく太尊に目をつけるもまるで相手にされず、その後松村を騙して利用しようとするがこちらも最終的に本性がバレて失敗に終わった。 三太 島根県から修学旅行でやってきた。 原宿で不良にからまれていた和美を芸能人と勘違いした。 そそっかしいが、割と喧嘩は強く、男気もある。 名前の由来は東京三太 海外のリングネームではミゲル・アンヘル・ゴンザレス。 ボクシング関係のキャラクター グレート玉鹿 竜の子ジム所属のプロボクサー。 六回戦だがB級トーナメント優勝の実績を持つ。 太尊の必殺パンチが出来上がる度に実験台にされる。 名前の由来はレパード玉熊とグレート小鹿もしくはグレート金山。 マンモス柴田 シバタ道場会長、兼日本ボクシング協会会長。 網膜剥離から回復した成吉が現役復帰する為の手助けをした。 マンモスという割に大して大柄でもないが本人曰く「昔は大きかった」らしい。 名前の由来は柴田国明。 チャコフ友利 シバタ道場所属のプロボクサー。 成吉の復帰テストの相手を務めた際、過去の因縁を根に持ち卑怯な手を使って彼を苦しめた。 敗北後は成吉の実力を認め、良き先輩として彼に目をかけている模様。 名前の由来は勇利アルバチャコフと友利正。 ジャッカル三谷 37歳にして現役プロボクサーであり、定職につかずコンビニエンスストアでバイトしている。 現役が長かったせいか職業病であるパンチドランカーにかかってしまった様な症状が見られ、物覚えや物忘れが酷くバイトもままならない。 大尊が幼い頃、兄と一緒に三谷の試合を観戦している。 名前の由来は三谷大和とジャッカル丸山。 マーベラス塩濱 竜の子ジム所属の新人ボクサー。 デビュー以来高い評価を得ており「マーベラス」の名前もそれに由来するもの。 ジャッカル三谷と対戦し、終始一方的な試合運びを見せるが最期にカウンターを受けて逆転KO負けを喫してしまった。 名前の由来は塩濱崇か? 東 ジャッカル三谷の前の試合に出場したプロボクサー。 デビュー当時はハードパンチャーだったが拳を壊してからスタイルが変わり低迷。 名前の読みは「あずま」だが太尊は「ひがし」と呼んで大声で応援していた。 名前の由来は東悟。 安田 東の対戦相手。 判定勝ちを収めた。 大和田 太尊の所属する「竜の子ボクシングジム」の会長。 名前の由来は大 和田正春。 スパンキー亀山 日本ウェルター級王者だったが、成吉の挑戦を受け1RKO負けを喫する。 名前の由来は鬼塚勝也のあだ名、スパンキーK。 その他のキャラクター アイラン場呉 平成プロレス所属のプロレスラー。 チャコフ友利の連れ。 成吉への牽制の為に千秋を人質に取った。 救出に来た太尊と衝突しボディから顎へのアッパー2連発で敗北。 名前の由来は元WBA世界ライトヘビー級王者のアイラン・バークレー。 益朗 真冬の後輩で暴走族「ブラウン・シュガー」の元メンバー。 ブラウン・シュガーの再結成に向けて真冬を勧誘。 真冬の為に太尊とチキンレースを行い、これに勝利した。 名前の由来は無冠の強豪竹田益朗。 田島由香 昔、富士雄の客だった女性の娘。 家出をして前田家に転がり込んできた。 まだ幼い女の子だが親の愛情に飢えているせいもあってかややすれており生意気な性格。 マーク高橋 赤城の親戚の知人。 海外で飲食業等を手がける実業家。 赤城を新店舗の店長にスカウトした。 名前の由来はマーク堀越と高橋ナオト。 佐藤零 新日本木村大学柔道部員。 ナルシストで高慢な性格だが、タイミングの良いところで先輩に殴られたりと憎めない一面もある。 島袋の柔道時代のライバルで、試合では怪我をしてるように見せるため右足に包帯を巻き、攻撃をさせなかった。 太尊のパンチをかわし、豪快な背負い投げを決めており柔道の実力は本物。 霧子の兄。 川島麗一 川島清志郎の兄でヤクザの下っ端。 ヤクザの世界でのし上がる為に鉄砲玉となり対立する組に殺された。 その犬死にとも言える死に様が後の川島に大きな影響を及ぼした。 名前の由来は川島郭志と仲井戸麗市と思われる。

次の

【先取り情報】アメトーーク「ろくでなしBLUES芸人」作者・森田まさのりと親交の深い芸人が出演

東京 番長 ろくでなし ブルース

メインキャラクター 前田太尊 主人公。 由来はマイク・タイソンと前田日明の合成。 頭が悪く、短気ですぐに怒るが、仲間を大切にし、信望も厚い(大橋曰く「愛の戦士」)帝拳高校の実質的な番長で、東京四天王の一人。 初期はなんとなく癖毛のリーゼントに見えたが、だんだんとひさしが短くなっているのが分かる。 涙もろく、下ネタに弱い一面もある。 大阪府出身で実家は尚輪寺という寺。 ボクサーになりたい一心で中学生のときに上京、兄・富士雄のマンションに居候している。 怒るとろれつが回らなくなり、完全にキレると関西弁になる。 プロボクサーを目指しており、ボクシングジムに通っている。 目標はプロボクシング世界6階級制覇。 得意技はアッパーカット、コークスクリューブロー(太尊はスクリューフックと呼ぶ)、ライトクロス(ストレートとスクリューフックを用いる2種類がある)のボクシング技。 その一方でバックドロップやローリングソバット、垂直落下式ブレーンバスターなどのプロレス技も得意としている。 頭の悪さは異常な程で試験の度にほぼ全ての科目で赤点を取り、一桁台の点数を取ることも珍しくない。 女子の髪型の好みはポニーテールで、制服の好みはセーラー服。 女子の制服のデザインで帝拳高校入学を決めたが、どうやって入試をパスしたのか非常に気になるところである。 千秋とは両想いだが友達からあまり進展していない。 強敵とのタイマンの際はほとんど負けたような状態から、挑発して相手を猪突猛進させカウンターで大ダメージを与えて形勢逆転、というパターンが多い。 山下勝嗣 太尊の中学時代からの親友。 米示と中学の頃に、ヤクザの弟に絡んで袋叩きにし、そのヤクザに報復されそうになった時に太尊に助けられ、その男気に惚れ込み、以来行動を共にするようになった。 バイク屋の息子で、よく太尊にスクーターを貸しては壊されている。 額が広く、それを指摘されるとキレる。 パンチパーマ。 小学校時代から腕白坊主で、番長だった事もある。 和美と付き合っており、後に結婚。 スケベだが和美には非常に一途。 名前の由来は山下泰裕、三浦勝嗣。 沢村米示 太尊の中学時代からの親友。 成績はかなり優秀で、帝拳高校では中島と並んでトップだと思われる。 他高との抗争の時は、作戦を考えたり参謀的役割も果たす。 鼻が大きく、それを指摘されると切れる。 小学校の時勝嗣のクラスに転入したことで知り合い、当時は大人しい少年だったが勝嗣に喧嘩を売られたのがきっかけで秘めていた喧嘩の才能が開花、結局は勝嗣と親友になる。 リーゼントヘアーにはこだわりを持っており、クシを常に携帯している。 京都にさゆりという彼女がいる。 名前の由来は沢村忠。 卒業後は大学へ進学。 七瀬千秋 太尊の同級生。 太尊を一途に思っている。 おとなしい性格(ごく初期の頃は勝気な言動や行動が見られ、後のキャラクター設定とは大きく異なっていたが、終盤では時折、気の強い所を見せていた。 太尊と両思いだが、互いに奥手なため関係がなかなか進展しない。 やさしい性格で色々な人から慕われている。 あまりに純情な性格のため、生理になっただけで恥ずかしさのあまり太尊とまともに口も利けなくなるが、他の男子とは普通にしゃべっていたため太尊から誤解を受けたことがある。 今井和美 太尊らの同級生で勝嗣の彼女。 千秋の親友だが、活発で明るく千秋とは正反対の性格をしている。 人の噂などを5000倍に誇張して広める(勝嗣談)ため、よく誤解を招く。 千秋と一緒に不良に絡まれることが何度もあったが、大抵「こっちの女はいらない」「このアホそうな女」などと酷い言われようをされていた。 しかし、バイト先の客である不良にしつこく交際を迫られたり、協栄の赤城に惚れられたり、修学旅行生に芸能人と間違われて追いかけられたりなどしており、「可愛い」と言われることも多かった。 看護学校へ進学予定であったが、卒業直前に勝嗣の子を妊娠したことがわかり、卒業と同時にできちゃった結婚。 最終回では山下家で主婦業をしているらしい描写があり、息子の「拓人」が登場する。 前田家 前田富士雄 太尊の8歳上の兄。 ケンカはとても強いが、極度の近眼でメガネかコンタクトがないと何も見えず、的外れなものに襲い掛かったりする。 腕相撲もかなり強く24年間無敗らしい。 太尊とは登場する度に口ゲンカもしくは殴り合いになっているが、用高の自立を促したり、劣勢に追い込まれた太尊を助けようとしたりもしているので何だかんだで弟達のことは大事にしている。 ホストとして生計を立てているが、最終回では勤務していた店がマネージャーの持ち逃げで潰れたため、ダフ屋になっていた。 外見はヤクザそのもの。 文尊が「寺の息子という運命に縛られてほしくない」と思って名づけたため、寺の長男ぽくない名前になったが、その通りになっている。 名前の由来は尾崎富士雄。 前田用高 太尊の1歳違いの弟。 街中で六甲おろし口ずさむほどの阪神ファン。 後頭部に特徴的なハゲがある。 かつては常に父の後ろにくっ付いて歩く気弱な少年であったが、その後空手を始め、逞しく成長を遂げる。 顔は太尊とよく似ているが、太尊に比べると幼く可愛らしい顔つきをしている。 名前の由来は具志堅用高。 前田文尊 富士雄、太尊、用高の父で、尚輪寺住職。 年齢に似合わない鋼の肉体の持ち主。 握力90kg、パンチ力200キロ、指立て伏せ連続1000回で、親指だけだと60回と、実質は本作中の最強キャラである。 太尊いわく『世界最強のおやじ』で、小さいころにお仕置きされたときは『ヘッドバッド3回のあと兄貴は更にパイルドライバーを食らってた』とのこと。 最近では体力がやや衰えたようだが、藤竹いわく「150歳まで生きるだろう」。 大の医者嫌い。 かつての極東高校初代番長でもあり、辰吉たちの大先輩にあたる。 名前の由来はカルロス・モンソン。 前田茜 太尊の一歳年下の従兄妹。 「ブレザー着ようとすっとジンマシン出んねん病」に罹っている(本人談)ため、ブレザーの帝拳高校に転入しても長いスカートのスカーフ無しのセーラー服を着続けていたが、連載末期には学校の制服であるブレザーを着た。 小兵二軍団の一員。 ケンカの前には必ず「戦いの舞」を踊る。 大変な悪筆。 小兵二に惚れているが素直になれない。 帝拳高校 2学年以上の上級生 畑中優太郎 帝拳高校ボクシング部主将。 応援団との抗争の責任を取り、無期停学となっていた。 太尊とはスパーリングで2度対戦。 最初の対戦ではバックドロップで負けるが、2戦目は太尊の無理な減量による体調不良により、なんなく勝利する。 高校卒業後は辰東大ボクシング部に推薦入学、オリンピック出場を目指す。 両親を事故で亡くし、妹なつみと二人で暮らしている。 名前の由来は畑中清詞。 輪島倍達 元応援団長。 長ランに腹巻、リーゼントにヒゲをはやした老け顔。 度重なる留年で、高校在学中に成人を迎えてしまい、またその年の卒業試験にも落第してしまったので、卒業時には21歳になっていた。 三迫工業の猛者20人を浜田と二人で難なく倒したり、勝嗣、米示、ジョーが束になっても敵わなかった上山を、満身創痍とはいえ破るなど、喧嘩の実力は在学当時では太尊に次ぐNo. 2だったと思われる。 卒業式では在校生に向かい、将来は建築王となると答辞を行った。 名前の由来は輪島功一と大山倍達。 浜田 ボクシング部部員。 畑中が卒業した後は主将として活躍した。 一流ホテルへの就職が決まっていたが、沼田先生に嵌められた太尊と誠二を守るため沼田先生を殴ってしまい、卒業を目前にして退学となってしまう。 筋骨隆々の身体をしており、実力は輪島と並ぶ帝拳No. 2だったと思われる。 その後はトラック運転手になり、何度か太尊たちを助けている。 名前の由来は浜田剛史。 1学年上の上級生 大橋英和 ボクシング部所属。 元々出席がギリギリだったのと、沼田を殴ろうとしたときに偶然、井岡の木材が頭にヒットして入院したため留年し、太尊と同期で卒業。 涙もろいところがある。 ボクシングには非常にまじめに取り組んでおり、最終年には横浜帝拳高校のライバル細野に試合で勝利した。 パンチはなかなかのものを持っているようで、半分まぐれ当たりながら太尊をKOしたこともある。 しかし喧嘩ではあまり強いシーンは描かれず、三原や鬼塚にあっさり倒されている。 武藤とソープに行く描写も描かれている。 在学中からスナックにアルバイトで入っていて、卒業後はバーテンダーになったと思われる。 名前の由来は大橋秀行と赤井英和。 武藤章圭 応援団所属。 輪島卒業後部長を引き継ぐ。 大橋とは元々犬猿の仲だったが、やがて親友となる。 右目下に傷跡がある。 彼もまた大橋同様出席ギリギリだったのと鬼塚にアバラを折られ入院したため、出席日数が足りなくなり留年している。 卒業後を見越して在学中からパン屋でアルバイトをしていた。 名前の由来は武藤敬司と松井章圭。 真冬 暴走族「ブラウン・シュガー」の元メンバー。 三迫工業に通っている同学年に恋人がいたが交通事故で亡くす。 以来自棄気味となって周囲に冷たく刺々しい態度をとり敬遠されていたが、太尊や原田成吉と出会い、次第に性格に変化が現れる。 成吉とは恋人同士。 卒業後は美容師になる。 桑田 応援団員。 武藤がボクシング部の助っ人に行った際、団長代行を任された。 名前の由来は桑田弘。 山崎 応援団員。 体系は少し太っている。 1巻から登場し、よく武藤とつるんでいた。 協栄高校の生徒にやられた時、太尊が風邪を理由に仇をとることを断ったことが太尊と輪島たちとの間に亀裂を生んだ。 輪島と共に卒業しており、3年生の時期には全く登場していない。 同学年 原田成吉 高校生プロボクサー。 暴走族とのトラブルが原因で網膜剥離となってしまい、一度は引退するも、太尊と真冬に刺激されてプロとして復帰、後に日本チャンピオンとなり、単身アメリカへ武者修行へ行く。 太尊のライバル的存在。 真冬に好意を抱いている。 かなりのハードパンチャーで、テクニックも高い。 太尊にライトクロスを指導した事もある。 最終回は、世界王者となった成吉と太尊のボクシング世界戦で幕を閉じる。 女生徒にかなりの人気がある。 名前の由来はファイティング原田と文成吉。 中田小兵二 帝拳高校の番長(名目上)で、小兵二軍団の初代総帥。 作品一のへたれキャラだがどこか憎めない。 主要人物と比べるとケンカは弱く、あっさり負ける場面も多いが渋谷や浅草との抗争では意外な活躍も見せている。 さらに運動神経もよくスポーツが全般的に得意であるが、派手なパフォーマンスを好み、そのセンスも悪く周囲の人気は無い。 親は金持ち。 千秋に盲目的な恋心を抱いており、太尊のライバルを自称しているが、ほとんど相手にされてない。 名前の由来は、元日本バンタム級王者で、後にキックボクシングにも挑戦した田中小兵太。 渡久地丈一郎 通称ジョー。 札幌享栄中学より転校してきた渡久地兄弟の兄。 転入してきた当初は弟の誠二と共に策略を巡らせて前田から番長の座を奪おうと試みたが、太尊に倒され、その後は和解している。 客観的な分析力に優れ、勝嗣たちも気がつかなかった太尊の性格と行動を指摘した。 長身で実はバスケットボールが得意でかなり上手い。 名前の由来はピューマ渡久地と辰吉丈一郎。 中島淳一 写真部所属。 長髪の鬱陶しい、典型的なオタク少年。 自慢話をする時に前髪を振り上げ、ツッコまれて「痛いっ! 」とよろめく姿はギャグ漫画としての本作ではお馴染みのシーンである。 顔はそっくりだが太っている淳二という弟がいる。 修学旅行のときは酒を飲んではっちゃける姿を見せ、周囲の笑いをとっていた。 写真の腕前は非常に高く、コンクールに入賞する他に一見しただけでは解らない出来の合成写真を作り上げる程。 容姿のモデルは宅八郎。 名前の由来は、鬼塚勝也との二度に渡る死闘で有名な元日本ジュニア・バンタム級王者の中島俊一と思われる。 小見山広成 小兵二の連れで"小兵二軍団"の一人。 初登場時はそれなりに悪そうなチンピラのイメージで描かれていたが、その後は小兵二の不始末を皆様に申し訳なさそうにお詫びするキャラクターが定着した。 名前の由来はジュニア・フライ級元世界ランカー小見山カツミと思われる。 大友弘之 小兵二の連れで"小兵二軍団の一人。 小見山広成と同様、暴走する小兵二の尻拭い役として定着。 名前の由来は元日本ライト級、元東洋太平洋ライト級チャンピオン大友巌と思われる。 吉野 野球部のエースピッチャーで決め球はシュート。 小兵二とは1年のときもめており、勝負して勝っている。 この出来事が原因で小兵二は退部している。 (その後三兵太の入部を賭けて再度勝負している)かなり実力があるらしく、彼にあこがれて入部した1年生も多い。 三兵太に期待をかけている。 名前の由来は吉野弘幸と思われる。 美香 お団子頭が特徴的な太尊の同級生。 元々は太尊が好きだったがある一件をきっかけに三兵太の彼女になる。 北澤 小兵二のクラスメート。 非常にサッカーが上手く女子生徒に人気があったが、小兵二にズボンを脱がされた事件がきっかけで人気を失う。 北澤自身はそれをずっと恨んでおり、後に小兵二のズボンを脱がして報復するも、アクシデントにより相打ち。 名前やその髪型から見て元ヴェルディ川崎の北澤豪がモデルと思われる。 ジェニファー加長井 太尊達の同級生。 ポニーテールで一応ハーフの留学生。 名前の由来はカオサイ・ギャラクシー。 1学年下 中田三兵太 小兵二の弟。 野球部員。 背が小さく童顔であるため、女生徒にモテていたが、その後、身長が伸び野球も上手くなったためさらにモテるようになる。 そのことで兄の小兵二から嫉妬されている。 実は太尊の幼少期と瓜二つである。 渡久地誠二 丈一郎の弟。 小柄で兄とはあまり似ておらず、喧嘩も余り強くない。 よく人質にされる。 ボクシング部に所属。 ストーリー内で鼻骨を3度折ると言う負傷をしてしまう。 他にも、渡嘉敷にはスパーリングで病院送りにされ、葛西には肋骨を折られている。 美術教師の観月先生のことが好きだが、観月は井岡のことが好きだったために失恋。 恋愛に関しては純情。 名前の由来はピューマ渡久地と浅川誠二。 大柄蔵人 写真部員。 中島の弟子で彼に写真に関する様々な技術を教わっている。 名前に反して非常に小柄で大人しい生徒。 優等生タイプでありながら太尊たちとも普通に会話でき、更に小兵二軍団の軍団員でもあったりと広い交友範囲を持つ。 外見のモデルは集英社に実在した編集者。 千原セイジ 連載終了直前になって登場した大阪からの転校生。 大阪での縁から茜を「茜ネェさん」と呼ぶ。 茜の誘いで小兵二軍団に加入し軍団幹部となった。 モデルは千原兄弟の兄、千原靖史で名前がカタカナである事以外は本人そのままである。 千原コージ 千原セイジの弟。 兄から「ちょっとネクラ」(雑誌掲載当時は自閉症だったがコミックスではネクラに修整)と言われた通り終始無表情で無言だった。 ここでは一応1学年下に分類しているが作中ではこの兄弟の年齢、学年は不明。 モデルは千原兄弟の弟、千原浩史(千原ジュニア)。 2学年下 大場浩人 通称ヒロト。 中学時代のとある事件をきっかけに太尊と知り合う。 当時は米中の番長を張っていた。 太尊を「殿」と仰ぎ尊敬している。 怯えると高い場所に上る。 空回りと悪ノリのひどさで加減を見失いがちで、深刻な問題を引き起こし、後悔に駆られることもしばしば。 ケンカっ早く強気な行動に走りがちだが、実力は武闘派の中では弱いほうと思われ、自身が重傷を負うことも多い。 鶴田や八尋を不意打ちで下す星をあげた事はあるが、いずれも後先考えない手段を用い、しかも両人とも病院送りにしてしまい、戦功としてはマイナスに働いてしまっている。 また、基本的にこの漫画の登場人物は武器を持ち歩かないが、彼はメリケンサックを常備している模様。 ひなのに好意を抱いているため、海老原と折り合いが悪い。 喧嘩が原因で、水道橋駅で走っている電車に接触して大怪我を負ったことがある。 名前の由来は大場政夫とTHE BLUE HEARTS(当時)の甲本ヒロトで、外見上のモデルもTHE BLUE HEARTS時代の甲本本人をモチーフにしている。 海老原昌利 通称マーシー。 中学時代に留年を経験、教師に前田以上と陰で言われる。 中学時代、不良グループの頭にタイマンを挑むも、大勢で袋叩きにされた挙句、カッターナイフで額に傷を付けられてしまい、その額の傷痕を隠すため、常にバンダナを巻いた。 その負傷事件以来、人を信じず孤独な一匹狼的スタンスをとっていたが、前田太尊と出会い、熱いタイマン勝負に負けて仲間になる。 本人曰くプロレスは得意で、飛び膝蹴りが必殺技。 喧嘩の腕もかなり達ち、敵のNo. 2との対戦も多い。 敗戦の描写も少なく、太尊の3年時においては、実力は太尊に次ぐNo. 2だったと思われる。 また本人はほとんど興味が無いようだが、女子生徒に非常に人気があり、カッコいい男の代名詞的扱いを受けている。 前田らとの和解・仲間入り後は、やや天然ボケな一面も見せ、小兵二軍団の一員にも加えられる事となる。 その後、いつも着ているTシャツは小兵二軍団のTシャツである。 八尋とのタイマン勝負の回以後は、他校ながら彼と一緒にいるシーンも多い。 名前の由来は海老原博幸とTHE BLUE HEARTSの真島昌利で、外見上のモデルもTHE BLUE HEARTS時代の真島本人をモチーフにしている。 松村純之助 ヒロトの中学時代からの相方。 ヒロトと行動をともにしているため、なにかと面倒に巻き込まれることも多いが、比較的常識人である。 それゆえ、他の同級生と比べると影が薄いが、太尊達の学年でいう米示のような存在にいずれなり得そうな印象を受ける。 女性には優しく、その優しさに付け込み自分を騙していた女子高生にさえ手を上げることができなかった。 名前の由来は元東洋太平洋フライ級チャンピオンの松村謙二、外見上のモデルはTHE BLUE HEARTSの河口純之助。 石松 モヒカン頭の巨漢。 喧嘩の際は怪力に物を言わせて相手を投げ飛ばす。 タイマンの戦歴は少ないが、実力ではマーシーと並ぶ帝拳後半期のNo. 2と思われる。 頭脳は明晰でなくすぐに自爆してしまい、その体格と、どもり口調で誤解を受けやすいが、無用な争いは好まず朴訥な優しい性格で、マーシーの親友で一番の理解者。 名前の由来はガッツ石松、外見上のモデルはTHE BLUE HEARTSの梶原徹也。 故に作中では表記されていないものの、下の名前も「徹也」だと推測される。 また、性格や口調などの設定は、同じ髪型であるウド鈴木を連想させる。 加納 写真部員。 眼鏡をかけている。 中島のお祝いをよそに「早く帰ってFF6の続きをやりたい」と発言したりもしているので中島及び写真部の活動に関してはあまり熱意を持っていないようだ。 大柄の勧誘で後に小兵二軍団に加入する。 名前のモデルは加納典明。 篠山 写真部員。 やや太り気味の生徒。 加納同様に大柄に誘われ小兵二軍団に加入。 モデルは篠山紀信。 槙原ひなの 生まれつき茶髪のショートカット。 海老原に好意を抱いている。 ヒロトとは喧嘩友達のような関係。 名前の由来は吉川ひなの。 ナミエ ひなのやヒロトらの同級生の「遊んでるスケベな女子高生」。 男の股間を勃起させることを生きがいとしている。 ひなのへの嫌がらせのような形で海老原に迫るが、当の海老原に「お前嫌いだし」と一蹴された。 名前の由来は安室奈美恵。 麻亜子 ひなのの同級生で友人。 ひなのより先にキスの体験をしている。 梶原 一年生。 ヒロトを通じて海老原に手紙を渡すように頼む。 手紙は結局ヒロトに破られてしまい海老原の手には渡らなかった。 菅野ちほ 一年生。 誠二が好きで告白するが振られてしまった。 名前の由来は菅野美穂。 3学年下 慎二 ヒロトの後輩の中学生。 彼の軽い一言がヒロトに大きな影響を及ぼした。 太尊達の卒業後、帝拳高校へ入学したことが最終回で明らかになる。 名前の由来は竹原慎二? 教師 近藤真彦 帝拳高校ボクシング部顧問で、太尊達のクラス担任でもある。 太った体にヒゲ面が特徴。 通称マサさん。 当初はマサさんと呼ばれると「近藤先生だ」と訂正したが、途中から訂正しなくなった。 かつては日本屈指のアマレスラーで、オリンピック代表に三度選ばれるものの、様々な事情で結局一度も出場は叶わなかった。 教師の鑑のような存在で、太尊をはじめとして様々な生徒に慕われている。 後に美術教師の浅野洋子と職場結婚し、三つ子を儲ける。 名前の由来は近藤真彦、モデルはマサ斎藤。 井岡 帝拳高校の英語教師兼生活指導係。 先の割れた竹刀を常に持ち歩いている。 パンチパーマにサングラスというヤクザそのものの外見で腕力も強く、赴任当初は非常に恐れられていた。 だが、太尊に殴られてパンチパーマがハゲを隠すためのカツラと発覚してからは急速に権威が失墜。 以来、太尊を目の仇にして何度も復讐を企む。 しかしながら基本的には心から生徒を思い遣っている良い教師で、太尊と殴り合いになっても、男と男の勝負に教師と生徒の関係は無用とのことで不問にするなど男気のある人物である。 給料が安く、だらしなく、足が臭く、毛深く、ヅラと発言した事もある。 見た目に反して根は純情で、女性とはまともに目を合わせて話すこともできないためサングラスを常にかけていた。 初めは美術教師の浅野に惚れていたが、その浅野はマサさんとの結婚で退職。 その後、浅野の後任として赴任してきた観月先生をめぐり、何度となく誠二と恋の鞘当てを行ったが、最終的には勝利を収めて彼女と結婚を果たした。 名前の由来は井岡弘樹。 竹原 帝拳高校の体育教師。 「高校生らしい頭髪ではない」との理由からヒロトや勝嗣等を強制的に丸刈りにしたり、女生徒へのセクハラなど横暴の限りを尽くしていたが、行き過ぎを咎められ学校から謹慎処分に。 復帰後もあらゆる手を使い、太尊らを退学処分にしようと目論んだ。 その後、実家の父が倒れたために休職。 その事件が自分の教師としてのあり方を考え直すキッカケとなった。 最終話ではヒロトの担任として登場。 名前の由来は竹原慎二。 校長 通称キング。 本名不明。 登場初期からかなり奇抜なキャラだったが連載が進むにつれて外見以外は割と普通っぽい性格に落ち着いた。 太尊達の卒業式で結婚式のスピーチのような挨拶を行っている。 モデルはドン・キング。 沼田 進路指導教師。 陰湿な性格で生徒に嫌われている。 また「不良生徒は冤罪に陥れてでも排除すべき」という危険な思想の持ち主。 太尊達を常に目の敵にしておりその態度からも見て取れるように少なくとも彼らを「処分」する気はあっても「教育」「指導」しようとする気はほとんど無い、ある意味マサさんの対極に位置する人物。 教頭に昇格するべく、校長にあからさまなまでのおべっかを使うなど、出世欲だけ異常に強い。 名前の由来は沼田義明。 藤竹 保健教師。 保健教師以前は、名カットマンとまで言われる程の腕を持っている。 マサさんとは学生時代のレスリングのライバルであり、恋のライバルでもあった。 原田成吉の保護者的存在。 モデルはルックスからも分かるとおり元世界J・ウェルター級王者の藤猛。 具志堅 体育教師。 幼児みたいな舌足らずな口調でしゃべるキャラだったが、作品の後半ではなぜか普通の喋り方に直っている。 いつも乱闘になる太尊たちのクラスの授業に頭を抱えているが、授業に罰ゲームなどを取り入れるなどしてなかなかうまく太尊たちをコントロールしている。 モデルは具志堅用高。 笠 古文担当の老教師(おそらく講師)。 普段は何をされても怒らない穏やかな人物であるため生徒からナメられ、授業中は自由時間のような状態であった。 しかし本来は、一度怒ると歯止めが効かなくなる性格だったため妻に逃げられており、それ以来怒らないように心掛けてきた。 実は空手の達人で鬼のように強く(空手七段)、竹原を蹴り倒して以来生徒達が大人しくなった。 文尊と並ぶ作中最強の人物の候補。 モデルは笠智衆。 丸山 教師の一人。 担当教科や担任のクラスは不明。 だらけている吉野を注意し警告を与えていたことから野球部の顧問だった可能性もある。 名前の由来はジャッカル丸山か? 浅野洋子 美術担当の美人教師。 数々の生徒・教師を魅了していたが、自分を本気で叱ってくれたマサさんに惚れ、やがて結婚、寿退職した。 マサさんとの間に三つ子を設ける。 名前の由来は浅野ゆう子。 観月真梨絵 寿退職した浅野の後任として赴任してきた23歳の女性教師。 学校のアイドル的存在。 彼女をめぐり井岡と誠二が激しく争った。 金や権力には一切興味が無く、御曹司との見合いの席を断って井岡と結婚した。 名前の由来は観月ありさ。 帝拳高校以外の吉祥寺の高校 米倉商業高校 島袋大 米倉商業高等学校の番長。 かつては柔道部のエースだったが、ある事件(後述)で留年してしまい、柔道を断念している。 困っている人を見過ごせない人格者で、後輩の面倒見も良く人望は厚く、卑怯な事を嫌う。 筋の通らない事があると、体を張って後輩を守る。 ただし「玉袋」と呼ばれると激怒する。 自動車を無免許運転していた前田ら3人の車が踏切内で立往生してしまい、電車が迫ってきた所に、同じく無免許運転の島袋がブレーキの壊れた車で後ろから追突して前田らの車を踏切内から押し出し、3人を救った事がきっかけで太尊らと知り合う。 このときの行き違いから太尊とはしょっちゅう喧嘩する仲になったが、心の底から敵視しているわけではなく、いざという時は互いに助け合う親友でもある。 実質吉祥寺に於いては、太尊と対等に接する数少ない存在で、太尊とケンカするときは互角に戦い勝負がつかないが、他校との抗争の時は辰吉、鬼塚、葛西らに一方的に倒されており(油断や場所が悪いということもあるが)、どれくらい強いのかはっきりしないという意見もある。 喧嘩にも柔道技を駆使する為、狭い所では本領を発揮出来ないのが弱点。 実は彼女がおり、番外編に一回だけ登場する。 名前の由来は島袋忠司。 八尋 米倉商1年。 角海老中出身。 攻撃的な性格で喧嘩もかなり強い。 太尊と本気で争おうとしない島袋に苛立ち、奇襲で島袋を倒し、米商の番長の座を奪い取る。 しかし、その後島袋の真の強さに感服し、舎弟として数々の戦いで活躍するようになる。 海老原とは1度対戦して負けているが、強さはほぼ同等と思われる。 海老原とは良きライバルであり、お互いに認めているところもある。 同級生の霧子のことが気になるが、霧子が島袋に惚れているために素直になれない。 霧子の島袋への恋のために一人で不良たちと戦って袋叩きにされたこともあった。 名前の由来は八尋史朗。 杉谷 武藤の中学時代の同級生。 中学時代はナイフやチェーンを普段から携行し、ケンカの度に取り出すような男だった。 武藤との一件をきっかけに高校生になってからは卑怯を嫌う正々堂々とした人物へと変化した模様。 名前の由来は杉谷満。 佐藤霧子 佐藤零の妹。 中学時代に協栄高校の不良に絡まれている所を島袋に助けられたのをきっかけに米倉商業に入学、柔道部のマネージャーとなる(しかし島袋は、霧子を助けたために追試の時間に遅れ留年、柔道部を退部してしまう)。 八尋とはクラスメート。 八尋の気持ちにはまったく気づいておらず、八尋のことを野蛮な不良と思っている。 アイコ 武藤、杉谷の同級生で杉谷の恋人。 かつて彼女を巡って武藤と杉谷が争ったことがあるがアイコは杉谷の方に想いを寄せていた為、武藤は身を引くことになった。 中学時代の髪型は眼鏡にポニーテール、高校では髪を下ろし眼鏡も外していた(コンタクト? 協栄高校 赤城肇 協栄高等学校の元番長。 小説版では吉祥寺のNo. 3と評される実力者で、米示たちすらその格は太尊や島袋より上と認めるほどのもの。 中学時代同級生の鬼塚には前歯を折られていたり、上山とのタイマンにも惜敗するなど、作中の戦歴は良くないが、卒業後もOBとして泣きを入れてくる後輩達の様々な世話を焼いている。 井の頭公園で評判のたこ焼き屋台を経営。 無類の酒好き。 元々はパンチパーマだったが、飲み比べで太尊(の酒乱癖)に負けて以来、太尊への敬意としてスキンヘッドにしている熱い一面もある。 太尊には頭が上がらず敬語を使っていたが、渋谷との抗争時から、何故か同格的な扱いになった。 伯父の紹介によりアメリカのダラスでたこ焼き屋を始めるチャンスを得るが、太尊たちのミスにより話がなくなりかけた。 そこを島袋にフォローしてもらい事なきを得る。 その後、屋台を島袋に託しアメリカに旅立つ。 かつてかなり本気で和美に惚れていた。 名前の由来は赤城武幸、数見肇。 西沢 協栄高等学校の生徒で、三迫中学校の卒業生。 中学時代、タイマンを申し込んだ海老原を仲間と共に袋叩きにし、さらにはカッターで額に傷を付けた。 トップに立つという欲望だけは強いが、それだけの器はなく、姑息な手段でしか勝つことが出来ない。 海老原から一騎打ちを申し込まれた際には八尋との決闘も同じ時刻に指定し、鉢合わせた海老原と八尋の一騎打ちを画策し漁夫の利を狙ったが、最終的には海老原に返り討ちにされた。 その後、ヒロトの話では八尋にもぼこぼこにされ、赤城にも説教される。 海老原と八尋は、この時のタイマンをきっかけに結びつくことになる。 名前の由来は第42代日本ライト級王者西沢誠と思われる。 神代 赤城の舎弟その1。 スキンヘッドで眼鏡の人。 名前の由来は神代英明。 坂本 赤城の舎弟その2。 モヒカン頭でちょっと太めの人。 名前の由来は第33代日本ウェルター級王者坂本孝雄か? ヒトシ 西沢の連れ、その1。 西沢の加勢をする為に控えていた。 勝嗣の回し蹴りを喰らった(? ) 和也 西沢の連れ、その2。 下西 石松の中学時代の同級生。 石松に対して深い尊敬と信頼を持ち合わせている。 角海老高校 平仲光二 角海老高校の番長で、なつみの彼氏。 高校のボクシング大会で畑中との試合中に左拳を潰した事が原因でグレた。 その後畑中を心の底から恨み、畑中の高校最後のボクシング大会を理由に他校との抗争を起こせない前田達をボコボコにした。 しかし、最後はブチキレて手を出してしまった太尊により打ちのめされ、やけになって使える右の拳も潰そうと壁にパンチを繰り出そうとしたが、その壁に畑中が手を差し伸べた事で和解し、自らの行いを本当に反省した(この時畑中はバンテージを厚く巻いていたため、拳には一つも傷を負わずに済んだ)。 過去に他校の不良に絡まれていたなつみを助けた事もあり、根は悪い人間では無い事が察せられる。 名前の由来は平仲明信と小林光二。 誠 角海老高校の多分No. 2的存在だと思われるが、喧嘩は大して強くない。 光二の命令でなつみを迎えに行った時、太尊に一発殴られただけで逃げて行った。 畑中なつみ 角海老高校の女生徒。 帝拳高校ボクシング部主将、畑中優太郎の実の妹で、光二の彼女。 兄優太郎とのボクシングの試合で拳を潰し、それが原因でグレた光二に対しては、最後まで本当の彼の姿を信じていた。 三迫工業高校 三原剛史 三迫工業高校の番長。 ブラウンシュガーとの抗争の中、当時真冬の彼氏だった武士の策略にはまり、警察の目の前で武士の右目を殴った為に年少(少年院)行きとなった。 真冬への報復、太尊への敵対心の為に舎弟を率いて帝拳高校を襲撃。 電話線を断ち切った上で勝嗣らを始めとする生徒、更にはマサさんにまでも暴行を加える。 その後、賢徳寺にて武士の墓の前にいる真冬を仲間と共に痛めつけ復讐を果たそうとするも襲撃時には不在だった太尊、輪島、浜田の3人が駆けつけたことにより阻止された。 極悪卑劣なその性格もさることながら、大橋を全く問題にせず太尊とも互角の勝負を繰り広げるなど喧嘩に関してもかなりの強さを誇る。 名前の由来は浜田剛史と三原正。 飯泉ナオト 三迫工業高校の生徒で、米示の中学時代の同級生。 当時米示の彼女であったさゆりの唇を強引に奪った軟派的な男であり、キャラ的には硬派の三原とは対照的である。 空手の有段者であり、殴り込みをかけた米示をあと一歩まで追い詰めたが、最後はキレた米示によって倒された。 年少から戻ってきた三原に対しては決して逆らえない。 三迫工が帝拳に殴りこんだ後、武士の墓のある賢徳寺で太尊に半殺しにされ、それ以降まったく登場しなくなった。 名前の由来は飯泉健二と高橋ナオト。 赤井武士 三迫工業高校の生徒で真冬の彼氏だった人物。 ブラウンシュガーとの抗争を警察に連絡したため、ブチキレた三原に右目を潰され視力を失った。 後に、医者に止められていたバイクに乗ってしまったのと、トラックの居眠り運転に巻き込まれて命を落とす。 名前の由来は赤井英和と大和武士。 吉祥寺以外の高校 渋谷楽翠学園 鬼塚 渋谷楽翠学園の番長。 東京四天王の一人。 非常に卑劣で冷酷非情な男であり、力と恐怖で仲間を支配。 味方であってもミスがあれば殴りつけ、気に入らない暴走族のリーダーを半殺しにし、敵と戦う仲間をまとめて2階から突き落としたりと、仲間を身勝手な道具としか見ていなかった。 しかし、太尊に敗れた後は上山にその座を禅譲して仲間の信頼を得、真の渋谷のリーダーに成長。 大阪抗争編では、人を振り回す程の怪力をみせている。 また、太尊にはアゴを割られても立ち向かっていき、葛西にはアバラを折られてもギブアップしないと、かなりの負けず嫌いと精神力が伺える。 学年は太尊たちと同じだが、中学のときに留年しており年はひとつ上になる。 そのためか、四天王共闘のときには沈着冷静・理知的な描写を強めて参謀的立場を務め、暴走する川島に仲間との信頼を諭す姿すら見せた。 ランチコートを愛用している。 名前の由来は鬼塚勝也。 上山 渋谷楽翠学園のNo. 輪島に匹敵する体格でボディ攻撃が通用しない。 吉祥寺との抗争では、勝嗣、米示、ジョーを三人まとめて倒し、赤城にホースで首を絞められるも針金で閉められたホースを引っこ抜いて勝利し、高い実力を見せ付ける。 輪島には今までのダメージもあってか、善戦したものの敗れてしまうが、その風貌と圧倒的なパワーは、赤城から『ビガロ』と喩えられた。 吉祥寺の面々が鬼塚のことを散々けなしても何も言わなかった樂翠の面々が、上山への悪口に怒って吉祥寺の面々と乱闘するなど、鬼塚とは違い、彼は純粋に仲間から慕われていたのが伺える。 赤城に諭されて鬼塚との決別を決め、抗争後は形式上彼が頭になったが、再登場した時には鬼塚が実質的なトップとなっており、また仲間からの厚い信頼を得ていたことを考えると、彼は鬼塚にトップの座を返上したように見える。 極東との抗争では川島に持ち上げられた上、投げ捨てられた。 名前の由来は上山仁。 須原 楽翠学園のNo. 太尊と同じ大阪出身で関西弁で喋る。 軽い身のこなしを活かした戦法が得意。 吉祥寺との抗争では鬼塚のあまりの非情・卑劣さに嫌気が差して戦意を失い、島袋にわざと投げられ続けてKOされる。 名前の由来は須原隆一。 小太郎 外見が小柄で気弱そうな感じ。 鬼塚に陰口を聞かれてしまい、太尊らと共に吉祥寺に逃げる。 鬼塚の命令に背き負傷した仲間をかばうなど、意外と芯の強い一面もある。 名前の由来は林小太郎(林在新の日本でのリングネーム)。 松本 楽翠学園の生徒。 渋谷で和美をナンパした。 この時に止めに入った勝嗣といざこざを起こしたことがきっかけで後の渋谷と吉祥寺の間で抗争が起こった。 名前の由来は松本好二。 古城 松本の救出と太尊達への報復の為に鬼塚を呼びに行った。 名前の由来は古城賢一郎。 浅草笹崎高校 薬師寺 浅草笹崎高校の番長。 東京四天王の一人。 無駄な喧嘩を好まず、名を上げる事にも興味を示さないが、仲間を大事にしている事から人望は厚い。 空手を習得しており、特に蹴り技が得意だが、状況によって目隠しや関節技などのテクニカルな技も使用する。 また太尊のアッパーを凌ぐなど、防御技術にも長けている。 かつて吉祥寺に住んでいた時期があり、その頃の同級生である千秋や和美とはヤッくんと呼ばれる仲。 特に千秋には中学時代に転校してからも想いを寄せており、太尊とは四天王としての宿敵であると同時に千秋を巡る恋敵でもある。 太尊と争う気は無かったが、本人を眼前にして勢いで千秋を連れ去ってしまい、必然的に決着を付けることとなってしまう。 大阪抗争編では千秋と和美の呼び出しに応じて参戦。 他の四天王との兼ね合いからか葛西に突っかかったり、大勢の敵がいるにも拘らず大技を出して隙だらけになってしまい、一斉に反撃される(しかも2回)などやや軽率なキャラになっていた。 千秋を吹っ切った後は、気恵という子と付き合っているらしい。 名前の由来は薬師寺保栄。 鶴田 浅草笹崎高校のNo. 角刈りに眉無しとかなりの強面。 亀岡と吉祥寺に殴り込み、喫茶店にいた勝嗣・米示・松村を打倒して宣戦布告とした。 相当の実力者だが、何よりも危険なのはその凶暴な性格で、椅子で勝嗣達を叩きのめし、太尊の頭に缶がぎっしり詰まったゴミ箱を振り下ろすなど、およそ容赦というものを知らない。 浅草に舞台が移ってもその強さは変わらず、リベンジに来た勝嗣・米示と小兵二を苦戦しながらも返り討ちにしたが、直後にヒロトの奇襲を受け滅多打ちにされて病院送りとなった。 大阪抗争編では太尊に余計なことを言って殴られたり、鷹橋が川島の心情について説いているところにしゃしゃり出てきて梅津に蹴り飛ばされるなど、少々無粋な面が目立った。 名前の由来はジャンボ鶴田。 亀岡 浅草笹崎高校のNo. アフロヘアーと揉み上げが特徴。 弾けた髪型とは裏腹に落ち着いた性格で、鶴田の抑え役であり笹崎の参謀的存在。 名を上げようとしない薬師寺に業を煮やして鶴田と共に吉祥寺に殴り込み、強引に抗争の原因を作る。 鶴田と違って喧嘩は強いとはいえず、浅草において太尊に一方的にやられ、その後リベンジに燃えるも今度は海老原に倒された。 浅草花やしきのローラーコースターがお気に入り。 ユージ 薬師寺の舎弟の一人。 薬師寺に味方の被害を伝えた。 笹崎北高校 六車 笹崎北高校の番長。 自信過剰な性格。 自分に初の黒星を味合わせた上に、顔に傷を付けた薬師寺を付け狙っている。 浅草に来た太尊と薬師寺を巡って戦ったが敗北し、たまたま出会った千秋を人質にして報復しようと画策するも、薬師寺によって阻止される。 最後は太尊に共闘を持ちかけて薬師寺の打倒と浅草の確保を図るが、制裁のアッパーを受け完全に粉砕された。 名前の由来は六車卓也。 池袋正道館高校 葛西 池袋正道館高校の番長。 東京四天王の一人で喧嘩の強さは太尊と1・2を争う。 かつてケンカに敗れて仲間を失ったトラウマから、強さを示すことでしか仲間の信頼を得られないと考えており、強い人間を倒すことに執着している。 東京四天王の一人に数えられるのが嫌で、自分が最強であることを示すために四天王制覇を狙う。 殴る蹴るといったオーソドックスな攻撃も得意であるが、ドロップキックやバックブリーカー、ラリアットなどのプロレス技も得意とする。 太尊との初戦ではライト・クロスをも繰り出し、太尊を驚愕させた。 太尊を含む四天王の三名に圧倒的な強さで一度ずつ勝っている。 過去にバットでアバラを折られている為に鬼塚と薬師寺との戦いでは、最後にアバラを折る儀式を行っていた。 太尊には最終的に額をぶち抜かれリベンジを果たされている。 名前の由来は葛西裕一。 坂本 池袋正道館の生徒で葛西の旧友。 かつて葛西が敗れた際唯一彼のもとに残った。 そのため葛西から特別視されているが、徐々に暴走を始めた葛西の将来を案じていた。 太尊と葛西の直接対決を前に単身吉祥寺に出向き太尊に葛西を止めてくれるように依頼する。 グループからは一歩距離を置いた位置にいるが実質池袋正道館のNo. ケンカはかなり強く太尊や葛西とも闘ったことがある。 名前の由来は坂本博之、外見のモデルは三浦知良。 西島 正道館No. 長渕剛を意識した風貌だが、帝拳連中からは「勉三さん」と呼ばれる。 蹴りで電話ボックスのガラスを割ってヒロトを捕らえ、井の頭公園では七井橋で海老原とタイマンを張り追い込むが、加勢した八尋に不意打ちをくらい二人に池に蹴り落とされた。 葛西を信頼している。 名前の由来は西島洋介。 リン 本名不明、モヒカンのようなヘアスタイル。 葛西に反感を持っておりトップに立つ機会を窺っていたらしい。 西島と同等の力があるが、勝手な行動に走りやすくかえって窮地に追い込まれることがある。 極東高校編ではすっかりお笑いキャラに変化。 鷹橋に「歯ブラシ頭」と呼ばれた。 この時は葛西を本当に信頼していたようだ。 名前のモデルは恐らくロッキー・リンと思われる。 牧山 大きなリーゼントのような頭が特徴的な男。 浅草で亀岡を建物の屋根から蹴り落とした他、池袋の駅では島袋でさえ圧倒していた程で2年生の中ではかなり強い。 名前の由来は元日本ジュニアフライ級王者牧山雅秀。 山中 正道館の生徒で最初に吉祥寺に訪れた。 千秋をナンパしに来た際、太尊達に捕まり人質にされる。 太尊に敗れた葛西の元へハンカチを持って駆けつける等、葛西への信頼は厚かったようだ。 名前の由来は山中郁夫。 仁 山中と二人で吉祥寺に現れた。 バス停の標識で太尊の脇腹を殴り負傷させる。 彼を含め正道館の生徒は全員がそれなりに強いらしい。 名前の由来は恐らく上山仁と思われる。 江口 三年生。 溜まり場の喫茶店にいたが本格的な暴走を開始した葛西によって殴り倒される。 この時、彼やリンを含めた総勢十名近い生徒が犠牲になっている。 名前の由来は江口九州男。 極東高校 辰吉保栄 太尊の大阪時代のライバル。 テコンドーの達人で、極東高校の番長。 島袋を倒す程の実力を持っている。 1度やられたら地獄の底から這い上がってでも20倍にして返すという執念と凶暴性の持ち主だが、筋道と義理を重んじ、相手を許せる一面もある。 そのため後輩から「仇を取ってくれない」と思われることもある。 名前の由来は辰吉丈一郎と薬師寺保栄。 川島清志郎 傷害事件で少年院に入っていた。 少年院に入る前は辰吉とソリが合わず、辰吉派にヤキを入れられていた。 退院後、極東高校に復学し、即座に辰吉を倒して極東高校の番長となる。 同級生を組織し、兄を殺した暴力団への復讐を企てていた。 10円玉を片手指だけで曲げることができ、高校生とは思えない肉体と超人的な身体能力を持つ反面、ドストエフスキーに耽る知性的な面もある。 名前の由来は川島郭志と忌野清志郎。 五代 辰吉派の3年生。 2年生の時新幹線や映画村で太尊達にやられている。 非常に単純で物分りが悪い。 名前の由来は五代登。 李 辰吉派の3年生。 サングラスとリーゼント。 太尊達にやられた五代を制裁したことがある。 相方の五代に比べると理知的。 鷹橋 川島派No. 一度は退学するが川島の復学を聞いて梅津と共に復学した。 東京連合との抗争では川島の真意を知って動揺する仲間を鼓舞し、川島への絶対的な信頼感を示した。 後に150人を相手にして疲労していた葛西と戦うが力及ばず敗れた。 梅津 鷹橋と並び川島派No. 空手の使い手。 150人を相手にして疲労していた薬師寺と戦い善戦するが止めをさそうとした所をカウンターの後ろ回し蹴りで敗北。 川島を信頼している。 名前の由来は梅津宏治。 畑山 鷹橋・梅津に続く川島派No. 川島を孤立させて人望を失わせ、最終的には自分がトップに立とうと画策するが、知略に優れず仲間にバレて失敗に終わる。 山中、牧山、仁の三人を病院送りにし正道館との抗争の原因を作った。 後に150人を相手にして疲労していた鬼塚と戦い手も足も出ず完敗したのでそれほど強くないようにも見えるが、ヒロト、勝嗣、米示ら三人を難なく倒し、一人一人がかなりの強さを誇る正道館の生徒三人も一人で傷一つ負わずに叩きのめしていることから、実力も相当なものである。 名前の由来は畑山隆則。 飯田 長髪で学ランの下にパーカーを着込んでいるナンパな男。 初登場時は畑山と並ぶ力があったが、その後畑山に出し抜かれたためにNo. 5の位置づけである。 修学旅行で東京に来た際、千秋を無理やりホテルに連れ込もうとした。 川島に何度も殴られたり畑山に嵌められて葛西達に捕まったりと結構酷い目にも遭っている。 運が悪いと思われる。 名前の由来は飯田覚士。 吾郎 飯田、畑山らを除いた極東の一般生徒のリーダー格。 さしたる理由もなく、個人的な感情のみで畑山に嫌悪感を抱いている。 確認出来ているだけでも用高、辰吉、太尊、川島、鬼塚、薬師寺、葛西、島袋、石松、畑山といった錚々たるメンバーに攻撃された極東高校編中で最も不幸な男。 名前の由来は恐らくSMAPの稲垣吾郎。 九州男 極東の生徒の一人。 川島の力を盾に太尊達を挑発、太尊に殴り倒された。 太尊の方から他校にケンカを売った初めてのケース。 名前の由来は江口九州男。 剛 吾郎らと行動をともにする生徒の一人。 このキャラクターはこの漫画が好きだった堂本剛が森田まさのりとの対談で出演を依頼して実現したものである。 雅仁 山中達を倒した犯人を探す為に葛西に捕まる。 結局川島にはそのまま見捨てられ畑山に救出された。 横浜帝拳高校 渡嘉敷 横浜帝拳高校ボクシング部所属。 元々は空手をしていたが、暴力事件を起こし、退学処分保留と引き換えにボクシング部入部を強制された。 格闘のセンスが抜群で、本業ではないボクシングで太尊に1度勝っている。 名前の由来は渡嘉敷勝男。 金平 ボクシング部顧問の教師。 渡嘉敷を退学処分の保留と引き換えに半ば脅迫のような形でボクシング部に入部させた。 他にも細野の不正行為を容認する等、自らの名声を高める為なら何でもする卑劣な人物。 太尊に敗れた渡嘉敷に退部を言い渡すも、吹っ切れた渡嘉敷に蹴りを食らう、その後事情を知った校長によってボクシングの顧問を辞めさせられる。 名前の由来は金平正紀。 細野 横浜帝拳高校ボクシング部員。 階級はフライ級。 尊大な態度が目立つ。 帝拳高校との対抗戦では大橋と対戦するが予想外の強さに驚き、グローブの中に大量の硬貨を詰めるという反則まで用いて試合を行う。 そのせいもあって大橋を追い詰めたが最後には敗北した。 名前の由来は細野雄一。 ルイス 横浜帝拳高校ボクシング部員。 身長190センチ近くにも関わらずライトウェルター級(60キロ台前半)という少し無理のある設定。 キューバからの留学生で対抗戦では小兵二と対戦した。 ボクシングの実力はあるがスタミナが致命的に無いのと練習もしないため長期戦に弱く、最後も疲れ果ててフラフラになったところで小兵二の猫パンチに屈した。 パンツの中身に関しては帝拳の人間も驚愕する他ない程。 名前の由来はジョー・ルイスもしくはレノックス・ルイス。 佐藤 横浜帝拳ボクシング部員。 階級はモスキート級でインターハイ選手。 かつて横浜にいた成吉と親交があり一緒の練習も行っている。 フェアな精神を持った選手で誠二や太尊ら帝拳高校の人間に対してもまっすぐに接し、高い評価を下していた。 名前の由来は恐らく佐藤仁徳と思われる。 新田 横浜帝拳ボクシング部員。 フェザー級インターハイ3位の実力を持つ。 対抗戦では武藤の対戦相手。 当然の如く圧倒しレフェリーストップで勝利。 名前の由来は新田渉世。 田村 横浜帝拳ボクシング部員。 金平の指示で細野のグローブに硬貨を詰めた。 名前の由来は田村知範。 東 元横浜帝拳高校の生徒で渡嘉敷が過去に起した暴力事件の相手。 自分だけが退学処分を受けたことへの腹いせに渡嘉敷への報復に現れる。 たまたま学校に居合わせた太尊達と喧嘩になり倒された。 名前の由来は東悟か? 横浜帝拳高校の校長 本名不明。 渡嘉敷の暴力事件の目撃者。 渡嘉敷の正当防衛を認め温情的な処分を下す一方で金平の不正に対しては厳しく対応するなど人格的にも優れた人物。 金山 故人。 元横浜帝拳高校の教師。 手のつけられない不良だった渡嘉敷に空手を教え更正させた。 自動車事故に遭い死去。 名前の由来はグレート金山。 横浜進光工業高校 白井隆人 通称サリー。 横浜進光工業高校の頭。 登場人物中屈指の冷酷さを誇る。 他の登場人物がケンカ相手の命を奪うことまでは考えていないのに対し、気に入らない相手には徹底的に暴行を加え、その結果死んでしまったとしてもなんとも思わず、女性にまで手を上げる非道な性格。 人を殺してもリングの上の試合中であれば罪に問われないという理由からボクシングの道に進む。 かつては渡嘉敷も白井と揉める事だけは避けていたという。 知略にも優れ、千秋を拉致し、綿密に練られた作戦で太尊を陥れようと画策する。 圭司以上にいろんな意味でキレた性格。 喧嘩も一級品(一級品はサリーいわくダセー)で鉄の扉の形を変えるほどの異常なパンチ力を誇りながら、蹴りにダブルアームスープレックスなどの組み技、卑怯な攻撃も得意。 フットワークも軽快だったが今までの大尊のライバルに比べると打たれ弱く惨めに倒された。 大尊に完敗して、実は自分が内心では千秋に惚れていたと気づく。 シバタジム所属のプロボクサー。 プロテスト時のゼッケン番号が「28」だったので太尊には「江夏」と呼ばれていたこともある。 名前の由来は白井義男と渡久地隆人(ピューマ渡久地の本名)。 圭司 進光工業のNo. 金髪で眉無しの強面。 ヒロトを進行中の電車に向かって蹴り飛ばし重症を負わせる。 報復に出た海老原、石松、松村を卑劣な手段で追い込み、松村を目潰しで失明寸前に、石松に手錠をかけ金的をくらわせるが、起き上がった石松と本気の海老原二人に反撃され倒された。 サリーの危ない非道さに惚れている。 名前の由来は山口圭司。 小泉 進光工業。 髪型は茶髪のオールバックで右耳にピアスをしている、いつも圭司達といる。 度々登場したが海老原・大尊に一蹴されており、更に千秋を助けに来た小兵二には尻をバットで叩かれ悶絶していた、悪党だが情けないシーンが多かった、白井を恐れている。 不良ばかりの進光工業だが数だけで生徒の腕っ節は正道館高校ほどではなかった。 新井 進光工業。 いつも圭司達といる、大尊をおとしいれる為に右腕が麻痺して動かないと嘘をついていた。 その他の高校生 春華 太尊の中学時代の彼女。 太尊の好きな髪形がポニーテールだったのは彼女の影響。 修学旅行で神戸に来た太尊と再会、太尊の気持ちは千秋にある事を知り自ら身を引いてその想いに区切りをつけた。 浅川龍太郎 大阪にいた頃の太尊の親友。 アントニオ猪木に顔が似ている。 思ったことを口に出せず、煮え切らない態度しか取れない男だったが太尊との再会・春華への告白を経て成長した。 自称「炎のハヤブサ」。 名前の由来は浅川誠二と植田龍太郎。 西城進 ひなのが中学時代に好きだったサッカー部主将。 ひなのをからかってトラウマを与える。 高校進学と同時にサッカーを止めて激太りした。 ケンカはヒロトより多少強い程度。 名前の由来は西城正三。 串木野 渡久地兄弟が北海道にいた頃の上級生。 誠二のパンチで前歯を折ら れた過去がある。 それをネタに太尊達に金をせびったり、その時太尊に殴られたことをネタに井岡から金を巻き上げたりした。 観月先生を強引にナンパしようとした場面を誠二に見られ、その場でもう一度殴られた。 名前の由来は串木野純也。 さき 吉祥寺の女子高生。 男遊びが激しく太尊に目をつけるもまるで相手にされず、その後松村を騙して利用しようとするがこちらも最終的に本性がバレて失敗に終わった。 三太 島根県から修学旅行でやってきた。 原宿で不良にからまれていた和美を芸能人と勘違いした。 そそっかしいが、割と喧嘩は強く、男気もある。 名前の由来は東京三太 海外のリングネームではミゲル・アンヘル・ゴンザレス。 ボクシング関係のキャラクター グレート玉鹿 竜の子ジム所属のプロボクサー。 六回戦だがB級トーナメント優勝の実績を持つ。 太尊の必殺パンチが出来上がる度に実験台にされる。 名前の由来はレパード玉熊とグレート小鹿もしくはグレート金山。 マンモス柴田 シバタ道場会長、兼日本ボクシング協会会長。 網膜剥離から回復した成吉が現役復帰する為の手助けをした。 マンモスという割に大して大柄でもないが本人曰く「昔は大きかった」らしい。 名前の由来は柴田国明。 チャコフ友利 シバタ道場所属のプロボクサー。 成吉の復帰テストの相手を務めた際、過去の因縁を根に持ち卑怯な手を使って彼を苦しめた。 敗北後は成吉の実力を認め、良き先輩として彼に目をかけている模様。 名前の由来は勇利アルバチャコフと友利正。 ジャッカル三谷 37歳にして現役プロボクサーであり、定職につかずコンビニエンスストアでバイトしている。 現役が長かったせいか職業病であるパンチドランカーにかかってしまった様な症状が見られ、物覚えや物忘れが酷くバイトもままならない。 大尊が幼い頃、兄と一緒に三谷の試合を観戦している。 名前の由来は三谷大和とジャッカル丸山。 マーベラス塩濱 竜の子ジム所属の新人ボクサー。 デビュー以来高い評価を得ており「マーベラス」の名前もそれに由来するもの。 ジャッカル三谷と対戦し、終始一方的な試合運びを見せるが最期にカウンターを受けて逆転KO負けを喫してしまった。 名前の由来は塩濱崇か? 東 ジャッカル三谷の前の試合に出場したプロボクサー。 デビュー当時はハードパンチャーだったが拳を壊してからスタイルが変わり低迷。 名前の読みは「あずま」だが太尊は「ひがし」と呼んで大声で応援していた。 名前の由来は東悟。 安田 東の対戦相手。 判定勝ちを収めた。 大和田 太尊の所属する「竜の子ボクシングジム」の会長。 名前の由来は大 和田正春。 スパンキー亀山 日本ウェルター級王者だったが、成吉の挑戦を受け1RKO負けを喫する。 名前の由来は鬼塚勝也のあだ名、スパンキーK。 その他のキャラクター アイラン場呉 平成プロレス所属のプロレスラー。 チャコフ友利の連れ。 成吉への牽制の為に千秋を人質に取った。 救出に来た太尊と衝突しボディから顎へのアッパー2連発で敗北。 名前の由来は元WBA世界ライトヘビー級王者のアイラン・バークレー。 益朗 真冬の後輩で暴走族「ブラウン・シュガー」の元メンバー。 ブラウン・シュガーの再結成に向けて真冬を勧誘。 真冬の為に太尊とチキンレースを行い、これに勝利した。 名前の由来は無冠の強豪竹田益朗。 田島由香 昔、富士雄の客だった女性の娘。 家出をして前田家に転がり込んできた。 まだ幼い女の子だが親の愛情に飢えているせいもあってかややすれており生意気な性格。 マーク高橋 赤城の親戚の知人。 海外で飲食業等を手がける実業家。 赤城を新店舗の店長にスカウトした。 名前の由来はマーク堀越と高橋ナオト。 佐藤零 新日本木村大学柔道部員。 ナルシストで高慢な性格だが、タイミングの良いところで先輩に殴られたりと憎めない一面もある。 島袋の柔道時代のライバルで、試合では怪我をしてるように見せるため右足に包帯を巻き、攻撃をさせなかった。 太尊のパンチをかわし、豪快な背負い投げを決めており柔道の実力は本物。 霧子の兄。 川島麗一 川島清志郎の兄でヤクザの下っ端。 ヤクザの世界でのし上がる為に鉄砲玉となり対立する組に殺された。 その犬死にとも言える死に様が後の川島に大きな影響を及ぼした。 名前の由来は川島郭志と仲井戸麗市と思われる。

次の

私の視点から見た東京アウトローズ。(中学編)第三話

東京 番長 ろくでなし ブルース

帝拳高校の番長、前田太尊といったら、泣く子も黙るタフガイ。 ケンカにかけてはこの男の右にでるものなし。 夢はボクシングの世界チャンピオンという彼も情にもろくてお人よしという人間味あふれているヤツだ。 その太尊をおもしろく思わない中田小兵二は南鉄高校の反町に帝拳高校の番長は自分だといい、ケンカを売ってしまった。 「小兵二は不治の病で、あと三ヶ月の命しかない。 だから最後に高校の番ぐらい張らせてやりたい」というウソにだまされ、小兵二の舎弟の振りをして反町をやっつける太尊。 だが、その現場を生活指導の井岡にみられ、太尊は停学をくらってしまう。 しかし、ウソに気付いた南鉄高の連中が再び、太尊に戦いを挑んで来た。 停学中に事件を起こしたら今度こそ退学処分になってしまう。 絶体絶命、前田太尊!!

次の