カタログギフト 香典返し。 香典返しの金額の相場はいくら?

香典返し用カタログギフトのおすすめ人気ランキング5選【失礼のないお返しに】

カタログギフト 香典返し

故人を偲んでくださった方へのお礼・お返しが香典返し。 心が伝わり、喜んでいただけるものを贈りたいものですが、同時に失礼がないかどうかも気になりますね。 そんなときに、カタログギフトは何かと便利。 リンベル、シャディなどのカタログギフトサービスから、香典返しを目的としたものが多数出ており、旅行やグルメなど選べるアイテムもとても豊富なんです。 今回は、そんな香典返し用カタログギフトの選び方を勉強しつつ、 Amazon・楽天など通販購入もできるおすすめ人気のカタログギフトを、ランキング形式でご紹介します。 気になる相場や送る時期なども合わせてご紹介。 ぜひ参考にして、大切な方へのお返しを吟味してみてくださいね。 幅広い年齢層の方に好みのものを選んでもらえるのがカタログギフトの最大のメリット。 昨今は香典返しとしての需要も多いようで、各社から弔事専用のカタログギフトが販売されています。 ご年配の方などにカタログギフトは受け入れられるだろうか、という心配もあると思いますが、弔辞専用のカタログギフトであれば、香典返しの定番の品からカジュアルなブランド品、グルメに至るまで、香典返しとして失礼にあたらないアイテムをあらかじめセレクトしてくれているので心配ありません。 カタログギフトを検索する際には、予算・用途・品物のジャンルなど、さまざまな選び口があると思いますが、失礼な品物が含まれていないかなどあれこれ悩むよりも、予め弔辞専用にセレクトしてあるものを選ぶ方が賢明と言えるでしょう。 カタログギフトには、選ぶ商品の代金とは別に、カタログの送料・商品申込みに必要なはがき代などの手数料(システム料)がかかります。 カタログを選ぶ際には、このシステム料が予め含まれているか、別途必要なのかという点を忘れずに確認しておきましょう。 若干の違いはあるものの、システム料は通常500円ほどです。 この500円を含める・含めないでは、当然トータルの金額が変わります。 それだけならまだしも、送る相手に失礼なことにもなりかねません。 というのも、例えば3000円のカタログギフトを送った場合、システム料500円が含まれていなければ3000円相当の商品を選んでいただけますが、含まれている場合は2500相当の商品ということになるわけです。 相手に失礼なことにならないためにも、ここはしっかりとチェックした方が良さそうですね。 香典返しの定番は長く残らない食品や消耗品。 これは不祝儀がいつまでも残らないようにという考え方からきているもので、昔から、お茶・海苔・石鹸・砂糖・干物などが定番です。 お茶やお菓子などもよく贈られます。 年配の方にはこの伝統に基づいた定番のものが指示される傾向にありますが、一方で若い人や一人暮らしの人はどうしても持て余してしまうというのも事実。 せっかくのお礼が無駄になってしまうのは送る方も送られた方も避けたいですよね。 そこで、カタログギフトのセレクトは、定番の品はもちろん、若いターゲット層を意識したモダンなものなど、贈られた相手が選びやすい、なるべく幅広いラインナップが好ましいと言えます。 グルメに特化したもの、旅行やレジャーに特化したものなどももちろん人気ですが、雑貨や小物なども含まれているものの方が、幅広い方に対応できそうですね。 よく香典返しと混同されがちなのが引出物です。 四十九日の法要で用意する引出物は、法要に出席した方からいただいたお供えへのお礼にあたります。 品物の選び方は香典返しと同様に考えて良いでしょう。 対して香典返しは、通夜や葬儀・その後四十九日までの忌中に頂いた香典へのお礼。 香典とお供えを両方いただいた方には、法要後に引出物と香典返しの両方をお渡しします。 もちろん、それ以前に即日返し(当日返し)をしている場合は引出物だけですが、冒頭でも述べたように、高額の香典をいただいた場合は、四十九日に改めて香典返しを用意することもあるようです。

次の

お香典返し・返礼ギフト

カタログギフト 香典返し

人気NO. ここで紹介しているのはギフトジャパンの取扱い商品のほんの一部です。 資料請求いただければまだまだ魅力的な商品が満載です。 人気NO. 1カタログギフト 故人を偲んでくださった方へのお香典返しや満中陰志のお返しにカタログギフトはいかがでしょうか? お香典返しや満中陰志、粗供養などの仏事ギフトでも受け取る方がお好みのお品を選べるカタログギフトは大好評です。 ギフトジャパンでは、2,800円〜50,800円(税抜き)まで価格別にご用意しており、 ご予算に応じた贈り分けもカタログギフトなら簡単です。 時間ぎりぎりでお電話したにも関わらず再度お電話した時には次の方にちゃんと伝わっていてわかりやすく説明していただきました。 のしの事や支払いの件でもご面倒かけましたがアドバイスをいただき大変助けられましたし名前や日にちの件でご丁寧に再度確認のお電話を頂き安心しました。 送った方からも喜ばれましたし私もこのショップにして良かったと感謝しています。 また使いたいと思っています。 ありがとうございました。 スタッフの方の対応が素晴らしかったです。 機会があればまた利用させてもらいたいと考えています。 ほんと有難う御座いました。 梱包も丁寧きれいであり不満な事は無かった。 香典返しで利用するにはとっておきの推奨ショップです。 正直、どの様にするか全然解らなかったのですが、みなさんのコメント通り、スタッフの方々の対応は素晴らしいです。 発送も無事終了しホッとしています。 今回は本日に有難うございました。• 電話の応対が本当に親切で分かりやすく安心できました。 また、一部一箇所にまとめて発想の際、分かり易く相手のお名前をシールで付けて頂き、丁寧で決め細やかなサービスに満足しています。 本当に良い買い物ができたと思います。 ありがとう御座いました。 注文確認の電話連絡に始まり、商品送付の際にもご連絡を頂き、おかげさまで安心してお任せすることが出来ました。 包装や挨拶状も上質で良かったですが、何よりもスタッフの対応がとても良く、満足度の高い買い物ができました。 確認事項なども迅速かつしっかりと対応していただきました。 価格的にもデパート、葬祭業者さんに比べてとてもお得だと思います、知人にもすすめたいほどです。 ありがとうございました。 正直 ネットで 大丈夫かな? と 不安も多々あったのですが費用等もあり 数カ所から 見積もりをとり 比較すると まさに ダントツのサービス 商品内容で レビューもよくて 決断して 大正解でした。 お返しの時期は仏教の場合は忌明けの法要後にお返しすることが多いのですが、 宗派や地域の習慣により法要前にお返しする場合もあります。 尚、関西では四十九日の忌明けの法要を「満中陰の法要」と呼ぶことが多いようです。 お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。 お香典返しのお役立ちコンテンツ。 商品を選ぶ。 カテゴリから選ぶ。 価格から選ぶ。 香典返しは「適切な商品選び」「お返しの時期」「適切な挨拶状の選択」「戒名」「掛け紙の種類や表書き」「贈り主は誰にすべきか」など 仕来りごとが多くまた親族を代表してお返しする事から非常識な事や失礼があってはならない、 複雑で注意が必要なご贈答です。 先様は仏事の作法をご存知の方も多いのでしっかりおこないたいものです。 ギフトジャパンでは本格的なお香典返しをご提供しており、サポートも充実しております。 また、ご注文受付後お電話にて簡単な確認作業をいたしております。 その際、思わぬ間違いに気付く場合もありお客様に大変ご満足いただいております。 複雑な香典返しですが自宅に居ながらお店で購入したような安心感をご提供いたします。 00 今回初めて利用させて頂いたのですが、こんなに良い印象のお店は中々無いと感じました。 スタッフの方の対応が素晴らしかったです。 機会があればまた利用させてもらいたいと考えています。 ほんと有難う御座いました。 00 スタッフの方が丁寧に応対してくださり、安心してお任せしました。 他よりも安いしお得です。 ありがとうございました。 00 2度目の利用です。 前回は義父の香典返し、今回は義母の香典返しでした。 丁寧な対応をしていただけるし、挨拶状も無料で作成してもらえるので、助かります。 お勧めできるお店です。 00 とにかくスタッフの応対が丁寧であり、何回かの質問にも親切に対応してくれた。 梱包も丁寧きれいであり不満な事は無かった。 香典返しで利用するにはとっておきの推奨ショップです。 00 香典返し専門店と言うことで選びました。 挨拶状もきちんとしたものを選べて、無料だったのでよかったです。 注文してすぐに折り返しの電話があり、安心して任せることができました。

次の

香典返しの金額の相場はいくら?

カタログギフト 香典返し

「香典返し」は、葬儀の参列者にお供えいただいた香典に対する返礼として贈るものです。 元々香典は、故人の葬儀にかかる出費に対して、身内や近所の方が少しでも助けになるようにという目的で供えるものだったため、「香典返し」はお礼の挨拶をするだけのものでした。 「香典返し」の習慣は、地域によっても異なりますが、大きくわけて「忌明返し」と「即日返し」があります。 「忌明返し」は、一般的に四十九日の法要後日常生活に戻った頃に、いただいた金額の3分の1~半額くらいを目安にした品物を「香典返し」として贈ります。 「即日返し」は、葬儀当日もしくは通夜の際に、香典の金額に関わらず一律同じ品物を贈るものです。 最近では、「即日返し」の習慣が定着している地域が増えています。 香典返しに最適なカタログギフト 従来の「香典返し」は、日用品をお返しすることが一般的とされていましたが、最近では、どなたにも喜んでいただけるカタログギフトを選ぶ方が多くなっています。 とくに「即日返し」の場合は、弔問に訪れた方々の好みやニーズを把握するのが難しく、また通夜や葬儀の準備などに追われて商品をゆっくり選ぶ時間もないため、相手に好きな品物を自由に選んでもらうことができるカタログギフトが最適です。 また荷物がかさばらないので、帰宅の際の負担にもなりません。 カタログギフトには、日用品や雑貨、ブランド品など複数のジャンルを取り揃えたものから、旬のグルメなどひとつのジャンルを厳選したものまでさまざまです。 「香典返し」は、年齢・性別・家族構成などに関わらずお返しをするものなので、親しい方だけでなく、仕事でお付き合いのあった方への贈り物としてもカタログギフトは大変便利です。 欲しいものを自由に選んでもらえるカタログギフトであれば、供養に対する感謝の気持ちを伝えるための素敵な贈り物となるでしょう。

次の