ラザニア レシピ。 【本場イタリアのレシピ】本格ボローニャ風ラザニア

【みんなが作ってる】 ラザニア 餃子の皮のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ラザニア レシピ

材料 2人分• ラザニア 60g• ピザ用チーズ 100g• オリーブオイル 適量(仕上げ用) <ミートソース>• ホールトマト 1缶(400g)• 合いびき肉 200g• マッシュルーム 1パック(120g)*薄切り• にんにく 1かけ *みじん切り• ローリエ 1枚• 塩・黒こしょう・オリーブオイル 各適量• 赤ワイン 大さじ1 <ホワイトソース>• バター 10g• 薄力粉 大さじ1. 牛乳・生クリーム 各100㏄• 黒こしょう 適量 作り方• <ホワイトソースを作る> たまねぎはみじん切りにする。 フライパンにバターを入れて火にかけ、たまねぎを加えて中火で炒める。 しんなりしたら薄力粉を加えて混ぜる。 粉がなじんだら牛乳を加えて混ぜながら煮詰める。 生クリームを加えて混ぜながら煮詰め、塩・黒こしょうを加えて味を調える。 <ミートソースを作る> フライパンにオリーブオイルとみじん切りのにんにく入れ、火にかける。 香りが出てきたら合いびき肉を加え、ほぐしながら強火で炒める。 ローリエ、赤ワイン、ホールトマトを加えて強めの中火で煮る。 薄切りにしたマッシュルームも加えて煮詰める。 全体がしんなりしたら塩、オリーブオイルを加えて煮詰める。 <パスタ(ラザニア)を茹でる> 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、オリーブオイルと塩を加える。 ラザニアを入れ、約8分間ゆでる。 キッチンペーパーの上に取り出し水気を切り、容器の形に合わせて切る。 ラザニアはさらに半分に切り、耐熱容器の底にラザニアを敷く。 ホワイトソース、ミートソース、チーズを順に重ねていき、さらにこれを2層に重ねる。 一番上にチーズを乗せ、トースターで約10分間焼く。 半分に切り、器に半分ずつ盛り付ける。 オリーブオイルを適量かけて完成。

次の

男子ごはん ラザニアのレシピ・ミートソースとホワイトソースで本格味!栗原心平

ラザニア レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

メインからスイーツまで!? ラザニアのアレンジレシピ6選

ラザニア レシピ

ボローニャ風ラザニアとは? ラザニアは日本でもお馴染みのイタリア料理の一つで、イタリア語ではラザーニャ(lasagna)、ラザーニェ(lasagne)と呼ばれ、もちろんイタリア人も大好きな料理。 ボローニャ風ラザニアとは パスタ生地、ラグーソース、モッツァレラにパルミジャーノなどのチーズとベシャメルソース(ホワイトソース)を層になるように詰めて焼き上げたラザニアで、イタリアでもスタンダードなもの。 今回のレシピは材料もシンプルで作りやすいもの。 でも各工程を丁寧に作れば抜群に美味しいものができる。 また、一度作り方をマスターすればラグーソースを工夫したり、チーズを変えてみたり、とオリジナルのレシピを作っても楽しいですよ。 層になったラザニア イタリアのいろいろなラザニア 他にもラザニアの本場、イタリアにはいろいろなレシピが存在する。 そしてイタリアの家庭では、ラザニアはクリスマスや2月のカーニバル、またはイースターなど、家族が集まる大事な日に食べられる代表的な料理。 またこのラザニア、実はとても歴史の古い料理でもある。 このラザニアの誕生から現在の姿になるまでは、レシピの後に詳しく説明しているので興味のある方はどうぞ。 いつだって歴史と料理の関係はおもしろいものですよ。 ラザニアの歴史 さて、ではラザニアは一体いつから存在している料理なのだろう? 実はその歴史はとても古く、紀元前のローマ時代から存在していたそうだ。 この小麦粉から作った薄いパスタ生地と肉を一緒に調理したものが現在のラザニアの原型。 ここに チーズを加えたバージョンが誕生したのはもっと時代が下ってから、17世紀のナポリ。 そして トマトソースを使った現在のようなラザニアになったのは同じくナポリ、アメリカ大陸からヨーロッパにトマトがもたらされ、トマトが食用としてイタリアに普及した18世紀以降のこと。 つまり、現在のようなラザニアの姿になったのは18-19世紀ごろということになる。 そう考えるとローマ時代のラザニアは今とは随分異なるシンプルなものだったのだろう。 さてさて、あと数百年後の未来、いったいイタリアのラザニアはどんな進化を遂げているんだろう? もしかしてそれは、私達の全く想像していない姿になっているのかもしれない。

次の