リアル グレード ν ガンダム。 RG[リアルグレード]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

RG[リアルグレード]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

リアル グレード ν ガンダム

機動戦士ガンダムSEEDデスティニーより、フォースインパルスガンダムがRG(リアルグレード)シリーズにて立体化であります〜。 チェストフライヤー、レッグフライヤー、そして核となるコアスプレンダーがドッキング!さらにオプション兵装のフォースシルエットを装着するという!元祖ガンダム、前作SEEDのストライクの要素をも取り入れた欲張り機体となってます。 前半はシンが搭乗し活躍!後半はルナに引き継がれる事に。 武装はオーソドックス。 合体機構のお陰か時流なのか、RGお馴染みの内部フレームが無いのでカッチリした素敵なインパルスガンダムが出来上がりますヨ!! (ちょいと足りない部分を塗装しとります。 RGのユニコーンガンダムに一部新規パーツを加えたリデコ商品〜。 特徴的な『フェニックスの尾』にリード線を仕込む形となっており、様々な表情付けが出来るのが嬉しい所!!(HGフェネクスはその部分がショボかった…。 デストロイモードへの『変身』は角のみ差し替えとなっとります〜。 難点はシンプルなメッキ故、変形作業中に指紋がベタベタ付きまくる事…w (劇中で動きまくっていたユニコーンモードにしておとなしく飾っときます…。 新機動戦記ガンダムWにて活躍したトールギス!エンドレスワルツVer. としてRGシリーズに降臨であります。 リアルグレード独自のギミックなのか、バックパックのスーパーバーニアが余計な所まで開きまくりますっ!(ドーバーガンも地味に伸縮っ 何層も重ね合わせて完成するショルダーアーマーが素敵ポイントでしょうか〜。 (捻じ切れる可能性も! ドーバーガンの持ち手周りをちょい削り込み、取り回ししやすくしてみました〜。 フレームスライド機構は脚部に存在っ! 可動範囲は良好過ぎる出来。 (ボディ内部の可動ギミックが秀逸であります。 フィン・ファンネル(6枚)の連結機構も今の所しっかりしている感じ!(基部が柔らかプラっぽいので、付け外ししまくるとヘタるorもげる可能性も…。 (ほぼ塗り分け不要な出来なのですが、サイドアーマーの裏がチラ見えすると安っぽいので、塗ってあげると良いかもしれませぬ! 機動戦士ガンダムSEEDより、前半主役機体!エールストライクガンダムがRGシリーズにて立体化であります〜。 劇中では、背部のストライカーパックを換装するシステムで大活躍。 後半、ムウさんが乗り込み不可能を可能にし爆散していったという…。 武装はビームライフルに対ビームシールド、サイドアーマーに内蔵された、高周波振動ナイフのアーマーシュナイダー、エールストライカーパックに搭載されたビームサーベル等々。 キットはリアルグレードシリーズのNo. 03という事もあり、かなり古いアイテム! 完成済みのアドヴァンスドMSジョイントに、パーツを貼り合わせる感じの組み立て工程。 造形もイケてるのですが、固定持ち手が付属しないのが難点!フニャった可動手首の噛み合わせが駄目で、ライフルを直ぐにポロりしやがります…w(当然の如く接着セリ……。 ビームサーベルの基部差し替えでの展開も無駄過ぎて謎です…。 そんなシャアザクのリアルグレードキット! もはや9年前のキットだったとは…。 前に組んだやつを引っ張り出し、撮影アクションをかましていたら、脚部の動力パイプの基部がモゲて悲惨な事にw、丁度バズーカも紛失していたので買い直して劣化している部分と新品とでミキシング再生を。 無駄に難解な脚部スプリング内蔵動力パイプ(今回はパイプ接続基部を削り込んでへし折れない様に対応!w)、頭部可動と連動したモノアイ、スライドフレーム等、RG シリーズならではのギミックが詰まっておりました! 最初期のRG なので(ナンバー02)固定の武器持ち手が付属していないのが気になる所でしょうか〜。 キットの方はRGシリーズ後発だけに、かなりの気合いを感じられる出来であります。 近、中、遠距離等、用途によって形態を変化させるインパルスから、『兵装全部載せ』にグレードアップした感じのデスティニー。 さらに、シャイニングフィンガーもどきや光の翼まで展開できるロマンの詰まった機体なのであります・・・w そんなデスティニーがRGに・・・各部の色分けもすばらしく、武装&エフェクトも盛り盛りで満足出来るキットになっております。 (転倒対策か、スリッパ部分がややデカイ感じ・・・w ビームエフェクト付きのアロンダイト(大剣)が重いので、構えさせて飾っておくと関節がヘタってくるのが注意ポイントでしょうか・・・。 RGシリーズ特有のアドヴァンスドジョイントがフニャリやすいので補強必須!w 後にプレバンにて発売された、光の翼エフェクトも装着させてみました~。 翼に展開機構、ドラグーン再現のギミック等が集中しているので、重量がかなりの物に・・・。 (コレのお陰で翼を折り畳んでの自立が困難です・・・w 腰のレール砲を背中に回し、腰横にライフルをマウント出来る機構は感涙モノ!w (雑に扱うと折れモゲるので注意・・・。 そして、アドヴァンスドジョイントの脆さが際立っております、、膝の関節スライド機構がタイトな造りで、当時そのまま組んで『膝骨折』状態になった思い出が・・・。 (場所をめっさ食うのと触ることが出来なくなる、危険エフェクトですw.

次の

「RG νガンダム」は今年の最高傑作ガンプラだ! 組み立ててわかった衝撃の完成度

リアル グレード ν ガンダム

RGはMGと同様に色を塗らなくてもほぼ設定どおり色分けが実現されている! やはり色を塗らなくても、ほぼ設定どおりの色分けができているのは、管理人にとっては、キットを選ぶ上でかなり重要なポイントです。 RGが出た当時から、一度は組み立ててみたいと考えていましたが、2010年の発売から約10年が経過してようやく組み立てる事ができました。 価格は、近くのジョーシンで税込み2,200円でした。 今回も、前回の「MG フリーダムガンガム Ver. パーツは多いが、ケースは1個で足りました。 パーツの数はかなり多かったですが、小さいのでケース1個で済みました。 今回つかった道具はこの3つ パーツの切り出しとゲート処理には、約4時間掛かりました。 とにかくパーツが小さいので老眼の管理人は、良く見えません・・・ 特にパーツを切り出した後のゲート部分が特に分かり難くで、ゲート処理に時間が掛かりました。 パーツの嵌め込みもかなりタイトですので、綺麗に切り取らないと上手く嵌らない部分もありますので注意が必要です。 今回は、頑張って墨入れとデカールも行いました。 コタファイター まずは、コアファイターからです。 こんな感じで変形します 上手く部品が嵌らずに苦労しましたが、実はクリアパーツのゲートが残っていたというボンミスをやらかしました。 クリアパーツ&パーツが小さい&老眼が重なると、殆ど見えません・・・ 次は足です。 兎に角いろいろなところがポロリしましす。 アンクルガードもすぐ取れますし、つま先や踵のパーツもすぐ取れます。 色を後から塗らないのであれば、接着した方がストレスがありません。 関節は良く動きます 足の可動範囲は上図のとおりです。 ほぼ180度曲がります。 子供頃に作った、300円のファーストグレードとは比べようもありません。 下半身の完成です 墨入れとデカール貼りもした後ですが、圧倒的な情報量です。 上半身です 胸周辺も若干ですが、スイング可能です。 上半身と下半身をドッキング コアファイターは使わずに、固定タイプを選択しています。 腕にも外装のスライド機構あり 腕にも内部フレームがあり外装がスライドします。 腕も膝と同様にほぼ180度まで曲がります。 なかなかポーズが決まらない 最後に完成写真です。 いろいろと動かして可動を楽しみたかったのですが、関節の保持力が弱くグラグラです。 特に股関節が弱く、足がすぐに抜けます。 また、フロントスカトート・リアスカートもすぐに抜けます。 ポロリが酷過ぎる フロントスカート・リアスカートは本当にすぐに外れます。 もしかしたら個体差もあるのかもしれませんが、管理人が買ったものは、スカートのボールジョイントが「カチッ」と嵌っている感が殆どありません。 止むを得ず真鍮線を使って、左右のスカートを接続し、抜け無い様に加工しました。 しかし、もう少し各パーツが「カッチリ」と嵌りポロリがしない様になっていれば良かったと思います。 また、内部フレームの各関節が思ったよりも緩くて、なかなかポーズが決まりません。 普通に立たせようと思っても「なんだかナヨット」してしまいます。 やはりパーツが多いと時間が掛かります。 重火器を固定装備とした前期型からから兵装・防御システムを最低単位に分離し、対MS戦でザクを凌駕する高機動MSとなっている。 さらにジオン軍の一連のMSに単一機種で対抗可能なよう設計され、装甲材はルナチタニウム合金が採用されている。 加えて、特殊樹脂や強化セラミックを充填した三重のハニカム装甲とすることで軽量化の両立にも成功している。 このRX-78ガンダムのうち、2号機はRX-78-1から装甲と駆動系を変更した機体で、公式にはプロトタイプと呼ばれつつも良質の材料と最高の技術で完成されたカスタムメイド機であった。 また、当時の最新技術としてエネルギーCAPが導入され、従来式メガ粒子砲よりも遥かに小型化されたビームが携行可能とであり、RX-78の2号機はサイド7にて実用実験を行った後、ホワイトベースに搭載されアムロ・レイの乗機として活躍した。 MS-14ゲルググとともに一年戦争における最高位のMSである。 しかし、量産化を前提とした設計であるにも関わらずコストは高額であった。 ガンダム 型式番号 RX-78-2 頭頂高 18. 0m 本体重量 43. 4t 全備重量 60.

次の

「RG νガンダム」は今年の最高傑作ガンプラだ! 組み立ててわかった衝撃の完成度

リアル グレード ν ガンダム

0 待った甲斐あり!• 0人中、0人が役立ったといっています• とにかく驚愕の完成度。 バンダイ神がかってます。 胸部が小さく下半身が大きめのバランスは個人的には好きです。 また、ものすごく作りやすいです。 目立つゲート跡だけ処理して組み上げ、スミ入れしてシールを貼りつや消しトップコート、頭部バルカンをメタルパーツに置き換えて完成、ここまで1日半です。 長所は挙げればキリがないほどですが、細かい所ではハンドパーツ、特に握り拳の出来が非常に良いです。 RGサザビーもそうでしたが、これらをビルダーズパーツとして販売して欲しいくらいです。 一つ難点を挙げれば、マスクが小さいことですかね。 もっと馬面のイメージなので。 で購入しました•

次の