おいしい 浮世絵 展。 おいしい浮世絵展

【東京】4/17

おいしい 浮世絵 展

展覧会「おいしい浮世絵展〜北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい〜」が、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催。 開幕時期は未定。 当初は2020年4月17日 金 から6月7日 日 までの開催を予定していたが、開幕日を延期。 開幕日などは決まり次第、展覧会公式ホームページにて発表される。 日本独自の文化が花開いた江戸時代に、その文化を類まれな表現力と技術でいきいきと描きだした浮世絵。 会場では、嬉々とした表情ですしを嗜む女性を描いた国芳「縞揃女辨慶 松の鮨 」や、うなぎを手にする「春の虹蜺」など、名だたる絵師が描いた食の場面を目にすることができる。 「北斎漫画」十編、葛飾北斎、浦上満氏蔵 また、ヨーロッパの画家たちにも多大な影響を与えた北斎の「北斎漫画」から、そばを食する姿を描いた作品や、満開の桜を背景に宴を楽しむ男女の姿を活写した三代歌川豊国「見立源氏はなの宴」などを展示する。 江戸高名會亭盡 えどこうめいかいていづくし 両国柳橋 河内屋、歌川広重、味の素食の文化センター蔵 さらに広重の作品では、江戸の名店を主題とした「江戸高名會亭盡 両国柳橋 河内屋」や、東海道の宿場町を描いた連作「東海道五十三次」を展示。 発展した江戸の食文化や、その土地の食材や名産を垣間見ることができるだろう。 本展では、そこに記された記録を元にした再現料理の写真やレシピを通じて、実際に当時どのような料理法が存在したかを解説するほか、江戸時代より現代に継承される老舗料理店の職人の技も合わせて紹介する。 展覧会の鑑賞を経て江戸の食文化への理解が深まった後は、実際にその歴史ある文化を舌でも堪能してみてはいかがだろう。

次の

おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~|ローチケ[ローソンチケット] イベントチケット情報・販売・予約

おいしい 浮世絵 展

産経ネットショップでは、森アーツセンターギャラリーで開催予定の(3,000円)を販売しています。 展覧会に足を運べない方、予習をして展覧会をより深く楽しみたい方におすすめです。 江戸文化を生き生きと描き、世界からも高い評価を受けている「浮世絵」。 葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳らの作品は、時代を越えて広く親しまれています。 その中でもたびたび描かれている「日本の食」は、「和食」として無形文化遺産へ登録され、注目を集めています。 「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」(主催:産経新聞社など)は、そんな「浮世絵」と「食」を掛け合わせたオリジナルの展覧会になります。 本展では、描かれた食のシーンを追いながら浮世絵そのものの魅力を伝えるとともに、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解いていきます。 また当時の料理法を再現した料理の写真やレシピもあわせて紹介しているため、江戸の食生活をより深く感じることができます。 公式図録では、浮世絵ひとつひとつの見やすさにこだわっただけではなく、「絵師とは?」「浮世絵とは?」といった解説から、江戸の流通事情、再現料理レシピ、現代に連綿と続く名店の紹介まで深掘りした解説を網羅した充実の内容です!江戸に生きた庶民の「食のシーン」を凝縮しました。 料理を運ぶ女性のしおり付きです。 コラボグッズの販売や、展覧会サポーターとして就任したお笑いコンビのナイツとの連動企画などもお楽しみください。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開幕日は未定となります。 詳細については同展公式ホームページ()をご確認ください。 価格は全て税込み。 別途送料500円をいただきます。 価格や仕様などの情報は掲載日時点のものです。

次の

おいしい浮世絵展〜北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい〜

おいしい 浮世絵 展

東京オリンピックを控えた本年、日本の文化に対する国内外から関心が高まる中、日本独自の文化が花開いた江戸時代に多くの注目が集まっています。 その江戸の文化を、類まれな表現力と技術で生き生きと描き残し、今に伝え、世界中から高い評価を得ているのが「浮世絵」です。 この浮世絵の世界には、江戸の風俗史として「日本の食」が度々描かれてきました。 『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』では、浮世絵そのものの魅力を伝えるだけではなく、描かれた食のシーンを追いながら、当時の料理を再現しそのレシピを解説することで、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解き、江戸時代ならではの料理方法もご紹介します。 咲き誇る花、輝く太陽、色づく山々、降りしきる雪。 巡る季節の中で変化していく自然の情景は、今も昔も変わることなく人々の心を潤してきました。 泰平の世が続いた江戸時代、人々はそうした季節の楽しみとともに「食」を謳歌することも忘れませんでした。 春夏秋冬の年中行事にまつわる浮世絵を見てみると、季節感あふれる華やかな場面の中にすしや豆腐、西瓜や焼芋、握り飯や餅など人々に親しまれた「食」が存在感を放ちます。 そして江戸時代、誰もが憧れたエンターテイメントに「歌舞伎」があります。 当時の上演時間は早朝から日暮れまでと長く、観客たちは芝居小屋で菓子・弁当・すしなどを芝居とともに楽しんだのです。 江戸の人たちが楽しい時にどんなものを食べていたのかを、ちょっとのぞいてみましょう。 【第2章】にぎわう江戸の食卓 人気エリア• 国内エリア• 海外エリア•

次の