年賀状 切り 絵。 年賀状を手作りしよう酉年編 折り紙による簡単切り絵をご紹介!

年賀状の切り絵 干支(子・亥・戌・酉・申・未) 型紙 図案 イラスト 図案

年賀状 切り 絵

100均にもたくさんの種類が売られていますよね!子供が使うときにも惜しみなく渡すことができるので、思いがけない素敵なオリジナルデザインの年賀状ができたりします。 大人が使うときには和紙の折り紙がおすすめです。 そのほうがむしろ目立って素敵に見えるような気もします。 ただ、ハガキに紙などを貼るなら「全面を密着させなければならない」という決まりがあるため、折った状態の折り紙など立体のものや、ある程度厚みのあるものは貼ることができません。 折り紙はたくさんの色が揃っているので、クレヨンでお絵かきをするように色が選べるのもおすすめポイントです。 モチーフはなるべくシンプルなものがおすすめです。 子供と一緒に作る場合、ママが折り紙の裏に下書きをして、その線どおりに切り取るところから任せてもいいですし、ママがパーツを切り取って、「ここに貼ってね」と指示したところに順番に貼っていってもらってもいいですね。 子供に任せる部分は年齢やできることによって決めるといいですよ。 普通の折り紙ならくっきりしてポップな雰囲気に、色和紙なら柔らかく落ち着いた雰囲気になりますね。 スポンサーリンク 年賀状に折り紙を貼るだけでも素敵! 年賀はがきの角や縁に華やかな友禅和紙を貼るのも素敵です。 私はこれがとても好きで、ちぎり絵のときも切り絵のときもスタンプを押して作るときも友禅和紙をワンポイントに組み合わせることが多いです。 色が少なくてちょっとさみしい雰囲気の年賀状も一気に華やかで素敵になるので、黒一色で印刷した年賀状にプラスするのもおすすめですよ。 明るい色ならどんな色でも年賀状に合うと思いますが、迷ったらやっぱり赤が間違いなくおすすめです。 私が昔から好きでよくやるのは、赤と白の色和紙を組み合わせて貼り、上からスタンプを押すデザインです。 干支やお正月モチーフを切り絵にして貼っても楽しいですし、華やかな友禅和紙の色柄を生かしてワンポイントとして貼ったり、無地の色和紙を小さく切って貼るだけでもパッと雰囲気が変わりますよ。

次の

年賀状の切り絵で簡単なネズミを手作り!子供もOK折り紙で!

年賀状 切り 絵

「コスプレ年賀状」は顔の輪郭に沿って切り抜いた写真画像を使います。 このページでは、 Word(ワード)で比較的簡単に顔写真の切り抜きを作る方法を解説します。 (顔写真の切り抜きを作るには、専用の機能を持った画像ソフト(フリー)ををダウンロードして使う手もあります。 以下は、無料とは思えないほど機能が充実しており、使い勝手もいいという評判のフリーソフトです。 (使用方法その他は各サイトにお問い合わせ下さい。 また、下記ソフトのダウンロード、使用によって生じたトラブルや損害について当サイトwww. designbank-nenga. これは顔型に切り抜くのに一番近い形の楕円形を選んだということです。 分かりづらいかもしれませんが、円型にトリミングされました。 画像周囲に現れた太い線を内側にドラッグしながら、顔型に狭めていきます。 円型を顔の形に合わせるイメージで作業して下さい。 納得いく状態になったら、画像の外でクリックするか、Enterキーを押してトリミングを完了させて下さい。 顔型に切り抜かれました。 この時点でコスプレ用に使うのに適当と思われる大きさに縮小(選択するとオブジェクト周りに表示される枠のコーナーの〇にポイントしてShiftを押しながら内側へドラッグ)しておいて下さい。 縮小された画像にほんの少し(1pt~3pt程度)だけ「ぼかし」を入れて、エッジを滑らかにしましょう。 背景を白のまま使うなら、ぼかしは不要かもしれません。 写真画像を確認しながら、効果を適用させて下さい。 下図左が切り抜いた直後の画像、右が「ぼかし」を適用後の画像です。 これで背景が単色の写真から顔を切り抜く作業は完了です。 背景が写った集合写真から作る場合 気に入った表情の顔が背景の写りこんだ集合写真の中にあったり、家族全員の顔の切り抜きを一枚の写真から作りたいという場合を想定した解説です。 この場合は、まず、背景を消してしまいましょう。 背景と認識された部分が明るいパープルに着色されました。 同時に、Wordのメニューが変わっています。 でも、着色された部分をよく見ると、暗い木の幹など所々背景領域から除外されている個所がありますね。 そこで、このメニューの中から 「削除する領域としてマーク」をクリックします。 マウスポインタがペンシルの形になったら、画像の中の背景に含みたいエリアをなぞるようにドラッグします。 再び、マウスポインタがペンシルの形になるので、人物の顔部分を頭頂部から顎にかけてドラッグ。 この、顔部分を 「保持する領域としてマーク」する作業は、比較的スムーズにいくと思います。 後は、 「削除する領域としてマーク」に切り替えて、不要と思われる首のところや襟元などを細かく削除してEnterを押せば顔写真が切り抜かれて残ります。 狙い通りにうまく不要箇所を削除できない時は、首回りなど多少残っていてもOK。 トリミング機能で始末しちゃいましょう。 とりあえず、こんな感じに切り抜かれました。 トリミングする際は、コピーした4枚の写真の内、1枚だけ表示させ、残り3枚は非表示にしておきましょう。 作業する写真画像だけを表示するためにを常にアクティブにしておくことをお勧めします。 名前も分かりやすいものにしとくと効率的。 女の子の場合、こんな感じにトリミングしました。 顔周りの 「ぼかし」は1pt 適用。 顔型の向きを修正したいときはさせて下さい。 写真によっては 「背景の削除」ボタンを押しただけ修正作業無しの一発で顔型が切り抜かれちゃうラッキーな場合もあるし、集合写真じゃなく単独で写ってるものならトリミングする必要がない場合もあります。

次の

年賀状の投函期限はいつから始まっていつまでで締め切り?【2020年】

年賀状 切り 絵

こちらの本は、リンク先から少しだけ立ち読みができるのですが、その中に可愛らしいヒヨコのモチーフがあります。 酉年なので、そちらのヒヨコを真似する方法もあります。 ただ、今回の記事では 酉年だからニワトリ!と考え、我が家オリジナルの作り方をご紹介しますね。 年賀状 折り紙による切り絵の作り方 今回作る作品はこちらです。 ニワトリを白い折り紙で作ると土台の葉書がオフホワイトで目立たないため、ベースに赤系の折り紙を使うことにしました。 赤系の折り紙は、普通の真っ赤一色でも良いのですが、グラデーション折り紙があったのでこちらを利用しました。 2 折り紙を半分に折ります。 (白い折り紙は長方形になるように、赤系の折り紙は三角になるようにします。 ) 2.白い折り紙でニワトリを作る 1 穴あけパンチで下の写真のように穴を開けて目にします。 穴開けパンチに折り紙をセットする位置が分かりやすいよう、敢えて下の写真では黄色い折り紙を使っています。 2 下の写真のように、鉛筆かペンで下書きします。 3 線に沿って体や羽の部分を切ります。 3.赤系折り紙で鶏冠(とさか)と足を切ります。 この部分は合わせづらいので次のように行います。 1 2で完成したニワトリを重ねて位置を合わせて、トサカと足の部分をニワトリの上と下に書き入れます。 ニワトリを退けると下記のようになります。 2 下書きした線に沿ってはさみで切ります。 足の部分は切りづらいので、下の写真のように、足の指中央部分で山折りにしてからハサミを入れると切りやすくなります。 4.のり付けします。 ニワトリと背景を、年賀はがきに糊付けします。 5.その他「謹賀新年」などの文字を記入して、年賀状を完成させましょう。 このハサミは我が家でも愛用しているのですが、このテのハサミにしてはリーズナブルで(切り絵用のハサミは結構高額なものが多いのですよ)、細かい作業がやりやすいです。 ひよこはサイズが小さいため、目を切るのに穴開けパンチを使えません。 そのため、ハサミで切ることになるのですが、難易度が高いです。 目の切り方は、切りたい位置のところで折り紙を山折りにして、1. 5mm程度の細い半円で切ります。 (私が何度か試した限りでは、目は小さい方が可愛くなるので、2mmを超えない方が良いでしょう。 ) また、くちばし部分は、上のニワトリでやったような3本カットでなく、上下だけの2本カットの方が楽だし、それでも可愛いはずです。 今回、足を3本指でカットしていますが、この部分は無しにしても問題ないでしょう。 (結構難しいかもしれないので。 ) 上の配置だと、ひよこの表情が目立たないので、別の配置にしてみました。 お好みでレイアウトしてくださいね。 もっと簡単な切り絵にしたい場合 上記のひよこは難易度が高いのですが、最初にご紹介したニワトリも、トサカや足が難しいと感じる人もいるでしょう。 その場合は、コレは無しにして、簡単なひよこの方が楽です。 (こちらのひよこの足は省略して構いません。 ) 背景を和紙風な柄にすると、 簡単な切り絵でもグッと映えますよ。 さいごに 切り絵は図案によって難易度がかなり違いますが、今回ご紹介した図案は意外と簡単だし、相手の印象に残る年賀状が作れますよ。 この切り絵が良さそうだな、と思ったら、是非一度試してみて下さいね。

次の