チザニジン 副作用。 テルネリン通販|チザニジン|筋緊張緩和剤|効果・副作用

テルネリン(チザニジン)の作用機序:筋弛緩剤

チザニジン 副作用

チザニジン錠1mg「JG」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 オーバーユース症候群(総論) 緊張型頭痛 肩関節周囲炎(五十肩) 脊髄損傷 腰痛症 チザニジン錠1mg「JG」の主な効果と作用• 脊髄や中枢神経に働いて、筋肉の緊張や痛みをやわらげる働きがあります。 脳や脊髄の損傷により起こる筋肉のつっぱり、こわばりや 麻痺をやわらげるお薬です。 つっぱり、こわばり、こり、痛みなどの症状を改善するお薬です。 チザニジン錠1mg「JG」の用途• 外傷後遺症の痙性 麻痺• の痙性麻痺• の筋緊張状態の改善• 痙性 脊髄麻痺の痙性麻痺• 頚部 脊椎症の痙性麻痺• の痙性麻痺• 後遺症の痙性麻痺• の痙性麻痺• 頭部外傷後遺症の痙性麻痺• 脳血管障害の痙性麻痺• 脳性<小児>麻痺の痙性麻痺• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、倦怠感、失神、動悸、幻覚、錯乱、眠気、頭痛 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、血圧低下、徐脈、顔面蒼白、冷汗、呼吸困難、意識消失、急激な血圧低下、心不全、心拡大、肺水腫、呼吸障害、喘鳴、喘息発作、肝炎、肝機能障害、黄疸、著しいAST上昇、著しいALT上昇、悪心、嘔吐、食欲不振、全身倦怠感 上記以外の副作用 頭重感、眩暈、回転性眩暈、浮動性眩暈、ふらつき、知覚異常、しびれ感、構音障害、ろれつがまわらない、不眠、口渇、胃部不快感、腹痛、下痢、胃もたれ、便秘、口内炎、舌荒れ、口中苦味感、流涎、Al-P上昇、過敏症、血管性浮腫、浮腫、発疹、皮膚そう痒感、蕁麻疹、紅斑、眼瞼下垂、脱力感、尿閉、霧視 チザニジン錠1mg「JG」の用法・用量• 1.筋緊張状態の改善の場合:チザニジンとして3mgを1日3回に分けて食後に経口投与する• なお、年齢・症状により適宜増減する• 2.痙性麻痺の場合:チザニジンとして1日3mgより投与を始め、効果をみながら1日6~9mgまで漸増し、1日3回に分けて食後に経口投与する• なお、年齢・症状により適宜増減する.

次の

テルネリンで腰痛緩和?テルネリンの成分や副作用について解説

チザニジン 副作用

筋肉の血行を良くする作用も期待されます。 本剤の主成分は、チザニジン塩酸塩(Tizanidine Hydrochloride)で、主に脊髄に作用し、脳からの筋肉を緊張させる信号を抑制します。 この作用により、筋弛緩作用や疼痛緩和作用が期待されます。 通常、痙性麻痺の様な筋肉が強張る症状や、激しい肩こり、五十肩、腰痛、手や足の強張り、緊張型の頭痛等の症状を緩和するために利用されます。 適応症は以下の通りです。 ・下記疾患に伴う筋緊張状態の改善 ・頸肩腕症候群 ・腰痛症 ・下記疾患に伴う痙性麻痺 ・脳血管障害 ・痙性脊髄麻痺 ・頸部脊椎症 ・脳性(小児)麻痺 ・外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷) ・脊髄小脳変性症 ・多発性硬化症 ・筋萎縮性側索硬化症 本剤は、ノバルティス ファーマ株式会社により製造販売されています。 スポンサーリンク 主な副作用 テルネリンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。 ・眠気がする ・口が渇く ・脱力感がする ・けん怠感がある ・めまいがしたり、ふらつきがある ・胃部に不快感がある ・悪心がある ・食欲不振になる ・腹痛がある ・発疹が出る ・ALT(GPT)値が上昇する ・AST(GOT)値が上昇する 重大・重篤な副作用 重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。 重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。 しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。 その他の副作用 その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。 その他の副作用リスト 副作用の部位名称等 副作用の名称、症状 精神神経系 眩暈(回転性のめまい、浮動性のめまい)がする、フラつく、錯乱する、幻覚がある、眠気がする、頭重感がある、頭痛がする、構音障害(ろれつがまわらない等)が起こる、知覚異常(シビレを感じる等)がある、不眠になる等 循環器 血圧が低下する、徐脈になる、動悸がする、失神する等 肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、ALP値が上昇する等 消化器 口内炎が出来る、舌が荒れる、口中に苦味感がある、口が渇く、流涎(りゅうぜん:よだれ)が出る、胃がもたれる、悪心がある、食欲が不振になる、胃部に不快感がある、腹痛になる、下痢する、便秘になる等 過敏症 発疹が出る、皮膚にそう痒感がある等 その他 脱力感がある、倦怠感(けんたいかん)がある、霧視(むし)がみられる、眼瞼下垂(がんけんかすい)がみられる、浮腫ができる、尿閉になる等 過量投与 めまいがする、縮瞳(しゅくどう:瞳孔が縮む)が起こる、悪心がある、嘔吐する、血圧が低下する、徐脈が起こる、QT延長が起こる、呼吸が窮迫する、不穏になる、傾眠(けいみん:うとうとする)が見られる、昏睡(こんすい:外部からの刺激に反応がない)になる等 テルネリンについて 持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。 特に肝臓や腎臓の良くない方は医師との相談が必要です。 アルコール(飲酒)やタバコ(喫煙)は、控えて下さい。 以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。 ・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方 ・フルボキサミン又はシプロフロキサシンを投与中の方 ・重篤な肝障害のある方 以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。 ・肝障害のある方 ・腎障害のある方 ・高齢の方 ・妊婦の方 ・妊娠している可能性のある方 ・授乳婦の方 ・小児等 以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。 ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。 ・フルボキサミン ・ルボックス ・デプロメール シプロフロキサシン ・シプロキサン等 以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。 ・降圧剤 ・降圧利尿剤等 ・中枢神経抑制剤 ・アルコール ・抗不整脈剤 ・アミオダロン ・メキシレチン ・プロパフェノン ・シメチジン ・ニューキノロン系抗菌剤 ・エノキサシン ・ノルフロキサシン ・黄体・卵胞ホルモン剤 ・経口避妊薬 ・チクロピジン ・CYP1A2を誘導する薬剤 ・リファンピシン ・喫煙等.

次の

チザニジン錠1mg「トーワ」の効果・用法・副作用

チザニジン 副作用

降圧剤 降圧利尿剤等 低血圧及び徐脈があらわれることがある。 中枢神経抑制剤 アルコール 眠気等の副作用が増強されるおそれがある。 いずれも中枢神経抑制作用を有するため。 抗不整脈剤 アミオダロン メキシレチン プロパフェノン シメチジン ニューキノロン系抗菌剤 エノキサシン ノルフロキサシン 黄体・卵胞ホルモン剤 経口避妊薬 チクロピジン 本剤の血中濃度が上昇し、副作用が増強されるおそれがある。 これらの薬剤がCYP1A2を阻害し、本剤の血中濃度を上昇させる可能性がある。 CYP1A2を誘導する薬剤 リファンピシン 喫煙等 本剤の血中濃度が低下し、本剤の作用が減弱するおそれがある。 リファンピシンとの併用により本剤の血中濃度が50%低下することがあるため、併用投与の必要がある場合には、慎重に用量調節(増量)を行うこと。 これらの薬剤がCYP1A2を誘導することにより、本剤の血中濃度が低下し、本剤の治療効果が減弱するおそれがある。 副作用 チザニジン錠1mg「JG」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ3錠(チザニジン塩酸塩として3. 432mg(チザニジンとして3mg))を健康成人男子に食後単回経口投与して血漿中チザニジン塩酸塩濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 16 1. 07 1. 07 標準製剤 (錠剤、1mg) 4. 23 1. 10 1. ,n=12) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 溶出挙動.

次の