読売新聞 2ch。 【大炎上】AKB&読売新聞の新企画、 ガチ勢を本気で怒らせてしまうwwwwwww: 思考ちゃんねる

【アルバイト×読売】読売新聞の顔となるセールスメイト大募集☆

読売新聞 2ch

スマートフォンのヨミドクタートップ画面も一新 充実のコンテンツ 著名人の健康と元気の秘密をお聞きするインタビュー連載「ウェルネスとーく」が注目を集めています。 2020年3月には大幅なリニューアルを実施。 よりビジュアルで使いやすいサイトに生まれ変わりました。 新たに「中川恵一『がんの話をしよう』」「ペットと暮らせる特養から」「常喜眞理『女のココロとカラダ講座』」など6本の連載も始まっています。 リニューアルに伴い、これまで有料コンテンツだったデータベース「医療大全」「病院の実力」が、読売新聞の読者で読売新聞オンラインの読者会員登録をしている方は、追加料金なしで利用できるようになりました。 さらに、読者会員の方が月額200円(税抜き)をお支払いいただくと、24時間・365日、電話による体と心についての健康相談サービス(保健同人社提供)を受けることができます。 <編集長から> ヨミドクター編集長 梅崎正直 悩みのない人間はいません。 それは、がんや難病、糖尿病などの病気や心身の障害だったり、身体の衰えや孤独、認知症といった老いへの恐れだったり。 若い世代には、妊活や出産、育児に関わる不安や焦りもあるでしょう。 ヨミドクターは、今を生きる読者の皆さんが抱えている様々な課題に、あるときは答え、あるときは寄り添っていく...... そんなサイトを目指します。 美術展情報サイト 美術展ナビ 全国の美術展を検索できるポータルサイトです。 キーワードやジャンルで検索できるほか、美術ファン向けの様々なコラムなどを連載し、会員向けの内覧会なども開催しています。 コンテンツの利用や会員登録は無料です。 全国で開催されている美術展をキーワードで検索 全国で開催されている美術展を、会場名、ジャンル名などで検索することができます。 お出かけ先の美術館や、旅行・出張で訪れる地域の美術館を探せるほか、「西洋美術」「写真」などのジャンル検索から見つけることも可能です。 また、季節ごとに都内で開催される注目の美術展も紹介します。 こだわりの連載や会員向け内覧会なども 様々な"アートの達人"による連載やコラムも好評です。 開催されている美術展の詳細レポートや、話題の美術展をどう達人は鑑賞するのか?など、他では読めない美術展ナビだけの記事も楽しんでいただけます。 また、美術展ナビの会員(登録料・利用料無料)になると、特別内覧会へのご招待や、美術展グッズのプレゼントなどに応募することが可能です。 ヨミダス歴史館は、1874年(明治7年)の創刊号以来の1400万件以上の記事を収録しています。 明治、大正期の紙面も現代の言葉で検索し、紙面イメージ(画像)で読むことができます。 1933年(昭和8年)以降の地域版の紙面画像もあります(沖縄県を除く46都道府県分)。 1986年(昭和61年)以降の記事は、読みやすいテキストデータで提供します。 ほかに、英字紙「The Japan News」の89年以降の記事や、約2万6千人分の現代人名録も利用できます。 ヨミダス歴史館は国際的に高く評価され、2010年には世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)の第1回アジア・デジタル・メディア賞において、オンライン・メディア部門の特別賞を受賞しました。

次の

【読売新聞オンライン】「中国の秘密主義・隠蔽でウイルス拡散」…トランプ氏、責任追及の考え強調 [爆笑ゴリラ★]

読売新聞 2ch

スマートフォンのヨミドクタートップ画面も一新 充実のコンテンツ 著名人の健康と元気の秘密をお聞きするインタビュー連載「ウェルネスとーく」が注目を集めています。 2020年3月には大幅なリニューアルを実施。 よりビジュアルで使いやすいサイトに生まれ変わりました。 新たに「中川恵一『がんの話をしよう』」「ペットと暮らせる特養から」「常喜眞理『女のココロとカラダ講座』」など6本の連載も始まっています。 リニューアルに伴い、これまで有料コンテンツだったデータベース「医療大全」「病院の実力」が、読売新聞の読者で読売新聞オンラインの読者会員登録をしている方は、追加料金なしで利用できるようになりました。 さらに、読者会員の方が月額200円(税抜き)をお支払いいただくと、24時間・365日、電話による体と心についての健康相談サービス(保健同人社提供)を受けることができます。 <編集長から> ヨミドクター編集長 梅崎正直 悩みのない人間はいません。 それは、がんや難病、糖尿病などの病気や心身の障害だったり、身体の衰えや孤独、認知症といった老いへの恐れだったり。 若い世代には、妊活や出産、育児に関わる不安や焦りもあるでしょう。 ヨミドクターは、今を生きる読者の皆さんが抱えている様々な課題に、あるときは答え、あるときは寄り添っていく...... そんなサイトを目指します。 美術展情報サイト 美術展ナビ 全国の美術展を検索できるポータルサイトです。 キーワードやジャンルで検索できるほか、美術ファン向けの様々なコラムなどを連載し、会員向けの内覧会なども開催しています。 コンテンツの利用や会員登録は無料です。 全国で開催されている美術展をキーワードで検索 全国で開催されている美術展を、会場名、ジャンル名などで検索することができます。 お出かけ先の美術館や、旅行・出張で訪れる地域の美術館を探せるほか、「西洋美術」「写真」などのジャンル検索から見つけることも可能です。 また、季節ごとに都内で開催される注目の美術展も紹介します。 こだわりの連載や会員向け内覧会なども 様々な"アートの達人"による連載やコラムも好評です。 開催されている美術展の詳細レポートや、話題の美術展をどう達人は鑑賞するのか?など、他では読めない美術展ナビだけの記事も楽しんでいただけます。 また、美術展ナビの会員(登録料・利用料無料)になると、特別内覧会へのご招待や、美術展グッズのプレゼントなどに応募することが可能です。 ヨミダス歴史館は、1874年(明治7年)の創刊号以来の1400万件以上の記事を収録しています。 明治、大正期の紙面も現代の言葉で検索し、紙面イメージ(画像)で読むことができます。 1933年(昭和8年)以降の地域版の紙面画像もあります(沖縄県を除く46都道府県分)。 1986年(昭和61年)以降の記事は、読みやすいテキストデータで提供します。 ほかに、英字紙「The Japan News」の89年以降の記事や、約2万6千人分の現代人名録も利用できます。 ヨミダス歴史館は国際的に高く評価され、2010年には世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)の第1回アジア・デジタル・メディア賞において、オンライン・メディア部門の特別賞を受賞しました。

次の

【読売新聞】「美術館女子」公開終了 「指摘を重く受け止め」(朝日) [蚤の市★]

読売新聞 2ch

安倍首相が声を荒らげたのは9月12日夜。 内閣記者会加盟のマスコミ各社キャップとの記者懇談でのことだ。 同日、読売新聞が朝刊の一面トップで「消費税率、来年4月に8% 首相、意向固める」と大々的に報じていた。 首相はその報道を全否定する一方、その日の夕刊で、読売報道を追認する形で後追いした他紙の名を挙げ報道内容を否定した。 首相周辺が当時の首相の心理を解説する。 「様々な経済指標が上向きだったため、首相も消費税引き上げやむなしという方向に傾いていたが、まだ引き上げを決断していたわけではなかった。 報道が先行し、首相はカリカリしていました」 当時の読売報道を見ると、「意向を固めた」とあるだけで「首相がこう言ったという具体的発言は皆無だった」 首相周辺。 首相の女房役の菅義偉官房長官は読売報道を「何だ、あれは!あんなこと決めてない」と批判した。 実は、この報道に先立つ9月10日、首相は読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長らと都内のホテルで会食している。 複数の全国紙政治部幹部によると「この席で、渡辺氏が首相に来年4月から8%に税率を引き上げるよう求めたという情報が流れている」という。 一方、これに対し「首相は消費税について特にこれといった発言はしなかったが、すでに腹を決めている感じもした」と、会合の様子を知る政界関係者は話す。 消費税率についての渡辺氏の考えはこれまでコロコロ変わってきた。 渡辺氏は昨年暮れまで、14年4月と15年10月に予定通り消費税率を引き上げ、社会保障・税の一体改革を進めるべきだと主張していた。 増税を1年先送りにして再来年10月に一気に10%に引き上げるという主張だった。 読売のドンと呼ばれる渡辺氏の意向に従い、読売新聞の社論も増税推進から先送りに変更。 「8%見送りはデフレ脱却を最優先した結果」(読売8月31日社説)と書き、先送りを進言した。 だがドンと首相の会食後、読売の報道は昨年までの増税推進に先祖返りしたようだ。 他紙に先駆け、税率引き上げで「首相が意向固める」と読売が報じたことで一気に増税の流れができた。 一説では、財務省がナベツネさんを説得したのではないかと言われています」と前置きして語る。 こんな虫のいい主張が国民に受け入れられるはずがないけれど」 首相の動静欄をチェックすると、渡辺氏は今年に入り少なくとも5回、首相と懇談している。 政界に大きな影響力を持つ渡辺氏に、首相も多大の配慮を払ってきたのは確かだ。 しかし、首相が消費税引き上げを決断したのは、メディアを気にしたからというわけではなさそうだ。 首相のブレーンの1人が言う。 「元々、首相は消費税率引き上げに消極的だ。 1997年の消費税率引き上げがアジア通貨危機と重なり、景気後退、税収減につながった教訓もある。 アベノミクスがデフレ脱却を目指して成果を挙げているだけに、増税で経済に冷水を浴びせたくはなかった」 が、一方では「税率の2段階引き上げは法律で決定ずみ。 増税延期には新たな法律を成立させねばならない。 ただでさえ臨時国会の会期は短く、とても無理」(首相周辺)というのが実情。 そこで首相は、増税の一方で大型の景気対策を行い、景気の腰折れをできるだけ避ける道を選んだ、ということのようだ。 有識者も大多数が賛成だし、安倍さんは独裁者じゃないんだから、 増税回避も無理だろ。 「元々、首相は消費税率引き上げに消極的だ。 1997年の消費税率引き上げがアジア通貨危機と重なり、景気後退、 税収減につながった教訓もある。 アベノミクスがデフレ脱却を目指して成果を挙げているだけに、増税で経済に冷水を浴びせたくはなかった」 が、一方では「税率の2段階引き上げは法律で決定ずみ。 増税延期には新たな法律を成立させねばならない。 ただでさえ臨時国会の会期は短く、とても無理」(首相周辺)というのが実情。 そこで首相は、増税の一方で大型の景気対策を行い、景気の腰折れをできるだけ避ける道を選んだ、ということのようだ。 フランス原発は福島より数100倍流出させてるのに何故騒がないのだろうね。 危険性がないからだろ。 何で安倍アンチのブサヨって平気で嘘をまぜてドヤ顔するの?•

次の