ヘブンズドア 最強。 ヘブンズ・ドアー(ジョジョの奇妙な冒険)

ジョジョの露伴のスタンド「ヘブンズドアー」って最強ですか?

ヘブンズドア 最強

ヘブンズドアとは、がしている『』に登場する架の宙域である。 概要 ヘブンズドア (Henoor) 直径 不明 人口 7人 不明 知 極めて高い 登場作品 、、、ウォーズ のどこかに存在する不思議な宙域。 この間のはのどこかと繋がっているらしく、さながらに通ずるのようである。 の侵攻の対外となった場所であったが、ここに住むが意図的にを呼び寄せた為、間の防衛合戦に巻き込まれていくこととなる・・・ ヘブンズドア星人 領域の核であるヘブンズドアに生息する7人の生命体。 通称「七賢」さん。 個々が強大なを有するであり、の種族として噂されているが、彼ら自身は非常に気まぐれな性格をしている。 彼らはでを引き寄せ、再びでへ送り返すという他のが行う防衛を、娯楽感覚で愉しみ始めるのであった。 「」という設定からか、からはおもしろ作品などで底的に弄られ、最終的には人に次ぐの高いとなった。 ヘブンズドア人が7体集結しているは中々圧巻で、においても7人並んで登場する場面は多い(の柄になった事もある)。 惑星性能 初代(DS) 出現 列幅 楽曲 火炎 大地 鋼 11 時間??? 闇とを除く全てのが出現する贅沢な性。 列幅も最大級の広さになっている。 点火したを第一次点火のみで消し去ってしまうという凄まじい性を持つ。 しかしカリの重量が一定値をえた途端全く打ち上がらなくなってしまい、時間経過とともにその基準はどんどんシビアになっていく。 大きなカリも作れない為も稼ぎづらく、強なを持つとは裏に欠点の多いである。 ちなみに一度に送れるの量が少ない代わりに、相手に攻撃は大幅に増量されるを持っている。 全に対戦向きの性のようだ。 ではにてこのが使用されるが、通常とは性が異なっている。 出現 列幅 大地 鋼 10 モバイル オンライン(PC) ウォーズ(XBLA) 出現 列幅 ワザ 火炎 大地 鋼 11 打ち上げ重視 がくなり、は7種類に。 カリの重量にされないという大強化が施されたが、本作は制限時間による得点稼ぎがとなった為、に乏しいヘブンズドアは結局が狭いままなのであった。 自前の攻撃性の高さを活かして、なんとしてでも時間切れまでに相手のをさせたいところ。 のには二重になったい輪のような物体が確認できる。 関連動画 関連項目•

次の

岸辺露伴のヘブンズドアのスタンド能力と強さは?4部最強なのか考察

ヘブンズドア 最強

本編の始まる3ヶ月程前にスタンド能力を引き出す矢によって発現した 射ったのは。 スタンド名の元ネタはのフォークシンガーの「Knockin' On Heaven's Door」。 能力 人の記憶や能力を本 辞書 にして読んだり書き換えることが出来る能力。 基本的には、身体のどこかの部位が薄く剥がれるような形で「本」のページになる。 「本」には対象の肉体や精神が記憶している「人生の体験」が記されており、記述を読むことで相手や相手の知っている情報を知ったり、ページに書き込むことで相手の行動・記憶を露伴の思うとおりに制御することも可能となる。 「本」状態にする事は程度によっては物理的な影響を持つ。 皮膚の表面を多少めくる程度であれば影響はほぼ無いが、腕を一本まるごと巻物のように展開してしまうなどするとその部分には力が入らなくなる。 全身をそうされるとまともに動く事すらできなくなる。 またページは破り取り、物理的に保管できる。 だがその相手はページの質量分だけ体重が激減してしまう。 ある程度知能を持った動物や幽霊、また露伴自身にも能力は使用することができる。 能力をかけられた相手はヘブンズ・ドアーに本化によって物理的に逆らう事も、記述を読まれるため嘘をつくこともできず、命令を書き込めば相手の行動を完全に支配下に置ける。 それゆえに作中では「無敵」と称されることがあるが、相手によってはこの能力が逆効果になることもあるため一概に強いとは言えない。 具体的には、本人も知らないうちにスタンド能力を身につけていたような相手に対してヘブンズ・ドアーを使って記憶を読んでも、自覚のない相手の記憶の中にはスタンドの記述がないため、「こいつはスタンド使いではない」と思い込んで、警戒心を解いてしまう・スタンド等の情報を読むより先に、相手が始末した者とその動機についての文章が、相手の危険性を仄めかす印つきで明かされ、能力の特性を把握するどころではなくなるなど。 また、記憶などを読む能力は生きている相手にしか効果が無い。 死に瀕している人物をめくると徐々に内容が消えていく様が見られ、完全に死亡すると内容は全て消え、代わりに「死」の文字で埋め尽くされてしまう。 ・・・のだが、後日にそもそも生物でないものまで本にしだした(後述)。 通常であればあり得ないことだが、同様のスタンド能力を持つ相手だと、書き込んだ命令を上書きされて消されてしまう。 最初は自分で描いた漫画を相手に見せ、なおかつ相手と波長が合わないと発動できなかったが、後に空中に絵を描くだけでも能力を発動できるようになり、最終的にはスタンド像が確立され絵を見せなくても相手に触れることで本にすることも可能となった。 相手に命令や記憶を書き込む場合も、ペンなどを使わずに直接書ける様になる。 もちろん、遠隔操作型スタンドか、それ以下程度のパワーしかないが、など、全く力が無い程度のスタンドなら、喉元を掴み、能力を行使できるらしく、人間よりも弱い程度の力はあるようになった。 終盤でを攻撃した際はのような拳ラッシュを見舞っているが、不発に終わっている。 しかし、、、のバイツァ・ダストなど、第四部後半で露伴の前に現れた敵は、ヘブンズ・ドアーの真価を発揮できない相手が主であった。 相手への攻撃以外でも様々な応用が聞く能力で、 物理的にあり得ないことでもある程度実現可能。 「今すぐ後ろ向きに10m吹っ飛ぶ」と書くと物理法則を無視してその通りに吹っ飛ぶので緊急回避などに応用が効くし、「ネイティブ並にイタリア語を流暢に話せる」と書けば本人にイタリア語の知識が全く無くてもその通りに話せるようになるので、実社会でも優秀すぎる能力。 さらに(あるのかはわからないが)『 地獄に行く』と書き込むこともできる。 ただし、露伴自身のは読むことが出来ない。 また、あくまである程度なので、人によって定義がまちまちな 普通の人間にすることはできるかどうか怪しいとのこと。 容姿 露伴が描く「ピンクダークの少年」の主人公と同じ姿をしている。 基本ファンから白ベースに黄色淵で塗られていることが多い。 少年のような容姿だが本編以外ではロボットぽくなっていたりする。 もしかしたら「ピンクダークの少年」に合わせて変化しているのかもしれない。 こいつ、どこまで成長するんだ? 【溜池Now! 世界一受けたい「ジョジョの奇妙な」授業】内にて、原作者の荒木飛呂彦氏が使ってみたいスタンドに挙げられた。 曰く 『人の心の中を覗いてみて、その人の謎を見て見たい!』とのこと 関連イラスト.

次の

ヘブンズドア〜優駿王への扉〜の口コミ・評判や評価

ヘブンズドア 最強

ヘブンズドア 〜Case14〜 「ヘブンズドア」 〜Case14 明日ヲ堕トシテモ〜 全ては気紛れだった。 捨て子がいた。 ぎゃーぎゃー泣いてて五月蝿かった。 ぶっ殺そうかなと思ったんだけど、なんとなく拾ってみた。 名前? ああ、そんなのも考えねーといけねーんだ。 めんどくせーめんどくせー。 … …… …蛍。 蛍でいいや。 北の国からバンザイ。 そんな感じで。 んじゃ、育てとく? 「おい! 蛍! ここのお菓子、勝手に食べただろ! ちゃんと食っていいか聞けっつっただろ!」 「おい! 蛍! まーた近所の子供を殺したな! いくら虐められたからって…。 あーあー、また謝りに行かなきゃいけねーじゃんか!」 「おい! 蛍! 所構わずオナニーする癖、とっとと直せっつっただろ! どうせするならオレの前でやれよ!」 はじめてのおつかい。 はじめての子育て。 蛍は手のかかる子だった。 てか、手がかかりまくった。 多分、色んな意味で常識が欠落していたのだろう。 或いは、あまりにも真っ白なキャンバスに塗られたクレパスの色が、個性的過ぎたのか…。 いずれにしても。 蛍は手のかかる子だった。 ベッドの上でも。 「…え?」 「言葉通りの意味だよ。 蛍、オマエ、もうどっか行け」 あれはアイツの…何歳の誕生日だったかな。 誕生日と言うか、拾った日をそのまま記念日にしただけなんだけど。 んで、そんなめでたい日。 オレは、いとも簡単に別れを切り出した。 理由は…めんどくさくなったから。 「な…んで? ホタル、もう、闘闇と一緒に居られないの? ホタル、要らない子なの?」 「…少なくとも、オレにとってはな」 「…ッッ…」 別れと呼ぶには淡白過ぎたわけで。 涙を呼ぶには濁り過ぎたわけで。 そんなオレ達の第一幕は、いともあっさりと終わりを迎えようとしていたわけで。 北の国からバンザイ。 「…一緒に居てくれるんじゃなかったの? ホタルを…愛してくれるんじゃなかったの?」 「愛してるぜ」 だから捨てる。 こんなクソッタレなオレの側では、決して幸せになれない事、知ってるから。 「…ッッ…」 「ほれ、とっととどっか行け。 その服と、外の自転車は餞別代りだ」 「…嘘吐き…」 「……」 「嘘吐き! 私、ずっとずっと信じてたのに…。 闘闇なんか嫌いだ! 大嫌い!」 「おう。 オレも嫌いだ」 というか、嘘吐きだ。 大好きだぞ。 育てるのはめんどくさかったけどな。 んじゃ、バイバイ。 あ、そうそう。 帰ってきても無駄だぞ。 おまえが出ていったら、この家燃やすから。 「…闘闇…」 「よぉ。 久しぶりだな蛍」 あれから何年の時が経ったのだろう? オレも随分と年をとったけど、目の前の少女は、相変わらずな美しさのままで…。 これが若さか? まぁ、瞳の奥に宿した光は、この年齢にしちゃ不相応な程の憎しみを浮かべたものだったけど。 …あんまり怒ると、お肌が荒れるぞ。 「闘闇…。 会いたかった…」 「そして、殺したかった、か?」 「…そうだよ。 ホタルは絶対に闘闇を許さない…。 裏切り者には死を!」 ドォッ!! 言葉にするが早いか、蛍は、その小さな体に内在した怒りを一条の光に変え、オレに向かって放ってくる。 あの日…初めてこいつに出会い、触れようとした瞬間にも放たれた、全てを無に返す絶対破壊なる真空のヤイバを…。 …まぁ、オレには文字通り『無力の強さ』でしかないのだけれど。 手を翳す。 能力『反・能力』開放。 絶対不可侵領域展開。 ドシュゥ… 「…っっ! 相変わらずやる事がセコいね…」 「アムロほどじゃねぇけどな」 ああ、ちなみにこないだ電撃離婚した方じゃねーぞ。 父さんにも殴られた事もない方のアムロね。 え? どうでもいい? まあ、オレもどうでも良いんだけど。 びば、きゃんゆーせれぶれいと。 と、言うか…。 「蛍、おまえ、弱くなってねぇか? まだ、あの時に放ってた『零』の方がでかいプレッシャー感じさせてくれたぞ。 フェンリルの側に居て、甘やかされて、体がなまっちまったんじゃねーの?」 「…そうだとしても、闘闇の側に居た時よりは、ずっとずっと幸せだよ。 闘闇と違って、フェンリルは優しい。 いつだってホタルの事を考えてくれて、一緒に居てくれる。 フェンリルは、闘闇と違って、決してホタルを裏切ったりなんかしない!」 「…ふぅん」 そっか。 幸せか。 ならいいや。 …騙されてるとも知らずに、いい気なもんだと思うけどな。 「もうごたくはいいでしょ…。 今度こそ…今度こそ闘闇を殺す!!」 「……」 全ては気紛れ そして この戦いは 初めての後悔と 罪深きクソッタレ達の 清算の儀式 「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」 「…やっぱり弱くなっちまったな。 もうダウンかよ?」 そこに在ったのは、戦いと呼ぶには、あまりに一方的な攻防。 攻めるのはホタルで、防ぐのはオレで。 最強の矛と最強の盾は、互いに決して引く事無く、それぞれの力を無力化させ、確実に互いの体力を蝕んでいた事以外は、何ら変わりのない青空の下のダンス。 …けどな。 ドシュゥッ… 「!!?」 OK。 作戦成功。 これが最後の『零』だと知っていたら、オレだって全力で『反能力』を開放できるってわけだ。 それに、未だ体が成熟してない蛍にとって、この手の能力は不意打ちにこそ最強の武器となるけど、正面切っての戦いで使うには色んな要素が足りな過ぎるんだよな。 ああ、もったいないもったいない。 …まぁ、今更何を言っても手遅れだけど。 「あ…あぁ…あぁぁ…」 今の一撃で完全に力尽きた蛍にとって、オレの存在はどう映ってるだろう? よくは判らないけど、少なくとも、愛でるべき存在を相手に、恐怖に歪んだ瞳を投げ掛ける事は無いだろうから、ヨリを戻すのは無理っぽいっすね。 …欲を言えば、もう一度やり直したいとは思ってたんだけど。 「…蛍」 「あぁ…あぁぁ…」 言いたい事があった。 マジに色々と。 でも…いざ、オマエを目の前にしたら、色んな事が頭の中をぐるぐる回っちまって…。 上手く言葉に出来そうになくて。 だから…。 もういいや。 言葉にしなくても、行動で表現した方が、オマエにも判り易いだろ? だから…。 ぎゅっ… 「…!?」 「……」 「とう…や…」 「……」 「…ぎゅっとして…くれるの? 酷い事を言ったホタルを…抱きしめてくれるの?」 「…ああ…」 「…あったかい」 「…蛍…」 「…とう…や…」 「……ホタル…」 おしおきだ ぐしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ!! はっはっは。 傑作傑作。 まさか、蛍のやつもあのまま潰されるとは想像だにしなかったんだろうな。 あの時の恐怖と絶望に歪んだツラったらありゃしねぇ。 いやぁ、加虐心の血が萌える萌える。 あ、今の、意図的誤字ね。 はっはっはっはっはっはっはっはっは!! 真っ赤だよ真っ赤! 返り血も真っ赤なら、飛び出した内臓も真っ赤! アソコは真っ黒だけど。 … …… …あれ? な、なんだぁ? オレ…溶けてる? 溶けちゃってるぅ!? あ〜…そっか…。 どうやら、蛍の能力の正体は、体に流れる血液だったんだな。 これが、アイツの『零』を生み出す原動力。 どうりで、あんなちっちゃい時から能力の発動が出来たわけだ。 なんせ、生まれた瞬間から持ち得たものなんだからな。 ああ、そっかそっか…。 これがオレ達の結末であり、クソッタレな過去への清算って訳ね。 まぁ、いいべ。 こんなオレには…壱拾弐死斗にも、いい父親にもなれなかった、出来損ないのカメレオンには相応しい最後だと言えるだろう。 わりぃな翼君。 もう、一緒にサッカー出来そうにねぇわ。 だって、既に両足が溶けて無くなっちまったし。 そして…シド。 お前等への恨みは、あっちの世界に持ち越しだ。 …早く来いよ。 ヘブンズドア、Case14でした。 敢えてイレギュラーをあげるとしたら、某ココカラばっかり書いてて発表が遅れた事ぐらい?(爆) 今回の闘闇に関しては、悪役を演じてもらいました。 たまにはこっち側(死斗+闘闇)が非難されるべき状況にしてみたかったって理由だけで(笑) 本当は、死斗達の動きも書くべきかなと思ってたんだけど、今回は完全に番外編。 これからが本番…かな? 『ヘブンズドア』では、悩める人々をお待ちしています。 その先に待つのは、救いか、それとも絶望か…。 責任は負えませんが、どうぞ御贔屓に…。 <出典> ・Syrop16g「明日を落としても」(アルバム「Free Throw」より).

次の