かっこう 漢字。 一般常識問題「漢字の書き」公立高校入試レベル(2)

カッコウ

かっこう 漢字

ぴかっと光ることやひらめきが起きる様子を表しています。 考え事をしているときに「一閃思いついた」と言うととてもかっこいいですね。 天と地が初めてでき、この世界が始まった時のことを指します。 「この地は開闢の頃から続く歴史がある」という風に使うと、とても博識な印象を受けます。 敵や邪魔者を追い払うという意味です。 日常生活では中々使いどころがない単語ですが、溜まった作業や宿題を「駆逐する」という風に使う方法もあります。 何だか重大なミッションを遂行するようでかっこいいですよね。 薄紫色のキク科の花で、星のような花びらから「Aster(アスター)」という英名がつけられています。 花言葉は「追憶」「君を忘れない」です。 遠くに離れてしまった友達にこの花を贈ると、とても気持ちがこもっているのが伝わってきます。 さまざまな、という意味で使われる言葉です。 日常会話の中でも「四方山な話ですが」という切り口で話し出すと、かっこよさが溢れて感じられますよね。 勇敢な人という意味がありますが、周囲を気にしていない乱暴さが込められている単語です。 人にやりたくないことを強要された時などに「蛮勇な行いはしたくないので」と言い返すと、語彙力が豊富な人というイメージがつきますね。 無欲で執着心の少ない人を表します。 どことなくさっぱりしている印象を感じますよね。 四字熟語では「虚勢恬淡(きょせいてんたん)」と言って、心が落ち着いていてさっぱりとしている人を指す言葉もあります。 穏やかな人に言いたいですね。 真夏に有明海と八代海の沿岸で光が異常な屈折の仕方をし、実際に海上で点灯している漁火よりも多くの灯りが見える現象を指します。 意味も知らないとなかなか使えない言葉ですね。 両目のことを指します。 「双眸で景色を眺める」や「彼を見つめる双眸の眼差し」など、小説などに出てきそうな言い回しです。 実際に使うことができたらかっこいいですね。 空の半分は晴れていて、半分は雨が降っている状態です。 実際にこの場面に遭遇したことがある人もいるのではないでしょうか。 とても神秘的な現象です。 「2人の思いはまるで片時雨のよう」と、恋愛を語る時に使うこともできますね。 とても遠い未来、もしくは過去のことを表します。 「久遠の時を超えても忘れない」などと言えたらかっこいいですよね。 文字の通り美しく、麗しい様子を表します。 その場にいるだけでパッと目を引くほどの美しさです。 とても綺麗な人や物に巡り合った時に使いたい言葉ですね。 見た目もかっこいい四字熟語です。 雲は試練を表しており、その試練の外側に青い天空を望めるという意味があります。 試練を乗り越えた先に爽やかな景色が広がるという意味です。 座右の銘にしてもいいですね。 突然起きて人々を驚かせる事件や出来事のことを指します。 「こんなことが起こるなんて、まさに青天の霹靂だ」というような使い方です。 何か驚いた時は是非使ってみましょう。 夫婦で仲良く生きて、一緒に年をとっていき最期は同じ墓に入るという意味があります。 まさに理想の夫婦像を表す四字熟語です。 結婚相手に対して伝えたい熟語ですね。 ずっと前から、早くからという意味があります。 「夙に準備していた」なら「ずっと前から準備していた」という意味になります。 さりげなく使いたい日本語です。 漢字の通り爆発する様子を表していますが、勢いよく破裂する様子も表しています。 風船などが破裂した時などに使ってもいい言葉ですね。 目には見えても手に取ることのできないものを表しています。 何か風情あるものや情景に触れた時の感想としても使える言葉です。 格好良さだけでなく美しさも感じられますね。 意味のあることをしないで、無駄に一生を終えてしまうことを意味しています。 「酔生夢死な生き方はしたくない」というように言うととてもかっこいいですね。 勢いがあって勇敢なことを意味しています。 何か物事に取り組むときに「獅子奮迅の思いで取り組みます」と言うととてもやる気が感じられますね。 暗い夜を意味しますが、特に新月の夜を表しています。 「闇」や「夜」など暗さを感じる言葉は漢字がとてもかっこいいですよね。 特に優れた才能のある人を指す言葉です。 何か人より秀でた才能がある人に向けて「彼はこのジャンルの英傑だ」というように使います。 夜明けの太陽が昇り始めたほんのり明るい闇のことを指します。 漢字の響きがとても美しいですね。 日本らしい漢字の組み合わせです。 桜の花のことを指します。 春の景色を思い浮かべることの出来る美しい言葉です。 青空と言う意味があります。 澄み渡るような改正を目にした時に「蒼穹の景色が広がっているね」などというと大変かっこよさを感じられます。 仏教において足の速い神様のことを指しますが、足の速い人自体を指して「韋駄天な走り」と言うことがあります。 大河ドラマのタイトルになったりもして、知名度も上がっている言葉です。 是非使いこなしたいですね。 勇ましくて強く、決断力があることを意味します。 チームを引っ張るリーダーのような存在です。 「彼は本当に勇猛果敢だ」や「勇猛果敢なリーダーになりたい」という使い方ができます。 東西南北、四方を司る四神を表しています。 鳥の姿をしており、南を守っています。 神々しさや燃え盛るような輝きが連想されますね。 少しの間、という意味があります。 「玉響の思い出」というと「少しの間の思い出」という意味になりますね。 美しい日本語です。 燃え盛る炎を表しています。 自分の情熱や熱意が燃え盛っている時に「紅蓮の思い」と表現してみるととてもかっこいいです。 漢字も美しいですね。 天に届くほど高い建物を指します。 日本でいうとスカイツリーを「摩天楼」と表現すると美しいですね。 海外に旅行に出かけて、天にも届きそうなほど高い建物を見たら是非使いたい表現です。 炎のように勢いがいいことを表しています。 先ほど紹介した「紅蓮」に勢いが加わっています。 「焰」という字がかっこよさを感じさせますね。 「神」という漢字が入っているだけでかっこよさが増しますね。 神様のために舞う舞楽を表しています。 神様が吹かせた風という意味があります。 形勢が明らかに劣勢であった時に風が吹き、そのおかげで九死に一生を得たという場合に「神風が吹いた」と使います。 朝空を見上げると、明るいにも関わらず月が浮かんでいることがありますよね。 この単語はそういう情景を表しています。 空を見上げた時に自然とそんな言葉が浮かぶとかっこいいですね。 「軒の玉水」というフレーズで使われることが多いですね。 軒下から滴り落ちる雨水のことを示しています。 玉水には清らかな水という意味があるので、美しさを感じられる単語です。 あちこち歩き回ったり、散歩したりすることを表しています。 ただ「散歩に行ってくる」というのではなく「少し逍遥してくる」というと昔らしい渋さがあってかっこいいですね。 鳳凰の子供、つまり将来素晴らしい功績を残すような人になるというのが確信されている子供のことを示しています。 画数も多く難しい漢字同士の組み合わせです。 昔の人が戦の時に、自分たちを鼓舞するために挙げた声のことを意味しています。 「鬨を挙げる」というと「歓声をあげる」という意味で使うこともできます。 月の満ち欠けを表しており、満月になった月が新月へとどんどん欠けていく時期のことを示しています。 夜空を見上げて「今日の月は虧月」と言えたらかっこいいですね。 大きな蛇のことを表しています。 なかなか日常生活で使うことのない漢字ですが、難しい漢字で書けるとかっこいいです。 「物憂げ」と書くことが多く、あまり見かけない珍しい漢字です。 やる気が起こらない、憂鬱という意味があります。 かっこいい日本語を覚えておこう! かっこいい日本語を紹介しました。 普段使うことがない漢字の単語はもちろん、聞いたことのない熟語・フレーズもたくさんありましたね。 ぜひ覚えておいて日常生活で使ってみましょう。 他にも参考になる記事を紹介します。

次の

一般常識問題「漢字の書き」公立高校入試レベル(2)

かっこう 漢字

「格好」「恰好」の意味の違い 「かっこう」と読む漢字表記として、「格好」と「恰好」の2つがあります。 これらは読みだけでなく、意味合いも似ているので、どう使い分けるべきか悩むという人も少なくないでしょう。 果たしてこの2つの言葉に、違いなどはあるのでしょうか。 今回は、「格好」と「恰好」の意味や違いについて紹介していきます。 格好とは 「格好」の意味は、いくつかあります。 1つは、「外から見た形」や「外見」「姿」といったもので、「おかしな格好の帽子」「しきりに格好を気にする」などのように使います。 また、「体裁」や「世間体」といった意味合いでも使われ、この場合は「格好がつかない」「格好のいいことばかり言う」のように使います。 さらに、「彼は板挟みになった格好だ」のように、「そうした状態」「ありさま」の意味でも使われます。 「格好」のほかの意味としては、「ちょうどよいこと」「適当であること」というものもあります。 この場合は、「格好の標的だ」「書斎にするには格好の部屋だ」などのように使われます。 それに加え、「年齢が大体それくらいであること」といった意味合いも持つようになっています。 この場合は接尾語となり、「四十格好の男」などのように使われます。 「恰好」との違いについては、以下で見ていきましょう。 恰好とは 「恰好」の意味は、「外見」や「世間体」、「状態」、「適当であること」「年齢がそれくらいであること」といったものです。 つまり、意味合いとしては「格好」とまったく変わらないと言えます。 つまり異なるのは一部の表記だけで、「格」か「恰」かの違いとなっています。 「格」は「様子」や「姿」を表しており、「恰」は「ちょうど」や「あたかも」を表します。 一方「好」は、「よい」や「優れている」を表します。 「格好」と「恰好」は同じ言葉ですが、もともとは「ふさわしい」という意味で「恰好」と書くのが正解でした。 その後「形・姿」も意味するようになり、「格好」の字が当てられるようになったという経緯があります。 ただ、現在は「恰」の字が常用漢字に含まれないため、「格好」の方が比較的使われやすいという違いはあります。

次の

「格好・恰好」の意味と使い方、漢字の違い、類語、語源、英語

かっこう 漢字

自分より大きい本種のヒナに餌を与えるオオヨシキリ 本種は「」を行う種として有名である。 本種は、、等の巣に托卵する。 近年ではに対しても托卵を行うことが確認されている。 托卵の際には巣の中にあった卵をひとつ持ち去って数を合わせる。 本種のヒナは短期間(10-12日程度)で孵化し、巣の持ち主のヒナより早く生まれることが多い。 先に生まれた本種のヒナは巣の持ち主の卵やヒナを巣の外に放り出してしまい、自分だけを育てさせる。 ただし、托卵のタイミングが遅いと、先に孵化した巣の持ち主のヒナが重すぎて押し出せず、一緒に育つ場合もある。 ある個体が巣に卵を産みつけた後、別の個体が同じ巣に卵を産むことがある。 2つの卵がほぼ同時にかえった場合、2羽のヒナが落とし合いをする。 また本種の卵を見破って排除する鳥もいる。 それに対抗し、カッコウもその鳥の卵に模様を似せるなど見破られないようにするための能力を発達させており、これはの典型である。 カッコウがなぜ托卵をするのかというのは未だ完全には解明されていない。 が、他種に托卵 種間托卵 する鳥は体温変動が大きい傾向があるため、体温変動の少ない他種に抱卵してもらった方が繁殖に有利になりやすいのではないかという説が有力である。 ちなみに同種の巣に卵を預ける種内托卵は、鳥類では多くの分類群で認められる行動である。 この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年11月)。 閑古鳥屋が泣く 芸術作品の中でのカッコウ [ ]• ヨーロッパでもそのわかりやすい鳴き声は古くから親しまれており、様々な音楽に取り入れられている。 「カッコウの動機」と呼ばれる。 有名なところでは次の様な作品がある。 いわゆる「」は、ドイツのシュヴァルツヴァルト発祥で、もともとカッコウを模している。 『ロンド』(カッコウ) ()• 『』()• 『』(田園)()• 『』より「森の奥にすむカッコウ」(サン・サーンス) など• 日本の文学作品の中でもカッコウが登場するものがある。 平安時代頃から、和歌などでのことを「郭公」としているものがある。 これはホトトギスとカッコウがよく似ていることから誤って記されたり読まれたものと考えられる。 『』():主人公のもとにカッコウが訪ねてきて、を教わる場面がある。 明治時代の詩人 北原白秋の詩「落葉松」(からまつ)の第7連に、閑古鳥(カッコウ)が出て来る。 関連項目 [ ]• (市の鳥として定めている)• (札幌市と同様、市の鳥として定めている。 1994年からカッコウ調査を実施している• (札幌市と同様、市の鳥として定めている)• (町の鳥として定めている)• (擬音式のものは「ピヨピヨカッコー」と呼ばれる) 出典 [ ] [].

次の