消化酵素 覚え方 看護。 蛋白質を分解する消化酵素3種の覚え方。「短パンでペプシ、網で取りにいこう!」で覚えてみよう。

消化酵素が覚えられません!助けてください!ペプシン→タンパ...

消化酵素 覚え方 看護

消化管... 口から直腸(肛門)まで、ひとつながりとなっている空中臓器。 消化によって食物はだんだんと高分子から低分子に加水分解されていく。 炭水化物 C 6 H 2O 6 C 6:炭素と H 2O:水で炭水化物 (最小単位はブドウ糖) 蛋白質 食べ物を大きく3つに分けると... 全て炭素(C)が含まれている。 糖類の種類• デンプン• オリゴ糖• マルトース、ラクトース、スクロース• 必須アミノ酸 体内で作ることができないアミノ酸を 必須アミノ酸という。 フェニルアラニン• ロイシン• バリン• イソロイシン• スレオニン• ヒスチジン• トリプシン• リジン• メチオニン <覚え方> アメフリヒトイロバス フロバイスヒトリジメ ロリフェイスヒトメバリ とか・・• 飽和脂肪酸...... 不飽和脂肪酸... 消化吸収の流れ 大きい分子のままだと吸収できないため、分解酵素で小さな分子に細切れにしてから吸収する。 ペプチ~はタンパク結合している。 オリゴは2~10個 ポリ(poly)は10個以上。 「たくさん」の意味。 (ポリエステルはエステルがたくさん!) ギリシャ数字(覚えておくと色々便利) 1=モノ(モノレール:レールが1本です) 2=ジ 3=トリ 4=テトラ(テトラポッドとか) 5=ペンタ(ペンタゴンは5角形) 6=ヘキサ(ヘキサゴンは6角形) 7=ヘプタ 8=オクタ(オクトパスはタコ。 足8本) 9=ノナ 10=デカ.

次の

消化酵素の良い覚え方ってない?語呂合わせを使った覚え方をご紹介!

消化酵素 覚え方 看護

この回では実際にラーメンを口から入れて見ます。 口腔内で何が行われているか見てみましょう。 ラーメンを口へ入れると咀嚼が始まります。 ラーメンの麺は細かく砕かれ数mm~数cmほどに分断されます。 しかしこの大きさでは体内へ吸収するには大きすぎます。 デンプンの正体 ラーメンの麺はデンプン質などから出来ています。 デンプンを拡大して見てみましょう。 ツブツブが見えますね。 このツブツブは直鎖状のものと枝別れしているものがあります。 直鎖状のものを アミロース。 枝別れしているものを アミロペクチンといいます。 これらデンプンはアミロースやアミロペクチンなどからできています。 さらにこれらアミロースやアミロペクチンを拡大して見てみましょう。 構造式で書いてみるとこうなります。 複雑な構造式になってしまいましたが、同じものの繰り返しなのです。 ポイントはこの物質。 これが直鎖状、枝別れしながらデンプンという物質を形作っているだけなのです。 デンプンは糖を繋げたもの 直鎖状、枝別れしていた六角形の物質は、単独でグルコースと呼ばれています。 グルコースは六炭糖に分類され、ヘキソースとも呼ばれます。 ヘキサはギリシャ語で「6」でしたね。 しかし、この構造式は略式であり本当はこう書きます。 かなり複雑な見た目をしているため、 重要な部品や決まりきった構造は略して書くのです。 六炭糖(ヘキソース)なので「6個のC(炭素)を持つ糖」。 6つの「C」を数えることができます。 デンプンはこの六角形のグルコースが連続して繋がっている。 構造式で書くと難しく感じますが、グルコースをコピペしただけのものでしたっ!• ホモ多糖類:全く同じ単糖(例えばグルコース)をコピペしたもの。 グルコース + グルコース• ヘテロ多糖類:違う単糖を組み合わせたもの。 グルコース + フルクトース・・・・・・ ここでまたギリシャ語です。 ホモ homo は同じ物の組み合わせ。 ヘテロ heteroは違うものの組み合わせ。 どこかで聞いた事ありませんか? デンプンは大きいから切ろう! デンプンは糖を連続で繋げたものだということがわかりました。 咀嚼によって歯でラーメンを細かく切ることができますが、そこから先はもっと小さなハサミがいりそうです。 咀嚼を続けると唾液が生成されます。 この唾液内には アミラーゼという酵素が含まれています。 これが大きめのデンプンを分断し細かくする小さなハサミといえます。 これも複雑な名前をしていても見分けるのは簡単ですね。 酵素は自分自身は変化せず、物質が変化(部品がとれたり、ひっついたり)するのを 促進させます。 この様に変化を促進させるが自身は変化しないものを 触媒といいます。 ビニールロープを手で細かく裂いて切ることは可能ですが、 ハサミを使ったほうが断然効率的ですね。 ではさっそくアミラーゼを使ってデンプンをザクザク切っていきましょう。 まだまだ荒々しいですが、多少は切れました。 口腔内だけの酵素で全てを分断することは難しいです。 ここでは「まあ、だいたい切った」くらいでいいのです。 噛まないで飲み込んでもちゃんとウンチは出てきますよね。 さあ、ゴックンして食道の蠕動運動でもって胃に運びましょう。 次回は胃で何が起こっているかを生化学的に説明します。

次の

消化酵素による分解の仕組み|食べる(2)

消化酵素 覚え方 看護

消化と吸収 消化とは食物中に含まれる大きな分子の栄養素を分解して小さな分子にすることである。 消化をすることで小腸で栄養素を吸収されやすくなる。 消化管を通る中で様々な消化器官から食物へ消化液を出すことで色々な種類の栄養素を消化できるようにしている。 消化酵素・・・消化液に含まれている物質で栄養素を消化することができる。 [すい臓] 消化液: すい液 消化酵素: アミラーゼ デンプンを麦芽糖にする トリプシン タンパク質を更にアミノ酸にする リパーゼ 脂肪を脂肪酸とモノグリセリドにする ペプチターゼ 分解されたタンパク質をアミノ酸にする。 ペプシンとトリプシンは実はタンパク質を分解しているだけ。 アミノ酸にはしていない。 胆汁を作る• アンモニアを尿素にする 解毒作用• よってこの後の大腸では消化はほとんど行われない。 [大腸] 大腸は消化された食物の残りから 水分を吸収し、排出作用を行っている。 ややこしいので図にまとめます。 小腸のつくり 小腸の内壁には多数のひだがありその表面には 柔毛という小さな突起でおおわれている。 柔毛 は小腸の内壁の 表面積を大きくすることで効率よく養分を吸収できる。 柔毛で吸収された養分は種類によって違う管で運ばれる。 先ほどの表を更にまとめた表を示す。

次の