イオン銀行。 イオン銀行とは?他社と比較しての強みは?

イオン銀行ATM提携スタートキャンペーン|ジャパンネット銀行

イオン銀行

イオン銀行独自の優遇サービス「 イオン銀行Myステージ」を活用すると、預金金利が業界トップクラスに上がります。 メガバンクの何十倍もの利息を受け取れます。 ステージを上げると、ATM手数料と他行宛振込手数料も最大で 月5回無料になり、手数料を節約できます。 口座開設時に「 イオンカードセレクト」という多機能キャッシュカードを発行すると、イオン銀行Myステージのステージを上げやすくなります。 イオンカードセレクトとは、キャッシュカード機能だけでなく、クレジット機能と電子マネーWAON機能も付帯したカードです。 ポイント還元やイオンでの割り引きも受けられます。 イオン銀行で口座開設する人の半数近くが、イオンカードセレクトを発行しています。 イオン銀行の5つのメリット イオン銀行はネット銀行の中でも、特に幅広いサービスを扱っています。 メリットを知った上で効果的に活用すれば、どんどんお得に使える銀行だと思います。 まずはイオン銀行のメリットを順に見ていきます。 普通預金の優遇金利はトップクラス イオン銀行の普通預金金利は、「イオン銀行Myステージ」の特典を組み合わせると 普通預金の金利が格段にアップします。 通常の預金金利は低めですが、イオン銀行Myステージを利用すれば定期預金以上の金利まで引き上げられます。 普通預金にお金を預けっぱなしにしておくだけで、定期預金以上の利息を受け取れます。 イオン銀行の定期預金金利は、預金金額に応じて金利が変わります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• みずほ銀行• りそな銀行• ローソンATM• しかし、ATM手数料は、後ほど説明する「 イオン銀行Myステージ」を活用すると、 最大で月5回まで無料になります。 振込手数料は最大月5回無料 振込手数料は、ネットバンクの平均です。 シンプルな料金体系なのでわかりやすいです。 イオン銀行あて:無料• 他行あて:220円(税込) 「イオン銀行Myステージ」でスコアを貯めると、他行宛振込手数料が 最大で毎月5回無料となります。 振込手数料を月5回無料にするのは少し大変ですが、 「振込手数料を月1~2回まで無料にする条件」なら比較的クリアしやすいです。 外貨預金の預入時の為替手数料が無料 イオン銀行は2018年5月から、 3種類の外貨預金サービス(外貨普通預金・外貨定期預金・外貨普通預金積立)を取扱い始めました。 通貨は 米ドル・豪ドル・NZドルを扱っており、いずれもメガバンクを上回る高金利で運用できます。 金利以外にも、イオン銀行の外貨預金にはメリットがあります。 メガバンクを上回る高金利• 預入時の 為替手数料が無料• 500円から積立できる 特に注目なのが、 預入時の為替手数料が完全無料という点です。 通常、外貨預金は円で預け入れる時・外貨預金を円で売却する時のどちらも為替手数料がかかります。 しかしイオン銀行の外貨預金は、売却時のみの手数料しかかかりません。 売却時の手数料は最大50銭なので、預入・売却双方の 実質の為替手数料は最大25銭です。 この手数料は メガバンクの4分の1~8分の1にあたる安さです。 特に他社では為替手数料が高めの、豪ドル・NZドルでは大きな差となります。 いずれの通貨も 500円から外貨積立預金が始められるので、外貨預金が初めての人もチャレンジしやすいのが魅力です。 電子マネーWAON機能つき イオンバンクカード・イオンカードセレクトともに、 電子マネーWAONの機能が付属しています。 コンビニのレジなどでカードをかざすだけで決済ができ、 200円利用ごとに1WAONがポイントバックされます。 たまったWAONは 1WAON=1円に換金して買い物に利用できるので、実質的には常に割引された状態で支払えるカードです。 また、「イオンカードセレクト」で オートチャージをすると、チャージ金額も200円につき1WAONがたまります。 イオンカードセレクトでチャージしたWAONで支払いをすると、「ポイントの二重取り」で還元率が2倍になります。 実質100円につき1WAONがポイントバックとなります。 「常に1%引きで買い物ができる電子マネー」と思うと、お得度も高いです。 イオンカードセレクトの特典 イオンカードセレクトには、イオン銀行口座との連携で利用できる イオンカードセレクト会員限定の特典があります。 1枚3役 キャッシュカード機能、クレジット機能、WAON機能が1枚に お買物が 5%OFF 毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」や、毎月15日の「G. G感謝デー」(55歳以上対象)で買い物代金を割り引き イオングループでのクレジット決済で、ときめきポイント 2倍 イオンモールやビブレ、マックスバリュやダイエーなどでクレジット払いすると、 200円ごとに2ポイント付与 公共料金の支払いでポイント還元 公共料金をイオンカードセレクトで支払う、またはイオン銀行の口座で引き落とすと 毎月5WAONをプレゼント 給与振込口座に指定するとポイント還元 イオン銀行を給与振込口座に指定すると 毎月10WAONをプレゼント WAONオートチャージでポイント還元 WAONオートチャージ 200円ごとに1WAONを付与 無料でゴールドカード発行 直近1年間のクレジット決済額が100万円以上など、所定の条件を満たすと年会費無料のゴールドカードが持てる これらは、イオンカードセレクトを「使う」ことで得られる特典です。 イオンカードセレクトを「持っている」だけでも、イオン銀行Myステージの加点対象になり、ステージを上げやすくなります(くわしくは後述)。 2種類のポイント還元の仕組み イオンカードセレクトで貯められるポイントは2種類あります。 ときめきポイント:クレジット決済で貯まる• WAONポイント:WAON決済や銀行取引で貯まる どちらも基本のポイント還元率は0. 5%(200円ごとに1ポイント)です。 しかし、ポイント還元率を1. 0%に上げる方法があります。 クレジット決済で貯まる「ときめきポイント」は、 イオングループの店舗だと1. 0%還元(200円ごとに2ポイント)となります。 イオンモールやマックスバリュなどで買い物する人は、クレジット決済がおすすめです。 毎月10日の「ありが10デー」でポイント5倍、ときめきポイントクラブ加盟店で還元率アップなど、還元率が優遇されるシーンも多いです。 イオンモールなどでの買い物で「ときめきポイントキャンペーン」などの文言を見かけたら、クレジット払いをおすすめします。 貯まったときめきポイントの使いみちは、カタログ商品や商品券、電子マネーWAONへの交換(1,000ポイントから)です。 クレジット決済時の割り引きなどには使えません。 商品券の交換は手数料が250ポイントかかるので、おすすめできません。 電子マネーWAONへ交換すれば、貯まったポイントを自由に買い物で使えます。 WAONポイントは、イオンカードセレクトからオートチャージすると、200円ごとに1WAONポイントが付与されます。 オートチャージしたWAONで支払うと ポイント二重取りとなり、 WAONポイント還元率が実質1. 0%になります。 イオングループ以外で買い物するときは、電子マネーWAONで支払えるか確認し、WAON対応店舗ならオートチャージしたWAONで支払うことをお勧めします。 クレジット決済だと還元率0. 5%となるところを、還元率1. 0%で支払えます。 その他のキャッシュカード イオン銀行では、イオンカードセレクト以外のキャッシュカードも選べます。 口座開設時に以下3種類からキャッシュカードを選べます。 キャッシュカード機能とWAON機能は、いずれのカードにもついています。 イオンカードセレクトはカードデザインが多く、ミッキーマウスデザインなども選ます。 クレジットカード機能を付けたくない人は、JCBデビット機能がついた「イオン銀行キャッシュ+デビット」がおすすめです。 デビットカードは後払いのクレジット決済と違い、決済時に即時引き落としで支払えます。 支払う時点の口座残高までしか支払えないので、使いすぎることがありません。 WAONオートチャージにも対応しています。 イオン銀行MyステージでATM・振込手数料を節約 イオン銀行を語る上で外せないのが「 イオン銀行Myステージ」です。 イオン銀行Myステージとは、イオン銀行との取引内容に応じて3つの特典を受けられる優遇サービスです。 他行ATM手数料 最大5回無料• 他行宛振込手数料 最大5回無料• 普通預金金利 最大年率 0. 2段階目の「シルバーステージ」までは、誰でもかんたんにランクアップできます。 ATM手数料だけでなく、他行宛振込手数料も無料になり、日常使いしやすくなります。 しかし、普通預金金利も多く受け取りたい人は、 ゴールドステージかプラチナステージを狙いたいところです。 ゴールドステージになると、普通預金金利が年 0. メガバンクを何倍も上回る高金利です。 各ステージに到達するには、銀行取引でスコアをためる必要があります。 ステージごとに必要なスコアは、以下のとおりです。 日常使い• インターネットバンキング登録: 30点• イオンカードセレクト・イオンゴールドカードセレクト・デビットカードいずれかの契約: 10点• イオンカードの利用: 10~100点• WAONでの支払い・オートチャージ: 10~100点• 積立式定期預金の利用: 10点 外貨預金• 外貨預金残高あり: 10~100点• 外貨普通預金積立の利用: 30点 資産運用• 投信残高あり: 10~100点• 投信自動積立の利用: 30点• NISA口座の開設: 30点• iDeCoの掛金引き落とし: 30点 ローン• カードローン契約: 10点• 無担保ローン・住宅ローン残高あり: 30点 その他• 給与受取: 30点• 口座開設時にイオンカードセレクトを発行し、クレジット決済かWAON決済を1円でも行えば、シルバーステージに上がります。 もう少し取り引きをプラスすれば、ゴールドステージも目指せます。 ゴールドステージに到達する方法 ゴールドステージのスコア基準100点になるプランを、2パターン組んでみました。 まずは、 クレジットカードやWAONでの支払いでスコアをためる方法です。 給与振込:30点• インターネットバンキング登録:30点• イオンカードセレクト(クレジットカード)契約:10点• イオンカード決済 2万~4万円:20点• WAON決済 1円~1万円:10点 まず、給与振込とインターネットバンキングに登録しておけば、何もしなくても毎月60点がプラスされます。 残り40点を、日ごろの買い物で貯めます。 「イオンカードセレクト」は、契約しているだけでも10点のスコアが加算されます。 さらに、利用額に応じてさらにスコアが増える仕組みです。 公共料金やスマホ代の支払いをイオンカードセレクトのクレジット決済にすれば、2~4万円くらいの利用額に到達しやすいと思います。 これで毎月20点を獲得できます。 さらにWAONを毎月1円でも使えば、プラス10点でゴールドステージ到達です。 コンビニなどの日常的な買い物をWAON決済にすればOKです。 iDeCoは節税メリットが大きいですが、60歳まで引き出せないというデメリットがあります。 途中で引き出す可能性がある人は、つみたてNISAがおすすめです。 iDeCoにくわえて米ドルの外貨預金を積み立てを行えば、合計スコアは70点となります。 あとはネットバンキング登録の30点で、ゴールドステージ到達です。 資産運用を活用すれば、ゴールドステージに上がるのも思ったよりかんたんです。 外貨預金や投資信託は、イオン銀行Myステージで加算されるスコアが多めです。 資産運用がよくわからない人は、イオンカードセレクトとWAONでスコアを稼ぐのがおすすめです。 プラチナステージに到達する方法 プラチナステージに到達するには、スコアを150点ためる必要があります。 お買い物中心でプラチナステージを目指すなら、イオンカードセレクトで年間100万円以上のカード決済を行い、 イオンゴールドカードセレクトに切り替えたいところです。 イオンゴールドカードセレクトを持っているだけで、イオン銀行Myステージのスコアが30点加算されます。 あとは給与受取や買い物で、120点のスコアを貯めればOKです。 スマホ代や公共料金の引き落としといった定額払いも、イオンカードセレクトに1本化すれば、達成しやすくなると思います。 イオン銀行で貯蓄しながらプラチナステージを目指す人は、 つみたてNISAや iDeCoの併用をおすすめします。 資産運用系サービスは、イオン銀行Myステージのスコア配点が高めです。 長期積立を前提としたつみたてNISAとiDeCoなら、投資の知識が少なくても始めやすいです。 はじめに投資信託を選び、景気が変動しても積み立て続けることで、資産形成できます。 投資信託の残高が増えるほどスコア配点も上がっていくので、つみたてNISAをコツコツ積み上げているうちにプラチナステージに到達できます。 イオンカードセレクト(クレジットカード)契約:10点• NISA口座開設:30点• 投信自動積立(つみたてNISAもOK):30点• iDeCo掛金の口座振替:30点• インターネットバンキング登録:30点 上記でスコア130点をキープできる。 あと20点分のスコアを、はじめはカード決済やWAON決済で稼ぐ。 積み立てた投資信託残高が増えたれば、あとは放置するだけでプラチナステージをキープ。 スコア20点にカウントされる取引例: ・イオンカード決済2万~4万円 ・WAON決済1~2万円 ・投資信託残高100~200万円未満 イオン銀行の豆知識 イオン銀行は預金以外にもさまざまな金融商品を扱っています。 たとえばローン系商品を契約すれば、イオン銀行の口座をそのまま使えて便利です。 ローンや保険も充実している イオン銀行はどうしてもWAONとの連携やポイントに目がいきがちですが、ネット銀行としての機能の他に、ローンや保険、投資信託も充実しています。 住宅ローン• カードローン• フリーローン• 教育ローン• ソーラーローン• 個人年金保険• 終身保険• 収入保障保険• 医療保険• がん保険• 学資保険 ローン商品は、「イオン銀行Myステージ」のスコア加算条件にもなっています。 たとえば イオン銀行カードローンは、イオン銀行のキャッシュカードをそのままローン用カードとしても利用できます。 イオンカードセレクトを持った状態でカードローンに契約・借入れをするだけでもシルバーステージに上がり、普通預金金利が 0. 住宅ローン金利がかなり優秀 数あるローンの中でも、イオン銀行の住宅ローンは金利が低いことで知られています。 ネット銀行の住宅ローンは原則無店舗なので、ネットを通じてしかやりとりができません。 しかし、イオン銀行では、全国110店舗以上ある住宅ローン専門スタッフに直接相談できるメリットがあります。 Webから申込んだ後、「イオン銀行から郵送される申込書を受け取って送り返す」という手続きが増えるからです。 運転免許証を持っていれば、 全てWeb完結でイオンカードセレクトの口座開設が申し込めるのでスピーディーです。 急ぎの場合は、Webから申し込んでカードを店頭で受け取ると、 最短即日発行が可能です。 しかし、カード受け取りができる店舗は限られています。 急ぎでなければ、ネットから申し込んで郵送で受け取ることをおすすめします。

次の

イオン銀行ATM|店舗・ATMのご案内|きらやか銀行

イオン銀行

イオン銀行独自の優遇サービス「 イオン銀行Myステージ」を活用すると、預金金利が業界トップクラスに上がります。 メガバンクの何十倍もの利息を受け取れます。 ステージを上げると、ATM手数料と他行宛振込手数料も最大で 月5回無料になり、手数料を節約できます。 口座開設時に「 イオンカードセレクト」という多機能キャッシュカードを発行すると、イオン銀行Myステージのステージを上げやすくなります。 イオンカードセレクトとは、キャッシュカード機能だけでなく、クレジット機能と電子マネーWAON機能も付帯したカードです。 ポイント還元やイオンでの割り引きも受けられます。 イオン銀行で口座開設する人の半数近くが、イオンカードセレクトを発行しています。 イオン銀行の5つのメリット イオン銀行はネット銀行の中でも、特に幅広いサービスを扱っています。 メリットを知った上で効果的に活用すれば、どんどんお得に使える銀行だと思います。 まずはイオン銀行のメリットを順に見ていきます。 普通預金の優遇金利はトップクラス イオン銀行の普通預金金利は、「イオン銀行Myステージ」の特典を組み合わせると 普通預金の金利が格段にアップします。 通常の預金金利は低めですが、イオン銀行Myステージを利用すれば定期預金以上の金利まで引き上げられます。 普通預金にお金を預けっぱなしにしておくだけで、定期預金以上の利息を受け取れます。 イオン銀行の定期預金金利は、預金金額に応じて金利が変わります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• みずほ銀行• りそな銀行• ローソンATM• しかし、ATM手数料は、後ほど説明する「 イオン銀行Myステージ」を活用すると、 最大で月5回まで無料になります。 振込手数料は最大月5回無料 振込手数料は、ネットバンクの平均です。 シンプルな料金体系なのでわかりやすいです。 イオン銀行あて:無料• 他行あて:220円(税込) 「イオン銀行Myステージ」でスコアを貯めると、他行宛振込手数料が 最大で毎月5回無料となります。 振込手数料を月5回無料にするのは少し大変ですが、 「振込手数料を月1~2回まで無料にする条件」なら比較的クリアしやすいです。 外貨預金の預入時の為替手数料が無料 イオン銀行は2018年5月から、 3種類の外貨預金サービス(外貨普通預金・外貨定期預金・外貨普通預金積立)を取扱い始めました。 通貨は 米ドル・豪ドル・NZドルを扱っており、いずれもメガバンクを上回る高金利で運用できます。 金利以外にも、イオン銀行の外貨預金にはメリットがあります。 メガバンクを上回る高金利• 預入時の 為替手数料が無料• 500円から積立できる 特に注目なのが、 預入時の為替手数料が完全無料という点です。 通常、外貨預金は円で預け入れる時・外貨預金を円で売却する時のどちらも為替手数料がかかります。 しかしイオン銀行の外貨預金は、売却時のみの手数料しかかかりません。 売却時の手数料は最大50銭なので、預入・売却双方の 実質の為替手数料は最大25銭です。 この手数料は メガバンクの4分の1~8分の1にあたる安さです。 特に他社では為替手数料が高めの、豪ドル・NZドルでは大きな差となります。 いずれの通貨も 500円から外貨積立預金が始められるので、外貨預金が初めての人もチャレンジしやすいのが魅力です。 電子マネーWAON機能つき イオンバンクカード・イオンカードセレクトともに、 電子マネーWAONの機能が付属しています。 コンビニのレジなどでカードをかざすだけで決済ができ、 200円利用ごとに1WAONがポイントバックされます。 たまったWAONは 1WAON=1円に換金して買い物に利用できるので、実質的には常に割引された状態で支払えるカードです。 また、「イオンカードセレクト」で オートチャージをすると、チャージ金額も200円につき1WAONがたまります。 イオンカードセレクトでチャージしたWAONで支払いをすると、「ポイントの二重取り」で還元率が2倍になります。 実質100円につき1WAONがポイントバックとなります。 「常に1%引きで買い物ができる電子マネー」と思うと、お得度も高いです。 イオンカードセレクトの特典 イオンカードセレクトには、イオン銀行口座との連携で利用できる イオンカードセレクト会員限定の特典があります。 1枚3役 キャッシュカード機能、クレジット機能、WAON機能が1枚に お買物が 5%OFF 毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」や、毎月15日の「G. G感謝デー」(55歳以上対象)で買い物代金を割り引き イオングループでのクレジット決済で、ときめきポイント 2倍 イオンモールやビブレ、マックスバリュやダイエーなどでクレジット払いすると、 200円ごとに2ポイント付与 公共料金の支払いでポイント還元 公共料金をイオンカードセレクトで支払う、またはイオン銀行の口座で引き落とすと 毎月5WAONをプレゼント 給与振込口座に指定するとポイント還元 イオン銀行を給与振込口座に指定すると 毎月10WAONをプレゼント WAONオートチャージでポイント還元 WAONオートチャージ 200円ごとに1WAONを付与 無料でゴールドカード発行 直近1年間のクレジット決済額が100万円以上など、所定の条件を満たすと年会費無料のゴールドカードが持てる これらは、イオンカードセレクトを「使う」ことで得られる特典です。 イオンカードセレクトを「持っている」だけでも、イオン銀行Myステージの加点対象になり、ステージを上げやすくなります(くわしくは後述)。 2種類のポイント還元の仕組み イオンカードセレクトで貯められるポイントは2種類あります。 ときめきポイント:クレジット決済で貯まる• WAONポイント:WAON決済や銀行取引で貯まる どちらも基本のポイント還元率は0. 5%(200円ごとに1ポイント)です。 しかし、ポイント還元率を1. 0%に上げる方法があります。 クレジット決済で貯まる「ときめきポイント」は、 イオングループの店舗だと1. 0%還元(200円ごとに2ポイント)となります。 イオンモールやマックスバリュなどで買い物する人は、クレジット決済がおすすめです。 毎月10日の「ありが10デー」でポイント5倍、ときめきポイントクラブ加盟店で還元率アップなど、還元率が優遇されるシーンも多いです。 イオンモールなどでの買い物で「ときめきポイントキャンペーン」などの文言を見かけたら、クレジット払いをおすすめします。 貯まったときめきポイントの使いみちは、カタログ商品や商品券、電子マネーWAONへの交換(1,000ポイントから)です。 クレジット決済時の割り引きなどには使えません。 商品券の交換は手数料が250ポイントかかるので、おすすめできません。 電子マネーWAONへ交換すれば、貯まったポイントを自由に買い物で使えます。 WAONポイントは、イオンカードセレクトからオートチャージすると、200円ごとに1WAONポイントが付与されます。 オートチャージしたWAONで支払うと ポイント二重取りとなり、 WAONポイント還元率が実質1. 0%になります。 イオングループ以外で買い物するときは、電子マネーWAONで支払えるか確認し、WAON対応店舗ならオートチャージしたWAONで支払うことをお勧めします。 クレジット決済だと還元率0. 5%となるところを、還元率1. 0%で支払えます。 その他のキャッシュカード イオン銀行では、イオンカードセレクト以外のキャッシュカードも選べます。 口座開設時に以下3種類からキャッシュカードを選べます。 キャッシュカード機能とWAON機能は、いずれのカードにもついています。 イオンカードセレクトはカードデザインが多く、ミッキーマウスデザインなども選ます。 クレジットカード機能を付けたくない人は、JCBデビット機能がついた「イオン銀行キャッシュ+デビット」がおすすめです。 デビットカードは後払いのクレジット決済と違い、決済時に即時引き落としで支払えます。 支払う時点の口座残高までしか支払えないので、使いすぎることがありません。 WAONオートチャージにも対応しています。 イオン銀行MyステージでATM・振込手数料を節約 イオン銀行を語る上で外せないのが「 イオン銀行Myステージ」です。 イオン銀行Myステージとは、イオン銀行との取引内容に応じて3つの特典を受けられる優遇サービスです。 他行ATM手数料 最大5回無料• 他行宛振込手数料 最大5回無料• 普通預金金利 最大年率 0. 2段階目の「シルバーステージ」までは、誰でもかんたんにランクアップできます。 ATM手数料だけでなく、他行宛振込手数料も無料になり、日常使いしやすくなります。 しかし、普通預金金利も多く受け取りたい人は、 ゴールドステージかプラチナステージを狙いたいところです。 ゴールドステージになると、普通預金金利が年 0. メガバンクを何倍も上回る高金利です。 各ステージに到達するには、銀行取引でスコアをためる必要があります。 ステージごとに必要なスコアは、以下のとおりです。 日常使い• インターネットバンキング登録: 30点• イオンカードセレクト・イオンゴールドカードセレクト・デビットカードいずれかの契約: 10点• イオンカードの利用: 10~100点• WAONでの支払い・オートチャージ: 10~100点• 積立式定期預金の利用: 10点 外貨預金• 外貨預金残高あり: 10~100点• 外貨普通預金積立の利用: 30点 資産運用• 投信残高あり: 10~100点• 投信自動積立の利用: 30点• NISA口座の開設: 30点• iDeCoの掛金引き落とし: 30点 ローン• カードローン契約: 10点• 無担保ローン・住宅ローン残高あり: 30点 その他• 給与受取: 30点• 口座開設時にイオンカードセレクトを発行し、クレジット決済かWAON決済を1円でも行えば、シルバーステージに上がります。 もう少し取り引きをプラスすれば、ゴールドステージも目指せます。 ゴールドステージに到達する方法 ゴールドステージのスコア基準100点になるプランを、2パターン組んでみました。 まずは、 クレジットカードやWAONでの支払いでスコアをためる方法です。 給与振込:30点• インターネットバンキング登録:30点• イオンカードセレクト(クレジットカード)契約:10点• イオンカード決済 2万~4万円:20点• WAON決済 1円~1万円:10点 まず、給与振込とインターネットバンキングに登録しておけば、何もしなくても毎月60点がプラスされます。 残り40点を、日ごろの買い物で貯めます。 「イオンカードセレクト」は、契約しているだけでも10点のスコアが加算されます。 さらに、利用額に応じてさらにスコアが増える仕組みです。 公共料金やスマホ代の支払いをイオンカードセレクトのクレジット決済にすれば、2~4万円くらいの利用額に到達しやすいと思います。 これで毎月20点を獲得できます。 さらにWAONを毎月1円でも使えば、プラス10点でゴールドステージ到達です。 コンビニなどの日常的な買い物をWAON決済にすればOKです。 iDeCoは節税メリットが大きいですが、60歳まで引き出せないというデメリットがあります。 途中で引き出す可能性がある人は、つみたてNISAがおすすめです。 iDeCoにくわえて米ドルの外貨預金を積み立てを行えば、合計スコアは70点となります。 あとはネットバンキング登録の30点で、ゴールドステージ到達です。 資産運用を活用すれば、ゴールドステージに上がるのも思ったよりかんたんです。 外貨預金や投資信託は、イオン銀行Myステージで加算されるスコアが多めです。 資産運用がよくわからない人は、イオンカードセレクトとWAONでスコアを稼ぐのがおすすめです。 プラチナステージに到達する方法 プラチナステージに到達するには、スコアを150点ためる必要があります。 お買い物中心でプラチナステージを目指すなら、イオンカードセレクトで年間100万円以上のカード決済を行い、 イオンゴールドカードセレクトに切り替えたいところです。 イオンゴールドカードセレクトを持っているだけで、イオン銀行Myステージのスコアが30点加算されます。 あとは給与受取や買い物で、120点のスコアを貯めればOKです。 スマホ代や公共料金の引き落としといった定額払いも、イオンカードセレクトに1本化すれば、達成しやすくなると思います。 イオン銀行で貯蓄しながらプラチナステージを目指す人は、 つみたてNISAや iDeCoの併用をおすすめします。 資産運用系サービスは、イオン銀行Myステージのスコア配点が高めです。 長期積立を前提としたつみたてNISAとiDeCoなら、投資の知識が少なくても始めやすいです。 はじめに投資信託を選び、景気が変動しても積み立て続けることで、資産形成できます。 投資信託の残高が増えるほどスコア配点も上がっていくので、つみたてNISAをコツコツ積み上げているうちにプラチナステージに到達できます。 イオンカードセレクト(クレジットカード)契約:10点• NISA口座開設:30点• 投信自動積立(つみたてNISAもOK):30点• iDeCo掛金の口座振替:30点• インターネットバンキング登録:30点 上記でスコア130点をキープできる。 あと20点分のスコアを、はじめはカード決済やWAON決済で稼ぐ。 積み立てた投資信託残高が増えたれば、あとは放置するだけでプラチナステージをキープ。 スコア20点にカウントされる取引例: ・イオンカード決済2万~4万円 ・WAON決済1~2万円 ・投資信託残高100~200万円未満 イオン銀行の豆知識 イオン銀行は預金以外にもさまざまな金融商品を扱っています。 たとえばローン系商品を契約すれば、イオン銀行の口座をそのまま使えて便利です。 ローンや保険も充実している イオン銀行はどうしてもWAONとの連携やポイントに目がいきがちですが、ネット銀行としての機能の他に、ローンや保険、投資信託も充実しています。 住宅ローン• カードローン• フリーローン• 教育ローン• ソーラーローン• 個人年金保険• 終身保険• 収入保障保険• 医療保険• がん保険• 学資保険 ローン商品は、「イオン銀行Myステージ」のスコア加算条件にもなっています。 たとえば イオン銀行カードローンは、イオン銀行のキャッシュカードをそのままローン用カードとしても利用できます。 イオンカードセレクトを持った状態でカードローンに契約・借入れをするだけでもシルバーステージに上がり、普通預金金利が 0. 住宅ローン金利がかなり優秀 数あるローンの中でも、イオン銀行の住宅ローンは金利が低いことで知られています。 ネット銀行の住宅ローンは原則無店舗なので、ネットを通じてしかやりとりができません。 しかし、イオン銀行では、全国110店舗以上ある住宅ローン専門スタッフに直接相談できるメリットがあります。 Webから申込んだ後、「イオン銀行から郵送される申込書を受け取って送り返す」という手続きが増えるからです。 運転免許証を持っていれば、 全てWeb完結でイオンカードセレクトの口座開設が申し込めるのでスピーディーです。 急ぎの場合は、Webから申し込んでカードを店頭で受け取ると、 最短即日発行が可能です。 しかし、カード受け取りができる店舗は限られています。 急ぎでなければ、ネットから申し込んで郵送で受け取ることをおすすめします。

次の

イオン銀行、住宅ローンのデメリット

イオン銀行

本人確認書類• 印鑑 ただし、 インターネットで口座を開設するのか、イオン銀行の店舗で担当者と面と向かって口座開設するのか?で必要な書類にも若干違いがあります。 また、 口座開設をする人が未成年なのか?大人なのか?20歳未満だけど大学生なのか?などなど、条件によって必要なものや対応が微妙に異なってきます。 このややこしいポイントの解説や印鑑が必要な理由、本人確認書類の種類等については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。 関連記事 イオン銀行の口座開設を店舗・店頭の窓口でやるとお得? イオン銀行はネット銀行の一つなのでUFJ銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行のように日本全国各地に多数の店舗を配置しているわけではありません。 実際のところ、 日本全国47都道府県のうち、36都道府県にしかまだ店舗がないのが現実です。 そのイオン銀行での口座開設を店舗の店頭窓口で行うとオトクな点があるのか?というお話ですが、獲得できるポイント的なもので言うと店舗で口座開設することによるお得な面はほぼ無いと言えます。 貰えるポイントを増やしたいのであれば、間違いなくインターネットからの申込みをおすすめします。 店舗で口座開設することによる良い面としては、自宅にインターネット回線が通っていない方やパソコンやスマホでは口座開設の仕方がよくわからない方が、店舗に赴いて担当者さんに教えてもらいながら口座開設できるという旨味はあると思います。 イオン銀行の店舗で口座開設をする流れから、日本全国のどこにイオン銀行の店舗があるのか?を以下の記事で詳しく紹介していますので参考にどうぞ。 関連記事 イオン銀行口座開設のキャンペーンはやってるの? イオン銀行の口座開設をしたいんだけど、普通に入るより何か お得になるキャンペーンはやっていないかなぁ?そんな風に考えるのが普通ですよね? 結論から申し上げますと、 イオン銀行の口座開設キャンペーンは実施されています。 ただし、 単純なイオン銀行の口座開設&キャッシュカード発行だけですと、キャンペーン自体は不定期開催で、いつも開催しているわけではありません。 ですので、 そういった意味も含め、個人的には は、イオン銀行のキャッシュカード機能が備わっていることはもちろんのこと、クレジット機能・電子マネーWAONの機能も備わっている1枚3役の非常に便利なカードなのです。 このカードを申し込むことでイオン銀行の口座は開設できますし、おまけに期間限定のポイントもGETすることができます。 獲得できるポイント数はタイミングによって変わりますし、条件も毎回微妙に変わってきます。 最新のキャンペーン情報や過去に開催されていたキャンペーンを以下の関連記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。 関連記事 ネットでのイオン銀行口座開設方法と流れ イオン銀行の口座開設はインターネットでも実店舗でも可能というお話をしました。 ですが、 受け取れるポイントを考えると店舗に行って口座開設するよりも、 インターネットで口座を作った方がお得になります。 その上で、 イオン銀行の口座を作ろうと思うと、どのような選択肢があるかご紹介します。 イオン銀行の口座開設をするためには、以下3種類のカードから1つを選択することになります。 の申し込み 方法について紹介します。 まずは、 下記 イオンカードセレクトお申込みボタンをクリックします。 続いての画面にて『今すぐお申込み』ボタンをクリックします。 その後、 『通常デザイン』か『ディズニーデザイン』かを選択し、 『ご本人さま』についての名前や生年月日・住所等を入力し、 『お勤め先』情報を入力、『カードの』条件を入力すると最終確認画面が出て申込完了です。 スムーズにカードを発行してもらうためには、運転免許証の準備をしておきましょう。 図解入りでのイオン銀行口座開設 インターネット申し込み 方法を参考にしたい人は、以下の関連記事を参照ください。 関連記事 口座開設からキャッシュカードが発行されるまでの時間・日数は? イオン銀行はネットバンクですから口座開設が完了するまでの時間も早いんでしょ?と思いますよね。 実際に、 申込からキャッシュカードが手元に届くまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか? イオンカードの公式サイトを確認すると、本人確認書類を返送した後、 『約2~3週間でお手元にカードが届く』というような表現をしています。 実際は、 提出した本人確認書類の違いだったり、印鑑の有無等で、手元に届くまでの推定日数は変わるようですので、それぞれのパターンにおける公式情報は、以下の関連記事にて紹介したいと思います。 また、 実際にイオンの申し込みをした人がどれくらいでカードを受け取ったのか? ユーザーの実際の口コミを以下の関連記事で紹介しています。 関連記事 未成年の子供も口座開設できる? イオン銀行の口座は普通預金金利が最大で年率0. 100% 2019年4月より最大年0. 10% になりますから、できれば子供の貯金用銀行口座もイオン銀行にしたいですよね? そんな時、気になるのが、未成年でもイオン銀行の口座開設が出来るのか?という点です。 結論から申し上げますと、イオン銀行の口座開設は・・・ イオン銀行は紙ベースの通帳を発行していません。 じゃー「通帳がないから不便だなぁ~」なんて思われたかもしれませんが、紙ベースの通帳がないだけで、実際は『インターネットバンキング』や『通帳アプリ』で残高の確認もできますし、入出金明細の確認も出来ます。 逆に、 UFJやゆうちょ銀行などのメガバンクでは、紙ベースの通帳を紛失してしまったり盗難されて無くしてしまった場合、再発行には約1000円の手数料が取られますから、無い方が良いという人も多いんです。 『通帳アプリ』は、 アップルのiPhoneにもグーグルのAndroidにも対応していますので安心。 イオン銀行の口座開設を土日祝日にやる方法は? 一般的なメガバンクを想像すると、 土日や祝日は銀行は休みなので口座開設は出来ないのかな?と思いますよね? イオン銀行の場合はどうなのか?と調べてみると・・・そこは流石ネット銀行! 年末年始・正月の三が日・ゴールデンウィーク等を含め、土日祝日関係なく毎日AM9時~PM9時まで店舗で口座開設可能。 これって結構凄いことですよね? 365日24時間とは言いませんが、 365日12時間口座開設することが出来る!ということになります。 ここまでは実際の店舗での口座開設についてお話しましたが、実際のところ、イオン銀行の口座開設はインターネットの世界で完結しますので、ネット申込であれば本当の意味で 365日24時間いつでも口座開設可能!ということになります。 今すぐお申込みされたい方は 以下リンクからどうぞ。 インカードセレクト どうしても口座を即日開設したい! 「イオン銀行の銀行口座を即日で開設したい!」そんなお急ぎの方もいるかと思いますが、、、 口座開設の申し込み手続き自体はすぐに出来ますが、キャッシュカードの受け取りは即日できません。 これはイオン銀行に限らないと思いますが、 銀行の口座を新しく開設した場合、キャッシュカードは即日発行されないのが普通ですね。 1週間後等に、申し込み時に記入した自宅住所宛てに郵送されてくるのが普通です。 これはイオン銀行も同様でして、 イオン銀行の店舗で口座開設をしようが、インターネットでカードを申し込もうが、キャッシュカードが手元に届くには最低でも1週間はかかります。 ということで、 結論を申し上げますとイオン銀行の口座を即日で開設しキャッシュカードを手に入れることはできません。 これは他のメガバンク等でも同じ話だと思います。 ただし、 UFJ銀行や三井住友銀行などにおいては、 キャッシュカードこそ即日で受け取れはしませんが、通帳は店舗で口座開設をすれば受けて取ることが出来ると思いますので、どうしてもすぐに通帳かキャッシュカードが必要!ということであれば、メガバンクを当たってみましょう。 イオン銀行の口座開設はネットがお得? ここまで、 イオン銀行の口座開設について色々な情報を共有させていただきましたが、実際のところ、わざわざ店舗に赴いて口座開設するよりも、インターネットでイオン銀行の口座開設する方がお得な点があります。 よくよく考えてみれば当たり前の話ですが、イオン銀行はネットバンクですから基本的には 固定的な経費を少なくしたいはずです。 そうなると、 実際に店舗を持ち、従業員を抱えるということはある意味負債を抱えていることと同義なのです。 インターネットの世界ではシステムこそお金がかかりますが、人件費等ほどの支出ではないので、その分、ユーザーにポイントバックなどお得なキャンペーンを打ち出すことが出来るのです。 ということで、 ユーザーにとってメリットがあるのはネットで口座開設をすること。 そして、Web限定のポイントを賢くゲットすることです。 銀行口座は一人一つだけ!という決まりは全くありませんので、イオン銀行以外の銀行口座と複数口座を保有しておくべきだと思いますが、間違いなくイオン銀行の口座も家族全員一つずつ保有しておくべきだと考えています。 そんな、 一人一口座必須と考えるイオン銀行のメリットとデメリットを確認しておいてくださいね。 関連記事.

次の