地方銀行 転職。 地方銀行から転職

【リクナビNEXT】銀行の積極採用中求人・転職情報50選

地方銀行 転職

2015年7月19日• 地方銀行から税理士事務所への転職 税理士事務所就職相談室の税理士 高橋寿克です。 税理士試験までいよいよ1か月を切ってきました。 税理士法人TOTALの税理士試験受験生の支援は (1)試験休み 正社員は6日あります。 受検日当日も別途休みです。 有給の消化と合わせて7月に入ると休みを計画的に取る受験生が増えてきました。 (2)、専門学校の学費と税理士試験の受験費用を全額負担 1科目のみ20万円までですが (3)科目手当、資格手当 (4)大学院進学 働きながら大学院進学も可能です。 大学院の学費は原則自費ですが、一部の幹部を選抜して事務所全額負担も行っています。 (5)受験スタッフ 勉強が進んでいない方用には、「受験スタッフ」というパート枠も設けています。 ここまで、資格取得をサポートする税理士法人はあまりないかもしれません。 有資格者と無資格者では見える景色も違います。 「責任」と「自覚」が生まれます。 せっかく士業の業界に入ったなら、なんとかして、多くの方に早めに資格を取ってもらいたいと思っています。 (社会保険労務士についても同様のサポートを行っています) でも、アメばかりではありません。 税理士法人TOTALの給与水準は、受験生時代は残念ながら業界の普通レベルです。 (本当は、学費サポートと休みを金銭換算すると年額50万円近い給与アップに匹敵するはずですが) 学費サポートは、2年連続C判定以下になると翌年は受けられません。 勉強しないと、男性は少し言い訳しないといけなくなって居づらくなるかもしれませんね。 (女性は、家庭と仕事の両立に頑張ってくれています。 無理に受験は勧めていません) 今年もたくさんの合格者が出ることを期待しています。 新規の ご質問はしてください。 ラーメン大好き様からのお問合せです。 私は現在地方銀行に勤めています。 個人・法人融資を中心に仕事に携わってきており、最近銀行員としての将来像よりも税理士の方に自分の将来性があるように感じています。 その理由としては私はより良い相談相手となるべく、独学で中小企業診断士資格取得の勉強やMBA取得に向けオンラインで大学院に通っています。 自己啓発に励む理由については経営者により良いアドバイスをしたい、経営者の意思決定はなぜそのようになるのかロジックで捉えたいといった要因が強くあるからです。 しかし、そこに融資が絡んでくるとどうしても、うまくいかないこともあることや、アドバイスをしても経営者からは税理士、会計士に聞いてみるよと言われることが少なくありません。 そこで税理士は普段の会計事務だけではなく、提案・アドバイス等でより身近に企業へのアドバイスができるのではないかと考え、転職を考え始めています。 そこで質問です。 Q.1 私は目的をもてない勉強は苦手ですが、誰かのため、目的が明確化している勉強は時間を惜しまずできる自信があります。 しかし、税理士の科目合格もない中で税理士事務所への転職はどうなのかと自問自答しており、今回ご質問をさせていただいた次第です。 Q.2 銀行という安定職を辞めるという不安もあります。 銀行での経験も税理士事務所ではどの程度役立つものなのかもご意見伺わせていただければと思っています。 また、余談ですが私の父は元税務署職員であり、定年まで勤め上げました。 税理士資格も有していますので、税理士試験の難しさ、大変さもわかっています。 自分の中にまだ悩みが消えていない中では銀行を辞めるといっても止められることは間違いないと思い、高橋先生の経験及び考えを少しでもお聞かせいただけれと思います。 よろしくお願いします。 A.1 ありがたいことに、「社長」の相談相手は、各種アンケートで「税理士」がダントツの一位になっています。 社長が税理士に求めるのは、「安い顧問料」を抜いて、「適切な提案」という統計もあります。 銀行には見せないような資料も見せてもらえますし、継続的な信頼関係もある、仕事だけでなく家庭・プライベートな相談まで、「実は」という相談を早くにいただける、「税理士」は良い仕事です。 私は、税理士であると同時に「経営者」でもあるので、お客様の経営について一緒に考えます。 意見もします。 「先生の意見を参考にしてがんばったらうまくいった(いかなかった)」 「先生に言われて悔しかったからがんばったよ」 税理士の意見がときとしてお客様の業績に影響することさえあります。 私の好きな映画「ショーシャンクの空に」に出ている モーガン・フリーマンは、 「CMに 自分が 出ると みんなが 信頼 してその商品を買ってしまうから出ない」 そうです。 お客様に信頼していただけるのはうれしいのですが、税理士である私の言葉を、そのまま(無批判に)受け入れてしまわれるのではないか… 責任はもちろんですが、怖さを感じることもあります。 本業は社長さんが一番知っています。 私の話はしょせんは現場を知らない外部の一経営者の意見に過ぎません。 きちんと考えていただくようにお話ししています。 いずれにせよ社長の経営相談の相手になれない税理士は、淘汰されていくのかもしれません。 税理士の科目合格もない中で税理士事務所への転職は私は反対です。 税理士試験は、おっしゃる通り大変です。 一定以上の学力を持っている方にとっては難関というより、記憶力と速記力の試験で、飽きが来る、努力を続ける気力がなくなるというのが問題です。 勉強と仕事の両立がしやすい税理士事務所は決して多くありません。 職場はあくまでも仕事をするところですし、士業の業界は、大企業とは違って中小企業しかありませんから社員教育にお金をかける余裕があるわけではありません。 ゼロ科目での転職では、ラーメン大好き様がいかに学歴・職歴が優れていても選択の余地は多くありません。 地方都市ならなおさらです。 3科目合格すれば、官報合格が具体的にイメージがわき、断念の危険はだいぶ減ります。 税理士法人TOTALでは、地方銀行出身の税理士は3名です。 そのうち(1)1名は専念して3科目合格後、(2)残り2名は、働きながら科目合格をして、転職してきてくれました。 A.2 銀行での経験は抜群に税理士の仕事に役立ちます。 税理士法人TOTALには銀行出身の税理士は、地方銀行3名、都市銀行1名、信託銀行1名の計5名います。 その他にも女性バックオフィススタッフが4名います。 銀行出身者が税理士に向いているのは、 (1)人柄のチェックがすんでいる 銀行は、お金を扱う仕事なので誠実で信頼できる人、お客様ときちんとコミュニケーションが取れる人、計算力があり安定して働ける人を求めます。 お客様が、税理士に求める人物像とほぼ一致します。 (2)融資の経験が生きる 自己資金が不足する起業家にとって融資は、起業できるかどうか、またその内容を決めてしまう大事な事柄になります。 残念ながら、融資の仕組みを学ぶために金融検査マニュアル別冊を読みこんだり、事業計画書の審査ポイントがわかったり、決算書の企業格付けがわかる税理士は多くありません。 銀行の意思決定システム、稟議や支店の権限、スコアリング、制度融資・保証協会との関係について銀行の内側から知っているのは大きな強みです。 特に、営業をしてきた多くの 地方銀行出身者は、 お客様が中小企業経営者、資産家、医師であり 税理士のお客様にぴったり一致し、もっとも税理士に向いていると言っていいと思います。 税理士法人TOTALでも、税理士になることを意識して新卒では地方銀行に就職したスタッフもいます。 ラーメン大好き様は、理数系の頭脳で合理的な思考をなさる方のようですね。 これは税理士として先回りして物事を考える上では役に立ちます。 ビジネスの基本だと思いますが、意外なことに得意な方は少ないです。 しいて心配な点をさがすとしたら、中小企業の経営は、中小企業診断士試験やMBAで学ぶこととは違って、あまり論理的・合理的でないことがあります。 義理・人情・浪花節の世界です。 感情的・情緒的で偶然に左右されると感じられるかもしれません。 それもまた人間的な側面なのですが。 銀行出身者は会計業界には多くおられます。 経験が生きることはもちろんですが、営業ノルマがなく無理に融資や金融商品を売る必要がなく、お客様とベクトルが一致し、長期的な信頼関係が築けて精神的に楽で感謝されるというのが大きいように思います。 お父様の件は、案ずるよりも産むがやすしかもしれませんよ。 本気で 税理士になりたいのがわかれば、自分と同じ道を息子が歩むのを、心配しつつもうれしく思うような気がします。 新規の してください。 インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。 また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。 ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。 「」はこちらです。

次の

銀行員からの転職って有利になる?おすすめの業界・職種なども紹介

地方銀行 転職

ページコンテンツ• このような窓口担当者は「 テラー」とよばれ、一般職の行員が従事することが多いです。 融資するには調査と審査が重要で、その分析をもとに融資額、貸付期間や妥当な利率を算出しています。 融資先が倒産したり破産したりして資金を返せなくなってしまった場合、銀行に損失を生むことになるので重要な業務の一つです。 近年では、自動振込機やインターネットなどを使って振り込みを行うサービスもあります。 外国通貨や債券を売買する 外国為替部門は為替業務の花形であり、取り扱う金額が大きいマネーディーラーはかなり責任が重いポジションとなっています。 渉外業務 銀行の営業活動に当たるのが、渉外業務です。 顧客を訪問してニーズを聞き出し、販売や融資につなげていきます。 ノルマが課せられている場合が多く厳しい仕事ではありますが、ノルマを達成し営業成績を伸ばした分だけボーナスなどにきっちり反映されます。 金融商品の販売 近年、 金融商品の取り扱いが銀行の主要業務のひとつになっています。 最近では、投資信託、損害保険や生命保険の中でも、銀行であることをメリットにした貯蓄性の高い保険商品などが人気です。 その他の業務 銀行の業務は 、国債や社債、債券や株式などの売買、ローンや財産運用の相談、貸金庫の管理、手形の引き受けなど、今までに見てきた業務以外にもお金にかかわるさまざまな仕事があります。 銀行員の仕事内容は 配属される部署や職種によって、全く違う仕事と言っても過言ではありません。 tsr-net. html 国内銀行91行の2018年3月期の 平均年間給与は609万円でした。 銀行員と一口にいっても、その年収は 銀行の規模や地域によってかなりの開きがあり、業態別の平均給与では、 大手銀行が757万8,000円、地方銀行が623万9,000円、第二地銀は554万2,000円となっています。 業態によって開きはあるものの、 平均年収は高めになっていますが、前年度よりも下がっている銀行が多く、下がらなかった銀行は約2割程度にとどまっています。 ちなみに、平均年収トップ3の企業は4年連続同じ顔ぶれで、 1位:三井住友銀行(810万5,000円) 2位:スルガ銀行(800万8,000円) 3位:東京スター銀行(796万4,000円) と、なっています。 勉強づくしの毎日 銀行員は、お金に関するあらゆる業務を担当するので、 簿記やFP、税務などの知識が求められ、それらに関する資格取得も積極的に行います。 また、規制緩和で金融業の垣根が低くなってきたこともあり、 証券や保険の知識も求められます。 証券外務員や保険の募集人資格などの資格も必要になってきます。 未経験から銀行員になる場合は、専門的な知識や資格などは入行して仕事をしながら勉強して取得するケースが多いので、仕事後やお休みの日も常に勉強をしなくてはいけません。 FinTechの波。 銀行員の将来性は危うい FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせて生まれた言葉です。 ネットバンクが庶民生活にまで浸透したことにより、スマホやPCでの決済や資産管理はもちろん、資産運用のアドバイスまでAIが台頭しつつあります。 この流れは今後も加速していくと考えられるので、 銀行員の仕事も将来性が厳しくなります。 それに負けないよう、 専門的な知識を身につけ、日々努力することが大切です。 ネットバンクに押されつつある銀行 商品ラインナップも豊富で、手数料も安い、金利も良いとなれば、ネット銀行に資金が流れるのは自然なことです。 銀行は熾烈な生き残り争いを強いられることは必至です。 また、銀行は極めてタイトな規制産業なので、 政府の政策次第でどうとでもなってしまいます。 自助努力では限界があるというジレンマもあり、とても厳しい業界です。 メガバンクの大規模リストラ メガバンクは、バブル期に大量採用された世代が管理職クラスになっていて、人件費がかさみ、経営を圧迫しています。 今後も、 メガバンクでは大規模リストラが行われる可能性があり、 銀行の統廃合はこれからますます増えていくと言われています。 メガバンクに入れば安泰、という時代は終わりました。 特に、融資担当者は将来消える可能性が大きい職種です。 未経験から銀行員に転職する方法 銀行員の未経験中途採用は狭き門 メガバンクは経済学系、経営学・商学系、法学系学部の出身者の新卒採用がメインで、あとは専門職求人なので、中途採用のハードルは高いです。 中途採用があっても、条件に経験者と書かれていることが多いため、よほどのスキルやキャリアがないと応募することもできません。 未経験者でメガバンクへの途中入社は、かなり難しいと思ってください。 グループの子会社・関連会社から入る 銀行本体には未経験からの中途採用は厳しいですが、 未経験からの入社に比較的門戸の広い証券会社や保険会社などグループ内の企業を経由してなら入れる可能性があります。 ただし、その会社で実績を上げてキャリアを積まなければならず、簡単な道ではありません。 他業界で金融機関の経験を積む 一見、銀行とは関係ないような業種でも、アピール材料になることはあります。 たとえば、 社会保険労務士やSEなど、業種や職種は異なっても、 経験を活かして銀行内のその部署で活躍することは可能です。 入り口は一つではないので、いろいろな可能性を探ってみてください。 女性はパート・派遣からの入り口もある 女性は、結婚や出産で銀行員を一度退職し、その経験を活かしてパートや派遣社員として復職する方法もあります。 銀行も人件費を抑えたいので、正社員を採用せず、業務経験のあるパートや派遣社員の方が採用のメリットが高く、コストも抑えられます。 正社員登用ありというケースもあるので、特に 女性は計画的にパートや派遣社員という求人を活用するべきです。 英語スキルを磨く メガバンクの総合職の TOEICの平均点はいまや800点を超えています。 銀行業態にかかわらず、海外取引をしているお客様を多く抱えているため、 銀行員にもグローバルな感覚が求められます。 英語のスキルを上げておくことで、海外の金融機関と提携するなど 銀行員としての幅が広がるので、採用の可能性も上がります。 銀行員に向いているのはどんな人? まじめで几帳面 銀行員の業務には常に数字が付きまとい、 ちょっとのミスから大惨事になりかねない仕事をしています。 そのため、 細かい作業の確認も怠らず正確性を追求できるような人でなければ銀行員は務まりません。 正義感が強い 人様のお金を扱う仕事なので、 誠実で正義感が強いというのは大前提です。 もしも横領などの不正を働いてしまった場合、自分だけではなく銀行が顧客からの信頼をすべて失うことになります。 最近では個人情報の取り扱いも厳しくなっているので、 顧客情報の流出なども厳禁です。 対人スキルが高く人当たりが良い 銀行員になると、人と接する機会が驚くほど多いです。 その中でも窓口業務などはサービス業とも言えるので、 コミュニケーション能力や清潔感、人当たりの良さなども大切です。 面接でも、 対人スキルの高さは必ずチェックされます。 メガバンク・地方銀行・信用金庫。 働きやすいのはどこ? メガバンク 一昔前は、メガバンクに入れれば安泰という時代もありましたが、今はそうではありません。 メガバンクでは、 銀行員の待遇は人によってかなり差が出ます。 また、組織が巨大で銀行以外にも信託銀行や証券会社、不動産やローン会社など金融に係るあらゆる企業がグループ内に存在します。 たとえば銀行で実績をあげられない人や、ある程度の年齢が来て給料が高止まりすると グループ会社に「出向」といった形で、給料がドンと下がってしまう、というリスクもあります。 地方銀行 銀行によって経営状況の差が激しいという現実があります。 地方銀行の中でも、第一地銀と第二地銀での格差は大きいですし、その地方の経済状況に大きく左右されます。 地方銀行に転職するなら、「強い第一地銀」がおすすめです。 ただし、第一地銀は支店も多く県外にも営業所があるなど、転勤が多いという点は否めません。 信用金庫 信用金庫は、そもそも銀行とは設立の理念が異なります。 信用金庫は、地域の人々との相互扶助を目的としているため、株式会社である銀行のように利潤追求が命題ではありません。 外資系企業も信用金庫の仕事には手を出さないので、乗っ取られることもなく、 これ以上大きくなることはないが、簡単につぶれることもない、といったメリットがあります。 ただ、 銀行に比べて待遇は劣ります。 思わぬ悪待遇で泣かないために、選ぶべき銀行の条件 FinTechにも負けない有力商品がある 手数料や金利水準だけを比較すると、ネットバンクには太刀打ちできません。 たとえば、高齢者向けの相続対策案件などの資産運用が他行と比べて強いなど、 AIではまかないきれないコミュニケーション力が重要となる仕事に強みを持っている銀行がおすすめです。 学閥・派閥争いが無い これはメガバンクに多いですが、 学閥や派閥が存在し、それが人事に影響するような銀行はおすすめできません。 思わず二度見するようなノルマが無い もちろん、銀行員にもノルマは存在します。 融資担当なら融資額、渉外担当なら預金額といったノルマはもちろん、窓口担当行員にも、カードの契約や定期預金などのノルマが課されます。 現実的ではないノルマを押し付けられるような銀行は、精神的に疲弊し、長く勤めることができないので避けるべきです。 避けるべき銀行の特徴 ブラック企業並みの厳しいノルマがある 特に融資担当はノルマが厳しく、窓口業務終了後に怒号が飛び交うのは当たり前の世界です。 「借りたいという会社には融資せず、借りる必要がない会社には無理やり融資する」と言われるように、 銀行にとって重要なのは債権回収できるかどうかで、どこにでも融資するわけではありません。 ノルマをこなしたくても簡単ではない現実もあります。 経済状況の悪い都市銀 経済状況が悪い地方は、銀行がそのあおりをまともに受けます。 不良債権が増えたり、預金残高が減ったり、その地域の景気は銀行の業績に直結するので、特に 地方銀行へ転職するなら、地域を選ぶことも大切です。 銀行の内部まで見抜くことはできるか? 中の人に聞くのが確実な方法 親戚や友人など割と身近に銀行員がいる人も多いのではないでしょうか。 メガバンク、地方銀行など業種や職種によって実情は異なりますが、 同じ銀行で働く人の話を直接聞ける機会があれば、それが一番信頼できる情報と言えます。 様々な伝手をたどって、銀行員から直接話を聞けるチャンスを探ってみてください。 転職エージェントのサポートを利用するのも手段の一つ 直接話を聞けるような伝手がどうしてもない場合は、転職エージェントを利用するのも一つの方法です。 相手はプロのキャリアコンサルタントなので、 個人の価値観ではなく、客観的に銀行を評価した意見を述べてくれます。 また、さまざまな銀行の内情を知ることができる立場の人間なので、一つの会社の常識にとらわれず、偏りのない話を聞くことができます。 リクルートエージェント 人材紹介大手のリクルートが運営する転職エージェントです。 圧倒的な求人数と転職成功実績を持ち、様々なノウハウを蓄積しています。 キャリアコンサルタントには、リクルートグループでも優秀な人材を揃えていると言われていて、各業界に精通したプロのアドバイスを受けることができます。 幅広い業種・職種の求人を扱っているので、自分の希望にあった求人を紹介してくれます。 また、 非公開案件もたくさん扱っているので、転職を考えるならまずは登録しておきたいエージェントです。 金融業界向けの転職エージェントをまとめています。 年収アップ転職におすすめの転職エージェント、金融業界への未経験転職におすすめの転職エージェント、金融業界から異業種に転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介しています。 まとめ 未経験から銀行員へ転職するには、メガバンクは厳しいですが 地方銀行などでは可能性があります。 その方法としては、 ・グループの子会社・関連会社から入る ・他業界で金融機関の経験を積んでおく ・女性はパート・派遣から正社員登用をめざす といった方法が現実的です。 また、 簿記やFP資格はもちろん、 グローバル化に対応できるだけの英語力も磨いておくことが求められます。 ただし、 銀行は業態や業務内容が様々なので、どの銀行のどの職種を選ぶかによって待遇や労働環境は大きく変わってきます。 そのため、実際に銀行員として働く人の話を聞いたり、転職エージェントのコンサルティングを受けるなどして、 求人選びに失敗しないことが大切です。

次の

地方銀行から転職

地方銀行 転職

銀行の離職率が高い理由は次の3つです。 忙しくて自分の時間がとれない• 営業ノルマがきつく、顧客のためになる提案ができない• 体育会の古い体質、厳しい出世競争 「忙しくて時間がとれない」のは新卒入社から3年程度は多くの資格を習得する必要があり、休みの日も勉強にあてる銀行員が多いです。 次の「営業ノルマ」、営業職の場合、支店や上司の方向性によって販売する商品が傾斜されており、本当に顧客のためになるかわからないまま決められた商品を売らなくてはいけないというケースがあります。 また、銀行そのものの「体質」に疑問を感じている人も少なくないんです。 体育会的な雰囲気があることも事実ですね。 また、皆さんが出世を目指しますが、その席数が少なく、周囲との競争を苦手に感じている人にはストレスに感じることもあります。 銀行員の転職先として最も多い業界・部署とは? イチバン多い転職先は銀行・金融機関! 銀行員の転職先として多いのは 同業の銀行、金融機関です。 銀行員は安定性を重視する方が多い傾向にあり、結局似た業種に転職するケースや、前職の銀行より雇用条件を落として、あるいは同条件程度で転職する方が多いんです。 外貨金融機関、ノンバンク、リース、クレジットカード、保険、証券など、何かしら金融と関わっている業界に転職します。 その他転職先として多い業界 その他にも転職先の業界として、 不動産業、コンサルティング会社などが代表的です。 ただし、小売りや、飲食業界などサービス業、製造業に転職される方は、経営企画などの間接部門へ転職されるケースがほとんどです。 管理部門は銀行・金融機関の転職者が多い 転職先の部署・役職でみると 企業の管理部門が最も多いです。 大企業、スタートアップ問わず、数字周りの管理は非常に重要な仕事になります。 最近新しい傾向としてベンチャー企業のCFO職や、経営管理などの間接部門の責任者などになる人が非常に増えてきています。 銀行員をはじめ金融機関出身者は日頃から数字周りに細かく、リスク管理のできる人が多いため管理部門系に多い傾向があります。 また上場を目指すベンチャー企業では社内体制が整っていない会社もあるため、体制を整えたうえで円滑な事業運営を期待しているのでしょう。 自分の能力や経験を存分に発揮したい、ベンチャー企業の管理部門の責任者への転職も検討してみてください! 地方銀行員が転職活動をおこなう上でのポイント ここでは、地方銀行員が転職活動をおこなう上で注意すべきポイントをお伝えします。 タイミングさえ間違えなければ地方銀行員の転職は簡単! とにかく、 銀行員は転職のタイミングを間違えてはいけないんです。 基本的に銀行員は即戦力スキルが蓄積されていない傾向にあります。 そのため転職環境が悪く、即戦力が求められる時期の転職は困難です。 しかし、銀行員は転職市場において基本的なビジネススキルは高いとされており、転職環境が良い時期、ポテンシャル採用が多い時期の転職では比較的カンタンに転職できます。 転職には在職中に転職活動をおこなうケースと退職後におこなうケースがあります。 銀行の職務は激務なことが多く、在職中にあまり時間が取れません。 そのため、代わりに面接日程のセッティングや求人を紹介してくれる転職エージェントを利用する方が多いです。 また多種多様な形態の企業があるため、企業研究は入念に行ったほうがよいでしょう。 銀行から転職で持っていると良いオススメの資格は? 銀行員として勤務していると多くの資格を取得する機会があります。 転職先によっては持っているとメリットになる資格も変わります。 金融業界:ファイナンシャルプランナー、証券外務員など• 不動産業界:宅建など• 管理部門・事務職:簿記、行政史、会計士など どうやって転職の時期を見極める? 銀行員の転職時期を見極める方法は転職エージェントに複数登録することです。 各エージェントが抱えている「非公開求人の質」で転職のタイミングが分かります。 非公開求人とは緊急の募集や少人数の募集、企業が戦略的に非公開にしているもので、公開にすると応募が殺到してしまう求人のことです。 非公開求人の中に優良大手の求人が集中しているため、複数のサービスに登録した方が優良大手の企業に転職できる可能性が広がります。 実際に数多くの転職成功者はこのセットを利用しています。 銀行からの転職での後悔や失敗は? 銀行員からの転職を成功させるには、以下4点をクリアすると成功の確率が上がります。 とにかく転職理由を明確にする• 転職で何を妥協するか決めている• 家族・配属者と転職意思を共有する• 転職エージェントを使ってみる 一つずつ見ていきましょう。 とにかく転職理由を明確にする 退職理由をあいまいにしたまま転職する人って多いんですよ。 でもこれは転職で失敗する方に多い特徴です。 転職がうまくいく人はまず転職理由が明確です。 というのも、退職理由は次の職場を選択するにあたって特に重要な判断基準となるからです。 この記事の冒頭でも述べましたが、「残業が多いから」「自分の時間を取れないから」「体育会的な雰囲気が苦手」など人によって転職理由はさまざま。 言語化できるくらい転職理由をクリアにし、「少なくともこんな職場には就かない」という判断基準持ちましょう! 転職で何を妥協するか決めている 転職で「ここは譲れない」「最悪ここはあきらめてもいい」の基準をハッキリさせましょう。 譲れない条件:年収500万円以上・残業月40時間以内・IT業界• あきらめてもいい条件:東証一部上場企業である・管理職ポジションで働ける・東京23区に会社がある 家族・配属者と転職意思を共有する 特に待遇の良い銀行からの転職となると、ご家族や配偶者の方から反対されることって多いんです。 そのまま転職してしまうとトラブルの引き金になりかねませんので、 あらかじめ家族や配偶者に転職意思を共有しましょう。 お子さんがいる場合だと子どもの将来もよく考えなければなりません。 理解を得て、スムーズな転職活動を心掛けましょう! 転職エージェントを使ってみる 銀行員から転職をするならば、転職エージェントの利用も強くオススメします。 転職エージェントを利用するメリットは7つあります。 転職に必要なサポートを0円で受けられる• 転職に成功する確率が格段に上がる• 面接対策をしてくれる• 求人広告やホームページに無い非公開求人を教えてくれる• 書類選考の通過率が上がる• 履歴書や職務経歴書などの書類の作成が簡単に済む• 給料などの条件面を代行で交渉してくれる 特に初めて転職する方なら、まず利用すべきです。 めんどくさい転職のアレコレは、転職エージェントにおまかせしちゃいましょう! 今回は銀行員からの転職をお考えの方におすすめの、優良転職エージェントを厳選して3つご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。 doda |求人数は約130,000件!日本最大級の転職支援サービス.

次の