池田大作 現在。 池田大作の家を発見!大作の息子は火事で父の資産運用でうつ病に!火事の中国人社長は刑務所に?#QAnon の粛清は本当!公文書のスパイ報告書を隠蔽する創価学会! : めざまし政治ブログ

池田大作の現在は?まだ生きてる?死亡説も?自宅は超豪邸で慶應病院に入院中?

池田大作 現在

創価学会副会長・広報室長の岡部高弘氏によると「おかげさまで大変お元気」だという。 池田氏をめぐっては、11年頃から健康不安説が相次いで報じられたが、12年頃には機関紙「聖教新聞」が訪問者を歓迎する池田氏の様子を報じるようになった。 そのため「健康は回復した」との見方も出ていたが、動画は公開されないままで、動向に注目が集まっていた。 会員激励する体力 「ありますあります、もちろんです」 テレビ東京で放送された特番「池上彰の参院選ライブ」では、番組恒例のバスツアーが公明党の支持母体の創価学会を取材。 岡部氏がツアー一行に応対し、池上氏は政教分離との関係などを質問した後に、池田氏について 「最近あんまり肉声を聞くとか、どこかに登場するといったことがあまりないように思う」と質問。 これに対して岡部氏は「 おかげさまで大変お元気で、具体的には、聖教新聞なんかによく執筆活動(をしている)。 新・人間革命とかですね。 あと、先日もそうですが、色んな各地を回られて、会員の皆さんを激励されています」と答えた。 13年には夫人が「ラジオ体操が日課」と伝える 池田氏をめぐっては、香峯子(かねこ)夫人が「文藝春秋」13年1月号で、 「ラジオ体操を若い人たちと一緒にするのが、今も日課となっています。 先般も、来日中のアフリカ10ヵ国の青年たちに会って激励しました」などと近況を明かしているほか、池田氏が創立した創価大学(八王子市)の訪問の様子を機関紙「聖教新聞」がしばしば伝えている。 聖教新聞以外では、16年1月末に恒例の「提言」を発表し各紙が報じているほか、4月12日付けの山陰中央新報に「『日本の故郷』ここにあり」と題して寄稿したのに続いて、6月6日付けの茨城新聞も「茨城新聞創刊125周年に寄せて」と寄稿している。 ただ、池田氏の動画は長く公開されないままで、具体的な健康状態については必ずしも明らかではない。 当初は日蓮正宗内部の宗教法人格を持たない法華講として発足、後に独自の法人格を取得し日蓮正宗の法華講と完全に分裂して現在に至る。 本部は東京都新宿区信濃町。 『聖教新聞』(日刊)、『創価新報』(月2回)などの機関紙や、『大白蓮華』(月刊)、『グラフSGI』(月刊)などの機関誌を発行している。 公明党の最大の支持母体であるとともに、「自公連立政権」下においては自由民主党の間接的な支持母体としても機能する。 1930年(昭和5年)11月18日に、小学校の校長だった牧口常三郎と、戸田城聖ら当時の教育者などが集い、法華教系の在家仏教団体の『創価教育学会』を創立した。 日蓮の仏法精神に基づく教育の実践(教育者の育成)を目的とする団体であったこの組織が創価学会の前身となる。 戦時中は弾圧を受け、1943年6月に牧口、戸田を含む幹部が治安維持法並びに不敬罪で逮捕され、牧口は獄死。 1945年7月、出獄した戸田は、組織名を創価学会に改め組織を整備、1952年、宗教法人の認証を得る。 戦後の創価学会は戸田の手腕で急拡大するが、75万世帯を目標にした「折伏大行進」運動の過程で、強引な勧誘は後述のような社会問題も引き起こした。 1960年、周囲の大反対を押し切り池田大作が会長に就任、その後池田の会長就任に反対する勢力の離脱で一時期学会の勢いが衰えるが1964年には創価学会内に「公明政治連盟(その後、公明党と改名)」を創設し、政治にも関与し始める。 本来、創価学会は宗教団体ではなく、日蓮正宗の講(信徒団体)のひとつであった。 池田は日蓮正宗総本山大石寺より、信徒のトップである法華講総講頭に選任されていた。 しかし創価学会と日蓮正宗との間で次第に教義上の対立が激しくなり、1991年11月、創価学会は日蓮正宗から破門されて「宗門」と「信徒団体」という関係は消滅した。 教義的には日蓮を末法時代の本仏と定め、南無妙法蓮華経の唱題を実践し、日蓮の出世の本懐であるとされる一閻浮提総与の大御本尊を掲げ、「法華経」思想の布教を宣言(広宣流布)し、仏教思想に基づく平和的な社会の実現を目標とするとしている。 左翼連中は、ソ連・中国・北朝鮮が善で日米が悪だという真っ赤な嘘を言って日本に莫大な、 お金に換算して京単位の損害を与えてきた訳だ。 左翼連中は 謝罪して賠償しなければならないのに、みんな 知らぬ顔の半兵衛で、誰も謝罪も賠償もしない。 多分 痴呆症で寝たきりで晩年の共産党の宮本顕示冶 状態だろ? ただ 絶対的カリスマが有り、創価会員は池田大作教だから、おいそれと 意思不通と言えどもトップをすげ替える事は出来ないよね。 大体 創価の馬鹿達は池田大作が上行菩薩だとか信じてるのか? 法華経や日蓮聖人自体は正しいよ。 ただ断じて上行以下四菩薩は池田大作なんかじゃ ないよ。 間もなく 本物の上行菩薩を含む四菩薩が出てきた時、お前ら 創価の連中は どう言う反応を示すか楽しみだ。 !! 本物の上行菩薩は現在23才だよ。 詳しくは言えないけど、間もなく現れるよ。 無論 この文章を書いてる俺では無いよ。 ホンマ早く潰れて欲しい。 5、6時間も題目上げて自分の事も出来ない姑が私には信心があるからとデイサービスにも行かない。 思考が腐り切ってる。 結婚と同時に入会活動もしてみたが何もかもが納得出来ないものばかり。 何のゆかりもない池田氏をいきなり神仏化して『先生』などと 何で呼んで慕たわなアカンねん。 活動にそっぽ向いてから心が自由になり軽くなり、やっぱり私は私らしく生きようと思ってから色々上手くいくようになった。 折をみて、娘と脱会する。 兄夫婦も信心してるからと、何事にも真剣に向き合えない結果、3人の息子は大学に進学もせず、フリーター。 それで信心してるから守られてるからとか笑かす。 もう 懲り懲り。

次の

創価学会が池田大作氏の死亡を発表できない理由は何ですか

池田大作 現在

このブログを書いている理由 前置きを少しお話したいのですが、このブログは学会員はもちろんですが、学会員ではなくて、 「なんとなく学会って近寄りがたいな」 「ネットでやばい組織って書いてあるよ!」 という人にも、「ぶっちゃけ中ってどんな感じなのか」知ってほしいなー、 という思いで書いています。 学会員って強引に入会を誘ってきて怖い! みたいな話をネットで見かけるんですが、 それって一部の熱血学会員が良かれと思ってやって、 逆に誤解を招いてるんじゃないかなーと思うんですよね わたしは「熱狂的な学会員」ではないですし、 もともとは アンチまではいかないまでも、多少うざいなと思っていた側なので、 「強引に誘われるといやだなー」というのはわかるつもりです。 一方で、ネット言われるほど学会員は「邪悪な人」でも、「怖い人」でもなくて、「情に厚くて、温かい人たち」だとも思っています。 なので、 このブログでは「熱狂的な学会員」と「一般人」の間に立つくらいのニュアンスを大事にして、お互いの誤解をちょっとでも無くせたらよいなぁ、 という思いでつづっています。 さて前置きが長くなりましたが、そんなわけでよく世間やネットで誤解されているネタについて触れたいと思います。 尚、本稿では非学会員に合わせて池田大作先生ではなく、池田大作さん、と呼称します。 他の登場人物も同様に扱わせて頂きます。 学会員の方はご容赦ください。 今回は、 「創価学会って創始者の池田大作を崇めて、その教えを広めるやばい組織なんでしょ?」 と思っている人に向けたお話です。 私の母は熱狂的な学会員ですが、 私がアラサーになるまで学会活動に関わらなかった理由の一つは上記のような理解でいたからです。 しかし 「創価学会は創始者の池田大作を崇めて、その教えを広めている」という理解 はそもそも歴史の事実と違う部分があるし、 実態とも少しニュアンスが違うなと最近思っています。 このあたりをご説明します。 (私なりの解釈ですので、学会公式見解ではありません) 創価学会って池田大作さんが作ったの? 「創価学会は池田大作が創設した」、と思っている人が多いと思うんですけど、 池田大作さんって「第3代会長」なんです(今は名誉会長)。 なので、創設者ではありません。 創設者は初代会長の牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)さんとそのお弟子で、第2代会長の戸田城聖(とだじょうせい)さんです。 1930年が創立された年です。 池田大作さんが第3代会長になったのは1960年のことなので、 創立から30年も経った後のことでした。 名誉会長になった今でも創価学会の顔と言えば池田大作さんという感じはありますよね。 1960年から60年近くも看板をしょってこられたので、 一般の方は彼が創設者だと思っている人が多いのではないでしょうか。 ただ創価学会の中に入ると、池田大作さんの話だけではなくって、初代会長や第2代会長の話も良く出てきます。 入る前は全然知らなかったので「へーそうなんだ」と思うことが多いです。 初代会長と第2代会長は戦時中に投獄され、初代会長に至っては殉教しています。 そのため学会員からすると「正義のために戦った英雄」というようなニュアンスで扱われているように感じます。 ただ、「神様」のように扱うわけではありません。 それで、それは池田大作さんも同じというのが次の話です。 創価学会は池田大作さんを崇めて、その教えを広めてるんでしょ? 創価学会は「池田大作を崇めて、その教えを広める」と思っている人が多いと思うんですけど、これは 半分正解だけど、半分間違いだと感じています。 多くの学会員は池田大作さんのことを尊敬しているし、 その思想や姿勢から学んでいることは間違いありません。 しかし、創価学会が広めている教え、つまり「経典」的なものは、鎌倉時代である1200年代に活躍した僧である、「日蓮大聖人」の教えです。 歴史の教科書に「日蓮」として出てくる人物です。 創価学会では座談会などの際に「御書講義(ごしょこうぎ)」なる勉強会が開催されることがあります。 これは日蓮が書いた書物=御書の中から、一節を取り出してその教えを学ぶものです。 MEMOちなみに池田大作さんもたくさん著作があります。 代表的なのは小説「人間革命」です。 こちらの記事で書いています。 外から見ると創価学会は 「池田大作を神と崇めるやばい人たち」という風に見える気がするんですが、 中にいると「 池田大作さんは神様ではなくて、すごい尊敬されている大先輩」って感じに見えます。 例えると運動部で憧れの先輩に教えを乞うみたいな雰囲気です。 落ち込んでいたり、迷っているときに 「大丈夫、おまえならできる!一緒にがんばろう!」って言ってくれる大先輩って感じです。 よく学会員は池田大作さんを「先生」と呼びますが、 それは「師匠」というニュアンスに近いと思います。 なので、よく「師弟の絆!」みたいな言葉も聖教新聞には並んでいると思います。 (これがまた暑苦しくて、一般の人には受けがよくない気はしますが…) もうちょっと大げさな感じでいえば、 国の独立戦争を勝利に導いた英雄的な扱いかもしれません。 その昔弾圧を受けた民を励まして、守り抜いた。 そして国を独立まで導いた。 みたいな人です。 だから熱狂的なファンもいるわけです。 (学会員は昔は結構いじめられていたようです。 ) でも 英雄って人間であって、神様ではないんですよね。 結局学会はやばい組織なのか? そんなわけで、 「創価学会は創始者の池田大作を崇めて、その教えを広めるやばい組織」ではなくて、 「創価学会は日蓮の教えを広めていて、池田大作を尊敬する大先輩として見ている組織」というのが実態に近いと思います。 え、ヤバくはないのかって? うーん、それはわかりません笑 おいおい私の経験を書いていきますが、すごいなーと思うこともありますし、 それが「ヤバい」かどうかは皆様個々人のお考えでご判断いただければ幸いでございます。 (創価学会へのよくある疑問シリーズの) ブログを応援いただける方は ポチッと押していただけると幸いです。

次の

池田大作の正体

池田大作 現在

出典: 1928年1月2日に、池田子之吉さん・一さん夫妻の5男として生まれた池田大作さんですが、子之吉さんがリウマチに倒れて働けなくなるというアクシデントが一家を襲うことになります。 こんな時に頼りになるはずの池田本家に関しては、前述の通り関東大震災で資産の大部分を失っていたうえ、最終的には東京・糀谷の自宅兼作業場を売却して廃業をする運命が待っていたため、援助を受けることは難しかったようですね。 子之吉さんがリウマチに倒れて以降は、一さんや兄たちが働きに出て池田家の家計を支えることになり、池田さん本人も尋常小学校卒業した1940年になると、東京・蒲田にあった「新潟鐵工所」に就職しています。 1941年に太平洋戦争が始まった後は兄たちが徴兵された影響もあり、池田さんは、現在ならば中学生に該当する年齢で一家の家計を支える羽目になりました。 とはいえ、勉学に並みならぬ関心があった池田さんは、貧しさに負けることもなく、働きながら東洋商業高校に進学し、苦学生として戦時中を過ごしております。 出典: この時代の池田家は泣き面に蜂状態が続き、1945年5月になると、空襲により実家が焼きだされてしまい、残った家財はかろうじて持ち出せた長持の中にあった「雛飾りとコウモリ傘」だけなんてどん底まで味わったこともありました。 昭和20年(1945年)5月の空襲は、一家を直撃。 弟と二人で必死に長持を一つ持ち出した。 一家の唯一の財産となった長持を開けると、雛飾りとコウモリ傘が一本入っていただけだった。 家族が落胆するなかで母は言った「このお雛様が飾れるような家にきっとまた住めるようになるよ」 引用: 池田大作と創価学会との出会い…小学校時代の知人に誘われ入信 池田大作、1947年に創価学会に入信 池田大作さんと創価学会の出会いに関しては、1947年8月となります。 出典: 知人に誘われて創価学会の集会に参加することになった池田さんは、当時理事長をしていた戸田城聖さんの説法に心惹かれるものがあり、創価学会への入会を決意します。 昭和22年(1947年)8月14日。 池田大作青年は、小学校時代からの知人に誘われた。 引用: 現在では日本最大の新興宗教であり、国内800万世帯以上の会員数を誇る創価学会も、当時は弱小の新興宗教の1つでしかなく、会員数も3000世帯に満たないレベルでした。 池田大作、当時理事長だった戸田城聖の弟子になる 出典: 創価学会入会後の池田大作さんですが、1949年になると、戸田城聖さんが経営する出版社「日本正学館」に入社し、身も心も創価学会に捧げる決意を固めています。 入社後の池田さんは、少年雑誌の編集者となりますが、すぐに日本正学館が経営危機に陥り、社員時代は1年にも満たない期間で終わることになりました。 大手出版社による雑誌の復刊が相次ぐなかで、小さな出版社は苦戦。 戸田会長は、出版事業を断念する。 引用: その後は、戸田さんが新たに設立した「東京建設信用組合」へ入社している池田さんですが、こちらの事業も開始2年足らずで廃業に追い込まれております。 信用組合の経営に乗り出し、事業の立て直しをはかった戸田会長だったが、戦後の経済混乱のあおりを受け営業停止に追い込まれる。 多くの社員が去っていった。 引用: 出典: 池田さんが創価学会の3代目会長に就任して以降の香峯子さんは、多忙な夫の体調を気遣い、池田さんの国内外での布教や会談業務に同行することとなり、「微笑みの外交官」との異名を持つほどの存在感を発揮しております。 池田さんは、創価学会を二人三脚で巨大組織に発展させたパートナーでもある香峯子さんに対して、下記のように語っています。 池田先生は語る。 出典: 一代で創価学会を巨大組織へと変貌させた池田大作さんだけに、その論舌は冴え渡り、人生に対する蘊蓄ある言葉を多く残している人物でもあります。 この項では、筆者の心に残った池田さんの名言を紹介したいと思います。 自分だけの幸福もなければ、 他人だけの不幸もない。 人を幸せにした分、 自分も幸福になる。 〜池田大作名言100選〜 9月12日— UragamiTakanori Ura0705Takanori 逆境こそが、人間を鍛え、大いなる使命に目覚めさせる。 厳しい冬を越えてこそ、希望の春を迎えることができる。 by 池田大作— 人物名言集 jinbutu 一切は自分の物のとらえ方で決まるのです。 老いを人生の下り坂と捉えるのか上り坂で完成だとみるかで、豊かさは天と地の違いが出てくるのです。 池田大作の現在…2010年から表舞台から消え死亡説も浮上していた 出典: 実際の池田さんの安否情報は、「週刊文春」などの誌面を飾ったこともあります。 2011年の「週刊文春」のスクープ記事では、池田さんは脳梗塞に倒れており、持病の糖尿病の悪化もあいまって自力歩行が困難な状態に陥ってしまい、車いすでの移動を余儀なくされている状況との内情が掲載されていました。 脳梗塞の後遺症で認知症も発症してしまったという池田さんは、咀嚼も困難状況であると言われており、近年は栄養剤を経管注入することで命を長らえている状況だとか。 ちなみに、池田さんの入院先は、東京・信濃町にある「南元センター」という創価学会関連の医療施設だと言われております。 【創価学会】池田大作について総まとめすると….

次の