シノアリス コンボ武器 一覧。 前衛武器一覧: シノアリス備忘録

シノアリス|コンボチャンスを組み込んだ戦術を紹介!

シノアリス コンボ武器 一覧

ただし、グランコロシアムではイノチの稼いだ量でランキングが決まるので、ナイトメアを発動した時という条件、相手のギルドと極端に強さに差があった場合、乾坤一擲のほうが有利なことから3位にしました。 雲海の漣 惨禍 はは刀剣アップナイトメアと合わせて高ダメージを狙うことができるがコロシアムではあまり使用しないナイトメアのことから3位にしました。 総合力4位にランクインさせました。 断罪の審銃 惨禍 は射出アップナイトメアと合わせて高ダメージを狙うことができるがコロシアムではあまり使用しないナイトメアのことから3位にしました。 また、終曲スキルが数少ないことから1位にランクインさせました。 悲劇の戯曲 惨禍 は総合値、スキル面から2位にランクインさせました。 ただ、あまり珍しくないスキルのことから特化ガチャで似たようなものが出る可能性が高いです。 残り5分増加スキルはまだ本数自体少ないので逆転を狙う上でかなり重宝されます。 尽きぬ絶叫 惨禍 は敵2~3体の物理攻撃力、物理防御力を大ダウンといった強力なスキルのため2位にランクインさせました。 新しく登場した絆の縁杖は預言者の妄言 惨禍 の風属性版です。 ただしステータスで劣る面から3位にしました。 そのためランキングではなく、あくまでおすすめの魔具という形で紹介させていただきます。 モノガタリや討伐ではスキルも重要ですが、装備基準では属性や武器種が重視されるので、討伐で有効な武器よりもコロシアムで有効な武器を優先的に評価しています。 また、コロシアムでは劣勢時に有利に働くスキルを高く評価しています。 スキルと合わせて補助スキルを重視 同スキルを持っている同武器種がある場合は、補助スキルを基準にランキングに反映しています。 前衛武器であれば「勇猛果敢」、後衛武器であれば「補助支援」、「回復支援」を持った武器を重視しています。 また、コロシアムにおいて重要な場面でリコネやユノを使用する戦略が現状多いので、同スキルの場合風属性よりも水属性や火属性を評価を高めにしています。 無限進化武器と殻武器の評価 無限進化武器は現在可能な最大進化のスキルとステータスでの評価、殻武器はおすすめのスキルでの評価の判断と武器スキルの紹介をしています。

次の

シノアリス コロシアム中のコンボ武器効果について|ひまなじむいん|note

シノアリス コンボ武器 一覧

この記事では先日実装された殻ノ武器のスキルカスタマイズ機能によって抽選されるスキルの一覧と、また当たりスキルの考察をしていこうと思う。 そもそも殻ノ武器とは何か分からない読者は以下の過去記事を参考にしてほしい。 それでは早速各殻武器の抽選スキルの一覧とそのスキルの説明をまとめていこうと思う。 なおスキルカスタマイズによるスキルの抽選確率はスキルの種類によって違うと公式が以前漏らしていたが、あたりスキルの出る確率がどれくらいかは現状不明である。 またモノスキルとコロシアムスキルとで同じ効果のものも多いため、今回は大きくメインスキル モノスキルとコロシアムスキル とコロシアム補助スキルの2つの項目に分けさせてもらう。 なおモノとコロシアムどちらかにしかないスキルは効果の部分に注意書きをしておく。 メインスキルの一覧 スキル名 消費SP 効果 散華 壱 20 敵一体に超特大ダメージ 烈火の追撃 20 敵一体に大ダメージ。 さらに自分のHP小回復 吸血の咢 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに自身の物理防御力、魔法防御力を小アップ 参ノ型 禍炎 19 敵一体に大ダメージ。 さらに自身の物理攻撃力、物理防御力を小アップ 炎神の威圧 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに敵の物理防御力、魔法防御力を小ダウン 炎神の威令 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに敵の物理攻撃力、魔法攻撃力を小ダウン 増幅スル黒焔 参 24 敵一体に大ダメージ。 さらに対象が風属性の場合は威力がアップする モノ限定 憎悪の却火 肆 24 敵一体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 6倍になる コロシアム限定 憎悪の却火 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. まずモノスキルとしては超特大ダメージを与える散華 壱 か増幅スル黒焔 参 あたりだろう。 めちゃくちゃ威力が高くなるわけでは無いものの、現状最大クラスのダメージを与えられるスキルになっている。 また増幅スル黒焔 参 は火属性を弱点とする風属性の敵に使用することで威力がアップするようだ。 現状ほかの武器にないこれらのスキルが威力的に優れているためモノにおいてはこの弐つのどちらかのスキルがあたればラッキーだと思っておこう。 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについてはどの場面でも最大級のダメージを叩き出せる散華か、劣勢時に効果が大幅にアップする憎悪の却火 肆 が当たりといえるだろう。 ちなみに憎悪の却火 肆 は劣勢時にスキル効果が2. 6倍、初期状態で持っているスキルである憎悪の却火 参 は2. 5倍となっている模様。 殻ノ大剣に関しては初期状態でも十分強いスキルを持っているともいえるためこれらのスキルを狙うかどうかよく考えよう。 コロシアム補助スキルに関しては前衛全般にいえるのだが、基本的に勇猛果敢 弐 が当たりだといえるだろう。 それ以外であると新スキルである乾坤一擲 弐 あたりは場合によっては当たり認定してもよいだろう。 乾坤一擲は一定確率で発動し、発動時の攻撃で奪えるイノチの量が上がるというものであり、特に一撃の威力が大きい刀剣武器等はイノチを稼ぐのにはもってこいであるため、運しだいなところはあるが発動さえすれば獲得イノチ量は確実に増えてくれるだろう。 ただし、現状これら殻武器にしかこの乾坤一擲のスキルは存在しないため、多く編成に取り入れることが出来ない関係であまり効果的な活用は出来ないといわれている。 とりあえずは勇猛果敢 弐 を狙っておくのが無難といえるだろう。 また刀剣武器には魔力供給 弐 のスキルをもつ武器が少ないため、こちらも選択肢としては悪くないといえるだろう。 まずモノスキルとしては天使ノ息吹 肆 などのSP回復系スキルが当たりだと考える。 そもそもモノでの杖が活躍する場面としてはまず討伐イベントなどで味方のHPを回復してサポートする場面だけである。 この際に天使の息吹系スキルであれば回復しつつSPも補充できる。 討伐イベントでは長期戦になればなるほどSPが切れやすくなるため、回復しつつSPを補充できるこのスキルは討伐イベントなどではなかなかに優秀な効果だといえるだろう。 刹那ノ光明 弐 については回復対象の味方のHPが残り10%を切っている場合、その回復量を1. 6倍ほどしてくれるスキルのようだ。 条件を満たした場合のみにはなってしまうが現状最大級の回復量を誇るスキルとなっている。 倒されたばかりの味方にこのスキルが当たればかなりの回復を一度に行ってくれるだろう。 ただし、対象人数が1~2と安定しないため、運によって効果に幅が出てしまうことと、また対象のHPが10%以下でない場合の素の回復量はあまり高くなく、そうなるとただSPの消費量が多い微妙なスキルと化してしまう。 うまく瀕死の味方にこのスキルが使えるかどうかが重要になってくるだろう。 これらは追加効果がついているため、ついていないものに比べると回復量は劣るが今回のスキル群の中では一番安定して回復できるスキル達である。 コロシアム補助スキルに関しては回復定理 弐 が一番の当たりだ。 他の補助スキルはどれもパッとしないため、狙うは回復定理 弐 だけでいいだろう。 それと魔力供給 弐 を持っている祈祷武器がないのであれば選択肢としてはないこともないだろう。 一定確率で消費SPが減ってくれるため、いざというときにSP切れを起こしにくくなる比較的重要なスキルである。 ただし魔力供給系スキルは同時に2つまでしか発動してくれないため、あまり積みすぎても無駄になるため注意すること。 メインスキルの一覧 スキル名 消費SP 効果 狂愛ノ鉄棺 壱 23 敵1~2体に特大ダメージ 双詠氷術 23 敵1~2体に大ダメージ。 さらに自身の物理防御力、魔法防御力を小アップ 虚ノ型 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに自身の魔法攻撃力、魔法防御力を小アップ 水魔の示威 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに敵の物理防御力、魔法防御力を小ダウン 水魔の威光 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに敵の物理攻撃力、魔法攻撃力を小ダウン 増幅スル煙雨 参 27 敵1~2体に大ダメージ。 さらに対象が火属性の場合は威力がアップする モノ限定 復讐の雹雨 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 5倍になる コロシアム限定 復讐の雹雨 弐 20 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. まずモノスキルとしてはやはり特大ダメージを与える狂愛ノ鉄棺 壱 か増幅スル煙雨 参 あたりだろう。 めちゃくちゃ威力が高くなるわけでは無いものの、現状長柄武器では最大クラスのダメージを与えられるスキルになっている。 また増幅スル煙雨 参 は水属性を弱点とする火属性の敵に使用することで威力がアップするようだ。 現状ほかの武器にないこれらのスキルが威力的に優れているためモノにおいてはこの弐つのどちらかのスキルがあたればラッキーだと思っておこう。 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについては基本的には劣勢時に効果があがるスキルが良いだろう。 復讐の雹雨 参 、復讐の雹雨 弐 の弐つである。 ちなみに復讐の雹雨 参 は劣勢時にスキル効果が2. 5倍、復讐の雹雨 弐 は2. 3倍となっている模様。 長柄武器などの複数攻撃できる武器が劣勢時スキルを持つことはかなり大きな意味を持つ。 劣勢時にこれらのスキルを使えば場合にもよるかもしれないが、かなりの高威力のダメージを運が良ければ敵2体に叩き込める。 これを前衛複数人で劣勢時スキルを同時に発動することが出来れば、敵前衛5体をいっきに全滅させることが出来るからだ。 威力アップのスキルに比べると見劣りしてしまうが、このスキルも確実に相手複数人をたため、相手をあと一歩で全滅させられるというときに役立つ可能性もある。 基本的には復讐の雹雨 参 か 弐 を目指すとよいだろう。 コロシアム補助スキルに関しては前衛全般にいえるのだが、基本的に勇猛果敢 弐 が当たりだといえるだろう。 それ以外であると新スキルである乾坤一擲 弐 あたりは場合によっては当たり認定してもよいだろう。 乾坤一擲は一定確率で発動し、発動時の攻撃で奪えるイノチの量が上がるというものであり、特に一撃の威力が大きい刀剣武器等はイノチを稼ぐのにはもってこいであるため、運しだいなところはあるが発動さえすれば獲得イノチ量は確実に増えてくれるだろう。 ただし、現状これら殻武器にしかこの乾坤一擲のスキルは存在しないため、多く編成に取り入れることが出来ない関係であまり効果的な活用は出来ないといわれている。 とりあえずは勇猛果敢 弐 を狙っておくのが無難といえるだろう。 また長柄武器には魔力供給 弐 を持つ武器が少ないため、場合によってはこちらを選ぶのもなしではないといえるだろう。 討伐イベントなどで楽器を使う場合は味方前衛の攻撃力を高めることが重要になってくる。 大抵の討伐イベントが長期戦になればプレイヤー側が不利になるためなるべく早く倒すため攻撃力が必要なのだ。 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについては複数の選択肢が出てくる。 単純に強いスキルであるものを選ぶか、それとも劣勢時に効果がアップするものを選ぶかである。 これらのスキルは味方1~2体の能力複数を大きく上げてくれるスキルとなっており、運よく味方2体に効果が出ればかなり効率よく味方を強化することが出来る。 誰に対しても高い攻撃力アップの効果が与えられるからだ。 これらのスキルは劣勢時に使用すると通常の効果の2. 5倍 説明には1. 5となっているが実際には2. 5倍 の効果を得ることが出来る。 劣勢時ということは負けている状態であるため、それから逆転するためには一気に味方の攻撃力を上げて敵を倒すことが必要であり、その際に攻撃力を上げることが出来るこの戦士の哀歌と魔術師の哀歌が活躍することだろう。 ただし、これらのスキルは自分たちが優勢の時はただの片面大アップ武器となってしまい、非常に微妙なスキルとなってしまう。 安定して効果量を発揮したいのであれば強いスキル群のものを、劣勢になることが多く逆転勝ちを狙いに行くタイプであるならば劣勢時系のスキルを狙うとよいだろう。 このスキルはフレンドさんなどから聞いた話だと、殻ノ竪琴の初期スキルである起死回生 弐 の効果に単純に味方前衛の物理攻撃力アップの補助効果がついているものである。 単純に考えれば効果が追加されるので確かに最強のスキルになりそうではあるが、元々の起死回生 弐 の状態でも十分使えるため、正直言えばこのスキルを狙いに行くのはかなりリスキーといえるだろう。 また当然味方前衛が物理重視でなければ物理攻撃力アップの効果も無駄になるため、わざわざ元々の起死回生 弐 のスキルを捨ててまで取りに行くほどの重要スキルではないと私は考えている。 ロマンを求め最強を目指したいならば頑張って狙ってみるのもよいだろう。 その他の補助スキルとしては補助支援 弐 も選択肢に入り得るかもしれない。 噂では起死回生 弐 のスキル効果は優勢時には補助支援 弐 以下のものになってしまうという話を聞いたことがある。 私自身はそこまで差を感じたことはないが実際に検証したことはないためこの噂の真偽については何とも言えない。 だがもし実際に起死回生 弐 が補助支援 弐 より優勢時に効果量で劣るのであれば、補助支援 弐 を選んだほうが良い場合もある可能性がある。 まあ私としてはおすすめしないが。 他の補助スキルに関しては特に良いものはないといえる。 私としてはおとなしく起死回生 弐 キープをお勧めする。 メインスキルの一覧 スキル名 消費SP 効果 痣花 壱 20 敵一体に超特大ダメージ 双詠風術 20 敵一体に大ダメージ。 さらに自分のHP小回復 吸血の痕 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに自身の物理防御力、魔法防御力を小アップ 参ノ型 翠雷 19 敵一体に大ダメージ。 さらに自身の魔法攻撃力、魔法防御力を小アップ 風魔の威圧 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに敵の物理防御力、魔法防御力を小ダウン 風魔の威令 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに敵の物理攻撃力、魔法攻撃力を小ダウン 増幅スル飄風 参 24 敵一体に大ダメージ。 さらに対象が水属性の場合は威力がアップする モノ限定 憎悪の却火 肆 24 敵一体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 6倍になる コロシアム限定 憎悪の却火 参 19 敵一体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 5倍になる コロシアム限定 殻ノ弓の当たりスキル考察 私が考えるこの武器の当たりスキルとその考察をここでは行っていく。 基本的には殻ノ大剣と変わらない。 まずモノスキルとしては超特大ダメージを与える痣花 壱 か増幅スル飄風 参 あたりだろう。 めちゃくちゃ威力が高くなるわけでは無いものの、現状最大クラスのダメージを与えられるスキルになっている。 また増幅スル飄風 参 は風属性を弱点とする水属性の敵に使用することで威力がアップするようだ。 現状ほかの武器にないこれらのスキルが威力的に優れているためモノにおいてはこの弐つのどちらかのスキルがあたればラッキーだと思っておこう。 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについてはどの場面でも最大級のダメージを叩き出せる痣花か、劣勢時に効果が大幅にアップする憎悪の 肆 が当たりといえるだろう。 ちなみに憎悪の却火 肆 は劣勢時にスキル効果が2. 6倍、初期状態で持っているスキルである憎悪の 参 は2. 5倍となっている模様。 殻ノ弓に関しては初期状態でも十分強いスキルを持っているともいえるためこれらのスキルを狙うかどうかよく考えよう。 コロシアム補助スキルに関しては前衛全般にいえるのだが、基本的に勇猛果敢 弐 が当たりだといえるだろう。 それ以外であると新スキルである乾坤一擲 弐 あたりは場合によっては当たり認定してもよいだろう。 乾坤一擲は一定確率で発動し、発動時の攻撃で奪えるイノチの量が上がるというものであり、特に一撃の威力が大きい刀剣武器等はイノチを稼ぐのにはもってこいであるため、運しだいなところはあるが発動さえすれば獲得イノチ量は確実に増えてくれるだろう。 ただし、現状これら殻武器にしかこの乾坤一擲のスキルは存在しないため、多く編成に取り入れることが出来ない関係であまり効果的な活用は出来ないといわれている。 とりあえずは勇猛果敢 弐 を狙っておくのが無難といえるだろう。 またここは刀剣武器とは違い魔力供給 弐 はお勧めしない。 今まで射出武器には比較的多くの魔力供給 弐 のスキルを持つ武器が存在するからだ。 逆に勇猛果敢 弐 は他の前衛武器種と比べても射出武器に勇猛果敢 弐 がついている武器はあまり数が多くないため、基本的に勇猛果敢 弐 を狙うことを薦める。 そもそも現状残念なことにモノで魔書はあまり活躍の機会がない。 たとえば討伐などでもたまにデバフすることが重要なギミックのパターンもあるが、どういうデバフが必要かはその時々で変わる。 また討伐での使用を想定したためお勧めしているスキルは対象が単体の呪詛系になっているが、そこまで効果量はかわらないので1~2体を対象にする呪術系のスキルでも良いだろう。 あまりモノスキルにこだわる必要もないかもしれないが... 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについては複数の選択肢が出てくる。 単純に強いスキルであるものを選ぶか、それとも劣勢時に効果がアップするものを選ぶかである。 これらのスキルは敵1~2体の能力複数を大きく下げてくれるスキルとなっており、運よく敵2体に効果が出ればかなり効率よく敵を弱体化することが出来る。 ただし、相手がどんな構成で来るかは当たってみるまで分からないため、これらのスキルはいつでも役立つというわけでは無い可能性もあるため注意すること。 誰が効果対象になっても高い攻撃力ダウンの効果が与えられるからだ。 これらのスキルは劣勢時に使用すると通常の効果の2. 5倍 説明には1. 5となっているが実際には2. 5倍 の効果を得ることが出来る。 ただし防御力を大幅に下げることが出来るものの下げられる防御は物理か魔法のどちらかになってしまうため、味方前衛に物理が多いのであれば鎧砕を、魔法が多いのであれば破魔を狙うとよいだろう。 また敵に一人特別強いものがいて、それがこちらの邪魔になっているのであれば逆に相手の攻撃力を落とし無力化することでじわじわと自分たちに有利な状況を作ることも出来るかもしれない。 ただし当然相手にとって重要でない方の攻撃デバフをしても意味がないため、これらのスキルが常に活躍できるとも限らない。 そのためおとなしく防御を下げる劣勢時スキルの方が私的にはお勧めだ。 注意点として、これらの劣勢時スキルは自分たちが優勢の時はただの片面大ダウン武器となってしまい、非常に微妙なスキルとなってしまう。 安定して効果量を発揮したいのであれば強いスキル群のものを、劣勢になることが多く逆転勝ちを狙いに行くタイプであるならば劣勢時系のスキルを狙うとよいだろう。 このスキルはフレンドさんなどから聞いた話だと、殻ノ書の初期スキルである起死回生 弐 の効果に単純に敵前衛の物理攻撃力ダウンの補助効果がついているものである。 単純に考えれば効果が追加されるので確かに最強のスキルになりそうではあるが、元々の起死回生 弐 の状態でも十分使えるため、正直言えばこのスキルを狙いに行くのはかなりリスキーといえるだろう。 また当然敵前衛が物理重視でなければ物理攻撃力ダウンの効果も無駄になるため、わざわざ元々の起死回生 弐 のスキルを捨ててまで取りに行くほどの重要スキルではないと私は考えている。 ロマンを求め最強を目指したいならば頑張って狙ってみるのもよいだろう。 その他の補助スキルとしては補助支援 弐 も選択肢に入り得るかもしれない。 噂では起死回生 弐 のスキル効果は優勢時には補助支援 弐 以下のものになってしまうという話を聞いたことがある。 私自身はそこまで差を感じたことはないが実際に検証したことはないためこの噂の真偽については何とも言えない。 だがもし実際に起死回生 弐 が補助支援 弐 より優勢時に効果量で劣るのであれば、補助支援 弐 を選んだほうが良い場合もある可能性がある。 まあ私としてはおすすめしないが。 他の補助スキルに関しては特に良いものはないといえる。 私としてはおとなしく起死回生 弐 キープをお勧めする。 さらに自分のHP小回復 吸血ノ噛絞 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに自身の物理防御力、魔法防御力を小アップ 盈ノ型 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに自身の物理攻撃力、物理防御力を小アップ 水神の示威 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに敵の物理防御力、魔法防御力を小ダウン 水神の威光 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに敵の物理攻撃力、魔法攻撃力を小ダウン 増幅スル氷蝕 参 27 敵1~2体に大ダメージ。 さらに対象が火属性の場合は威力がアップする モノ限定 復讐の 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 5倍になる コロシアム限定 復讐の 弐 20 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 3倍になる コロシアム限定 復讐ノ雹撃 肆 23 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は対象が1~3体になる コロシアム限定 復讐ノ雹撃 参 23 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は必ず対象が2体になる コロシアム限定 殻ノ斧の当たりスキル考察 私が考えるこの武器の当たりスキルとその考察をここでは行っていく。 まずモノスキルとしてはやはり特大ダメージを与える巨人ノ鉄槌 壱 か増幅スル氷蝕 参 あたりだろう。 めちゃくちゃ威力が高くなるわけでは無いものの、現状打撃武器では最大クラスのダメージを与えられるスキルになっている。 また増幅スル氷蝕 参 は水属性を弱点とする火属性の敵に使用することで威力がアップするようだ。 現状ほかの武器にないこれらのスキルが威力的に優れているためモノにおいてはこの弐つのどちらかのスキルがあたればラッキーだと思っておこう。 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについては基本的には劣勢時に効果があがるスキルが良いだろう。 復讐の 参 、復讐の 弐 の弐つである。 ちなみに復讐の 参 は劣勢時にスキル効果が2. 5倍、復讐の 弐 は2. 3倍となっている模様。 打撃武器などの複数攻撃できる武器が劣勢時スキルを持つことはかなり大きな意味を持つ。 劣勢時にこれらのスキルを使えば場合にもよるかもしれないが、かなりの高威力のダメージを運が良ければ敵2体に叩き込める。 これを前衛複数人で劣勢時スキルを同時に発動することが出来れば、敵前衛5体をいっきに全滅させることが出来るからだ。 威力アップのスキルに比べると見劣りしてしまうが、このスキルも確実に相手複数人をたため、相手をあと一歩で全滅させられるというときに役立つ可能性もある。 基本的には復讐の 参 か 弐 を目指すとよいだろう。 コロシアム補助スキルに関しては前衛全般にいえるのだが、基本的に勇猛果敢 弐 が当たりだといえるだろう。 それ以外であると新スキルである乾坤一擲 弐 あたりは場合によっては当たり認定してもよいだろう。 乾坤一擲は一定確率で発動し、発動時の攻撃で奪えるイノチの量が上がるというものであり、特に一撃の威力が大きい刀剣武器等はイノチを稼ぐのにはもってこいであるため、運しだいなところはあるが発動さえすれば獲得イノチ量は確実に増えてくれるだろう。 ただし、現状これら殻武器にしかこの乾坤一擲のスキルは存在しないため、多く編成に取り入れることが出来ない関係であまり効果的な活用は出来ないといわれている。 とりあえずは勇猛果敢 弐 を狙っておくのが無難といえるだろう。 また打撃武器には魔力供給 弐 を持つ武器が多めに実装されているため、魔力供給 弐 に関してはあまり当たりとは言えないだろう。 メインスキルの一覧 スキル名 消費SP 効果 狂愛ノ鉄棺 壱 23 敵1~2体に特大ダメージ 双詠炎術 23 敵1~2体に大ダメージ。 さらに自身の物理防御力、魔法防御力を小アップ 虚ノ型 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに自身の魔法攻撃力、魔法防御力を小アップ 炎魔の示威 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに敵の物理防御力、魔法防御力を小ダウン 炎魔の威光 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに敵の物理攻撃力、魔法攻撃力を小ダウン 増幅スル魔灼 参 27 敵1~2体に大ダメージ。 さらに対象が風属性の場合は威力がアップする モノ限定 復讐の紅蓮 参 22 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. 5倍になる コロシアム限定 復讐の紅蓮 弐 20 敵1~2体に大ダメージ。 さらに劣勢時は効果が1. まずモノスキルとしてはやはり特大ダメージを与える狂愛ノ鉄棺 壱 か増幅スル魔灼 参 あたりだろう。 めちゃくちゃ威力が高くなるわけでは無いものの、現状魔具武器では最大クラスのダメージを与えられるスキルになっている。 また増幅スル魔灼 参 は火属性を弱点とする風属性の敵に使用することで威力がアップするようだ。 現状ほかの武器にないこれらのスキルが威力的に優れているためモノにおいてはこの弐つのどちらかのスキルがあたればラッキーだと思っておこう。 次にコロシアムスキルについてだが、こちらについては基本的には劣勢時に効果があがるスキルが良いだろう。 復讐の紅蓮 参 、復讐の紅蓮 弐 の弐つである。 ちなみに復讐の紅蓮 参 は劣勢時にスキル効果が2. 5倍、復讐の紅蓮 弐 は2. 3倍となっている模様。 魔具武器などの複数攻撃できる武器が劣勢時スキルを持つことはかなり大きな意味を持つ。 劣勢時にこれらのスキルを使えば場合にもよるかもしれないが、かなりの高威力のダメージを運が良ければ敵2体に叩き込める。 これを前衛複数人で劣勢時スキルを同時に発動することが出来れば、敵前衛5体をいっきに全滅させることが出来るからだ。 威力アップのスキルに比べると見劣りしてしまうが、このスキルも確実に相手複数人をたため、相手をあと一歩で全滅させられるというときに役立つ可能性もある。 基本的には復讐の紅蓮 参 か 弐 を目指すとよいだろう。 コロシアム補助スキルに関しては前衛全般にいえるのだが、基本的に勇猛果敢 弐 が当たりだといえるだろう。 それ以外であると新スキルである乾坤一擲 弐 あたりは場合によっては当たり認定してもよいだろう。 乾坤一擲は一定確率で発動し、発動時の攻撃で奪えるイノチの量が上がるというものであり、特に一撃の威力が大きい刀剣武器等はイノチを稼ぐのにはもってこいであるため、運しだいなところはあるが発動さえすれば獲得イノチ量は確実に増えてくれるだろう。 ただし、現状これら殻武器にしかこの乾坤一擲のスキルは存在しないため、多く編成に取り入れることが出来ない関係であまり効果的な活用は出来ないといわれている。 とりあえずは勇猛果敢 弐 を狙っておくのが無難といえるだろう。 また殻ノ魔具は他の攻撃武器とは違い補助スキルのバリエーションが増えている。 私自身が魔具でコロシアムをしないため、詳しくはわからないが、コロシアムで魔具を使った前衛をするメリットとしては攻撃だけでなくバフやデバフも出来るということがあると思われる。 前衛はダメージを与えてイノチを稼ぐことが主な役割ではあるが、相手を全滅させてギルドシップ撃墜が出来る事がかなり勝敗に関わってくる。 そのため極論としては、いざというときにギルドシップを落とすために高火力を発揮できれば、それ以外の時間は味方強化などの支援をするのもありなのではないかと私は考えた。 そういったことからあえて魔具を大量に積み込むより強力な楽器武器を使用して自身や味方の火力アップを目指し、バフデバフ合戦で相手より優位に立つことを目的とするスタイルなどもあると思う。 そういった場合には未だ魔具にしか存在していない補助スキルである補助支援 参 などで支援効果をアップさせるといったこも考えてもよいかもしれない。 魔具はある意味無限の可能性を未だ秘めた未開拓の領域なので私にははっきりと最適解はわからないので、各自で新しい道を見つけ出してほしい。 angelgamertenshi.

次の

シノアリス コロシアム中のコンボ武器効果について|ひまなじむいん|note

シノアリス コンボ武器 一覧

はじめに にて、習うより慣れろと言ったものの、初心者の中には少なからずPvPであるためか、参加を躊躇う人がいる。 シノアリスにおけるコロシアムはかなり重要なコンテンツであり、楽しむ要素の半分以上を損しているといっても過言ではない。 デイリーミッション報酬が完遂できないのみならず、なによりもコロシアム参加による報酬として入手できる ・「チャームメダル」 ・「ナイトメア育成素材」 は入手手段が限られており、これらの入手機会を失うのは非常にもったいない。 PvPでは迷惑さえ掛けなければ初心者は特に問題はない。 コロシアムで これさえやれば・やらなければ大丈夫!ということを記載しようと思う。 毎度のごとく重いです。 画像を見てもらえばわかると思うが、ホーム画面右上から一通りの情報を入手することができる。 前回のコロシアム概要でも取り扱ったように、神魔は非常に重要なため、必ずチェックしてもらいたい。 開戦まで残り時間が3分を切ると確認ができなくなってしまうため注意。 次項へ続くことに関連するのだが、神魔召還に必要な武器種は(初心者であるならば)必ず数本は積んでいこう。 面倒でも装備の変更は忘れずに行おう。 面倒であるならば神魔別に装備セットを作っておくのも手だ。 また、後衛に関してだが、 基本的に コロシアムには魔具は装備しないで挑もう 以前イベントコロシアムにおいて魔具に対応した神魔が存在したが、現状の通常コロシアムにおいて魔具の神魔への貢献度は皆無だ。 初期に配布されたこともあり、育成をしているため外すと総合値が下がってしまう人も多いかと思うが、ギルド全体への貢献度を考えると魔具は不要だ。 1人の総合値が数千下がることよりも、神魔を取り逃すことの方が損失が大きい。 どうしても魔具を装備したい、メイジで参加したい場合はギルドメンバーと相談することを勧める。 厳しい言い方になってしまうが、コロシアムにおいて初心者のメイジは地雷扱いだ。 やってはいけない、とまでは言わないが、やらない方がいいだろう。 運営が今後、魔具対応神魔の常設を検討している旨を公式にアナウンスしている以上復権の可能性はある。 それまではこっそり育成していたほうが賢明だろう。 また、ナイトメアを出す順番が戦略として組み込まれているギルドも数多く存在するため、基本的には指示がない限り召還しない方が無難だ。 中には「自由に出してくれ」という指示を出すギルドもあるが、それでも後述するナイトメアを召還すると険悪な空気になってしまうことが少なくない。 最低限のルールを知っている前提で「自由」と呼んでいることが多いため、見に回った方が賢明だろう。 私個人の意見を言わせてもらえば、大概の場合が初心者を受け入れた時点でナイトメアに関しての注意事項は伝えるべきであり、 それすら無く、初心者のミスに対して小言を言うようなギルドは即刻抜けた方がいい。 ギルドは断じてそこだけではない。 バーバリアン ナイトメア(正義) 各オーク種(各属性) 上記A群のナイトメアは条件を満たしていなければ効果がないばかりではなく、ほとんどのギルドが切り札として利用するスキルを所持したものたちだ。 召還タイミングも指示を出すギルドがほとんどのため、くれぐれも唐突な使用は避けたい。 フィーナに関しては誰もが所持するナイトメアであり、初心者御用達なのだが、スキル内容の上位互換を所持するメンバーがいる可能性が高い。 SP200を消費してまで焦って召還することはないだろう。 ナイトメアは様々な種類、効果がある。 場数を踏むことで自然と覚えるものなので、焦って出すよりもコロシアムそのものの流れを掴もう。 オソウジをしなければならないのは理解してもらえたと思う。 では、オソウジをしている間のキャラはどのような状態か・・・? ・・・ 棒立ちである。 攻撃をするでもなく、ただただサンドバック状態。 この状態が続くのがいかに危険かはすぐに理解できると思う。 つまり、 「SPを使い切ってから全回復するまでオソウジをする」 なんてことはやめるべきなのだ。 ではどうすればいいか。 細かくマメにやろう。 初心者のうちはまずはコロシアム全体の流れを掴むことが重要だ。 慣れてきたら自分なりにルールを決めてもいいだろう。 メンバー全体がオソウジのタイミングを意識すればかなり勝率が上がる。 なによりも 神魔アナウンスを見逃した!神魔召還準備中にオソウジ!強力なナイトメア効果発動中にオソウジ!などの事態が少なくなるからだ。 もちろんオソウジよりもスキル使用が優先な場面はたくさんある。 「どのタイミングが重要局面か」「どのタイミングでは戦線離脱すべきではないか」 を意識しながら参加しよう。 その状況判断ができるようになれば必ずしも細かくする必要はない。 「全力でスキルを使用すべきタイミング」やオソウジへ行っても問題ないタイミングがわかるようになればもはや初心者の域を超えただろう。 前回の へ.

次の