ねづこ イラスト。 【鬼滅の刃】炭治郎、善逸、伊之助たち鬼殺隊同期メンバーの生い立ちや能力など

鬼滅の刃でねずこが口に竹を付けてる訳は?強さや能力は?

ねづこ イラスト

長い髪の数か所を部分的に結び額を出し、麻の葉文様の着物にの帯を締めた少女。 家族と共に慎ましやかながらも幸せな生活を営んでいたが、唐突に、そして理不尽に訪れた残酷な災厄により人ならざる となってしまう。 人を喰らう鬼としての業に抗い、兄と共に人を護りながら、己が人へと戻るための果てしない旅路に踏み出す。 人物 人間であった頃 竈門家六人兄妹の長女で、町でも評判の美人(美少女)であった。 その容姿の美しさは、炭治郎の同期隊士・の目には輝いて映るほど。 内面は家族想いの優しい少女であり、行商に赴く長男・炭治郎に次いで、家庭で母親と共に弟妹たちの面倒を見る役目を担っていた。 ただ優しいだけではなく、兄に似て我が身を省みない面もあるという。 弟の竹雄の語りでは、昔小さい子にぶつかって怪我をさせたガラの悪い大人に対し、「謝ってください」と怒ったことがあるらしい。 その際に竹雄は、「 人のために怒る人は 自分の身を顧みない所があるから そのせいでいつか 大切なものを失くしてしまいそうだから怖いよ」と零している。 鬼化して直後 物語冒頭にてによってにされた直後、まさに飢えた獣として炭治郎を襲う。 しかし炭治郎からの呼びかけを受け、そこに来たと炭治郎の行動を見た禰豆子は、兄を庇う姿を見せた。 その後どうやってか義勇に無力化され、落ち着いた様子になる。 その後は簡単なコミュニケーションしか取れず、行動原理も非常に単純。 また、人を喰らわせないようにする保険として、竹製の口枷を常に噛まされている事もあり、会話も不可能。 朗らかだった表情も虚ろな眼のみとなってしまった。 指の爪は鋭く尖っている。 しかし、本人の資質によるものか意思の強さによるものかは定かではないが、人肉を喰らわずにはいられないはずの鬼としての飢餓を抑え込み、逆に鬼としての力を兄(家族)を護るために振るうという、鬼としては異端の 同族殺しとでも言うべき存在となった。 炭治郎がの徒弟となり修行を始め状況が落ち着くと、何故か禰豆子は眠り続け目を覚まさなかった。 眠り続けた2年後 炭治郎が修行と試練を超え鬼殺隊の一員となり鱗滝の家へ帰ると禰豆子が目を覚ましており兄を出迎えた。 しかも「奇跡」とも言い表せられるほどに鬼としては特異な事に、人を喰らってエネルギーにする体質の代替として 鬼が本来行わないハズの「睡眠」によってエネルギーを補充するよう体質を変質させたらしく、その後戦闘行動で消耗するとよく眠り、それ以外も基本的に眠っているか赤子のようにぼーっとしているようになった。 (ただし、飢餓自体は感じているようで、切迫した状況下では人の血に涎を垂らしてしまっている。 それでも衝動を理性で抑え込んでいるため、人を傷つけたことは無い) 鬼は日光を浴びると灰化するため、移動する日中は常に炭治郎の背負う「箱」の中で眠っている。 そしてアプローチは異なるが、 に続き自力で無惨の呪いを外した鬼でもある。 戦決着後は、千年間現れる事のなかった 日光を克服した唯一の鬼となり、たどたどしくではあるが言葉を話せるようにもなった(そのため、口枷も外されている)。 精神面においては、人喰い鬼となった人間の常として記憶の混濁と幼児化が生じている。 戦闘中は鱗滝による暗示により、人間を全て「家族」と認識し 「家族を傷つける鬼を滅する」よう意識下に刷り込まれているため、自らの近くで鬼に人間が傷付けられると激昂して鬼へと襲いかかる。 しかし、自身の意志もある程度残っているようで、最愛の兄である炭治郎の言葉や導き手に従い、判断して行動する面もある。 炭治郎を除く家族たちが既に死去していることは理解しており、無惨に対する憎悪と怒りは、彼の血が濃い上弦の鬼に対しても向けられる。 戦闘以外の場面では子供のように兄に触れあって甘えることが多い。 敵対する鬼の血鬼術によって眠りから覚めない炭治郎に対してすら、そうとは理解できずに、ただ「撫でて欲しい」という幼い欲求に従って無理矢理起こそうとした挙句、爆血(後述)で兄を火だるまにするなど、浅慮な行動が目立つ。 しかしながら、累との戦い以降は比較的感情豊かになってきており、自分を傷つけ挑発したに対して プンプン怒ったり、可愛らしい金魚を見て和む姿も見られる。 また、番外編としてアニメでの次回予告で水の呼吸の型を兄のまねをしてやっていたり、骨が折れた兄を心配する様子が描かれている(喋れないので、ほとんど「う~」というような声でやり取りしている)。 余談だが、6巻のおまけページでは目にハイライトが描かれており(本編では56話から描かれるようになっている)、日に日に何かしらの変化が起きているものと考えられる。 兄と同じで、目を閉じた時に死んだ家族から言葉を貰うことがある。 そしてアニメ第19話『ヒノカミ』にて、実に 17話ぶりに言葉を発した(実際に口から発したわけではなく、技名として漫画では描かれていたものを禰豆子自身が脳内で言ったようなものである)。 また、第25話『継子・栗花落カナヲ』でのアニメオリジナルシーン(蝶屋敷の禰豆子が眠る部屋で炭治郎が禰豆子に語りかける)で、「禰豆子が人間に戻るために珠世のもとへできるだけ強い鬼の血を送らなければいけない」「…自分にそれができるのだろうか」と考え込む炭治郎。 すると「 お兄ちゃんなら大丈夫」励ます禰豆子の声が聞こえた(しかし振り向くと禰豆子は変わらず眠っており、幻聴のようなものだった)。 での立場 那田蜘蛛山にて蟲柱に見つかりその場で即処分されそうになるが、鬼殺隊の最高管理者からの指令により庇われ、禰豆子のために柱合会議が開かれた。 会議では一部の柱らから反発もあったが、• 産屋敷耀哉が炭治郎と禰豆子を現状打破の要素になり得ると判断したこと• 2年間禰豆子が人を襲ってないこと• そしてその場で不死川実弥により刺されて消耗した禰豆子が不死川の血を見ても襲わなかったこと これらが実績になり、結果 禰豆子が人を襲わない限り処分を見送ることになった。 なお、もし禰豆子が人を襲った場合はその場で炭治郎が禰豆子を処分した後、その責任を持って炭治郎もその場で自害し、並びに彼女らを鬼殺隊へ手引きした鱗滝左近次・冨岡義勇の両名も腹を切ることになっている。 竈門兄妹と一緒に行動している我妻善逸やはそうでもないが、鬼殺隊には身内やよく見知った仲間が鬼に殺されているものもいる。 柱から禰豆子への処分要求が強いのも、そういった鬼の所業を見続けたことによるものである。 能力 身体能力 鬼の基本特性としてほとんど不死身であり、日光を浴びるか、鬼狩りの振るう日輪刀で頸を撥ねられる以外は基本的に死ぬ事が無く、四肢をもがれても短時間で再生する。 ただし禰豆子本人は格闘技術を習得しているわけではなく、上述の通り複雑な思考も出来ないため、攻撃パターン自体は非常に単調で見切られ易いという弱点もある。 ただし、成人の姿は 鬼化を進行させた姿でもあるため鬼としての闘争本能が現れるようになり、体力の消耗も大きいため飢餓状態に陥りやすく、長く使っているとそれらが重なって人喰いの衝動に駆られやすくなる。 そのため最初に変身した際は、敵に重傷を負わせた後に危うく暴走しかけたが、すんでのところで炭治郎に抑えられ、母の子守唄を聴かされてなんとか落ち着く。 また、この戦いを経て力の制御を覚えたらしく、再び成人の姿となった際は暴走すること無く、更なる強敵を相手に兄と共闘している。 血鬼術 爆血(ばっけつ) 事により、血が付着した対象を焼却あるいは爆裂させる術。 その火力は鬼舞辻無惨の直属であるの鋼糸すら、滅却せしめた。 だが威力以上に、この術の最大の特徴となるのは、 人喰い鬼の細胞のみを焼却する効果である。 人間や衣類はこの炎に触れても燃えず、むしろこの火で人を包めば鬼が生み出した毒を人の体内から消滅させる 解毒効果や術の効果を弱める効果さえある。 また、鬼をこの血鬼術の火で焼くと、焼いた部分は 再生能力が鈍り中々治らなくなる効果もあり、特に再生能力が高く身体欠損すら秒で治る上弦の鬼に対しても、この火で焼けば多少は足止めすることができる。 一般の鬼に対しては未使用なのでどの程度効果があるか不明である。 血を媒介とする必然から、負傷していない状態では自身の爪で己の身体を傷つける事で発動させる。 禰豆子自身もこのエネルギー消費を本能的に理解しているようで、敵対する鬼の強さを鑑みて、可能な限り体術のみで戦おうとする傾向を見せている。 兄・炭治郎の刀に自分の血を塗り、血鬼術を発動して燃やした刀。 燃えた炭治郎の刀は黒から赤へとその色を変えた。 この状態の刀にて上弦・半天狗を斬り、その厄介な能力を一時的に鈍らせることに成功する。 ネタバレA 無限城決戦編における禰豆子 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 柱稽古の直前から鱗滝の元へ預けられていたらしく、珠世から寄越された 「鬼を人間に戻す薬」を投与された影響で、高熱を出して寝込んでいた。 ネタバレB その最中、父・から夢枕で 「炭治郎が危ない」と告げられた禰豆子は目覚め、拠点から飛び出していってしまう。 炭十郎の導きのままに、元柱の鱗滝すらも追い付けない程の速さで疾走し、鬼殺隊が交戦している市街地が見えてくる頃には、 瞳が人間であった頃のそれに戻り始めていた。 禰豆子が戦闘に主に用いる手段は蹴りである。 慎ましく和服に身を包んだ美少女は、戦闘時にはその美脚を惜しみなく曝け出す。 惜しみなく。 ファンの間でたびたびその(鬼の頚を捻じ切るほどの)健脚が話題に挙がるが、劇中である大正時代(特に農村部)の女性は下着を着用しないのが一般的であったため、 である可能性が高い(半天狗戦では、臀部が描かれたコマがある)。 『もう一人の主人公』 物語が進むにつれ炭治郎の血筋の特異性に焦点が当てられるようになるが、当然妹である禰豆子も同じ血筋を受け継いでおり、それが彼女の特異性に関連している可能性がある。 PC上の表示 正確には、禰豆子の「禰」の字は、しめすへんが「礻」となる。 しかし現在のJISでは正しい字形が示となっているため、Unicodeの異体字セレクター対応の環境でなければ、本来の字形で表示できない。 「礻爾豆子」とは書けるが見た目においても、検索性においても推奨されない。 フォントによっては礻で表示される場合がありえる反面、異体字セレクターに対応していないソフトは多く、フォントも異体字セレクターに対応していないフォントがある。 なお、「禰」の字形が現在のものになったのは1983年のJIS83、同じJIS83では「竈」と「竃」が入れ替えられている。 1900年頃に生まれた(と思しき)禰豆子が長生きすれば困惑していただろうか…。 関連イラスト.

次の

竈門禰豆子 (かまどねずこ)とは【ピクシブ百科事典】

ねづこ イラスト

概要 漫画『』に登場する主要な敵であり、人食いの生き物。 日光以外では死なない不老不死性と、超人的な身体能力や怪力を持ち、中にはのような特異な能力を使える者もいる。 その正体は、千年前に最初に鬼になった鬼の原種である の血を注ぎ込まれた人間が、その血に適応できた場合に変異して生まれる超越生物。 無惨の支配を受け、より多くの人を喰らい、より強くなることを目的として行動する。 上述したように、日光に弱く日中の野外では活動できない、人間の血肉を食べて力にする、人間を同族に変える、などの特徴から、日本でよく知られる のと言うよりは、西洋における に近い存在と言える(『鬼滅の刃』の前身にあたる読切『』においても、西洋の吸血鬼が敵として登場している)。 生態 人間を主食とし、人肉や血に対して激しい飢餓を覚える。 他の動物の肉でもある程度代替は可能なようであるが、鬼の身体の維持にはやはり人喰いが欠かせない(ただし、その一方で 睡眠は必要としない)。 ただ、の例から、段々と人肉を体が受け付けなくなり、食えなくなる体質の鬼もいるようだ。 単純な身体能力については、当然のことながら人間を完全に圧倒しており、年若い鬼でも容易く石壁を砕く程の怪力と、岩より硬い身体を有する。 鬼としての年齢を重ねるほど(人を多数喰らうほど)上がって行き、一定を超えると下記のを行使できるようになる。 知性は個体により大きく差がある。 人間から鬼への変異直後は、激しい意識の混濁・退行がある。 このため最初に喰らうのは親兄弟などの近しい者が多い。 その後、生前の執着等の念を基本とした個性を獲得し知性を得るがその人格は自己本位なものとなる。 不死という特性上、永い年月の中で高度な医学知識などを得る事も可能ではあるがそのような例は現状、無惨の呪いを打破した一例のみである。 鬼になった時点で強い闘争本能や無惨への忠誠心等の 呪いを植え付けられる。 また、無惨の血を更に受ける事で鬼としての力は格段に強化されて行くため、上位の鬼ほど無惨の血が濃い。 終盤、が 鬼を人に戻すの開発に成功し、鬼にされた者を救った。 しかし、無惨の血を与えられることのみしか鬼は増えないという制約はあるものの、無惨がその気になれば 際限なく鬼を増やすことは可能である。 また、鬼殺隊の隊員が鬼にされてしまい仲間を襲撃する事態も発生したため、基本的には鬼を抹殺するしか選択肢はない。 さらに、無惨から分けられた血を別の人間に分け与えるという形で、が鬼を増やしたことがある。 ただし、鬼を増やすためには『無惨の血』が必要になる為、無惨が死んだ場合はそれ以上増えることはできないという、生物として見た場合致命的な欠陥がある。 そして 「無惨が死ねば鬼は全て滅びる」との指摘に無惨が激昂した事から、彼を滅せれば鬼たちは死に絶えることになる。 鬼の存在に関する認知 作中で鬼の伝承地にいたのはが明確に分かっているだけでほかの人物の所は不明。 ただ、のいた場所付近も伝承が残っており、二人の住む地域は奥多摩郡で近い位置となる。 一方、街の方では伝承が立ち消えており程度であった。 (浅草の時も が暴走しているとしか警察も含めて誰も思っておらず、の件の辰巳も鬼殺隊をうわさ程度にしかとらえていなかった) は「鬼がいた」と言ったために孤立してしまった(つまり彼は鬼殺隊入隊以前のとある事件での犯人を鬼だと確信していた。 彼の出身は今の渋谷区や中野区の付近)。 能力 再生 日光に照らされる以外には 不老不死であり、四肢を失っても短時間で再生するのはもちろんの事、頭部だけになる、あるいは頭部を粉砕されても再生できるほどの、生物としてはあり得ない生命力・治癒力を有する。 変形 身体の形状をかなり自在に操作する事が可能であり、のはもちろんの事、頭部に角を生やす、腕や脚に鋭利な刃を生成する、舌を長大に伸ばすといった、自身を異形化する個体が多い。 中には『 』、『 』、『 』、『 』などの常識からはかけ離れた異形化を果たす個体も少なくない。 人喰いを重ねた鬼が行使できるようになる 異能。 鬼の外見と同じく、その能力は千差万別。 鋼よりも硬い糸を生成するなど、物理的な攻撃能力に留まらず、異空間を自由に出入りする、空間と空間を繋げるといった物理法則を完全に無視した現象を引き起こす個体も多数存在する。 弱点 日光 鬼の最大の弱点。 日光に照らされた鬼の身体は瞬時に灰化して崩れ去る。 ただしあくまで直射日光に弱いのであり、曇天の日や、日が射している時でも日陰ならば、昼間であっても問題なく活動できる。 同時に過剰な再生や血鬼術の行使はそれらの能力の低下を招き、最終的には一般人に討ち取られてしまうほどに弱体化する事もある。 ただし、それは十二鬼月以下の雑魚鬼ぐらいでしか見られない現象であり、十二鬼月に至っては下弦でも底をつくことはそうそう無く、のように相当決着を焦らない限りは起こりえない。 隊員の基本装備であり、鬼を殺すことのできる唯一の武器。 詳細は当該記事参照。 この日輪刀で首を切ることで、を除いて倒すことが出来る。 藤の花 鬼は藤の花の香りを嫌い、近づく事さえできない。 藤の花の匂い袋などを持っておけば、鬼除けになる。 鬼殺隊の入隊試験が行われる藤襲山は一年中藤の花が咲いており、中に閉じ込めた鬼の逃走を阻む自然の結界となっている。 呪い 無惨から血を分け与えられた全ての鬼は、無惨に反逆できないよう肉体・意識の両面で絶対の制約を強制的にかけられる。 この呪いを外す事は、か、が無い限り不可能。 自壊 無惨に関する情報を僅かにでも口にした時点で、体内の無惨の細胞により鬼自身から野太い『腕』が生え、宿主の身体を粉砕する。 この『腕』は、無惨同様に鬼の身体に再生不可能なダメージを与えるため、事実上の自壊である。 なお、この自壊はあくまで人前で名を口にした場合に限るため、鬼同士で名を出す分には呪いは発動しない。 読心 無惨を前にした鬼は、その思考を全て無惨に読まれる。 距離が離れるほど精度が低くなるが、位置情報程度ならばどれほど離れても無惨の認識から逃れる事はできない。 同族嫌悪 鬼同士は心理的に嫌悪感を抱くため、助け合ったり徒党を組むことは無く、食料が確保できない状況では共食いすら起こす。 尚、無惨から集団行動を命じられた場合は、この限りではない。 珠世はこの呪いを、 「自分より強い鬼が、徒党を組んで叛乱を起こさない為」としている。 主な鬼 首領• その他• (声:)• (声:)• (声:)• (声:)• (声:) 例外• (声:)• (声:)• (声:)• 浅草の人(仮称) 鬼舞辻無惨によって囮のためだけに鬼にされた青年。 と珠世、愈史郎の尽力により呪縛から逃れる。 後に鬼舞辻無惨との産屋敷邸での対決時に 「散布した肉の種子から凄まじい強度・速度の枝分かれした棘を放つ」という強力な血鬼術で無惨の足止めをする、に在るまじき活躍を見せた(産屋敷耀哉の語った 「本来ならば一生眠っていたはずの」の一人と言える)。 (ネタバレ注意) 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃】炭治郎、善逸、伊之助たち鬼殺隊同期メンバーの生い立ちや能力など

ねづこ イラスト

概要 漫画『』に登場する主要な敵であり、人食いの生き物。 日光以外では死なない不老不死性と、超人的な身体能力や怪力を持ち、中にはのような特異な能力を使える者もいる。 その正体は、千年前に最初に鬼になった鬼の原種である の血を注ぎ込まれた人間が、その血に適応できた場合に変異して生まれる超越生物。 無惨の支配を受け、より多くの人を喰らい、より強くなることを目的として行動する。 上述したように、日光に弱く日中の野外では活動できない、人間の血肉を食べて力にする、人間を同族に変える、などの特徴から、日本でよく知られる のと言うよりは、西洋における に近い存在と言える(『鬼滅の刃』の前身にあたる読切『』においても、西洋の吸血鬼が敵として登場している)。 生態 人間を主食とし、人肉や血に対して激しい飢餓を覚える。 他の動物の肉でもある程度代替は可能なようであるが、鬼の身体の維持にはやはり人喰いが欠かせない(ただし、その一方で 睡眠は必要としない)。 ただ、の例から、段々と人肉を体が受け付けなくなり、食えなくなる体質の鬼もいるようだ。 単純な身体能力については、当然のことながら人間を完全に圧倒しており、年若い鬼でも容易く石壁を砕く程の怪力と、岩より硬い身体を有する。 鬼としての年齢を重ねるほど(人を多数喰らうほど)上がって行き、一定を超えると下記のを行使できるようになる。 知性は個体により大きく差がある。 人間から鬼への変異直後は、激しい意識の混濁・退行がある。 このため最初に喰らうのは親兄弟などの近しい者が多い。 その後、生前の執着等の念を基本とした個性を獲得し知性を得るがその人格は自己本位なものとなる。 不死という特性上、永い年月の中で高度な医学知識などを得る事も可能ではあるがそのような例は現状、無惨の呪いを打破した一例のみである。 鬼になった時点で強い闘争本能や無惨への忠誠心等の 呪いを植え付けられる。 また、無惨の血を更に受ける事で鬼としての力は格段に強化されて行くため、上位の鬼ほど無惨の血が濃い。 終盤、が 鬼を人に戻すの開発に成功し、鬼にされた者を救った。 しかし、無惨の血を与えられることのみしか鬼は増えないという制約はあるものの、無惨がその気になれば 際限なく鬼を増やすことは可能である。 また、鬼殺隊の隊員が鬼にされてしまい仲間を襲撃する事態も発生したため、基本的には鬼を抹殺するしか選択肢はない。 さらに、無惨から分けられた血を別の人間に分け与えるという形で、が鬼を増やしたことがある。 ただし、鬼を増やすためには『無惨の血』が必要になる為、無惨が死んだ場合はそれ以上増えることはできないという、生物として見た場合致命的な欠陥がある。 そして 「無惨が死ねば鬼は全て滅びる」との指摘に無惨が激昂した事から、彼を滅せれば鬼たちは死に絶えることになる。 鬼の存在に関する認知 作中で鬼の伝承地にいたのはが明確に分かっているだけでほかの人物の所は不明。 ただ、のいた場所付近も伝承が残っており、二人の住む地域は奥多摩郡で近い位置となる。 一方、街の方では伝承が立ち消えており程度であった。 (浅草の時も が暴走しているとしか警察も含めて誰も思っておらず、の件の辰巳も鬼殺隊をうわさ程度にしかとらえていなかった) は「鬼がいた」と言ったために孤立してしまった(つまり彼は鬼殺隊入隊以前のとある事件での犯人を鬼だと確信していた。 彼の出身は今の渋谷区や中野区の付近)。 能力 再生 日光に照らされる以外には 不老不死であり、四肢を失っても短時間で再生するのはもちろんの事、頭部だけになる、あるいは頭部を粉砕されても再生できるほどの、生物としてはあり得ない生命力・治癒力を有する。 変形 身体の形状をかなり自在に操作する事が可能であり、のはもちろんの事、頭部に角を生やす、腕や脚に鋭利な刃を生成する、舌を長大に伸ばすといった、自身を異形化する個体が多い。 中には『 』、『 』、『 』、『 』などの常識からはかけ離れた異形化を果たす個体も少なくない。 人喰いを重ねた鬼が行使できるようになる 異能。 鬼の外見と同じく、その能力は千差万別。 鋼よりも硬い糸を生成するなど、物理的な攻撃能力に留まらず、異空間を自由に出入りする、空間と空間を繋げるといった物理法則を完全に無視した現象を引き起こす個体も多数存在する。 弱点 日光 鬼の最大の弱点。 日光に照らされた鬼の身体は瞬時に灰化して崩れ去る。 ただしあくまで直射日光に弱いのであり、曇天の日や、日が射している時でも日陰ならば、昼間であっても問題なく活動できる。 同時に過剰な再生や血鬼術の行使はそれらの能力の低下を招き、最終的には一般人に討ち取られてしまうほどに弱体化する事もある。 ただし、それは十二鬼月以下の雑魚鬼ぐらいでしか見られない現象であり、十二鬼月に至っては下弦でも底をつくことはそうそう無く、のように相当決着を焦らない限りは起こりえない。 隊員の基本装備であり、鬼を殺すことのできる唯一の武器。 詳細は当該記事参照。 この日輪刀で首を切ることで、を除いて倒すことが出来る。 藤の花 鬼は藤の花の香りを嫌い、近づく事さえできない。 藤の花の匂い袋などを持っておけば、鬼除けになる。 鬼殺隊の入隊試験が行われる藤襲山は一年中藤の花が咲いており、中に閉じ込めた鬼の逃走を阻む自然の結界となっている。 呪い 無惨から血を分け与えられた全ての鬼は、無惨に反逆できないよう肉体・意識の両面で絶対の制約を強制的にかけられる。 この呪いを外す事は、か、が無い限り不可能。 自壊 無惨に関する情報を僅かにでも口にした時点で、体内の無惨の細胞により鬼自身から野太い『腕』が生え、宿主の身体を粉砕する。 この『腕』は、無惨同様に鬼の身体に再生不可能なダメージを与えるため、事実上の自壊である。 なお、この自壊はあくまで人前で名を口にした場合に限るため、鬼同士で名を出す分には呪いは発動しない。 読心 無惨を前にした鬼は、その思考を全て無惨に読まれる。 距離が離れるほど精度が低くなるが、位置情報程度ならばどれほど離れても無惨の認識から逃れる事はできない。 同族嫌悪 鬼同士は心理的に嫌悪感を抱くため、助け合ったり徒党を組むことは無く、食料が確保できない状況では共食いすら起こす。 尚、無惨から集団行動を命じられた場合は、この限りではない。 珠世はこの呪いを、 「自分より強い鬼が、徒党を組んで叛乱を起こさない為」としている。 主な鬼 首領• その他• (声:)• (声:)• (声:)• (声:)• (声:) 例外• (声:)• (声:)• (声:)• 浅草の人(仮称) 鬼舞辻無惨によって囮のためだけに鬼にされた青年。 と珠世、愈史郎の尽力により呪縛から逃れる。 後に鬼舞辻無惨との産屋敷邸での対決時に 「散布した肉の種子から凄まじい強度・速度の枝分かれした棘を放つ」という強力な血鬼術で無惨の足止めをする、に在るまじき活躍を見せた(産屋敷耀哉の語った 「本来ならば一生眠っていたはずの」の一人と言える)。 (ネタバレ注意) 関連タグ 関連記事 親記事.

次の