ドルイド の 誓い。 ダークスティールの巨像

スパイクの誓い

ドルイド の 誓い

本日は伝説の試合からカードを1枚、紹介していくぞい。 1999年12月5日に行われた、プロツアー・シカゴ1999の決勝戦は伝説と語り継がれる試合となったのじゃ。 2つのデッキのキーカードとなった2つのエンチャントは、マジックの歴史上を見ても、屈指の強さを持つエンチャントじゃ。 《》は問答無用のドローソースとしてそうじゃが、《》はまだじゃったかのう。 《》はクリーチャーを少なくコントロールしている方が、アップキープにライブラリーの一番上からクリーチャーが出るまでカードを公開し、タダで戦場に出せるという、今考えてもおかしな効果を持っておったカードじゃ。 コストを無視してライブラリーから直接出せるのに、《》は2マナという軽さもあって、クリーチャーデッキに対して尋常でない強さを持っておったのじゃ。 この大会はエクステンデッドじゃったが、スタンダードでも《》を出してみたら、《》がライブラリーから、いっけなーい遅刻遅刻と追突してきたなんて事案も多く発生しとったぞい。 また、《》によるライブラリー修復機能も噛み合いまくっておってな、クリーチャーを自爆できるものに絞って、デッキをグルグルと回す構成もよく使われておったのじゃ。 この時の「メイヤー・オース」も、大きなクリーチャーというよりは、対応しながら、じっくりと勝利を近づける《》や《》などが採用されておったのじゃ。 試合はどうなったのかって? 結果として、ブライアン・デイヴィスの痛恨のミスによって、ボブ・マーハーが劣勢をひっくり返して勝利したのじゃな。 ふぉっふぉっふぉ、伝説の名試合と呼ばれるものは、長いマジックの歴史でもそう多くはないからのう。 ぜひ、ちょっと調べてみてほしい、そんな試合なのじゃぞい。

次の

ドルイドの誓い

ドルイド の 誓い

「」や「」などの全呪文の火力を上げられるので火力を上げたいときに装備するのが良いでしょう。 コストが低く、全体的にステータスが低い 「ドルイドのこころ」はコストが低く、ステータスが全体的に低いです。 レベルの高いキャラであれば高コストの優秀なこころを装備させるのがおすすめです。 注目記事 メガモンスター攻略• 最新ガチャ• 強敵モンスター攻略• 最新イベント• 掲示板• ランキング記事• 攻略記事 初心者攻略• 効率系• システム情報• 職業 上級職• 基本職• 武器 レア度別• 武器種別• 防具 レア度別• 部位別• スキル• 系統別• 属性別• モンスター図鑑・こころ• 色別こころ• 条件付き出現モンスター• 系統別モンスター• 心珠関連記事• クエスト攻略 ストーリー• 腕試し•

次の

今日の1枚:ドルイドの誓い|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

ドルイド の 誓い

本日は伝説の試合からカードを1枚、紹介していくぞい。 1999年12月5日に行われた、プロツアー・シカゴ1999の決勝戦は伝説と語り継がれる試合となったのじゃ。 2つのデッキのキーカードとなった2つのエンチャントは、マジックの歴史上を見ても、屈指の強さを持つエンチャントじゃ。 《》は問答無用のドローソースとしてそうじゃが、《》はまだじゃったかのう。 《》はクリーチャーを少なくコントロールしている方が、アップキープにライブラリーの一番上からクリーチャーが出るまでカードを公開し、タダで戦場に出せるという、今考えてもおかしな効果を持っておったカードじゃ。 コストを無視してライブラリーから直接出せるのに、《》は2マナという軽さもあって、クリーチャーデッキに対して尋常でない強さを持っておったのじゃ。 この大会はエクステンデッドじゃったが、スタンダードでも《》を出してみたら、《》がライブラリーから、いっけなーい遅刻遅刻と追突してきたなんて事案も多く発生しとったぞい。 また、《》によるライブラリー修復機能も噛み合いまくっておってな、クリーチャーを自爆できるものに絞って、デッキをグルグルと回す構成もよく使われておったのじゃ。 この時の「メイヤー・オース」も、大きなクリーチャーというよりは、対応しながら、じっくりと勝利を近づける《》や《》などが採用されておったのじゃ。 試合はどうなったのかって? 結果として、ブライアン・デイヴィスの痛恨のミスによって、ボブ・マーハーが劣勢をひっくり返して勝利したのじゃな。 ふぉっふぉっふぉ、伝説の名試合と呼ばれるものは、長いマジックの歴史でもそう多くはないからのう。 ぜひ、ちょっと調べてみてほしい、そんな試合なのじゃぞい。

次の