外資 仕事。 【外資系金融機関の仕事について】年収事情や将来性について紹介します

外資系グローバル営業とは?仕事内容やスキルについて解説

外資 仕事

外資系金融にもノルマはあるの? 外資系金融の営業のノルマにどのようなイメージを持たれていますか? 「厳しいノルマを課す」もしくは「各々の自主性に任されているため、ノルマはあっても緩い」などさまざまなイメージをお持ちかと思います。 この章では外資系金融のノルマについて解説していきます。 外資系金融にもノルマはある! まず結論から言うと 外資系金融にもノルマは存在します。 しかも、日系企業よりも厳しいノルマを課す外資系金融も多いです。 これは外資系金融の方が、成果主義の色合いが強く、成果=売り上げに対する意識が高い点や給料が高い分求める成果が高い点も要因として考えられます。 その日、その月ごとなど一定期間を区切ってノルマが課されるため、 外資系金融に転職した人からは「ノルマが達成できず休日返上して営業をしていた」という話もちらほら。 また後述しますが、あまりにもノルマから遠い数字を出し続けていると、リストラの可能性も出てきてしまいます。 ノルマがモチベーションとして機能する人であれば良いのですが、高過ぎるノルマに逆に仕事へのモチベーションが下がってしまう人にとっては、外資系金融は合わない可能性がある点は把握しておきましょう。 外資系金融と証券会社の営業職の仕事内容が変わらない2つの理由 さて、続いて冒頭触れた通り、外資系金融と証券会社の「仕事内容」が変わらない理由を2つ解説していきます。 扱っている商品に大きな差はない 証券会社から外資系金融の営業職に転職をしたとしても扱う商品に大きな差はありません。 例えば、外資系証券会社個人営業であれば、顧客に投資信託、仕組債券など最適な金融商品を提案します。 また外資系保険会社であっても扱う商品は保険商品です。 このように扱う商品の種類の違いはあれど、基本的に扱うのは見慣れた金融商品です。 外資系金融に行ったからといって、自分から見て新鮮な商品を提供できる訳ではない点は頭に入れておいた方が良いでしょう。 お客さんは日本人が多い 外資系金融の営業職と言えど、 お客さんはほとんど日本人です。 もしかしたら今までお客さんとして接することのできなかった富裕層などを顧客に持つことはあるかもしれませんが、英語を使って海外の事業所とやりとりして・・・というのは主にバックオフィス部門が担当します。 基本的に営業職は英語力を求められないケースがほとんどなため、英語を勉強しながら、バリバリ外資系で働きたいという人は外資系金融で営業職以外の職種を探した方が良いでしょう。 外資系金融に転職する際の3つの注意点 最後に「仕事内容」「ノルマ」以外に外資系金融に転職する前に把握しておきたい、外資系金融に転職する際の3つの注意点を紹介していきます。 高い能力と結果が求められる成果主義 外資系金融は日系企業に比べて、成果主義です。 実力があり、成果を出せば出すほどスピード昇進をすることも可能です。 そこに男女の区別や国籍、新卒・中途は関係ありません。 逆に中途採用者にとっては新卒とも実力で勝負ができるため、良い点と捉えられるかもしれませんが、 給料に見合ったパフォーマンスを出すことができないとリストラの可能性も出てきてしまいます。 そのため「自分の実力で勝負がしたい」と自信を持っている人にこそ、外資系金融への転職はおすすめです。 営業職は個人事業主のイメージ 外資系金融の 営業職は一人一人が個人事業主で働くイメージです。 チームを組んだり、会社全体で人材を育てようという意識は少なく、 自ら考えて行動し、仕事をしなければいけません。 またスケジュール管理の自由度も高いため、自分で仕事の管理をする必要があります。 このように外資系金融では自立して仕事ができる人材が求められているのです。 福利厚生が乏しい 日系企業には住宅手当や社員寮、育児手当など手当があるのが一般的です。 一方、 外資系金融に限らず外資系企業は福利厚生がないことが多いです。 給料が高い分、その給料から各自が判断して使い道を決めましょう、という外資系の考え方から福利厚生が少ない企業が多いのです。 もし「福利厚生が充実した企業に務めたい」という希望がある人は、外資系金融ではなく、日系企業に転職することをおすすめします。 まとめ 今回は外資系金融の「ノルマ」「仕事内容」と転職する際の注意点について解説してきました。 本文で見てきた通り、外資系金融であってもノルマはあり、仕事内容も大きな差はありません。 外資系金融だからと言って、劇的な環境や仕事の変化はあまり望まない方が良いでしょう。

次の

外資系コンサルタントの仕事内容とは?戦略系、総合系、IT系に分けて解説

外資 仕事

外資系企業への転職で役立つ資格とは 外資系企業への転職ともなると、企業も高いスキルを求めます。 生半可なスキルでは、企業も採用してくれません。 「この人は、うちに来ても、しっかりと仕事で成果を上げてくれるな」と思われるに値する資格を持っていること。 そしてそれだけ説得力がある資格ともなると、かなり 高度な資格となることも注意が必要です。 具体的にどの資格が外資系企業への転職で役立つのか? 調べてみましょう。 国際秘書検定 国際秘書検定は、社団法人日本秘書検定試験が実施する民間の資格です。 この資格で表明できるのは、外資系企業で秘書業務のエキスパートであること。 試験内容は、オフィスの秘書実務についてだけではありません。 ビジネス日本語、ビジネス英語、経営管理能力のテスト、そして日本語と英語による個人面接があります。 国際秘書検定には、難易度によって2種類のランクがあります。 高いランクの国際秘書検定は合格率が2割ほどという難関資格です。 民間資格ではあるものの、バイリンガルであるアピールや、人間性や高い管理能力のアピールなど、外資系企業で即戦力で働くことができるスキルを表明できます。 米国公認会計士 米国公認会計士は、通称CPAとも呼ばれる、アメリカの各州で認定される公認会計士資格です。 試験科目は多く、管理会計や財務会計など諸概論と、商法、証券取引法などの法律に関する試験、そして監査と監査証明に関する試験も行われます。 試験は英語で行われるため、英語の読み書き能力も必須。 毎日勉強して、資格までの取得年数は1年、そして取得までかかる 費用は100万円程度と言われています。 国連英検 国際英検とは、国連の理念でもある「国際強力」や「国際理解」というコンセプトの元、「真に役立つグローバル・コミュニケーション能力」の育成を目的にできた英語検定です。 E級からはじまって、特A級まであるランクが用意されており、特A級にもなると、試験管との英語面接が行われます。 プロッフェッショナルエンジニア 国際的なエンジニアとして働きたいと思っている方におすすめなのが、「プロフェッショナルエンジニア」という資格です。 一次資格であるFE試験と、二次試験のPE試験があります。 プロフェッショナルエンジニアを持っていれば、国際的なエンジニアとしてのキャリアを着実に積むことができます。 BATIC(アメリカの簿記) BATICは、Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationの略で、国際コミュニケーションのための簿記、会計試験を意味します。 米国公認会計士の試験と共通している部分も多く、米国公認会計士の取得準備として受験する人も多いです。 外資系企業への転職で求められるスキル 外資系企業への転職は、資格を持っていれば、それだけでいいというわけでもありません。 外資系企業で働く上で、日本企業とは違うどんなスキルが求められるのか?一つずつみていきましょう。 自分の意見を押し通すコミュニケーション能力 「発言しない者は去れ」と言われるほど厳しい風土が多い外資系企業。 外資系企業で働く上で絶対必要なのが、まず他の社員に気圧されず、自分のう意見を押し通す発言力とコミュニケーション能力です。 ハッキリ言って、「コミュ障」なんて自己ラベリングは通用しません。 コミュニケーションできない者は、外資系企業で働くことはかなり難しいと思ってください。 そもそも、転職するべきではないでしょう。 高い学歴 もちろん外資系企業への転職で学歴が必須というわけではありません。 しかし外資系企業への中途採用を行う時、面接官がふるいをかける重要な基準、それが学歴となるのです。 しかし高学歴でなかったとしても、学歴の不足を補ってあまりあるキャリア、経験があれば、外資系企業への転職は可能です。 トラブルに柔軟に対応できるフレキシブルさ 外資系企業は思考の柔軟さを求めます。 トラブルが起きても、落ち着いて対処できるフレキシブルさ、これが大切です。 きちっとマニュアルで決まった対応が求められる日本企業とは違って、柔軟に問題を対処できる人こそ、外資系企業は求めているのです。 外資系企業への転職は資格よ語学力では? 「ちょっと待った、外資系企業が一番求めているのは、資格やスキルより語学力では?」 なんて思われる方も多いでしょう。 しかし語学力はあくまで「コミュニケーションツール」。 専門職など職種によっては、ほとんど求められないケースがあるほどです。 外資系企業が求めている条件は、どれだけ円滑にコミュニケーションできるかよりも、「どれだけ実務をこなしてくれるか」なのです。 上記した資格を持っているということは、「英語を理解できる」ことは表明できます。 仕事に困らない、ビジネスを円滑に進められる最低限の英語スキルがあれば、外資系企業への転職は問題ないのです。 TOEIC800点以上は欲しい よくあるのが、「外資系企業への転職で必要なのはTOEIC800点以上」という基準。 どうして800点なのかというと、TOEICの点数が800点以上あれば、ビジネスや生活で困ることはないと言われるラインだからです。 外資系企業ではないですが、楽天への転職でも、基準として「TOEIC800点以上」が一つの基準となっています。 何より、自分のスキルと実績をアピールする能力 外資系企業で求められるのは、英語能力ではなくて、どれだけ自分が能力を持っているのかをアピールする「アピール力」です。 上司や同僚、または取引先企業へ、自分のプレゼンスを確立すること、これがまず仕事をこなす上での第一歩です。 日本は「謙虚」が美徳とされていますが、外資系企業で働く上で「謙虚」は絶対にNGです。 外資系企業は、日本よりも成果至上主義な企業が多いです。 成果さえ出すことができれば、たとえ日本人でも、きちんと評価してくれる土壌があるのです。 外資系企業へ転職するコツ スキルも順分、資格も持っている、意気込みもある、そんな準備万端な人でも、きちんと適切な手順を踏まなければ、外資系企業への転職はかないません。 外資系企業への転職のために考えておくべきこと。 外資系企業への転職を成功させるためのコツは何かないのか、調べてみることにします。 外資系企業への転職は「人脈」が肝 日本企業でも同じことが言えますが、 外資系企業の転職は「人脈」が重要になります。 外資系企業の転職成功率が一番高いのは「知り合いからの紹介」です。 外資系企業は新卒採用に力をいれておらず、多くの採用を「知り合いのツテ」に頼ります。 一昔の日本のように「定年まで勤め上げる」常識は外資系企業では通用しません。 外資系企業の人材は日本より流動的なのです。 ツテを伝った転職や、スカウトサービスを利用した転職が、外資系企業では一般的な選択肢です。 まずは頼れる知り合いのツテがないか、もう一度考えてみてもいいでしょう。 現在の職で資格とスキルを身に着けて一流外資系企業へ転職 現職に勤めながら、外資系企業への転職で役立つ資格の取得、または外資系企業への転職に必要なスキルを身につける方法もあります。 この場合は、現職の仕事をこなしながら転職活動を進めることになるため、転職先のポジションを明確にしておく必要があります。 しっかりと狙いを定めた転職をしないと、現職につきながら転職活動は難しいでしょう。 米国公認会計士資格や税理士資格で、一派企業の財務として働くのか、MBAを引っさげてコンサルとして働くのか、自分の中でしっかりと転職後の自分像を定めておきましょう。 非正規雇用で外資系企業へ転職 外資系企業は「ヘッドカウント」と呼ばれるシステムで、正写真採用枠に空きが出ると、非正規雇用から採用されることがあります。 そのタイミングで、今まで派遣社員、契約社員として実績を積んでいた場合、正社員になるようにオファーがかかります。 しかし非正規雇用から正社員に登用されるには、正社員を越える実績、成果を出す、または高い英語力で上司に好かれる努力が必要です。 若さとポテンシャルが求められるので、20代に許される方法かもしれません。 外資系企業に国内で転職する 外資系企業へ転職するというだけでなら、外国で転職するのではなく、外資系企業の日本国内の事業所への転職を行いましょう。 外資系企業の国内転職ならば、国外での転職を行うよりも求められる英語力が低く、生活に困りません。 国内の外資系企業転職で求められるのは何より「実務スキル」。 どれくらい専門的なスキルがあるか、その一点のみです。 転職エージェントを活用する 外資系企業の求人を多数持っている転職エージェントを活用するのも有効な方法です。 転職エージェントは、「効率よく転職するにはどうすればいいか」「どうすれば外資系企業で採用されやすくなるか」などのノウハウを持っています。 外資系企業への転職で役立つ転職エージェントはサービス利用も無料なため、まずは気軽に利用してみてください。 JACリクルートメント 「外資系企業への転職で役立つ転職エージェントはどれ?」 と私が聞かれてまず答えるのは「JACリクルートメント」です。 ハイクラス求人を多数扱っており、ハイキャリア転職を専門に扱うJACリクルートメントなら、あなたの「外資系企業に転職したい」というニーズに応えてくれるはず。 まずは一度キャリアコンサルタントに相談してみてください。 ビズリーチ ビズリーチは、「即戦力採用」を求める企業のための転職エージェント。 即戦力ということは、それだけのスキルと経験を備えた人材に向けられていることに他なりません。 ビズリーチにしっかりとレジュメを登録しておかないと、ビズリーチのハイクラス求人を参照できません。 しかし年収700万円以上など、高スキルな特に管理職の職務経歴書を登録しておけば、ビズリーチを使ってかなり良い良い条件の転職が可能になります。 外資系企業案件も多く精通しており、特に金融業界やIT業界の求人に強いという傾向があります。 Spring転職エージェント Spring転職エージェントを運営する「アデコ」は、求人を扱う企業としては最も多くの利益を上げている企業です。 アデコ自体がスイスに本社を構える外資系企業ということもあり、そのネットワークで外資系企業の求人の扱いに強い転職エージェントです。 まとめ いかがったでしょうか。 外資系企業へ転職するために持っておくべき資格、外資系企業で求められるスキル、理解できたでしょうか。 外資系企業への転職は、日本企業への転職とは違った常識、条件が求められます。 日本とは違った転職ノウハウを知るためにも、やはり最初はまず転職エージェントへの登録と相談が効果的かもしれませんね。

次の

外資系企業ランキング!年収とホワイト度を一覧紹介:外資系でホワイトな企業はあるか!?|就活サイト【ONE CAREER】

外資 仕事

外資系金融機関の仕事 それでは外資系金融機関の仕事内容からみていくことにいたしましょう。 まず、外資系企業とは? 経済産業省の「外資系企業動向調査」によれば、その企業の資本金のうち3分の1以上が外国資本であったならばその企業を外資系企業と呼んでいます。 つまり日本で誕生し従業員の大半以上が日本人であったとしても資本の出資比率が34%以上が外国法人・外国人からのものだったら「外資系企業」という事になるのです。 外資系金融企業社員の仕事内容 外資系金融機関の企業の仕事は大きく分類すると、• 投資銀行• 証券会社• 保険会社• クレジット会社 とに分けられます。 この中で一般的に「外資系金融機関」という枠組みとして連想しやすいのは「投資銀行」になってくるでしょう。 それぞれ高度な金融知識とグローバル展開に対応できる語学力とが要求されてきます。 外資系金融企業社員の一日例 それでは外資系金融企業社員の一日の動きを例にとってみてみましょう。 総じていえるのは1日の拘束時間が長く、顧客への訪問時間よりも社内でのミーティングや作業に時間を費やしているということです。 関連相談• 外資系金融の年収事情 それでは次に参りましょう。 今度は外資系金融の年収事情についてご紹介してまいります。 外資系の中で金融は平均年収が高い 数ある外資系企業の中にあって、金融系の企業は特に平均年収が高いことで知られています。 だから就職を希望する新卒学生にとって魅力のある志望先となるのです。 外資系の企業、特に金融系の企業の年収の高さの秘密は比較できないくらいのインセンティブ給の歩合の高さがあるからなのです。 このインセンティブが高給なことが多くの学生たちから見たら人気ナンバーワンとなる要素となるのです。 外資系金融企業は年収は高水準だが実力主義 例えば外資系金融機関の1年目の平均年収は軽く800万円を超えます。 通常の一般企業の優に4倍近くはある厚遇ぶりなのです。 人気が出ないはずはなのです。 ただ、年収が高水準となれば必然的に仕事の方も厳しくなるのは当然です。 つまり外資系金融機関は徹底した「実力主義」の世界、ということになるのです。 外資系金融機関には日本企業のような終身雇用制や年功序列型賃金制度といったものはありません。 あるのは成果主義に基づいた徹底した年俸制給与です。 年俸制給与は前年度の各個人の実績をベースにして翌年の給与を算定していく制度です。 そしてもちろんながら成果さえ上げ続ければ給与もそれに伴って上昇カーブを描きます。 20代前半で年収1千万円を確保することも決して夢ではないのです。 半面、仕事で成果が上がらなかったら厳しい現実が待ち受けます。 給料が下がるだけならまだいいでしょう。 下手をすれば「解雇」という処分がすぐに下ってしまいます。 成果さえ上げていれば人も羨むような高年収なのですがそれが出来なかったら即刻、解雇。 これが外資系金融機関の常識なのです。 人気がある投資銀行部門の平均年収ランキング それではここで人気がある投資銀行部門の平均年収ランキングというものをご紹介しておきましょう。 ゴールドマン・サックス…1600万円• モルガン・スタンレー…1200万円• シティグループ…1500万円 となっています。 データは2016年当時のものとなっています。 この数字はあくまで平均値です。 稼ぐ人はもっと稼いでいるという現状を認識しておきましょう。 関連相談• 外資系金融機関一覧と現状 それでは次にまいります。 今度は外資系金融機関一覧と現状についてみてまいりましょう。 銀行系金融機関一覧と現状 大表的な銀行系金融機関の一覧とその現状について紹介していきましょう。 「ゴールドマン・サックス」「モルガン・スタンレー」「バンクオブアメリカ」「シティグループ」「JPモルガン・チェース」などです。 一時のリーマンショックのダメージより各社、回復基調とはいえ各種の規制の強化策により銀行系各企業は投資業務が縮小し新たなビジネスモデルを模索している段階といえるようです。 クレジット系金融機関一覧と現状 クレジット系金融機関一覧とその現状について紹介いたします。 「ビザ」「マスターカード」「アメリカン・エクスプレス」「ダイナーズ・クラブ」などが主だったところです。 「ビザ」「マスターカード」「アメリカン・エクスプレス」の3社で世界シェアの過半数以上を確保しています。 保険系金融機関一覧と現状 それでは次に保険系金融機関一覧とその現状についてみていきましょう。 「プルデンシャル・ファイナンス」「アクサグループ」「AIGジャパン・ホールディングス」「メットライフ生命」「チューリッヒ生命」などテレビのコマーシャルでお馴染みの企業名が出てきます。 国内大手の生命保険会社が海外に活路を求める現状と相まって外資系の存在感がかつてないほど大きくなってきている模様となっています。 関連相談• 外資系金融企業への就職について それでは最後にまいりましょう。 外資系金融企業への就職についてみてまいります。 それはそこまで成功するために多大な時間と労力の酷使があったからこその充実感なのです。 案件成約の暁には大きな報酬が待っていることもやりがいを感じる大きな要素でもあるのです。 外資系金融企業の仕事に資格は必要? それでは次です。 外資系金融企業の仕事に資格は必要なのでしょうか?この疑問についてみてまいります。 外資系金融機関の仕事に従事するようになったなら取っておかなければならない資格が「証券外務員資格」です。 この資格は金融商品を販売する上で必須の資格となりますので内定をもらってから入社するまでの間に資格取得を指示されるケースが多いようです。 また内定を勝ち取るために「TOEIC」の高得点や簿記1級、公認会計士の資格なども有利に運ぶようになります。 外資系金融企業の求人や就職状況、需要について 外資系金融企業の求人や就職状況、そしてその需要について紹介してまいります。 外資系金融機関の採用枠は国内企業に比べると圧倒的に少人数です。 よって採用内定者はどうしても超難関国公立大学卒業者が占めてしまう現状になってしまうようです。 しかしながら超難関とはいえ求人事態は継続していますので需要は存在します。 大学在学中に英語力を磨いたり関連資格の勉強に励んで資格取得を達成しておくなど早期の準備が競争に打ち勝つ近道となることでしょう。 関連相談• まとめ 今回は「外資系金融機関へ就職する」という事をメインテーマにして紹介してまいりました。 ではもう一度、ポイントを振り返っておきましょう。 その企業の資本金のうち3分の1以上が外国資本であったならばその企業を外資系企業と呼んでいます。 外資系金融機関の1年目の平均年収は軽く800万円を超えます。 大表的な銀行系金融機関には「ゴールドマン・サックス」「モルガン・スタンレー」「バンクオブアメリカ」「シティグループ」「JPモルガン・チェース」などがあります。 外資系金融機関の採用枠は国内企業に比べると圧倒的に少人数です。 よって採用内定者は超難関国公立大学卒業者が占めるなど、非常に狭き門になっています。 となっていました。 外資系の企業には日本独自の年功序列や終身雇用といった制度は一切ありません。 あるのは己のあくなき「成果」のみなのです。 よって目標とする成果を挙げられない場合は給料が下がっても会社に居続けるのではなく「即刻解雇」という厳しい処分が下る事を常に念頭においておかなければなりません。 その代わりきちんと成果を挙げ続ければ人も羨むような高年収が待っています。 自身のあくなき克己心とぶれない数値管理をコントロールできる人が求められる業界といえるでしょう。

次の