スイング ウォ ブラー。 PDG tackle

ポジドライブガレージさんの 【スウィングウォブラー145S(ライトウェイトver.)】が手に入ったので釣りに行ってきました♪

スイング ウォ ブラー

その人との相性や性格、ルアーやタックルをはじめ、モノとの相性もある。 いろんな要素が合間って引き寄せられたり、引き寄せたり。 本当に必要ならば、必ずなんらかのタイミングで手に入ったりする。 あわてないあわてない、一休み一休みといったところなのです。 数日後、仲間の情報によると秋らしいプリプリなシーバスが遊んでくれるらしいので、ポイントへ行ってみることに。 仲間たちとのタイミングが合わず、単独短時間釣行です。 河川の状況はというと、とろ〜んとした流れはあるが今にも止まりそうな感じ。 ベイトもいないし、なんとも生命感が感じられない。 汗 それでもせっかく仲間がくれた情報だし、せっかくポイントにも入れたので少しだけでも投げてみますか。 30分ほどキャストを繰り返すが、なんともテンションも上がりきらない。 くじけそうになった時、ロッドに違和感が…。 …根掛かり。 もしかしたらと思い、仲間に連絡する。 うん! なんと仲間がロストした「スウィングウォブラー145S」でした。 見つかって良かった良かった。 (…話が違うし) まぁこれもタイミングなんだろうね。 仲間から託された「スウィングウォブラー145S」に願いを込め、キャストを繰り返す。 ベイトの姿は確認できないけど、流れはあるので可能性はある。 それにしても「スウィングウォブラー145S」は良く飛びます! 43gあるもんね。 立ち上がりも早いので、扱いやすい。 流れに乗せるというよりは、流れになじませる感じで水面直下をリトリーブ。 「ヌン!」 きたか!? なかなかエラ洗いしないし、トルクがハンパない。 えっ!?まさかコイ!? いや、コイにしては寄りが早い。 かなり寄って来たので、ライトを照らして確認してみる。 デカい! ランカーシーバスですわ! 一人であたふたしながら、なんとかランディングに成功。 重いし、体高がスゴい! メジャーシートの高さが20cm。 それ以上、あるってこと! この時期らしい、82cm 6kgの価値あるランカーシーバスです。 仲間たちからの情報がなければ、釣れなかったランカーシーバス。 本当にありがとう。 感謝です。 「スウィングウォブラー145S」で、さらなるランカーシーバスを釣り上げたい欲が出て来たよ! そんな感じ。

次の

スウィングウォブラー145Sでランカーシーバスを狙う。|Shaim Style

スイング ウォ ブラー

今更ながらウォーキング・デッドを見始めました。 まだシーズン1までしか見ていないのですが、悲壮感や絶望感に乏しいため、デパートからの脱出をピークに盛り下がっているような気が……。 これから再び面白くなるんでしょうか?こんばんは。 今回はRED中村さん、飯村英明さん率いる注目のメーカー 「POZIDRIVE garage(ポジドライブガレージ )」から新発売となる、マイクロベイトパターン攻略に強い味方となってくれるルアー 「SwingWobbler 85S(スウィングウォブラー85S)」を紹介します。 スポンサーリンク ポジドライブガレージ「スウィングウォブラー85S」はマイクロベイトパターンの救世主!? ポジドライブガレージ第3弾ルアーとなる 「スウィングウォブラー85S」。 細身のシルエットにテールを振るようなアクション、そしてシンキングタイプと、シンペン(シンキングペンシル)を彷彿とさせるルアーですが、 レッド中村さん曰く、スウィングウォブラー85Sは 「このルアーはシンキングペンシルなのか?」というご質問を受けますが、シンペンなのか、ジグミノーなのか、トップウォーターなのかはユーザーによって言うことがまちまち。 RED的にはトップレンジをリトリーブできるスプーンっと言ったところかな? 引用: なんだそうです。 そんな表層を巻けるスプーンであり、新感覚ジグミノーでもある「スウィングウォブラー85S」は、 全長85mm、自重12gのシンキングタイプ。 スリムボディながら十分なウエイトを備えているため、十分な飛距離を稼げるようです。 それでいてスウィングウォブラー85Sは浮き上がりが早いため、スローに巻いても水面~水面直下をキープすることが可能で、シャロー攻略の強い味方となってくれることでしょう。 また、スウィングウォブラー85Sはデッドスローリトリーブでもワイドなアクションを見せ、夏のマイクロベイトパターンで特に高い効果を発揮!シーバスがボイルしているけど喰わないときや、ボイルが終わってしまった後でも、シーバスのバイトを引き出せるルアーになっているそうです。 ただ、細身のルアーながらアクションが大きいため、バチパターンには向かないようです。 それでは、偏食家のシーバスをも魅了するスウィングウォブラー85Sの水中アクションを動画で確認してみましょう! スウィングウォブラー 85Sの水中アクション スウィングウォブラー 85Sの水中アクション動画です。 動画ではスウィングウォブラー85Sは水中を泳いでいますが、これはアクションを見やすくするためであり、本来はもっと上のレンジを引くことが可能です。 スウィングウォブラー 85Sのカラー スウィングウォブラー 85Sのファーストカラーラインナップは10色。 RH レッドヘッドパール XRY イエローショアミノー カタクチピンクベリー CHモヒート とうごろう CHGR チャートヘッドゴールドレッド ボラ PBF ピンクバック XWM ホワイトミノー PP サイケデリックパロット 水面、水面直下を引くためのルアーだからなのか、視認性の高そうなカラーが目立ちますね。 スウィングウォブラー 85Sのスペック 製品名 全長 85mm 自重 12g タイプ シンキングタイプ レンジ 0~10cm 価格 1,650円 初夏から夏本番にかけてのマイクロベイトパターンで驚異的な威力を発揮するという「スウィングウォブラー85S」を、ローテーションの一角に加えてみれはいかがでしょうか?更なる釣果に結びつくかもしれませんよ? ただ、今シーズンは初回出荷分のみのとなるかもしれないそうなので、気になっている方は早めに入手しておいた方がいいかもしれません。 , ,.

次の

東陽町店のショップニュース|つり具の上州屋

スイング ウォ ブラー

スイングウォブラー(85mm)は、(上の写真はデカウォブラー/145mm) わたしにとってトップで誘う時のポケットルアーのひとつですが、 考えてみると、 出番は中距離のナブラのみですので、 これまでの釣果は意外に少なかったです。 主な釣果ですが、シーバス45cm〜50cm 5〜6匹。 ハマチ60cmアップ。 他に、何か数匹釣ったと思いますが忘れています。 ただ、このルアーは、このタイプとしては割とよく飛ぶ方ですね。 ヒットルアーのひとつですが、この上の重量も2種類出ました。 その当時、すぐに入手しました。 (43gと55g) これを使う機会に恵まれず・・時が経過する内にアジングにはまり、 現在の状況(仕事で釣りに行く回数が減る)に至るという、 過酷とは言えないながら、微妙な試練を乗り越えなければならず、 このルアーの仕事は、どこに行ったのだろう・・か。 好きなルアーなのですが、投げるところがなく、 おまけに最近ハンドメイドや、改造に夢中になっており、 このままでは、時々ボックスの中にチラッと見かける 以前使ったことのある優秀なルアーとしての視線を投げかける だけになってしまいます。 う〜ん。 時代は、わたしのところでは変わってしまっています。 ルアーボックスを見つめると、そういうルアーの多いこと。 どうにかしなくては・・。

次の